目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

83 / 239ページ

五章 六七五年夏 18

 老夫婦の手で怪物を迎え撃つ準備が整った時、老夫のいった通り、八俣の大蛇が真っ赤に熟れたほおずきのような八対の目を爛々と輝かせ、苔むし木々の生えた胴体をくねらしながら、すさまじい勢いで垣根の向こうに迫ってきた。
 オロチは芳醇な香りを放つ酒精の誘惑には勝てなかった。八つの頭を八つの酒槽に突っ込んで、中の酒を一気に飲み乾した。中味は醸しに醸した強い酒だった。大蛇の頭が次々と倒れ、ついに八つの頭全ての動きが止まった。
 この時を見計らっていたスサノヲは、腰に吊るした長さ十握(とつかみ)もある剣をすらりと引き抜き、大蛇の頭を次から次へと切り離した。ほとばしる大量の血で、肥河は真っ赤な血の河となった。
 スサノヲが大蛇の胴体を切り進み、中ほどに位置する尾を切り落とそうとした時、手にした剣の歯がこぼれた。不審に思ってその尾を切り裂いてみると、これまで見たこともない美しさと鋭利さを持つ太刀が出てきた。
 それは自分のものとするのを許さないような無双の名刀であった。スサノヲはこれを手に入れたいきさつを伝えて、天照大御神に献上した。これが後に草那芸(くさなぎ)と呼ばれることになる太刀である〉


五章 六七五年夏 19

 「スサノヲは自分が英雄になって初めてアマテラスの存在の特別さを知り、その特別な神に草那芸の太刀という特別な贈り物をしてそれに報いた。こういうシナリオなら、アマテラス―さらにはその末裔の天皇―は特別な存在なんだということが聞き手に伝えられますね。同時に、そういう特別な存在、つまり高貴なる者はこれによってさらに謙虚になり、己に与えられている使命の重要性をより深く認識するはずだ、そう聞き手は感じ取ってくれるのではないかしら」
 「これで、蘇我入鹿のイメージを織り込んだスサノヲの物語は終わる。このあとシナリオは、葦原中国の、つまりアマテラスの子孫、天皇の祖先が天降る予定の地上の国の、国作りの物語に移ることになる」
 「地上の国、葦原中国というのは、われわれが今暮らしている日本列島。ここにはかつて複数の地方国家があり、それぞれに国作りを担った国主がいたと思うのですけど、それをいちいち全部語ることになるのですか?」
 「それは無理だから、代表になる国を一つ選んで出雲にするというのはどうだろう。すでにスサノヲを降り立たせたところを出雲国にしているし、ここなら二人とも馴染みがあるからいろいろと想像しやすいと思うんだ。ここを中心に物語を展開させ、その国主として、大国主神を登場させることにしよう。


五章 六七五年夏 20

 もちろん物語の中のオホクニヌシノ神は象徴で、その背後には無数の国主が存在している。そのことを聞き手に感じ取ってもらいたいので、オホクニヌシの別名をいくつか挙げ、語りの中で使い分けてみたいと思っているんだ。
 さらにいえば、そのオホクニヌシは天つ神の最高位アマテラスの弟、スサノヲの血を引く直系の子孫ということにする。ただオホクニヌシは、天つ神スサノヲと国つ神の娘クシナダヒメとの結婚によって生まれた混血神を祖先に持ち、その祖先神と国つ神の娘との婚姻が何代にも亘って繰り返されたために、限りなく国つ神に近い存在になる。そういう想定で、次のような筋語りを考えているんだ」

 

〈須佐之男命はこうして八俣の大蛇を退治し、櫛名田比売(くしなだひめ)を手に入れた。それによって二人の間に長子となる御子が誕生する。八島土奴美神(やしまじぬみのかみ)である。かくして天つ神の子と国つ神の子孫の婚姻が成立したのである。そうして生まれた男神に、国つ神の血を引く女神をめあわせる婚姻が何代にも亘って続き、スサノヲ六世の孫が出現する。葦原中国、つまり出雲国の主神となる大国主神である。


五章 六七五年夏 21

 オホクニヌシノ神誕生後、スサノヲノ命はかねての望み通り妣のいる国、根の堅州国へと赴き、葦原中国、出雲国の国作りはスサノヲの分身、オホクニヌシノ神に委ねられるのである。
 大国主神はまたの名を大名持(おほなもち)を表す大穴牟遅神(おほなむぢのかみ)、またの名を武勇を称える葦原色許男神(あしはらしこをのかみ)、またの名を同じく八千矛神(やちほこのかみ)、またの名を国の守護神を意味する宇都志国玉神(うつしくにたまのかみ)といい、合わせて五つの別名を持つ大神である〉

 

 「こんなふうに、オホクニヌシによる葦原中国、つまり出雲国の国作り神話に入っていきたいんだが、圧巻はその最後の部分、オホクニヌシがさまざまな神々の協力を得てつくり上げた自分の国を、皇祖神アマテラスに譲り渡す場面の描写になると思う。
 何故ならこの国譲り神話の部分は、高天原側から見れば、葦原中国に国をそっくり引き渡せという実に無体な要求をする場面になるし、葦原中国側から見れば、せっかく苦労してつくった国を手放さなければならないという実に無念な要求をされるシーンになるからだ。さらにはこの無理難題を押し付ける側が、押し付けられる側にどんな約束を提示したら、押し付けられる側はその要求を飲むか、その約束の確かさが問われる場面になるからね」
 「前の神話が〈乙已の変〉をもとにしているとしたら、国譲り神話というのは、その後のどんな出来事をもとに創作しようとしているのですか?」


五章 六七五年夏 22

 「〈壬申の乱〉だ。この内乱の意味を考えるために、まず六世紀代にこの国に進行した統一国家形成の動きから話を始めよう。この時期無数の地方国家がヤマト朝廷を中心とする連合政権に加わったが、当然のことながらそのいきさつはさまざまだった。自ら望んで参加した国もあったし、抵抗の末、参加を余儀なくされた国もあった。そのいずれだったにしても、地方国家が統一国家づくりに参加したということは、自国の独立性を放棄し、自分たちの国土とその主権を、統一国家の中央政権に譲ったということを意味する。
 この時のことなんだ。地方の首長の呼び名がかわったのは。統一国家形成以前は、国づくりをした建国者やその末裔は国主といわれていた。それが六世紀代の統一化以後、ヤマト王権に国譲りをし、その支配に従った者として、国造(くにのみやっこ・こくぞう)と呼ばれるようになった」
 「国譲りなんて、何でそんな途方もないことが実現したんでしょう?」
 「中央政権と地方政権の間に合意が成立したからだ。参加すれば地方の未来はもっと輝かしいものとなる。民の暮らしはさらに豊かなものになる。王権はその実現を限りなく支援することを約束し、地方はそれが果されると信じたからだ。
 しかし約束が守られ続けるという保障はない。世代が交代し、後継の支配者が約束を反古にして、地方政権を虐げたり、民の生活を苦境に陥らせたりすることはいくらでもある。さらにはその約束違反が、次の後継者にそのまま引き継がれる場合だってある。その時、王権に対する地方の不満や憎しみは蓄積する。それが組織されれば内乱に発展する。その典型的な例の一つが壬申の乱なんだ。天武が当事者として、しかも主役としてかかわった事件だ。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について