目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

111 / 239ページ

六章 六七六年春 23

 六月二五日夕刻、一行は三重評家(こおりのみやけ)に着き、仮眠をとった。吉野出立以来、初めての休息だった。六月二六日早朝、大海人軍は一千五〇〇の兵士と共に北上して桑名に向かった。桑名の手前、朝明(あさけ)まできた時だった。美濃の多臣品治のもとにつかわされていた舎人、村国連男依(むらくにのむらじおより)が馬を飛ばしてやってきて報告した。美濃国軍三千が命令通り不破道をおさえたこと、さらに美濃国の豪族たちが次々と不破道に兵を寄越し、兵員は間もなく倍の六千に達するだろうと」
 「それはそれは朗報でした」
 「大海人は高市皇子を不破道にやって指揮をとらせると共に、東海・東山両道の諸国、三河、遠江(とおつおうみ)、甲斐、信濃国の国宰に動員の勅書を送った。
 一行は桑名に到着すると、ここの評家で宿営した。桑名は吉野から一四〇キロ、揖斐川・長良川・木曽川の三大河川が集まる河口地帯に位置し、伊勢と尾張を結ぶ水上交通の要衝の地だった。ここには伊勢国の兵五千と尾張国の兵二千が集結してきた。
 これによって倭古京に向けて制圧の援軍を送る目途が立った。大海人は同行してきた大伴連馬来田に対し、弟の吹負に伝令を送り、飛鳥で挙兵するよう命じた。
 桑名は東海道・東山道にも連絡していて、両道諸国の兵を集めるのに適していた。また豊かな後背地を抱えていて、武器・食糧の確保にも最適だった。大海人は紀臣阿閉麻呂に三千の兵を与え、ここ桑名に留まりそれらの任に当たるよう命じた。


六章 六七六年春 24

 六月二七日午後、大海人は后の讃良と皇子たちを桑名に残し、四〇キロ北の美濃国の不破評家に移動、翌二八日ここ不破評家で、尾張国宰、小子部連鉏鉤(ちいさこべのむらじさひち)が動員した尾張国軍一万を自軍に編入した。この一万の正規兵は最初、鉏鉤が近江朝の命令で動員した兵力だったが、大海人の幼馴染の豪族、尾張大隅(おおすみ)と尾張宗家の説得によって大海人軍に加わることになった。もしこれが予定通りに近江朝軍に編入され、大海人軍の背後から襲いかかることになれば、戦いの帰趨はわからなかったはずだ」
 「尾張国の昔馴染みの豪族たちが果した役割は、とびきり大きかったのですね」
 「六月二八日、大海人は不破評家から西へ徒歩三〇分程の野上(のがみ)に移動した。ここはまさに不破道をおさえる要衝の地で、彼はこの地に行宮(かりみや)を造り、作戦本部にすることを決定した。
 大海人は軍を二方面に分けて近江を攻撃しようとした。一つは不破道から湖東と湖西に分かれて大津に向かう近江路軍、今一つは鈴鹿から倉歴道、伊賀から倭古京をそれぞれおさえて近江に出る東道軍だ。前者の近江路軍に対しては地方豪族の子弟である舎人たちを将軍(近江路将軍)に、後者の東道軍に対しては大王家の官人をつとめた畿内豪族たちを将軍(東道将軍)にそれぞれ任命した。いずれも大海人と苦節を共にしてきて、近江朝に対する激しい敵愾心と勝利へ向かうあくなき闘争心を持った逸材ばかりだった。


六章 六七六年春 25

 近江路軍に編入されたのは美濃国軍一万、尾張国軍一万の計二万、東道軍に組み入れられたのは尾張国軍二千、伊勢国軍と伊賀国軍合わせて一万の計一万二千、両方面軍を合わせると三万強だったが、戦いが始まるころには東海・東山両道諸国の兵五千がこれに加わることになった」
 「大友皇子を最高指揮官とする近江朝軍の様子はどうだったのですか?」
 「大津宮が大海人の吉野脱出を知ったのは六月二五日夕刻、伝えたのは倭古京の留守司高坂王(たかさかおう)の使者だった。この時大海人一行は伊勢国の三重評家にいて、丸一日かけた脱出行のあとの最初の休息を取っていた。
 報告を受けた大友皇子は、大海人が吉野を出て東国に向かったことが天智が築き自分が受け継いだ中央集権国家に対する反乱だとは最初考えもしなかった。しかし宮廷に足を踏み入れると、内部はいつもと違う異様な雰囲気に包まれていた。その異様さを感じ取った時、大友皇子は大海人の宮滝脱出の意味を悟った。これは間違いなく、近江朝を倒そうとする挙兵であると」
 「どういうことだったのかしら?」


