目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

145 / 239ページ

八章 六七七年初夏 8

 二柱の神が降り立ったのは出雲国の伊那佐の小浜(いなさのをばま・稲佐浜)だった。大国主神と大后須勢理毘女命が住む宇迦の山の山本の宮はその近くにあった。
 二神は腰に帯びた十掬剣(とつかつるぎ)を抜くと、それを逆さにして波頭に突き差し、剣の切っ先にあぐらをかいて座った。そうしてオホクニヌシノ神を呼び、次のように尋ねた。「われわれは、アマテラス大御神、タカギノ神の命令でナンジの意向を訊くために使者となった者である。大御神は、ナンジが今国主として領有している葦原中国を、日継の御子に統治させたいと考えておられる。ナンジの考えはどうであるか」と。
 こう尋ねられて、オホクニヌシノ神は次のように答えた。「私の一存で答えるわけにはまいりません。私には八重言代主神(やへことしろぬしのかみ)、別名八重事代主神(やへことしろぬしのかみ)と建御名方神(たけみなかたのかみ)という二人の息子がおります。それぞれの考えを聞きたい思います」と。
 兄のヤヘコトシロヌシノ神はこの時、鳥を射ち、魚を釣るために御大の岬(みほのみさき・美保埼)に出かけていた。迎えに行ったアメノトリフネノ神と共に戻ってくると、父のオホクニヌシノ神にいった。「お話は伺いました。恐れ多いことです。この国を天つ神の御子に差し上げたらどうでしょうか」そういうや否や、呪術を使い、今乗ってきた船を青葉の柴垣にかえ、その中にこもってしまった。


八章 六七七年初夏 9

 弟のタケミナカタノ神の態度は兄のそれと対照的だった。千人がかりでやっと動くほどの大岩を、片手で軽々と差し上げながらやってきて、「誰だ、私の国にきてこそこそとつまらぬことをいう奴は。この国を盗りたければ、力比べで勝ってからにしろ。まずワレが先にお前の手をへし折ってやろう」
 そういって、タケミカヅチノヲノ神の手を掴んだ。するとその手は一瞬のうちに氷柱(つらら)に変じ、さらに剣の刃に転じた。ひるんだタケミナカタノ神の手を、今度はタケミカヅチノヲノ神が掴んだ。すさまじい怪力だった。掴んだ手を二男神の腕に移動させ、まるで葦の若茎を手折るようにひしぎ上げ、体ごと地面にたたき付けた。
 タケミナカタノ神はかなわずとみて逃げ出した。タケミカヅチノヲノ神はそれを追い、ついに科野国(しなののくに・信濃国)の州羽の海(すわのうみ・諏訪湖)まで追いつめて、息の根を止めようとした。
 その時タケミナカタノ神は命乞いをしていった。「恐れ入りました。命だけは助けて下さい。私はこの州羽の地以外のところには決してまいりません。また父のオホクニヌシノ神のいう通りにいたします。葦原中国は天つ神の御子の仰せられるままに差し上げましょう」
 そこでタケミカヅチノヲノ神は出雲国に戻ってきてオホクニヌシノ神に尋ねた。「ナンジの子神、ヤヘコトシロヌシノ神とタケミナカタノ神はいずれも天つ神の仰せに従い、決して背かないと申している。そこでナンジだが、いかがするか」


八章 六七七年初夏 10

 オホクニヌシノ神は、かつて祖父神須佐之男命にいわれた言葉を思い浮かべながら、次のように答えた。
 「私の子供二柱の神が申しましたように、私もまた決して背くことはありません。葦原中国は仰せに従い悦んで献上いたしましょう。ただし一つだけ条件があります。私の住んだところに、天つ神の御子が皇位継承の暁に住まわれる立派な御殿のように、地底の岩根に届くまでに深く穴を掘って宮柱を埋め、高天原に千木が届くほど屋根の高い神殿を築いてくださいますか。その約束が果たされますならば、私は遠い遠い幽界に身を隠すことにいたしましょう。また私の子供、百八十柱の神々は長兄八重事代主神を中心にお仕えいたしますゆえ、一柱として仰せに背く者はありますまい」
 このようにいってオホクニヌシノ神はこの国を譲り、去った。
 タケミカヅチノヲノ神は約束通り、出雲国の多芸志の小浜(たぎしのをばま)に神殿をつくらせ、それが済むと高天原に戻り、葦原中国を平定し、帰順させたことを復命した〉

 

 「何故、神殿なのかしら?」
 「神殿はこの国の繁栄と人々の安寧の象徴なんだ。聞き手はそれでわかってくれると思う」
 「それにしてもずいぶんあっさりと国土奉還をしてしまうのですね」


八章 六七七年初夏 11

 「本当はもっと苦悶・立腹するはずだよね。自分自身の努力もさることながら、あれほどたくさんの神々の協力でつくり上げた国を譲れと迫られるんだから。でもね、あっさりと譲らせることによって大国主神の無念さがより強く伝わると思ったんだ。同時にね、譲るということによって相手を立てるだけではなく、やがては自らもまた立ち栄える可能性を持つ。そのことも語り伝えたかったんだ」
 「高天原の方もまたいとも気前よく約束を果たしてしまうのね」
 「譲られた者は、譲った者の無念さをいつまでも思い続けなければならない……という戒めが神殿を建て、それを保存することによって守り続けられるのだというふうにしたかったんだ。さらにいえば、統一国家に参加した方が現状よりも大きな可能性が拓けるのではないか、そう願う地方政権の期待に中央政権は応え続けなければならない。そしてもしその約束が守り続けられず、地域社会の安寧が損なわれるようなことがあったら、それが反乱の源泉になり、どんな国家だっていとも簡単に崩壊してしまう。その哲理を国土創成物語の中に組み込んでおきたかった」
 「だとしたら高天原が神殿を立てたというくだりに、こんな話を加えませんか。国譲りをした大国主神とその子孫に対する高天原側の敬意、約束を果たそうとする者の誠意を表すために。


八章 六七七年初夏 12

 私が仕えていた杵築の社(きづきのやしろ)では、地元の海人たちが豊漁を祈願したり、感謝したりする時に、自ら釣り上げたそれはそれは大きな鱸(すずき)を御饗(みあえ)として神前に供えるの。供える前に食膳の調理を司る人々、膳手(かしわで)が料理するのですが、その時に特別な火を使うのが習わしなのです。    
 火は檜の板にくぼみを作り、そこに先端を尖らせた檜の棒をあてがって、強い力で揉んで起こすの。このくぼみのある檜の板のことを火鑽臼(燧臼・ひきりうす)、先の尖った檜の棒を火鑽杵(燧杵・ひきりきね)と呼んで、この二つで鑽り出すようにして起こした火は特別に神聖な火で、これを使って調理したスズキはまた特別に聖なる御饗(御馳走)とされるのです。これを神殿に供えるというのはどうかしら」
 「ああ、それはいい考えだね。伊邪那岐命・伊邪那美命の二神が生みだした河口の神、水戸神(みなとのかみ)の孫、櫛八玉神(くしやたまのかみ)をその膳手にしよう」

 

 〈櫛八玉神が鵜に変身して海の底に潜り、海布(めふ)と呼ばれる海藻の茎を刈り取って火を鑽る臼を、海蓴(こも)と呼ぶ海藻の茎で火を鑽る杵をつくる。そしてこの臼と杵で火を鑽り出し、次のような祝詞(のりと)を奏上する。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について