目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

99 / 239ページ

六章 六七六年春 11

 六七一年九月初旬、天智は風邪をこじらせて病床に伏した。病状は悪化の一途をたどった。天智は死を前にして、自らが築き上げた近江朝とそれを受け継ぐ大友皇子の将来に立ちはだかる大皇弟をどうすべきか、重臣たちと協議した。
 もし大海人に謀反の意志があれば死罪にしておかなければならない。弟を呼び、自ら真意を確かめるという決断を下した。それを伝えたのが、大海人の影の味方である紀臣大人だった。とうとう来たるべきものがきた。大海人は密かに大津宮の近くにある自分の屋形を引き払う準備をし、呼び出しを待った。
 六七一年一〇月一七日、大海人は天智の病床に呼ばれた。『大海人、ワレが死ねば大友皇子があとを継ぐ。皇子が大王になるのを支えてほしい』天智は苦しい息づかいの中でそう述べ、弟の言葉を待った。
 本意を探ろうとする兄の落ち窪んだ目は猜疑心に満ちていた。それを解くいかなる術もなかった。大海人はすでに用意していた言葉を述べた。『陛下の病状を拝見した今、直ちに出家して吉野の宮滝にこもり、仏道の修行を積みつつ陛下の病気の快復を祈りたい』と。
 天智は許可した。その許しが翻らないことを念じながら、大海人は宮廷内の仏殿で髪と髭を剃り、退出した。


六章 六七六年春 12

 翌日、大海人は自分よりも一足先に后の鸕野讃良(うのさらら・天智の娘・後の持統)と草壁(くさかべ)・忍壁(おさかべ)の二皇子を、数人の舎人、十数人の女人と共に吉野に向けて送り出した。さらに兄への恭順を示すために、屋形に備蓄していた刀・槍・弓矢・甲冑など全ての武具を朝廷の武器庫に運ばせた。
 二日後の一〇月一九日、大海人は早朝兄と面会したあと、輿(こし)に乗り、厳選した舎人三〇余人と共に大津から山背の宇治橋に向かった。左右大臣を初め三重臣が送ってきたが、彼らの顔には敵意が現れていた。同時に目には迷いの色が浮かんでいた。大海人をこのまま送り出すのは、虎に翼を付けて野に放つようなものではないのか、今ここで始末をつけておくべきではないのかと」
 「ここで攻撃を受けていれば、一たまりもなかったことでしょうね。大海人も舎人たちも無腰だったはずですもの」
 「宇治橋に着いたのは昼ごろ、ここで見送りの重臣たちと別れたが、まだ安心はならなかった。一行は橋から離れたところに密かに手配させてあった馬に乗り換えて、五〇キロ強南に位置する飛鳥の嶋宮(しまのみや)をめざし、大和盆地を南北に貫く中ツ道を一気に駆け抜けた」
 「嶋宮はかつて蘇我馬子が建てた屋形で、その後大王家の離宮の一つとなっていたところでしたね?」


六章 六七六年春 13

 「その通り。大海人一行がそこに着いたのは夕闇が迫るころで、先発した讃良たちがそれを安どの気持ちで迎え入れた。
 一〇月二〇日早朝、大海人と讃良一行は嶋宮を出発した。前夜降り出した雨はみぞれまじりの雪になった。一行は飛鳥川をさかのぼり、栢森(かやのもり)から狭く曲がりくねった山道を通って芋峠(いもとうげ)に向かった。海抜五〇〇メートルの芋峠は本格的な雪の中だった。一行は降りしきる雪の中を歩き続け、その日のうちに吉野宮滝の離宮に着いた」
 「古人大兄皇子の一件があったとはいえ、何故吉野だったのでしょうか?」
 「吉野といっても山桜で知られた吉野山ではなく、その北麓を湾流する吉野川ほとりの吉野宮滝なんだ。蛇行する吉野川がつくり出す渓谷の美しさで知られている。大海人がここを隠遁地として選んだのは、兄天智の目をくらますためでもあったが、もう一つ大きな理由があった。それは吉野の地が、伊勢と紀伊を結ぶ交通の要衝だったからだ。戦いの本拠地と考えた美濃との行き来を、近江朝にさとられることなく遂行するには、これ以上の地はほかになかった。仮に美濃との連絡が断たれた場合には、背後に位置する熊野の山中に逃避することもできる。
 天智の死は間近に迫っていた。大海人はここ宮滝で直ちにその後継者に対する戦いの準備を開始した。準備は隠密裏に、しかも内通されることなく進めねばならなかった。大海人は舎人の数を信頼できる精鋭二〇余人に絞った。そして彼らに対して次のように宣言した。『時がきたら近江朝に戦いを挑み、大王位につく』と。