六章 六七六年春 26

 「近江朝はこれまで地方人の怨嗟を買うようなことを平気で続けてきた。いつかはそれが怒りのマグマとなって爆発するのではないかと気付きつつも、自分を初め群臣たちは高を括ってきた。しかし下々に近い下級官人や女人たちにはそれが現実のものとなる予感がはっきりとあったのではないか。宮廷内で見た彼らの異常なまでの慌てふためき方はその予感が的中した衝撃を物語るもの以外の何物でもない。不覚だがそれを認めざるをえない。大友皇子はそう諦念したのではないか」
 「それで近江朝はどうしたのですか?」
 「近江朝としては直ちに大海人に対抗するための軍事行動を起こさねばならなかったが、重臣会議は紛糾した。分裂した意見の中で有力だったのは、すぐにも騎兵軍を編成して反乱軍を追撃するという案だった。しかし大友皇子がこれを受け入れなかったんだ。彼が選んだのは、父が建設を始めた国(くに)―評(こおり)制という地方行政機構を通して大量の正規兵を動員し、大海人軍を殲滅しようとする作戦だった。
 近江朝は動員使に大友皇子の勅書を持たせ、各地の国宰に兵の動員を命じた。命令を受けた国宰はその配下の評督・豪族に兵を集めるよう指示した。しかし東国の兵はすでに大海人軍におさえられていたし、西国はそれぞれ口実を設けて派兵を渋った。国宰が評督・豪族を通じて動員できたのは畿内諸国だけ、しかもそのうちの大和国と河内国の評督・豪族たちは反近江朝、親大海人だったというわけで、動員は遅々として進まなかった。動員できたのは近江・山背・丹波・播磨・但馬・摂津六国の兵一万九千、それに舎人で構成された親衛軍二千、合わせて二万余だった」


六章 六七六年春 27

 「大海人軍は確か三万強とおっしゃいましたね。近江朝軍は正統政府軍でありながら、動員兵力は反乱軍に遠く及ばなかったというわけですか」
 「数が少なかったというだけでなく、士気も低かったようだ。正統軍とはいえ、人々の怨嗟に晒されていては士気の高揚は期待できるわけがないからね」
 「戦いはどうやって始まったの?」
 「戦闘の口火が切られた場所は大和国、倭古京だった。大海人の挙兵命令を受けた大伴連吹負(おおとものむらじふけい)が一族郎党六五名を率いて留守司高坂王の屋形を占拠し、小墾田にある近江朝の武器庫をおさえた。この報に接した大和国の豪族たちがそれぞれ兵士を連れて集まり、七月一日には吹負を将軍とする一千名の倭古京軍となった。
 この吹負軍をたたこうと、近江朝は二方面から軍団を送り込んだ。一つは西の河内から進撃する、将軍壱伎史韓国(いきのふびとからくに)率いる軍勢三千、今一つは山背から南下する、将軍大野君果安(おおのきみはたやす)率いる軍団二千だ。倭古京軍の士気は高かったが、二方面に展開する圧倒的多数の近江朝軍の前になす術もなかった。吹負軍は敗走し、七月四日には消滅の一歩手前まで追い込まれた。
 その窮地を救ったのが、七月五日夜明け前に墨坂(すみさか)に到着した千余騎の東国の騎馬隊だった。この騎馬隊を送ったのは東道将軍の一人、紀臣阿閉麻呂(きのおみあへまろ)だった。阿閉麻呂は七月二日、大海人が野上の行宮で下した総攻撃の命令に従い、桑名に次々と集結する東海・東山道諸国の兵を加えつつ五千の大軍を率いて鈴鹿方面に進軍を開始した。騎馬隊はその大軍の精鋭だったんだ。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について