目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

85 / 239ページ

五章 六七五年夏 20

 もちろん物語の中のオホクニヌシノ神は象徴で、その背後には無数の国主が存在している。そのことを聞き手に感じ取ってもらいたいので、オホクニヌシの別名をいくつか挙げ、語りの中で使い分けてみたいと思っているんだ。
 さらにいえば、そのオホクニヌシは天つ神の最高位アマテラスの弟、スサノヲの血を引く直系の子孫ということにする。ただオホクニヌシは、天つ神スサノヲと国つ神の娘クシナダヒメとの結婚によって生まれた混血神を祖先に持ち、その祖先神と国つ神の娘との婚姻が何代にも亘って繰り返されたために、限りなく国つ神に近い存在になる。そういう想定で、次のような筋語りを考えているんだ」

 

〈須佐之男命はこうして八俣の大蛇を退治し、櫛名田比売(くしなだひめ)を手に入れた。それによって二人の間に長子となる御子が誕生する。八島土奴美神(やしまじぬみのかみ)である。かくして天つ神の子と国つ神の子孫の婚姻が成立したのである。そうして生まれた男神に、国つ神の血を引く女神をめあわせる婚姻が何代にも亘って続き、スサノヲ六世の孫が出現する。葦原中国、つまり出雲国の主神となる大国主神である。


五章 六七五年夏 21

 オホクニヌシノ神誕生後、スサノヲノ命はかねての望み通り妣のいる国、根の堅州国へと赴き、葦原中国、出雲国の国作りはスサノヲの分身、オホクニヌシノ神に委ねられるのである。
 大国主神はまたの名を大名持(おほなもち)を表す大穴牟遅神(おほなむぢのかみ)、またの名を武勇を称える葦原色許男神(あしはらしこをのかみ)、またの名を同じく八千矛神(やちほこのかみ)、またの名を国の守護神を意味する宇都志国玉神(うつしくにたまのかみ)といい、合わせて五つの別名を持つ大神である〉

 

 「こんなふうに、オホクニヌシによる葦原中国、つまり出雲国の国作り神話に入っていきたいんだが、圧巻はその最後の部分、オホクニヌシがさまざまな神々の協力を得てつくり上げた自分の国を、皇祖神アマテラスに譲り渡す場面の描写になると思う。
 何故ならこの国譲り神話の部分は、高天原側から見れば、葦原中国に国をそっくり引き渡せという実に無体な要求をする場面になるし、葦原中国側から見れば、せっかく苦労してつくった国を手放さなければならないという実に無念な要求をされるシーンになるからだ。さらにはこの無理難題を押し付ける側が、押し付けられる側にどんな約束を提示したら、押し付けられる側はその要求を飲むか、その約束の確かさが問われる場面になるからね」
 「前の神話が〈乙已の変〉をもとにしているとしたら、国譲り神話というのは、その後のどんな出来事をもとに創作しようとしているのですか?」


五章 六七五年夏 22

 「〈壬申の乱〉だ。この内乱の意味を考えるために、まず六世紀代にこの国に進行した統一国家形成の動きから話を始めよう。この時期無数の地方国家がヤマト朝廷を中心とする連合政権に加わったが、当然のことながらそのいきさつはさまざまだった。自ら望んで参加した国もあったし、抵抗の末、参加を余儀なくされた国もあった。そのいずれだったにしても、地方国家が統一国家づくりに参加したということは、自国の独立性を放棄し、自分たちの国土とその主権を、統一国家の中央政権に譲ったということを意味する。
 この時のことなんだ。地方の首長の呼び名がかわったのは。統一国家形成以前は、国づくりをした建国者やその末裔は国主といわれていた。それが六世紀代の統一化以後、ヤマト王権に国譲りをし、その支配に従った者として、国造(くにのみやっこ・こくぞう)と呼ばれるようになった」
 「国譲りなんて、何でそんな途方もないことが実現したんでしょう?」
 「中央政権と地方政権の間に合意が成立したからだ。参加すれば地方の未来はもっと輝かしいものとなる。民の暮らしはさらに豊かなものになる。王権はその実現を限りなく支援することを約束し、地方はそれが果されると信じたからだ。
 しかし約束が守られ続けるという保障はない。世代が交代し、後継の支配者が約束を反古にして、地方政権を虐げたり、民の生活を苦境に陥らせたりすることはいくらでもある。さらにはその約束違反が、次の後継者にそのまま引き継がれる場合だってある。その時、王権に対する地方の不満や憎しみは蓄積する。それが組織されれば内乱に発展する。その典型的な例の一つが壬申の乱なんだ。天武が当事者として、しかも主役としてかかわった事件だ。


五章 六七五年夏 23

 兄の天智によって初めて律令制の導入が試みられ、それ以前と比較にならないほど盤石な統一国家ができ、それがそのまま天智が選んだ後継者に受け継がれるはずだった。でも実際はそうではなかった。天武がきっかけをつくると、反乱は各地に広がった。律令体制の導入が試みられた分、国譲りに対する約束違反が横行し、人々のうっ屈がたまっていたのだろう。それがさらに天智が指名した後継者によって引き継がれるのではないかという危惧が地方人の間に広がっていたのだろう。それはまさに統一国家分裂の危機だった。その危機は回避されたけど、その代償は途方もなく大きかった。
 こんな事態を二度と起こしてはならない。王権の正統性も大事だが、その王権を次の代につないでいく時、誰が後継者としてふさわしいのか、つまり王権継承の正当性はさらに重要な問題となる。それをオホクニヌシノ神による出雲国の国作り・国譲り神話の中にヨコ糸として織り込んでおきたいんだ。
 そういう神話を創作する上で、どうしても欠かせない素材が、大化のクーデター―六四五年六月―から数えて二七年後、干支では壬申に当たる、六七二年に起きた壬申の乱なんだ。この事件の真相を探るために、乱とゆかりのある地を旅してみないか。古事語の創作に欠かせないと申し出れば、天武は暇を下さるはずだ」


六章 六七六年春 1

 六章 六七六年春
 

 

 調査旅行から帰宅後のある日、阿礼は由衣を伴い、天武が即位後直ちに開発を進めた、官営工房に向かった。工房は飛鳥寺域から見ると東南方向、飛鳥浄御原宮からは北東方面に位置する丘陵地帯にある。丘陵は東西二つからなり、その間に二筋の谷が南から北に向かって流れている。上流地区の谷筋はその両岸が共に階段状に整地され、下には溜池が、上には工房が配されていた。
 西南部の谷筋に軒を連ねるのは金・銀・銅などの非鉄金属製品、水晶・メノウ・琥珀などの玉類、ガラス製品、漆製品をつくる工房群、東南部の谷筋を占めているのは、現在流通している銅銭、富本銭の鋳造工房、鉄器の製作工房、そして瓦を焼成する瓦窯(がよう)だった。
 いずれも最先端の手工業技術を誇る工房ばかりで、谷筋にほぼ等間隔に架けられた連絡橋によって有機的に結ばれている。
 二筋の谷が合わさる下流地区には管理棟と倉庫群があって、各工房が要求する大量の燃料・原材料資源の調達、工房が吐き出す無数の製品群の出荷、さらには技術者の採用と訓練に当たっていた。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について