六章 六七六年春 14

 まず吉野離宮の安全を確保しなければならなかった。大海人は舎人たちに周囲に居住する山人、国栖(くず)族や吉野・宇陀(うだ)の豪族たちと親しく付き合い、彼らを味方に引き入れるよう命じた。そうしながら彼は、東国の地方勢力が持つ兵力を結集させようとした。騎乗の舎人たちを縦横に動かし、伊賀・伊勢・尾張・美濃の豪族たちに軍団を編成するよう促した」
 「その準備にどれくらいの月日をかけたのですか?」
 「八か月だ。大海人が東国における軍団編成に目途をつけてついに吉野を脱出したのが六七二年六月二四日だった。この動きを知って、近江朝も軍団を投入する。すでに天智は前年一二月三日に亡くなり、近江朝軍の最高指揮官は大友皇子だった。彼は半ばできつつあった律令体制下の軍勢、つまり舎人軍を主体とした親衛隊(二千)、国宰(くにのみこともち)の命令で動員される評督(こおりのかみ・豪族)とその配下の農兵からなる正規兵で戦おうとした。
 こうしてどちらが後継者としてふさわしいか、つまり後継の正当性は軍事力によって決着がつけられることになった。そして勝敗の行方は、中央政権を代表する大友皇子が既成の律令体制に基づく地方勢力をどれだけ結集させることができるか、大海人がその中央政権から地方勢力をどれだけ離反させることができるかによっていた」
 「戦いは戦いでも、統一国家の形成を進めるヤマト王権と、それに従属するのを嫌い、独立を志向した地方政権との間に生じたその前の戦いとは性格が大きく違っていたわけですね?」


六章 六七六年春 15

 「そうなんだ。共に大王家の一員という中央権力の担い手同士が、一方は律令体制によってできあがりつつある統一勢力を率い、既存路線の踏襲を図ろうとして、他方は律令制による統一国家づくりに不満を持つ地方勢力を動員し、既存路線の変更を求めようとして始めた戦いだった」
 「この対立にはどんな背景があったの。いつごろからなのかしら?」
 「背景にあったのがさっきいった王権の失政だよ。一番大きなものは、倭国が韓土百済国の救援要請に応じて対半島戦争に乗り出したことだ。朝鮮半島に高句麗・新羅・百済の三国ができて以来、倭国が最も親しい関係を築いてきたのが百済だったが、その百済の滅亡を知らせる早馬が、六六〇年八月半ば筑紫から飛鳥にもたらされた。一か月半前の六月末、百済の王城が唐高宗の勅命を受けた新羅国武烈王の軍勢五万の攻撃を受け、その一か月後には百済国の義慈王(ぎじおう)が捕虜になったという。
 早馬の報告から半月たった九月初め、百済の使者が難波に到着し、懇願した。百済国はまだ滅亡していない。遺臣の鬼室福信(きしつふくしん)等が挙兵し、首都泗沘城(しひじょう)の奪還を計画中なので、倭国の援助が欲しいと。一〇月半ばには、その鬼室福信が使者を寄越して百済救援と倭国に人質として滞在している義慈王の子、余豊璋(よほうしょう)を新国王に迎えたい旨を正式に要請してきた」



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について