目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

148 / 239ページ

八章 六七七年初夏 11

 「本当はもっと苦悶・立腹するはずだよね。自分自身の努力もさることながら、あれほどたくさんの神々の協力でつくり上げた国を譲れと迫られるんだから。でもね、あっさりと譲らせることによって大国主神の無念さがより強く伝わると思ったんだ。同時にね、譲るということによって相手を立てるだけではなく、やがては自らもまた立ち栄える可能性を持つ。そのことも語り伝えたかったんだ」
 「高天原の方もまたいとも気前よく約束を果たしてしまうのね」
 「譲られた者は、譲った者の無念さをいつまでも思い続けなければならない……という戒めが神殿を建て、それを保存することによって守り続けられるのだというふうにしたかったんだ。さらにいえば、統一国家に参加した方が現状よりも大きな可能性が拓けるのではないか、そう願う地方政権の期待に中央政権は応え続けなければならない。そしてもしその約束が守り続けられず、地域社会の安寧が損なわれるようなことがあったら、それが反乱の源泉になり、どんな国家だっていとも簡単に崩壊してしまう。その哲理を国土創成物語の中に組み込んでおきたかった」
 「だとしたら高天原が神殿を立てたというくだりに、こんな話を加えませんか。国譲りをした大国主神とその子孫に対する高天原側の敬意、約束を果たそうとする者の誠意を表すために。


八章 六七七年初夏 12

 私が仕えていた杵築の社(きづきのやしろ)では、地元の海人たちが豊漁を祈願したり、感謝したりする時に、自ら釣り上げたそれはそれは大きな鱸(すずき)を御饗(みあえ)として神前に供えるの。供える前に食膳の調理を司る人々、膳手(かしわで)が料理するのですが、その時に特別な火を使うのが習わしなのです。    
 火は檜の板にくぼみを作り、そこに先端を尖らせた檜の棒をあてがって、強い力で揉んで起こすの。このくぼみのある檜の板のことを火鑽臼(燧臼・ひきりうす)、先の尖った檜の棒を火鑽杵(燧杵・ひきりきね)と呼んで、この二つで鑽り出すようにして起こした火は特別に神聖な火で、これを使って調理したスズキはまた特別に聖なる御饗(御馳走)とされるのです。これを神殿に供えるというのはどうかしら」
 「ああ、それはいい考えだね。伊邪那岐命・伊邪那美命の二神が生みだした河口の神、水戸神(みなとのかみ)の孫、櫛八玉神(くしやたまのかみ)をその膳手にしよう」

 

 〈櫛八玉神が鵜に変身して海の底に潜り、海布(めふ)と呼ばれる海藻の茎を刈り取って火を鑽る臼を、海蓴(こも)と呼ぶ海藻の茎で火を鑽る杵をつくる。そしてこの臼と杵で火を鑽り出し、次のような祝詞(のりと)を奏上する。


八章 六七七年初夏 13

 「私が鑽り出した火は天を衝いて燃え上がり、その煙は天上を覆って下界に垂れさがるほどの煤(すす)を生む。私が鑽り出した火は地上を這い、地中深く燃え下がり、地底の岩根を焼き凝らす。その鑽り火を使って、楮(こうぞ)の皮の繊維で撚り上げた千尋の縄で海人が釣り上げた口が大きく尾鰭(おびれ)が長い見事な鱸を、調理しました。それを竹張りの台がたわむ程に盛り付けましたので、どうぞお召し上がりください」〉

 

 「うーん、いいですね」
 「これで天降る準備はできたんだが、国譲りをした大国主神との約束―地上の国の安寧―を果たすにはそれにふさわしい統治者を見付けないと。初めは天照大御神の御子を候補者に設定しているんだが、葦原中国の平定にずいぶん長い歳月がかかってしまった。だから新たに後継者が選ばれて葦原中国に降るという筋立てになるんだ」
 「それで、アマテラスの孫神になるわけね」

 

 〈葦原中国の平定が完了したという報告を受けた天照大御神は、高木神と連れだって日継の御子、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)のところに行き、「葦原中国の平定が完了したという連絡が入った。かねて任せた通り、私の後継者として天降り、かの国を治めるがよい」と仰せられた。


八章 六七七年初夏 14

 するとアメノオシホミミノ命は次のように答えた。「天降りの支度中に思わぬ時が流れ、その間に私に二柱の子が生まれました。タカギノ神の娘、万幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)を妻として生んだ天火明命(あめのほあかりのみこと)と天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと)です。二柱の命のうち、日の神の子で稲穂のみずみずしさを表す名を持つ、弟のヒコホノニニギノ命が適任だと思いますので、この子を後継者にいたしましょう」
 そこでアマテラス大御神はニニギノ命を後継者にする一方、付き添うメンバーを選定した。まず天児屋命(あめのこやねのみこと)・布刀玉命(ふとだまのみこと)・天宇受売命(あめのうずめのみこと)・伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)・玉祖命(たまのやのみこと)の五柱。
 次に大御神は、智慧の神思金神(おもひかねのかみ)、天の石屋戸(あめのいはやと)で功績のあった天手力男神(あめのたぢからをのかみ)、御門(みかど)の守護神である天石門別神(あめのいはとわけのかみ)三柱の神を選び、八尺の勾玉(やさかのまがたま)・鏡・草薙(くさなぎ)の剱を持たせることにした。
 さらに露払いとして天忍日命(あめのおしひのみこと)・天津久米命(あまつくめのみこと)の二柱を選び、それぞれ背には矢を入れる靭(ゆぎ)を負わせ、腰にはコブ状の柄頭(つかがしら)を持つ頭椎之太刀(くぶつちのたち)を吊るさせ、手には天之波士弓(あめのはじゆみ)と天之真鹿児矢(あめのまかこや)を持たせた〉


八章 六七七年初夏 15

 「葦原中国から道案内がくるというのはどう?」
 「なるほど、ではこうしよう」

 

 〈準備が整うと、天照大御神はヒコホノニニギノ命に命じた。「豊葦原の水穂国の統治はナンジに委ねられた。直ちに天降りなさい」と。この指令を受けてヒコホノニニギノ命が一行と共に下界に降りようとした時だった。天上の道が八またに分かれているところで、上は高天原を照らし、下は葦原中国を照らしている神が見えた。
 そこでアマテラス大御神とタカギノ神はアメノウズメノ命を遣わして尋ねさせた。「何者であるか。何のために、わが孫の天降るべき道をふさいでいるのか?」と。
 その問いに応えて、男神は次のようにいう。「私は国つ神で、名前は猿田毘古神(さるたびこのかみ)と申します。ここにおりますのは、天つ神の御子が天降りなさるという声を聞いたからでございます。道案内をさせていただければ、こんな仕合わせはありません」と。
 葦原中国側の先導に助けられ、ヒコホノニニギノ命は高天原の神座、天之石位(あまのいはくら)を離れ、一行と共に天空に幾重にもたなびく雲を押し分け、道なき道を神威をもってかき分け、途中天の浮橋から浮島に立って下界を眺めたあと、竺紫(つくし)の日向(ひむか)にある、高千穂の霊峰に天降った。
 この時ニニギノ命は次のようにいう。「この地は韓国(からくに・朝鮮)に近く、南には薩摩の笠沙の御碕(かささのみさき・野間崎)に向かう道が通じている。朝日が射し、夕陽が映える吉相の土地だ」
 そしてこの地に地底の岩根まで届く太い宮柱を立て、千木が天空に高々と聳え立つ壮大な宮殿を築いて住んだ〉



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について