目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

124 / 239ページ

七章 六七六年秋 6

 泣き暮れているところに、八十神が通りかかりました。私から話を聞きだした神々はこういいました。
 「それなら海水にたっぷりつかり、あとは風に当たって寝ていればいい」
 教えられた通りにしてみました。そうしたら状態はさらにひどくなり、こんな赤むくれの無残な体になってしまったのです。
 そこでオホナムヂは兎にこう教えてやる。
 「急いで河口に行き、真水で体を洗いなさい。そうしたら今度は河口に生えている蒲(がま)の穂の黄色い花粉を集めて撒き散らし、その上を転がってみてごらん。そうすればお前の肌は元に戻るはずだ」
 兎が教えられた通りにしてみると、本当に元通りのきれいな体になった。すると兎は大穴牟遅神に向かってこう予言する。
 「八上比売を妻にすることができるのは立派ななりをしたあなたの異母兄弟神ではなく、彼らのあとを家来のように従うあなた様でございましょう」
 この兎はただの兎ではなく、稲羽の素兎(いなばのしろうさぎ)というウサギ神だった。
 さて先に稲羽国についた八十神である。彼らは早速ヤガミ姫に結婚を申し入れた。しかし姫はウサギ神の予言通り、次のように答えた。
 「あなた方の申し出をお受けすることはできません。私は大穴牟遅神のところに嫁ぐつもりでございます」


七章 六七六年秋 7

 これを聞いて兄神たちは逆上した。彼らは弟のオホナムヂを殺害してしまおうと相談し、伯伎国(ははきのくに・伯耆国・鳥取県西部)の手間山(てまのやま)の麓まで来た時に、それを実行に移す。
 兄神はあとからきたオホナムヂに、
 「手間山には赤い猪がいるという噂だ。われわれがそいつを山の上から追い落とすから、お前は下で待ち受けていて、逃がさぬように捕まえろ」
 と命じておいて、猪に似た大石を真っ赤になるほど火焼きして、これを山の上から突き落とした。それとは知らないオホナムヂノ神は、転がり落ちる焼け石を赤い猪だと思い込んで抱きとめた挙句、焼死してしまう。
 この報せを聞いて嘆き悲しんだのが、オホナムヂノ神を生んだ刺国若比売命(さしくにわかひめのみこと)。母神は何とか息子を生き返らせようと高天原に上り、神産巣日神(かみむすひのかみ)に泣き付いた。生成をつかさどるカミムスヒノ神は蘇生術に長けた二柱の姫神―赤貝と蛤―を下界に送り、オホナムヂを生き返らせる。
 こうしてオホナムヂノ神は高天原の神々の助けを借りて試練を乗り越えるのだが、苦難はこれで終わらなかった。オホナムヂを再び殺そうと、兄弟の神々が次の手を打ってきたからである。彼らはまたまたオホナムヂノ神を騙して山奥に誘い込み、くさびを抜くと一瞬のうちにふさがるように仕掛けた大木の割れ目に押し込んだ。仕掛けは見事に働き、オホナムヂはそれで挟み殺されてしまう。


七章 六七六年秋 8

 その報せを聞いたサシクニワカヒメノ命は、またも泣きながら息子の行方を捜し歩き、大木の割れ目に挟まれている亡骸を発見する。母神はすぐさま木を引き裂いて息子を取り出し、再びカミムスヒノ神の助けを借りてオホナムヂを復活させる。
 サシクニワカヒメは、オホナムヂノ神の試練はこれで終わるまい、八十神はもっと非道な仕打ちを考え出すだろうと、息子を紀伊国(きのくに)の木の神、大屋毘古神(おほやびこのかみ)のもとに逃がした。しかしそこも安全なところとはならなかった。兄弟神が所在を聞き付け、オホヤビコノ神にオホナムヂの身柄を引き渡すよう迫ってきたからである。
 オホヤビコノ神はオホナムヂノ神にいう。
 「あなたの祖父神、須佐之男命は今黄泉国にいらっしゃる。彼のもとにお行きなさい。何かいい謀(はかりごと)をめぐらして下さるはずです」
 その助言を聞いて、オホナムヂノ神は根の堅州国に赴き、スサノヲノ命の宮殿を訪ねた。案内の声を聞いて現れたのが、スサノヲの娘、須勢理毘女命(すせりびめのみこと)だった。出会った瞬間、互いに一目ぼれだった。二人は眼と眼を見合せて、永遠の夫婦の誓いを交わした。オホナムヂノ神はこれで苦難から解放されると思ったが、そうはいかなかった。スサノヲノ命によるさらに厳しい試練が待ち構えていたのである。


七章 六七六年秋 9

 スセリビメが夫のオホナムヂノ神を連れて父のスサノヲノ命のところにいくと、スサノヲは一目見るなりいった。
 「この男は、葦原色許男命(あしはらしこをのみこと)という名の神だ。お前にふさわしい男かどうか、おれが一つ試してやろう」
 そういうな否や、アシハラシコヲノ命を蛇の群がる室(むろ)の中に引き入れ、ここで一夜を過ごせと命令した。これを聞いた妻のスセリビメノ命は、蛇を払い除ける魔法の布切れを夫に渡していった。「蛇が食いつこうとしたら、これを三度振って打ち払いなさい」と。
 見事な霊力だった。どの蛇もたちどころに鎮まり、アシハラシコヲはその夜安らかに眠り、翌朝さっぱりとした顔で室を出た。
 次の晩、アシハラシコヲノ命はムカデと蜂の群がる室に入れられた。今度も妻の姫が、ムカデと蜂を払い除ける魔法の布切れを渡して使い方を教えたので、翌朝無事に室を出ることができた。
 次に課せられたのは、燃え盛る野火をくぐり抜ける試練だった。スサノヲノ命は鏑矢(かぶらや)を一本、果てしなく広がる野原に射込み、それを拾ってくるように命じた。アシハラシコヲノ命がうなりを上げて飛んだ矢をめざして草原の真っ只中に入った時だった。周囲から火の手が上がった。スサノヲノ命が火を付けたのだ。


七章 六七六年秋 10

 火は一気に燃え上がり、あたり一面真っ赤な火の海で、どっちへ逃げたらいいのか全くわからない。万事休したと思ったとたん、ネズミが一匹ちょろちょろと現れて囁いた。「内はほらほら、口はちょぼちょぼ」と。
 その囁きに従って足下を踏んだとたん、ストンと穴に転がり落ちた。周りを見るとなるほどうつろな洞穴、口がすぼまっていて、野火をやり過ごすのに格好の逃げ場だった。火が遠くに去るや、ネズミが例の鏑矢をくわえて現れた。
 一方野火が燃え盛るのを見たスセリビメはもはや夫は亡きものと思い、泣き暮れながら葬具を整えた。父の大神もこれでは奴も生きてはいまい、そう思いながら火のくすぶる野原に出た。その時だった。何とアシハラシコヲノ命があの鏑矢を手に、涼しい顔でやってくるではないか。
 何て奴だ。スサノヲノ大神はあきれると同時に、さらに苛んでやろうと聟(むこ)を宮殿の大室(おおむろ)に呼び入れて、自分の頭の虱(しらみ)を取れと命じた。よく見るとスサノヲの髪に巣食っているのは虱ではなく、ムカデだった。この時妻のスセリビメは素早く椋(むく)の実と赤土(はに)を夫の手に忍ばせた。アシハラシコヲはすぐに妻のねらいに気づき、椋の実を噛み砕き、赤土を口に含んでは唾(つばき)と共に吐き出した。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について