目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

151 / 239ページ

八章 六七七年初夏 14

 するとアメノオシホミミノ命は次のように答えた。「天降りの支度中に思わぬ時が流れ、その間に私に二柱の子が生まれました。タカギノ神の娘、万幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)を妻として生んだ天火明命(あめのほあかりのみこと)と天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと)です。二柱の命のうち、日の神の子で稲穂のみずみずしさを表す名を持つ、弟のヒコホノニニギノ命が適任だと思いますので、この子を後継者にいたしましょう」
 そこでアマテラス大御神はニニギノ命を後継者にする一方、付き添うメンバーを選定した。まず天児屋命(あめのこやねのみこと)・布刀玉命(ふとだまのみこと)・天宇受売命(あめのうずめのみこと)・伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)・玉祖命(たまのやのみこと)の五柱。
 次に大御神は、智慧の神思金神(おもひかねのかみ)、天の石屋戸(あめのいはやと)で功績のあった天手力男神(あめのたぢからをのかみ)、御門(みかど)の守護神である天石門別神(あめのいはとわけのかみ)三柱の神を選び、八尺の勾玉(やさかのまがたま)・鏡・草薙(くさなぎ)の剱を持たせることにした。
 さらに露払いとして天忍日命(あめのおしひのみこと)・天津久米命(あまつくめのみこと)の二柱を選び、それぞれ背には矢を入れる靭(ゆぎ)を負わせ、腰にはコブ状の柄頭(つかがしら)を持つ頭椎之太刀(くぶつちのたち)を吊るさせ、手には天之波士弓(あめのはじゆみ)と天之真鹿児矢(あめのまかこや)を持たせた〉


八章 六七七年初夏 15

 「葦原中国から道案内がくるというのはどう?」
 「なるほど、ではこうしよう」

 

 〈準備が整うと、天照大御神はヒコホノニニギノ命に命じた。「豊葦原の水穂国の統治はナンジに委ねられた。直ちに天降りなさい」と。この指令を受けてヒコホノニニギノ命が一行と共に下界に降りようとした時だった。天上の道が八またに分かれているところで、上は高天原を照らし、下は葦原中国を照らしている神が見えた。
 そこでアマテラス大御神とタカギノ神はアメノウズメノ命を遣わして尋ねさせた。「何者であるか。何のために、わが孫の天降るべき道をふさいでいるのか?」と。
 その問いに応えて、男神は次のようにいう。「私は国つ神で、名前は猿田毘古神(さるたびこのかみ)と申します。ここにおりますのは、天つ神の御子が天降りなさるという声を聞いたからでございます。道案内をさせていただければ、こんな仕合わせはありません」と。
 葦原中国側の先導に助けられ、ヒコホノニニギノ命は高天原の神座、天之石位(あまのいはくら)を離れ、一行と共に天空に幾重にもたなびく雲を押し分け、道なき道を神威をもってかき分け、途中天の浮橋から浮島に立って下界を眺めたあと、竺紫(つくし)の日向(ひむか)にある、高千穂の霊峰に天降った。
 この時ニニギノ命は次のようにいう。「この地は韓国(からくに・朝鮮)に近く、南には薩摩の笠沙の御碕(かささのみさき・野間崎)に向かう道が通じている。朝日が射し、夕陽が映える吉相の土地だ」
 そしてこの地に地底の岩根まで届く太い宮柱を立て、千木が天空に高々と聳え立つ壮大な宮殿を築いて住んだ〉


