目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

117 / 239ページ

六章 六七六年春 29

 このあと男依軍の快進撃が始まる。七月六日息長(おきなが)の横河(よこかわ)、九日鳥籠山(とこのやま)、一三日安河で大友軍と激突、いずれの戦いにも圧勝した。東海・東山道諸国の増援軍が武器・食糧と共に補給され、男依軍は常に二万の兵で戦い続けることができたからだ。
 七月一七日、安河で休息し、遠江国(とおつおうみのくに)・駿河国の増援部隊と武器・食糧の補給を受けた近江路軍は、大津宮に迫る瀬田橋の東方四キロの地点で布陣。この時湖西を進撃してきた二千の別働隊は三尾城に、倭古京軍五千は山崎に近づいていた。さらに多臣品治・紀臣阿閉麻呂が率いる東道軍も倉歴道を越えて大津に向かっていた。
 瀬田橋には親衛軍二千を中心とする大友軍一万が、最後の悲愴な戦いに備えていた。七月二二日、瀬田橋をめぐる激しい攻防の末、東国軍は近江大津宮目前まで迫った。翌二三日、男依軍一万五千、湖西方面軍二千が、近江朝軍五千に襲いかかった。その猛攻に親衛軍は壊滅、農兵は四散した。
 大津宮に侵入した東国軍は建物に火を放った。長等山(ながらやま)の山中に逃れた大友皇子は最後に残った宮殿と東院の炎上する様を見ながら自決し、二五年の生涯を閉じた。こうして一か月に亘った壬申の乱は終結する。そしてヤマト王権の正当な継承者は地方の支援を大きく受けた大海人に決まった」
 「王権継承の正当性が、多数者が支持するかどうかによって決まったというわけですね」


六章 六七六年春 30

 「七月二六日、近江路軍・東道軍・倭古京軍の全将軍・全部将が野上の行宮に集結。勝利の宴は七月一杯続いた。八月一日大海人は、野上に集まっていた豪族たちが生き残った農兵たちを連れて故郷に帰って行くのを、いつまでも見守った。
 見送りながら、大海人は考えていた。どの地方もすべからく安堵させる、どの地方の人々をもことごとく安寧にする中央集権国家づくりをめざさねばならない。そのためには統治者は天のような大きな心を持つ存在でなければならないだろう。それを表すために君主号をこれまでの大王にかえて天皇、和訓でスメラミコトと呼ばせることにしよう。
 さらに新君主号天皇によって統治される国家は、日の光が全ての地方に降り注ぐ豊穣の地、日の本の国とならねばならない。これからは国号を、従来の倭国にかえて日本とすることにしようと。この新天皇号・新国号構想は、天武が私に古事語をつくれと命じられた時に語った話なんだ」
 春の陽は畝傍山(うねびやま)の方に傾いていた。二人は立ち上がり、西の谷筋にそってつくられた連絡橋を通って官営工房をあとにした。


七章 六七六年秋 1

 七章 六七六年秋


 

 飛鳥一帯ではすでに早稲(わせ)・中稲(なかて)・晩稲(おくて)というふうに収穫時期を少しずつずらせた品種の作付けが一般的になっていた。これによって気候変動などの自然的被害がずいぶんと緩和されるようになったが、戦乱などによる人的災害に対しては無力だった。四年前(六七二年)の壬申の内乱がもたらした水田の荒廃はひどかった。とりわけ一家の大黒柱が動員され死傷した農家のこうむった痛手は、癒されることなく今も続いている。家を取り巻く田は丁度早稲種の稲刈り期を迎えていて、通常ならどの家の稲も人の腰丈まで成長し、穂はたわわに実っているはずだが、成員が揃った家の田と、主を失った家のそれとでは稲の高さ、穂のたわみ具合に歴然とした差が見えていた。
 その差は収穫直前の田のあちこちに立てられた鳥追いの案山子にも見て取れた。ワラを束ねた頭部と胴体、ヨコに貫かれた竹の棒の腕は同じだが、被りとなる頭巾、着せられた衣、腕の棒の両端に付けられた威紐(おどしひも)の色具合、質量感に大きな差があった。現状のその厳しさを心に留めながら、阿礼は考え抜いたシナリオについて語り始めた。


七章 六七六年秋 2

 「今日の課題は葦原中国の国作りなんだが、そのあとに続く国譲りも視野に入れた上で下図を描いてみよう。この間話したように王権継承の正当性は、結局は地方政権がそれを支持するかどうかによって決定される。この事実を浮き彫りにしたのが壬申の内乱だった。その本質を、葦原中国の国作りと国譲りの物語の中に投影させてみたいんだ」
 「これまで考えてきた筋語りでは、葦原中国の支配権は天つ国の神々の最高神であり皇祖神でもある天照大御神が握っている。けれどこの時の葦原中国はまだ国作りが済んでいない。アマテラスが支配したのは、いわば未開拓の葦原中国だった。そういう荒筋でしたね」
 「その葦原中国が大国主神によって開拓され、国作りが完了する。アマテラスは国作りが終わって豊葦原の水穂国(とよあしはらのみずほのくに)と呼ばれるようになった葦原中国の統治権を、自らの子、最終的には孫に継承させ、新生葦原中国の統治神にしようとするんだ。この時には当然のことながら、その継承された統治権が正当かどうかが問われることになる。
 その正当性は、継承権に最初から組み込まれているのではなく、実際に葦原中国を建設しその国の統治権を譲った神とその子孫神が、アマテラスの子孫を支持するかどうかにかかっている。つまり支持を取り付け、継承権の正当性を獲得するためには、アマテラスの子孫神は国を譲った神とその子孫を相手に、譲られた時に交わした約束を守り続けなければならない。


七章 六七六年秋 3

 何故って、譲るということはとてつもなく大きな犠牲を払うことを意味するからだ。一国の建設にはたくさんの人々の、たいへんな苦労・苦難が重ねられている。その営為を思えばつくられた国を本当は自分たちのものにしておきたい。それなのにやむをえざる事情でそれを手放さなければならないのだから、手放す者たちの落胆・苦悩はかぎりなく大きい。
 それを癒すには、譲り受けた側が交わした約束を守り続けるしかない。つまり統治権の継承者は譲渡者に対してとてつもなく大きな義務を負っている。それを忘れた時、継承の正当性はいとも簡単に崩壊してしまう。この哲理を根底において、物語を創作したいと思っているんだ。
 いずれにしても国を譲れる神、譲る決断のできる神は特別な霊異を持つ存在でなければならない。大国主神をそのような存在に仕立てるには、どんな仕掛けがいいと思う?」
 「苦難をくぐらせる?どんなに育ちがよく、生まれつきの才能があっても、苦労を知らない者は駄目だというではありませんか」
 「私もそう思う。大国主神には苦難に次ぐ苦難を与えよう。それを通してこの神は譲りに譲る精神を身に付け、最後に国土奉還という最大の譲りを実現する、そういうふうに国作りの筋を運ぼう。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について