目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

154 / 239ページ

九章 六八〇年初秋 1

 九章 六八〇年初秋
 

 

 古事語をつくるよう命じられてから六年の歳月が流れた。六八〇年初秋、阿礼は天武に呼ばれ、「例のものはできあがったか」と問われた。阿礼が「肝心な部分はできあがっております」と答えると、天武は即座に指示した。「今宵は満月、月明かりの中で、ナレの語りを吟味しよう。月が上る前に密かに内裏に参れ」と。
 夕刻人に知れぬように参上すると、内裏の人目につきにくい一室に宴の場がしつらえてあり、正面に天武と皇后の鸕野讃良(うのさらら)、左脇後方に多臣品治(おおのおみほむじ)がすわっていた。聞き手は三人だけ、舎人や女人の姿もなかった。阿礼は第一夜の語り聞かせは、天地(あめつち)の初めから始めて、須佐之男命による八俣の大蛇の退治までが適当ではないかと考えていた。
 上座にすわった主客と絶妙の間合いの取れる下座に身を置いて、宇宙の初めから語り始めた。最初は不思議そうな顔をしていた天武と讃良は、次の伊邪那岐命と伊邪那美命の夫婦神の物語に入ると、身を乗り出すようにして聞き入り始めた。お二人はこの筋語りを気にいって下さっている、そう思いつつ阿礼はさらに天照大御神と須佐之男命の姉弟神のくだりに話を進めた。スサノヲノ命が高天原に上り、アマテラス大御神と子生みの勝負をするところでは手を打って面白がり、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が、神が神がかりしたように踊るシーンまでくると腹を抱えて笑い転げた。


九章 六八〇年初秋 2

 ところが、
 〈天の石屋に隠れたアマテラスがいぶかしがって、アメノウズメに「どうしてお前はそんなところで踊り狂っているの?どうして神々は笑い転げているの?」と声をかけると、アメノウズメが待ってましたとばかりに「あなたよりもはるかに高貴で秀でた女神がおいでになるので、われわれはこうして踊って笑って楽しんでいるのです」と答え、間髪をいれずに天児屋命(あめのこやねのみこと)と布刀玉命(ふとだまのみこと)がアマテラスの顔の前に八咫鏡(やたのかがみ)を差し出した〉
 という語りを聞くや、天武の顔が曇り出した。
 次に、
 〈アマテラスの目に一瞬、自分の前に一柱の美しい女神が立っているように見えた。「この者は誰、私を越える存在、そんなことがあっていいの……」アマテラスはそれを確かめようと石屋戸の外に出ようとした。この瞬間を待ち構えて身をひそめていた力持ちの神、天手力男神(あめのたぢからをのかみ)が女神の手を取って外へ引き出した。さらにフトダマノ命が日の神の後ろに注連縄(しめなわ)を渡していう。「この縄より内側に戻ることはできません」〉
 このくだりに至ると、天武の表情は険しくなり、眉間によせたシワは、痛快なはずの八俣の大蛇の物語に入っても解かれることがなかった。


九章 六八〇年初秋 3

 第二夜の語り聞かせも同じ時刻に、同じ部屋、同じメンバーで行われた。天武は気分を取り直してくれた様子だった。穏やかな表情で、古事語の続きが始まるのを待ち構えているように見えた。今宵の予定は、稲羽の素兎(いなばのしろうさぎ)のエピソードから始まる大国主神の成長物語と、彼による葦原中国の国作りと国譲りの物語だった。
 稲羽の素兎の語りが始まると、天武と讃良は膝を乗り出すようにして物語の中に入り始めた。そして阿礼の語りが葦原中国の平定に進み、高天原からの使者が何人も何人も送り込まれるのに、地上からは一向に色よい返事が返ってこないくだりでは、語りの進行と一体となってやきもきしたり、ハラハラしたりする様子を見せた。
 ところが語りが国譲り物語に進み、高天原側がオホクニヌシが出した条件を飲み、出雲国の多芸志の小浜(たぎしのをばま)に立派な神殿を造らせ、燧臼(ひきりうす)と燧杵(ひきりきね)で起こした火であぶった巨大鱸(すずき)を聖なる御饗(みあえ)として供えたというくだりにくると、天武の表情はこわばり、そのあとに続く最後のところ、天照大御神の孫、ヒコホノニニギノ命の天降りの部分はほとんど聞いていないかのようだった。


九章 六八〇年初秋 4

 第二夜のこの語り聞かせが終わったあと、しばらくの静寂が席を覆った。これを破ったのは天武だった。「よくできている。奇想天外な神話がいくつも配されている。それぞれが予想もつかないような展開を見せる。スリルがあり、ユーモアがある。長くておかしな名を付けられた神々を、一〇、二〇と流れるようにうたい上げる曲芸まで用意されている。そうした人を引き付けるような仕掛けを随所にちりばめ、ナレはワレの要請に応えて、天皇家がこの国を統治するいわれ、継承者がこの国を統治する正当性を説く歴史物語を見事に創作した。その苦心を高く評価しよう。ただどうしても譲れないところが二か所あった。
 一つは昨晩の事語り、ナレが皇祖神とした天照大御神の、天の石屋戸での振舞わせ方だ。あの場面に至る筋語りの元になっているのは恐らく〈乙已の変(いっしのへん)〉で、天照大御神は大王家、須佐之男命は蘇我本宗家、特に太郎入鹿をイメージしているのであろう。そのスサノヲの悪行に腹を立てて、アマテラスが自らの意思で天の石屋に隠れたというところまではいい。問題はそのあと、彼女が他の神々によって石屋戸から引き出されたという点だ。
 確か話の筋では、差し出された八咫鏡に映った自分の姿を別の女神と錯覚し、はてそんな美神がいるはずがないと、それを確かめに戸の外に身を出そうとしたアマテラスは、天手力男神(あめのたぢからをのかみ)に手を取られて外に引き出されてしまう。さらに布刀玉命(ふとだまのみこと)によって背後に注連縄を渡され、この縄より内側に戻ってはなりませんと、いわれてしまう。推測するに阿礼よ、ナレはここのくだりでこういいたいのであろう。


九章 六八〇年初秋 5

 皇祖神は高天原の最高神ではあるが、その至高性は絶対的な存在ではない。それは他の神々によって支えられている。日の神は与えられた義務を果たす限りにおいて最高神として存在できる。しかしそれを果たさねば、他の神々によっていつでも代えられうる可能性を持っている。つまり支配の正当性は最初から保障されているのではなく、それは、天皇家が共に国家の運営に当たる豪族・貴族層との間の力のバランスに配慮し、彼らからどれだけ協力を得られるかによって決まると。
 皇祖神も天皇家も、与えられた義務を全力で果たす使命を帯びている。その考えはいい。そうあらねばならぬ。ワレもそう思う。だが、この語りの中で皇祖神も天皇家も絶対的な存在でなければならぬ。支配の正当性も最初から約束されていなければならぬ。天の石屋戸のくだりは神々の手によってではなく、天照大御神が自らの意思で石屋を出る、そのように創り直せ。
 今一つは今宵の事語り、大国主神の国譲りのところだ。国譲りというのは六世紀初頭からほぼ百年かけて進められたヤマト王権による中央集権化策、つまり地方政権の独自の支配者、国主を、中央政権の地方官、国造に再編成していく事業を手本にしているのだろう。さらに推し測れば、国譲りの物語は、この国造化のプロセスを下敷きにし、その上にワレが仕掛けた〈壬申の乱〉を重ねて、王権継承の正当性を問おうとしたのではないか。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について