目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

92 / 239ページ

六章 六七六年春 4

 壬申の乱の発生はそういうことだったんだと思う。この内乱の原因となった失政は、実は天智期に始まったことではなく、斉明期にすでに生じていた。知っての通り、斉明は天智と天武の母で、乙已の変前は皇極として政権を担当していた。クーデター後王権を孝徳に譲位したが、孝徳が没したために重祚(ちょうそ)して斉明となった。しかし斉明は老齢、実際に政務を担当したのは天智になる前の中大兄皇子だった。この重祚による後継の決定あたりからすでに失政が始まり、それを続けたまま王権が天智に移り、さらにその子大友皇子へと受け継がれようとしたわけだ。
 この間に地方の民の不満は募り、火を付ければ爆発するところまで蓄積されていた。その結果がこの度の争乱であり、これを経て天武が正当な後継者と認められることになった。その意味で後継の正当性は、統一国家に組み込まれた地方、その民の支持があるかどうかによって決定されるということだ。もちろんこのことは、最初からわかっているわけではなく、事態の推移を後から振り返ってみてわかることなんだけどね」
 「それがこの間の旅の成果なのですね?」
 「大化のクーデター時に、大王家の後継候補者として主役を演じ、後に大王となって近江朝を築き上げた天智だが、その後継には候補が二人いた。一人は天智と同じ父(舒明)と母(皇極・斉明)を持つ五歳年下の弟、大海人皇子、後の天武だ。大海人という名は、彼が少年時代を過ごした尾張海部評(あまこおり)に由来する。


六章 六七六年春 5

 その大海人が海部評から飛鳥にきたのは一三歳の時だった。武人的気質を持ち、政治にはあまり関心を示さなかったが、天智の薫陶を受けて変貌した。兄の片腕、大皇弟と呼ばれるようになり、太子に与えられる直轄地、湯沐地(ゆのうち)を所有するまでの存在になったのだ。
 今一人は天智とその後宮、伊賀の地方豪族が献上した采女、伊賀采女宅子娘(いがのうねめのやかこのいらつめ)との間に生まれ、近江の豪族大友氏のもとで養育された大友皇子、またの名を母の出身地にちなんで伊賀皇子(いがのおうじ)という。母の出自には恵まれなかったが、百済国の亡命官人との交流を通して学識を深め、博学多才といわれた人物だ」
 「それまでの王位継承の慣行に従えば、弟の大海人皇子が位を継ぐのが自然だった……」
 「大海人もそう思っていたはずだ。壬申の乱の四年ほど前になるが、天智が近江大津の宮で政治を動かし始めたころから、自分が天智の後継者になることを決意し、その準備を始めていたんだ」
 「どんな準備をなさっていたのですか?」
 「地方とのつながりを確かなものにしようとしたんだ。天智はその時、律令国家の建設をめざし、中央官僚である国宰(くにのみこともち・こくさい・後の国司)を地方の重要拠点に配置して日本全土の統一を図った。でもそれが徹底できたのは畿内だけで、ほとんどの地方ではまだ国宰よりも、有力豪族である評督(こおりのかみ・ひょうとく・後の郡司)の権力の方が強かった。実際に兵を動員する力を持っていたのも、国宰ではなく、豪族だった。大海人は、将来統一国家を完成させるには何としてもこの地方豪族を国家組織の一員にする必要があるし、そのためにはまず彼らと良好な関係を築かなければならないと考えていた」


