目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

101 / 239ページ

六章 六七六年春 13

 「その通り。大海人一行がそこに着いたのは夕闇が迫るころで、先発した讃良たちがそれを安どの気持ちで迎え入れた。
 一〇月二〇日早朝、大海人と讃良一行は嶋宮を出発した。前夜降り出した雨はみぞれまじりの雪になった。一行は飛鳥川をさかのぼり、栢森(かやのもり)から狭く曲がりくねった山道を通って芋峠(いもとうげ)に向かった。海抜五〇〇メートルの芋峠は本格的な雪の中だった。一行は降りしきる雪の中を歩き続け、その日のうちに吉野宮滝の離宮に着いた」
 「古人大兄皇子の一件があったとはいえ、何故吉野だったのでしょうか?」
 「吉野といっても山桜で知られた吉野山ではなく、その北麓を湾流する吉野川ほとりの吉野宮滝なんだ。蛇行する吉野川がつくり出す渓谷の美しさで知られている。大海人がここを隠遁地として選んだのは、兄天智の目をくらますためでもあったが、もう一つ大きな理由があった。それは吉野の地が、伊勢と紀伊を結ぶ交通の要衝だったからだ。戦いの本拠地と考えた美濃との行き来を、近江朝にさとられることなく遂行するには、これ以上の地はほかになかった。仮に美濃との連絡が断たれた場合には、背後に位置する熊野の山中に逃避することもできる。
 天智の死は間近に迫っていた。大海人はここ宮滝で直ちにその後継者に対する戦いの準備を開始した。準備は隠密裏に、しかも内通されることなく進めねばならなかった。大海人は舎人の数を信頼できる精鋭二〇余人に絞った。そして彼らに対して次のように宣言した。『時がきたら近江朝に戦いを挑み、大王位につく』と。


六章 六七六年春 14

 まず吉野離宮の安全を確保しなければならなかった。大海人は舎人たちに周囲に居住する山人、国栖(くず)族や吉野・宇陀(うだ)の豪族たちと親しく付き合い、彼らを味方に引き入れるよう命じた。そうしながら彼は、東国の地方勢力が持つ兵力を結集させようとした。騎乗の舎人たちを縦横に動かし、伊賀・伊勢・尾張・美濃の豪族たちに軍団を編成するよう促した」
 「その準備にどれくらいの月日をかけたのですか?」
 「八か月だ。大海人が東国における軍団編成に目途をつけてついに吉野を脱出したのが六七二年六月二四日だった。この動きを知って、近江朝も軍団を投入する。すでに天智は前年一二月三日に亡くなり、近江朝軍の最高指揮官は大友皇子だった。彼は半ばできつつあった律令体制下の軍勢、つまり舎人軍を主体とした親衛隊(二千)、国宰(くにのみこともち)の命令で動員される評督(こおりのかみ・豪族)とその配下の農兵からなる正規兵で戦おうとした。
 こうしてどちらが後継者としてふさわしいか、つまり後継の正当性は軍事力によって決着がつけられることになった。そして勝敗の行方は、中央政権を代表する大友皇子が既成の律令体制に基づく地方勢力をどれだけ結集させることができるか、大海人がその中央政権から地方勢力をどれだけ離反させることができるかによっていた」
 「戦いは戦いでも、統一国家の形成を進めるヤマト王権と、それに従属するのを嫌い、独立を志向した地方政権との間に生じたその前の戦いとは性格が大きく違っていたわけですね?」


