目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

121 / 239ページ

七章 六七六年秋 3

 何故って、譲るということはとてつもなく大きな犠牲を払うことを意味するからだ。一国の建設にはたくさんの人々の、たいへんな苦労・苦難が重ねられている。その営為を思えばつくられた国を本当は自分たちのものにしておきたい。それなのにやむをえざる事情でそれを手放さなければならないのだから、手放す者たちの落胆・苦悩はかぎりなく大きい。
 それを癒すには、譲り受けた側が交わした約束を守り続けるしかない。つまり統治権の継承者は譲渡者に対してとてつもなく大きな義務を負っている。それを忘れた時、継承の正当性はいとも簡単に崩壊してしまう。この哲理を根底において、物語を創作したいと思っているんだ。
 いずれにしても国を譲れる神、譲る決断のできる神は特別な霊異を持つ存在でなければならない。大国主神をそのような存在に仕立てるには、どんな仕掛けがいいと思う?」
 「苦難をくぐらせる?どんなに育ちがよく、生まれつきの才能があっても、苦労を知らない者は駄目だというではありませんか」
 「私もそう思う。大国主神には苦難に次ぐ苦難を与えよう。それを通してこの神は譲りに譲る精神を身に付け、最後に国土奉還という最大の譲りを実現する、そういうふうに国作りの筋を運ぼう。


七章 六七六年秋 4

 葦原中国は無数の地域社会からなる日本列島の写像で、この間も決めたようにその代表として出雲国を使うんだが、この出雲を中心に舞台を自在に変化させ、同時に大国主神の名前も使い分ける。まずオホクニヌシを別名の大穴牟遅神(おほなむぢのかみ)にかえ、出雲国から隣国であり先進地でもある稲羽国(いなばのくに・因幡国・鳥取県東部)に向けて妻を求める旅をさせることにする。そしてこの旅の中に、昔お前が語ってくれた稲羽の白うさぎの伝承も組み込んで、稲羽国の八上比売(やがみひめ)を手に入れるストーリーを考えてみたんだ」

 

〈大穴牟遅神の旅は一人旅ではなく、母を異にする八〇人の兄神―八十神(やそがみ)―がこれに同行する。八十神はいずれも出雲国の各地を治める国つ神で、誰もが八上比売を妻にしたいという思いを共有すると同時に、この時まだ国を持たないオホナムヂノ神を自分たちの従者だと考えている。
 八十人の異母兄弟神は旅の道具を入れた大きな袋をオホナムヂに背負わせて、先に稲羽国に向かった。重い荷物のせいでずっとあとを歩くオホナムヂが、気多の岬(けたのみさき・鳥取市西方)までやってくると、皮を剥がれ赤裸になった兎が一羽、泣きわめきながら転げ回っているのに出くわした。
 オホナムヂは泣きわめく兎に声をかけた。
 「どうしてお前はそんなに泣き苦しんでいるのか?わけを話してごらん」


七章 六七六年秋 5

 すると兎が次のように答えた。
 「私は海の向こうに見える淤岐島(おきのしま)に住んでいた兎です。島を出て本土に渡ってみたいものだと思っていたのですが、なかなか手立てが見つかりません。ところがある時うまい手を考え付きました。海にいる鮫(わに・フカ)を騙し、彼らを並ばせて、それを橋がわりにするという方法です。そこで私はワニにこういいました。
 「お前たちワニ族とわれわれウサギ族とではどちらが数が多いか、一つ競べてみようではないか。お前は同族という同族をことごとく連れてきて、この島から向こうの気多の岬まで一列に並ばせる。そうしたら私がその上を踏んで渡って数をかぞえてやろう。そうすればワニ族とウサギ族ではどちらの方が数が多いかわかるというもんだ」
 ワニの奴らは単純でした。騙されたとも知らず、島から岬まで見事に一列に並んだんです。そこで私は一体ずつワニの背中を踏んでは数をかぞえ上げ、岬まであと一歩のところまで渡ってきたのです。そこまできた時、よせばいいのについ図に乗って、こう口走ってしまったのです。
 「何てお前たちは大バカ者なんだ。騙されたとも知らずに、こうして私をここまで連れてきてくれるなんてなあ」
 いい終るか終らないうちに、岬に一番近いところにいた大ワニが、身を翻して頭部を持ち上げ、歯をむき出して私をくわえ、体中の毛皮をはぎ取ってしまったのです。


七章 六七六年秋 6

 泣き暮れているところに、八十神が通りかかりました。私から話を聞きだした神々はこういいました。
 「それなら海水にたっぷりつかり、あとは風に当たって寝ていればいい」
 教えられた通りにしてみました。そうしたら状態はさらにひどくなり、こんな赤むくれの無残な体になってしまったのです。
 そこでオホナムヂは兎にこう教えてやる。
 「急いで河口に行き、真水で体を洗いなさい。そうしたら今度は河口に生えている蒲(がま)の穂の黄色い花粉を集めて撒き散らし、その上を転がってみてごらん。そうすればお前の肌は元に戻るはずだ」
 兎が教えられた通りにしてみると、本当に元通りのきれいな体になった。すると兎は大穴牟遅神に向かってこう予言する。
 「八上比売を妻にすることができるのは立派ななりをしたあなたの異母兄弟神ではなく、彼らのあとを家来のように従うあなた様でございましょう」
 この兎はただの兎ではなく、稲羽の素兎(いなばのしろうさぎ)というウサギ神だった。
 さて先に稲羽国についた八十神である。彼らは早速ヤガミ姫に結婚を申し入れた。しかし姫はウサギ神の予言通り、次のように答えた。
 「あなた方の申し出をお受けすることはできません。私は大穴牟遅神のところに嫁ぐつもりでございます」


七章 六七六年秋 7

 これを聞いて兄神たちは逆上した。彼らは弟のオホナムヂを殺害してしまおうと相談し、伯伎国(ははきのくに・伯耆国・鳥取県西部)の手間山(てまのやま)の麓まで来た時に、それを実行に移す。
 兄神はあとからきたオホナムヂに、
 「手間山には赤い猪がいるという噂だ。われわれがそいつを山の上から追い落とすから、お前は下で待ち受けていて、逃がさぬように捕まえろ」
 と命じておいて、猪に似た大石を真っ赤になるほど火焼きして、これを山の上から突き落とした。それとは知らないオホナムヂノ神は、転がり落ちる焼け石を赤い猪だと思い込んで抱きとめた挙句、焼死してしまう。
 この報せを聞いて嘆き悲しんだのが、オホナムヂノ神を生んだ刺国若比売命(さしくにわかひめのみこと)。母神は何とか息子を生き返らせようと高天原に上り、神産巣日神(かみむすひのかみ)に泣き付いた。生成をつかさどるカミムスヒノ神は蘇生術に長けた二柱の姫神―赤貝と蛤―を下界に送り、オホナムヂを生き返らせる。
 こうしてオホナムヂノ神は高天原の神々の助けを借りて試練を乗り越えるのだが、苦難はこれで終わらなかった。オホナムヂを再び殺そうと、兄弟の神々が次の手を打ってきたからである。彼らはまたまたオホナムヂノ神を騙して山奥に誘い込み、くさびを抜くと一瞬のうちにふさがるように仕掛けた大木の割れ目に押し込んだ。仕掛けは見事に働き、オホナムヂはそれで挟み殺されてしまう。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について