目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

88 / 239ページ

五章 六七五年夏 23

 兄の天智によって初めて律令制の導入が試みられ、それ以前と比較にならないほど盤石な統一国家ができ、それがそのまま天智が選んだ後継者に受け継がれるはずだった。でも実際はそうではなかった。天武がきっかけをつくると、反乱は各地に広がった。律令体制の導入が試みられた分、国譲りに対する約束違反が横行し、人々のうっ屈がたまっていたのだろう。それがさらに天智が指名した後継者によって引き継がれるのではないかという危惧が地方人の間に広がっていたのだろう。それはまさに統一国家分裂の危機だった。その危機は回避されたけど、その代償は途方もなく大きかった。
 こんな事態を二度と起こしてはならない。王権の正統性も大事だが、その王権を次の代につないでいく時、誰が後継者としてふさわしいのか、つまり王権継承の正当性はさらに重要な問題となる。それをオホクニヌシノ神による出雲国の国作り・国譲り神話の中にヨコ糸として織り込んでおきたいんだ。
 そういう神話を創作する上で、どうしても欠かせない素材が、大化のクーデター―六四五年六月―から数えて二七年後、干支では壬申に当たる、六七二年に起きた壬申の乱なんだ。この事件の真相を探るために、乱とゆかりのある地を旅してみないか。古事語の創作に欠かせないと申し出れば、天武は暇を下さるはずだ」


六章 六七六年春 1

 六章 六七六年春
 

 

 調査旅行から帰宅後のある日、阿礼は由衣を伴い、天武が即位後直ちに開発を進めた、官営工房に向かった。工房は飛鳥寺域から見ると東南方向、飛鳥浄御原宮からは北東方面に位置する丘陵地帯にある。丘陵は東西二つからなり、その間に二筋の谷が南から北に向かって流れている。上流地区の谷筋はその両岸が共に階段状に整地され、下には溜池が、上には工房が配されていた。
 西南部の谷筋に軒を連ねるのは金・銀・銅などの非鉄金属製品、水晶・メノウ・琥珀などの玉類、ガラス製品、漆製品をつくる工房群、東南部の谷筋を占めているのは、現在流通している銅銭、富本銭の鋳造工房、鉄器の製作工房、そして瓦を焼成する瓦窯(がよう)だった。
 いずれも最先端の手工業技術を誇る工房ばかりで、谷筋にほぼ等間隔に架けられた連絡橋によって有機的に結ばれている。
 二筋の谷が合わさる下流地区には管理棟と倉庫群があって、各工房が要求する大量の燃料・原材料資源の調達、工房が吐き出す無数の製品群の出荷、さらには技術者の採用と訓練に当たっていた。


六章 六七六年春 2

 ここはまさに、この国の産業と王権の威信を支える列島随一の官営工房集積だった。二人は最新鋭の炉が吐き出す強烈な熱気にあおられたり、第一級の工人たちの巧みな手さばきに見とれたりしながら、南に見える中央丘陵に向かって歩いた。丘陵の南端からは上・下流両地区を一望に見渡すことができる。阿礼はその一角に腰を下ろし、煙の上がる工房群を眺めながら由衣にいった。
 「天武は即位後直ちに工房集積の建設に着手しているが、これが短い間の想い付きから生まれたものだったとはとうてい考えられない。天武は壬申の乱のはるか以前から国家づくりについて独自の構想を温めていて、この工房集積のアイデアもその一環だったと思えて仕方ないんだ。彼は常に、構想を抱いて生きる人間だからね。
 巷間、天武の挙兵は無法な攻撃から自らを守るためのやむえない戦いであったといわれているが、恐らくそうではあるまい。彼は兄の後継者となることを予定し、早くから天智とは違う国家構想を模索していたはずだ。それなのに天武は後継者として指名されなかった。だから戦いを起こしてまでも後継を勝ち取る必要があった。実際にそれをやってのけたんだから、やはり特別な存在だといわざるを得ないね」


六章 六七六年春 3

 阿礼の傍らに腰を下ろし、同じ方向を見やりながら由衣がいった。
 「だとすると、天智は後継者の選定を間違えたことになり、天武がそれを正したことになる……これはなるべくしてなったことなの。成功した理由は?」
 「誰が後継者としてふさわしいか、その正当性を決めるのは本当に難しい。大化のクーデターによって天皇家(大王家)はこの国の支配権を取り戻すと同時に、新帝の即位に関しても群臣の推挙を必要とせず、それを自らの意思で決めることができるようになった。譲位という形でね。しかしこれによって支配権の継承が確実なものとなったわけではなかったんだ。何故なら誰に王権を譲位したらいいか、誰が被譲位者としてふさわしいかを決めるのは容易な技ではないというのが真実だからね。
 大王家の血を引く者が後継者となる原理だから、選考基準は当然、本人の血の濃さや配偶者の血筋の高さになるわけだけど、全てをそれで決められるほど問題は単純ではない。例えば失政を重ねる王権があった場合、それをそのまま引き継ぐ者が正当な後継者なのか、それともそれを改変する力を持つものが正当な後継者なのか、それは血統原理で決まるものではないんではないか。結局は、統一国家に参加した地方、そこの民の声が決めていくんだろうと思うんだ。もちろん地方の声、民の声はすぐには発せられない。失政があっても、それに対する人々の不満が積もりに積もって爆発するまでは声にならないからだ。


六章 六七六年春 4

 壬申の乱の発生はそういうことだったんだと思う。この内乱の原因となった失政は、実は天智期に始まったことではなく、斉明期にすでに生じていた。知っての通り、斉明は天智と天武の母で、乙已の変前は皇極として政権を担当していた。クーデター後王権を孝徳に譲位したが、孝徳が没したために重祚(ちょうそ)して斉明となった。しかし斉明は老齢、実際に政務を担当したのは天智になる前の中大兄皇子だった。この重祚による後継の決定あたりからすでに失政が始まり、それを続けたまま王権が天智に移り、さらにその子大友皇子へと受け継がれようとしたわけだ。
 この間に地方の民の不満は募り、火を付ければ爆発するところまで蓄積されていた。その結果がこの度の争乱であり、これを経て天武が正当な後継者と認められることになった。その意味で後継の正当性は、統一国家に組み込まれた地方、その民の支持があるかどうかによって決定されるということだ。もちろんこのことは、最初からわかっているわけではなく、事態の推移を後から振り返ってみてわかることなんだけどね」
 「それがこの間の旅の成果なのですね?」
 「大化のクーデター時に、大王家の後継候補者として主役を演じ、後に大王となって近江朝を築き上げた天智だが、その後継には候補が二人いた。一人は天智と同じ父(舒明)と母(皇極・斉明)を持つ五歳年下の弟、大海人皇子、後の天武だ。大海人という名は、彼が少年時代を過ごした尾張海部評(あまこおり)に由来する。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について