六章 六七六年春 15

 「そうなんだ。共に大王家の一員という中央権力の担い手同士が、一方は律令体制によってできあがりつつある統一勢力を率い、既存路線の踏襲を図ろうとして、他方は律令制による統一国家づくりに不満を持つ地方勢力を動員し、既存路線の変更を求めようとして始めた戦いだった」
 「この対立にはどんな背景があったの。いつごろからなのかしら?」
 「背景にあったのがさっきいった王権の失政だよ。一番大きなものは、倭国が韓土百済国の救援要請に応じて対半島戦争に乗り出したことだ。朝鮮半島に高句麗・新羅・百済の三国ができて以来、倭国が最も親しい関係を築いてきたのが百済だったが、その百済の滅亡を知らせる早馬が、六六〇年八月半ば筑紫から飛鳥にもたらされた。一か月半前の六月末、百済の王城が唐高宗の勅命を受けた新羅国武烈王の軍勢五万の攻撃を受け、その一か月後には百済国の義慈王(ぎじおう)が捕虜になったという。
 早馬の報告から半月たった九月初め、百済の使者が難波に到着し、懇願した。百済国はまだ滅亡していない。遺臣の鬼室福信(きしつふくしん)等が挙兵し、首都泗沘城(しひじょう)の奪還を計画中なので、倭国の援助が欲しいと。一〇月半ばには、その鬼室福信が使者を寄越して百済救援と倭国に人質として滞在している義慈王の子、余豊璋(よほうしょう)を新国王に迎えたい旨を正式に要請してきた」


六章 六七六年春 16

 「倭国はこの要請を受け入れたのですね?」
 「そうだ。依頼は、倭国にとって百済国を支配下に置く千載一遇の好機だった。そして推古以来進めてきた、唐と対等の国づくりをさらに加速させるビッグチャンスに思えた。すでに老いた母、斉明に代わって皇太子のまま政務を担当していた中大兄皇子、後の天智はそれを実現しようと軍事行動を決意した」
 「海外派兵をするにはたくさんの兵士・軍事物資・軍船が必要でしょ。大変なことだったのではありませんか?」
 「その通り、準備に手間取った。人質余豊璋を百済の新国王に任じ、五千名の兵士を付けて送り出したのは、翌年六六一年の九月だった。救援の第一陣が一七〇艘の軍船と共に百済国に派遣されたのが翌々年の六六二年五月だ。
 第二陣の派兵にはさらに時間を要した。大量の軍船を建造し、水兵の訓練を行い、さらに大規模な軍団を編成しなければならなかったからね。その作業が完了したのは一年後の六六三年三月だ。この時、前・中・後三軍編成の大軍が大量の軍船と共に送り出された」
 「全体でどのくらいの数だったの?」
 「恐らく動員された兵士の数は四万、軍船は四〇〇を越えたはずだ」


六章 六七六年春 17

 「中大兄政権が決定したこのとてつもない規模の軍事行動に駆り出されたのが、地方豪族とその民だったというわけですね?」
 「大量の軍船の調達を命じられたのは駿河国と安芸国の豪族たちだった。陸兵・水兵となる農夫・漁夫の徴集、軍事物資や食糧の供出を請け負わされたのは、最初は九州・四国・中国の西国地域の豪族たちだったが、やがては東国、さらには遠く陸奥の豪族たちも自ら徴集した兵士を率いて韓土に渡った。
 結果はしかし悲惨なものだった。倭国軍には第一陣、第二陣共に全体を統括する指揮官が存在しなかったし、百済軍との十分な連携も取れていなかった。そうした状況の中で倭国軍は豪族軍を単位に、唐・新羅の連合軍と戦わねばならなかったのだ。数多くの兵士が戦死したり、唐軍や新羅軍の捕虜になったりした。
 決戦となったのが六六三年八月二七・二八日、白江(錦江)河口、白村江(はくそんこう・はくすきのえ)で行われた海戦だったが、それも惨憺たる結果に終わった。倭国の軍船は四〇〇艘強、対する唐船は一七〇艘、数の上でははるかに勝っていたが、慣れない水域で明確な作戦、指揮系統の統一もなかったために、倭国海軍は右往左往するばかりだった。軍船のほとんどが唐船から打ち込まれる火矢で焼かれ、兵士たちは燃え盛る船から河口に飛び込み、溺死した。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について