六章 六七六年春 6

 「つながりを持ったのは?」
 「尾張、伊勢、伊賀、そして美濃、いずれも飛鳥・近江の東に位置する東国で、それぞれ彼に縁のある国々だった。
 尾張・伊勢とは幼年時代から絆があった。当時皇子の多くは豪族の妻を乳母とし、その豪族のもとで育てられた。ヤマトの大王家が勢力を拡大した時代に、王権に従属した豪族が大王家に娘を送って縁戚関係となる伝統が残っていたからだ」
 「大海人もその例にもれなかったのですね?」
 「大海人の乳母は大王家の名門氏族、尾張海部評の大豪族(評督)尾張氏の妻で、彼は幼年時代尾張氏のもとで育てられた。遊び相手が大豪族の子弟で五歳年上の尾張大隅(おおすみ)だった。大隅は長じて大きな勢力を持つ豪族となった。
 尾張氏は海人族として、尾張だけでなく伊勢にも大きな勢力を誇り、大海人はその恩恵を受けた。成人後、大和や近江で暮らすようになっても、彼はこの幼年時代を過ごした尾張、その延長上にあった伊勢とのつながりを大切にした。


六章 六七六年春 7

 伊賀は、近江朝で重臣―御史大夫(ぎょしたいふ)―となっていた豪族、紀臣大人(きのおみのうし)の縁だ。古来より紀氏は大王家の軍事的氏族で、その流れを汲む大人は武人的性格を持つ大海人に好意を寄せていた。その大人と強い信頼関係で結ばれていたのが、伊賀阿拝評(あへのこおり)で評督(こおりのかみ)をつとめていた同族の紀臣阿閉麻呂(きのおみあへまろ)だ。阿閉麻呂は名門氏族であったために、国宰の代理を兼ねる存在として伊賀全体に大きな力を持っていた。大海人はこの阿閉麻呂の存在によって、後に伊賀国を自陣に引きいれることになる。
 美濃との関係は、大海人の湯沐地(ゆのうち)がここの穴八磨評(あはちまのこおり)にあったからだ。大海人は自分が最も信頼を置いた山背国出身の官人で大王家の名門氏族だった多臣品治を、ここの租税を収納する湯沐令(ゆのうながし)に任命した」
 「あなたを舎人として天武のもとで働けるようにして下さった方ですね?」
 「そうだ。その品治が美濃穴八磨評にある大海人の湯沐地に向かったのは六六六年初夏、この時彼の年齢は二〇代前半、壬申の乱の六年前のことだった。大海人は品治に厳命した。『税を取り立てる役に終始してはならぬ。美濃一帯の豪族たちと友好な関係をつくり、美濃をどこよりも豊かな国にするよう心を砕け』と」
 「品治殿はその大役を果たされたのですね?」
 「美濃の豪族たちは品治を信頼すると同時に、その主である大海人に忠誠心を抱き、自分たちの子弟を舎人として使ってくれるよう大皇弟に献上した。大海人はこの舎人たちを誰よりも慈しみ、東国美濃との関係を強化しようとした」


六章 六七六年春 8

 「伝え聞いた話ですが、大海人はその舎人たちを駆使して優れた情報集団を組織していたとか。そうだったのですか?」
 「実際大海人の周りには数多くの舎人がいた。その中から彼は有能で信頼できる者を選んで情報組織をつくり、それぞれの資質に合わせて情報活動を割り振った。東国を中心とする各地方に情報チームを送り、そこで起きている動きを直接探ろうとした。さらには唐・高句麗・新羅・百済系渡来人に接近させ、国際情報を手に入れようとした。実に用意周到な人物だった」
 「それにもかかわらず、いえそれが故に兄の天智は弟の大海人ではなく、子の大友皇子を継承者に選んだわけね?」
 「独裁的手腕で築き上げた自らの王朝を維持するには、わが子が最もふさわしいと判断したのだろう。天智は皇位継承法を定め、それを改めてはいけない不変の法典、〈不改常典(ふかいじょうてん)〉とし、その中で父系による直系継承をうたった。
 それを布石としながら天智は、死に至る病を患う九か月前の六七一年一月、大友皇子を皇太子(ひつぎのみこ)の位に付け、左大臣蘇我臣赤兄(そがのおみあかえ)や右大臣中臣連金(なかとみのむらじかね)といった有力豪族を補佐役にして、子への継承を確かなものにしようとした。この時大友皇子は二二歳だった」



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について