目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

141 / 239ページ

八章 六七七年初夏 4

 〈天照大御神は、地上の葦原中国が稲が永遠に豊かに実る葦原の国になったことを聞き、この豊葦原の千秋長五百秋の水穂国(とよあしはらのちあきのながいほあきのみずほのくに)の統治をわが子の正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)に委ねようと、彼を日継の御子(皇太子)に任命し、高天原から葦原中国に降るよう命じた。
 指令を受けて、アメノオシホミミノ命が天と地の間にかかる天の浮橋まできた時、地上の様子がひどく騒がしいのに気付いた。地上ではどうやら豊葦原の水穂国を奪い合う騒乱が起きている模様だった。御子は一旦高天原に戻り、どうしたらよいかアマテラス大御神に相談した。
 大御神は高御産巣日神(たかみむすひのかみ・別名高木神)と相談して天の安河の河原に智慧の神、思金神(おもひかねのかみ)を初め八百万の神々を招集し、「アメノオシホミミノ命を日継の御子に指名して葦原中国を統治させようと、かの国に降らせようとしたが、どうもそこは国つ神たちが国の盗り合いをしているようだ。彼らを帰順させるにはどの神を遣わしたらよいか」と尋ねた。


八章 六七七年初夏 5

 そこでオモヒカネノ神や八百万の神々が相談して、天菩比神(あめのほひのかみ)を選び、彼を使者として送り出した。ところがアメノホヒノ神は大国主神になびいて、三年たっても戻らなかった。
 そこでアマテラス大御神とタカミムスヒノ神はまた、オモヒカネノ神を初めとする八百万の神々を集めて「アメノホヒノ神が使いに出てすでに長い時が流れた。それなのにまだ何の連絡もない。次はどの神を使いに出したものだろうか?」と相談した。
 そこでオモヒカネノ神が八百万の神々と相談して次のように答えた。「天津国玉神(あまつくにたまのかみ)の子である天若日子(あめのわかひこ)を遣わしましょう」と。
 それを受けてアマテラス大御神とタカミムスヒノ神は、アメノワカヒコに鹿狩り用の弓と矢―天之麻迦古弓(あめのまかこゆみ)・天之波波矢(あめのははや)―を授けて地上の国に遣わせた。ところがアメノワカヒコは葦原中国につくと、オオクニヌシノ神の娘、下照比売(したてるひめ)を妻にして、八年たっても連絡を寄こさなかった〉

 

 阿礼に一息入れさせようと、由衣が口を挟んだ。
 「役立たずな相談。何をやってもだめなのね」
 「それくらい葦原中国の平定、そして国譲りは大変だったということを伝えたいのさ」


八章 六七七年初夏 6

 「なるほど、なかなかうまい手かもしれない。ではもう一つ質問。このくだりでアマテラスがタカミムスヒを初めとして八百万の天つ神に相談を持ちかけるでしょ。アマテラスは天上の最高神で、一人で全てを決めることができるはずですよね。それがどうして他の神々の意向をうかがうように設定したの?」
 「アマテラスを独裁者にしたくなかったからなんだ。いかに最高権力者でも他者の意見に耳を傾ける存在でなければならない。そのことをここにこめたかったんだ。
 特に男神タカミムスヒノ神がアマテラスの最も信頼せる相談役に設定されているだろう。この神は外来神で天上界の主神にして太陽神、在来神アマテラスと同じような地位と力を持っている。アマテラスはその外来の男神と絶えず一緒になって重要事項を決めていく。そう描写することによって理想の最高権力者像を聞き手に印象付けることができるのではないか、そう期待してのことなんだ。
 さらに鳴女(なきめ)という名のキジを登場させてみたんだが」

 

 〈キジの鳴女は使者となって天若日子のもとに行き、「八年もなるのに何故戻って復命しないのか」と、天つ神から受けた命令を復誦する。それを聞いたアメノワカヒコは、天つ神から授けられた天之麻迦古弓と天之波波矢で、キジを射殺してしまう。ところが鳴女の胸を射抜いたその矢が高天原まで飛んで行き、それが再び地上に還ってきてアメノワカヒコの胸板に突き刺さり、ワカヒコは死んでしまう。その死は残された妻や高天原にいる肉親を悲しませ、死者の魂を慰める歌や踊りが八日八晩続いた。


八章 六七七年初夏 7

 これまでの試みはことごとく失敗だった。そこでアマテラス大御神はまた尋ねた。「今度という今度はどの神を使いに出したらよいものか」と。
 そこでオモイカネノ神と八百万の神々が協議して、次のように答えた。「天の安河の上流にある天の石屋(あめのいはや)にいる剣(つるぎ)の神、伊都之尾羽張神(いつのをはばりのかみ)、別名天之尾羽張神(あめのをはばりのかみ)か、その子供である建御雷之男神(たけみかづちのをのかみ)がよいでしょう。とりあえず天迦久神(あめのかくのかみ)を使いに出してイツノヲハバリノ神の意向を尋ねさせたらどうでしょう」と。
 使いに立ったアメノカクノ神に、アメノヲハバリノ神は次のように答えた。「かしこまりました。お引き受けしましょう。しかしこの度の仕事は私よりも息子の方が適任だと思われます。タケミカヅチノヲノ神を遣わしましょう」と。
 そこでアマテラス大御神はタケミカヅチノヲノ神に、船の神、天鳥船神(あめのとりふねのかみ)を付き添わせて葦原中国へと旅立たせた。


八章 六七七年初夏 8

 二柱の神が降り立ったのは出雲国の伊那佐の小浜(いなさのをばま・稲佐浜)だった。大国主神と大后須勢理毘女命が住む宇迦の山の山本の宮はその近くにあった。
 二神は腰に帯びた十掬剣(とつかつるぎ)を抜くと、それを逆さにして波頭に突き差し、剣の切っ先にあぐらをかいて座った。そうしてオホクニヌシノ神を呼び、次のように尋ねた。「われわれは、アマテラス大御神、タカギノ神の命令でナンジの意向を訊くために使者となった者である。大御神は、ナンジが今国主として領有している葦原中国を、日継の御子に統治させたいと考えておられる。ナンジの考えはどうであるか」と。
 こう尋ねられて、オホクニヌシノ神は次のように答えた。「私の一存で答えるわけにはまいりません。私には八重言代主神(やへことしろぬしのかみ)、別名八重事代主神(やへことしろぬしのかみ)と建御名方神(たけみなかたのかみ)という二人の息子がおります。それぞれの考えを聞きたい思います」と。
 兄のヤヘコトシロヌシノ神はこの時、鳥を射ち、魚を釣るために御大の岬(みほのみさき・美保埼)に出かけていた。迎えに行ったアメノトリフネノ神と共に戻ってくると、父のオホクニヌシノ神にいった。「お話は伺いました。恐れ多いことです。この国を天つ神の御子に差し上げたらどうでしょうか」そういうや否や、呪術を使い、今乗ってきた船を青葉の柴垣にかえ、その中にこもってしまった。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について