八章 六七七年初夏 16

 「天孫が大八島(日本列島)を治めるために天より降るとすれば、その場所は現在皇室のある日本列島の中央、大和国に定める方が自然ではないの。どうしてわざわざ九州の日向に降臨させるのですか?」
 「天武に渡された『帝紀』・『本辞』でそうなっているから、われわれの古事語(いにしえのことがたり)もそれに従いたいと思っているんだ。旧記の編纂者たちは、こう考えたのではないかな。確かに現在の王都は大和にあるのだから、ここに降臨させた方が自然かもしれない。でもそれでは統治の対象となる国がこのあたりだけになってしまうと。
 ヤマト王権は九州から近畿に及ぶ豪族的国家群の連合政権として誕生した。しかも大八島に広がっている農耕文明は大陸から半島を経由して、まず九州にもたらされ、そこから東に向かって大和まで及んだ。さらにそれを支える地方国家も西から東に向かって広がったんだ。日本の統一をめざす王朝としてはその西の九州からスタートし、東に移動しながらその間にある地方の全てを自分たちの王権のもとに参加させた上で大和の地に根を下ろしたとした方が、最初から大和にいたというよりもずっと大きな存在になると。
 いずれにしてもこの天孫降臨で一区切りにし、ここまでを上つ段としよう。次は『帝紀・本辞』の記述にそう形で中つ段に進みたい。中つ段はニニギノ命の子孫、豊御毛沼命(とよみけぬのみこと)、またの名、神倭伊波礼毘古命(かむやまといはれびこのみこと・諡神武)の東征(東遷)物語づくりからスタートしたいと思っているんだが、それを始める前に、上つ段を仕上げなくてはね」


九章 六八〇年初秋 1

 九章 六八〇年初秋
 

 

 古事語をつくるよう命じられてから六年の歳月が流れた。六八〇年初秋、阿礼は天武に呼ばれ、「例のものはできあがったか」と問われた。阿礼が「肝心な部分はできあがっております」と答えると、天武は即座に指示した。「今宵は満月、月明かりの中で、ナレの語りを吟味しよう。月が上る前に密かに内裏に参れ」と。
 夕刻人に知れぬように参上すると、内裏の人目につきにくい一室に宴の場がしつらえてあり、正面に天武と皇后の鸕野讃良(うのさらら)、左脇後方に多臣品治(おおのおみほむじ)がすわっていた。聞き手は三人だけ、舎人や女人の姿もなかった。阿礼は第一夜の語り聞かせは、天地(あめつち)の初めから始めて、須佐之男命による八俣の大蛇の退治までが適当ではないかと考えていた。
 上座にすわった主客と絶妙の間合いの取れる下座に身を置いて、宇宙の初めから語り始めた。最初は不思議そうな顔をしていた天武と讃良は、次の伊邪那岐命と伊邪那美命の夫婦神の物語に入ると、身を乗り出すようにして聞き入り始めた。お二人はこの筋語りを気にいって下さっている、そう思いつつ阿礼はさらに天照大御神と須佐之男命の姉弟神のくだりに話を進めた。スサノヲノ命が高天原に上り、アマテラス大御神と子生みの勝負をするところでは手を打って面白がり、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が、神が神がかりしたように踊るシーンまでくると腹を抱えて笑い転げた。


九章 六八〇年初秋 2

 ところが、
 〈天の石屋に隠れたアマテラスがいぶかしがって、アメノウズメに「どうしてお前はそんなところで踊り狂っているの?どうして神々は笑い転げているの?」と声をかけると、アメノウズメが待ってましたとばかりに「あなたよりもはるかに高貴で秀でた女神がおいでになるので、われわれはこうして踊って笑って楽しんでいるのです」と答え、間髪をいれずに天児屋命(あめのこやねのみこと)と布刀玉命(ふとだまのみこと)がアマテラスの顔の前に八咫鏡(やたのかがみ)を差し出した〉
 という語りを聞くや、天武の顔が曇り出した。
 次に、
 〈アマテラスの目に一瞬、自分の前に一柱の美しい女神が立っているように見えた。「この者は誰、私を越える存在、そんなことがあっていいの……」アマテラスはそれを確かめようと石屋戸の外に出ようとした。この瞬間を待ち構えて身をひそめていた力持ちの神、天手力男神(あめのたぢからをのかみ)が女神の手を取って外へ引き出した。さらにフトダマノ命が日の神の後ろに注連縄(しめなわ)を渡していう。「この縄より内側に戻ることはできません」〉
 このくだりに至ると、天武の表情は険しくなり、眉間によせたシワは、痛快なはずの八俣の大蛇の物語に入っても解かれることがなかった。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について