目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

137 / 239ページ

七章 六七六年秋 19

 母神は次のように命じた。「スクナビコナノ神よ。お前はアシハラシコヲノ命と兄弟になって、葦原中国を作り固めなさい」こうしてオホナムヂとスクナビコナの二柱の神が共に力を合わせてこの国の経営に当たった。
 ところが国作りの目途が立たぬ前に、スクナビコナノ神は常世国に帰ってしまう。大国主神が途方に暮れているところに、今一柱の協力神が海上を照らしてやってくる。
 この神はいう。「大和国の御諸山(みもろやま・三輪山)に自分を祀るならば手を貸そう」と。大国主神はいわれた通り大和の三輪山にこの神を祀り、その協力のもとに葦原中国の未開の地を切り拓く〉

 

 「それでも葦原中国は広い。この二人の協力神だけでは切り拓けない。もっともっと多くの協力神を用意したいが、どこから持ってこようか?」
 「須佐之男命の神統譜に連なる神々を使うというのはどうかしら?」
 「それはいいアイデアだ。スサノヲノ命の子、大年神(おほとしのかみ)を祖神とし、その神統譜に連なる神々の名を次々と挙げよう。全部で二五柱にし、全ての神々に国土の守護神・大地の母神・穀物の成長を司る神といったそれぞれ異なる役割を振り分けよう。こうした神々の協力によって葦原中国の国作りが一気に進み、物語はいよいよ出雲国の国譲りに入っていく。工夫がいるなあ。これには相当時間がかかるだろう」


八章 六七七年初夏 1

 八章 六七七年初夏


 

 飛鳥一帯は、苗代作り・種蒔き・田起こし・地拵(じこしら)えと続いてきた一連の作業を締めくくる、田植えの季節を迎えていた。阿礼が少年だったころには直播(じかまき)も行われていたが、いまでは役所の指導が徹底し、飛鳥とその周辺では田植え法が定着している。
 田植え法では、苗代から抜いて束ねた稲苗を一株ずつ手に取って植え直さなければならない。しかも各戸に与えられた水の順番がくる日には全ての作業を完了させねばならなかったから、田植えは家族・親族・近所総出の作業となった。この日ばかりは内乱で主を失った農家の田にも多くの人の姿があった。
 稲作は家ごとに行われるが、それぞれが勝手に作業を行っているわけではない。特に田植えは、村ごとに決められてきた約束事に従って進められる。一枚の田の田植えの時間は、村の取り決めで配分される水の流れによって決められているからである。作業は早くても遅くてもならない。各家々が同じ歩調で作業を進めている。
 ついこの間まであった狩猟・採集生活はそうではなかった。人々は常に人よりも早く獲物や山菜を見つけ、人よりも多くこれらを射たり、摘んだりしようとその技術を競い合った。そこでは人とは違う独自の工夫が尊ばれた。だから一所に人がこんなに多く姿を見せて働くことはなかった。


八章 六七七年初夏 2

 稲つくりはその対極にあった。ここでは多くの人が集い、人並みに働くことが高い価値を持った。そうした労働風景が飛鳥一帯では伝統になろうとしていた。その見なれた風景を窓越しに眺めていた由衣が、視線を阿礼に戻していった。
 「今日はいよいよ国譲り物語に取り掛かるとおっしゃいましたが、どんな展開になるのですか?」
 「前に話したように、ここでは今から百七・八十年ほど前の六世紀初頭に始まって、ほぼ百年の歳月をかけて進められた国造化という統一事業あるいは政策がモデルになるんだ。順を追って説明しようか。
 国づくりの始まりは前四世紀、この時期から大陸生まれの稲つくりが九州北部から本州中央部に向かって広がっていく。それと共に稲つくりをする共同体が進化していくんだ。初めは濠をめぐらした環濠集落だったが、それが複数集まって村社会(農耕集落)になった。その農耕集落がいくつか合わさって地域社会(豪族的国家)が形成され、その豪族的国家が複数集まって豪族的国家連合(国)となった。二世紀末、この国同士が激しく抗争し合う、倭国争乱の時期を迎える。その争乱を経た三世紀初め、筑紫・吉備・播磨・讃岐などの豪族的国家連合が連携し、大和盆地の一角に首都を置く王国を形成する」


八章 六七七年初夏 3

 「これが今の統一国家の源流の一つとなるヤマト王権、新生倭国ね」
 「新生倭国は三世紀代・四世紀代と、二〇〇年の歳月をかけて列島内に王権を伸長させ、五世紀代には列島の統一をリードする。各地の豪族的国家同士の抗争に介入し、より忠実な勢力と手を結んでこれを軍事的・経済的に支援するという形で、統一への動きを加速させたんだ。
 そして六世紀代、ヤマト王権は中央政権として統一をさらに進める。旧来の豪族的国家であった時の在地首長、地方豪族を国造(こくぞう・くにのみやっこ)という倭王権の地方官に任じることによって、列島各地の地方政権(地域社会)をその支配下に組み入れようとした。
 この中央政権となるヤマト王権を高天原、ヤマト王権の支配下に組み入れられていく各地の豪族を国主、彼らが建設した地方国家(豪族的国家)の総称を葦原中国というふうにこれまで話を組み立ててきただろう。その地方政権の国主が、六世紀代中央政権の求めに応じて国造になっていく過程を国譲りの物語にしようというわけなんだ」
 「はるかな昔に起きたことのように描きながら、随分と近い歴史的出来事を念頭に置いているということね」
 「そう。その国造化をモデルにして大国主神の国譲り物語をつくり、合わせてその中でこの間話した壬申の乱が世に問うた継承権の正当性という問題を語りにしたいと思っている。そうした構想の下で考えている国譲り物語の粗筋がこれなんだけど、聞いてくれるか」


八章 六七七年初夏 4

 〈天照大御神は、地上の葦原中国が稲が永遠に豊かに実る葦原の国になったことを聞き、この豊葦原の千秋長五百秋の水穂国(とよあしはらのちあきのながいほあきのみずほのくに)の統治をわが子の正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)に委ねようと、彼を日継の御子(皇太子)に任命し、高天原から葦原中国に降るよう命じた。
 指令を受けて、アメノオシホミミノ命が天と地の間にかかる天の浮橋まできた時、地上の様子がひどく騒がしいのに気付いた。地上ではどうやら豊葦原の水穂国を奪い合う騒乱が起きている模様だった。御子は一旦高天原に戻り、どうしたらよいかアマテラス大御神に相談した。
 大御神は高御産巣日神(たかみむすひのかみ・別名高木神)と相談して天の安河の河原に智慧の神、思金神(おもひかねのかみ)を初め八百万の神々を招集し、「アメノオシホミミノ命を日継の御子に指名して葦原中国を統治させようと、かの国に降らせようとしたが、どうもそこは国つ神たちが国の盗り合いをしているようだ。彼らを帰順させるにはどの神を遣わしたらよいか」と尋ねた。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について