目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

76 / 239ページ

五章 六七五年夏 11

 「アマテラスが神々の笑い声を聞き、石屋の戸を少し開けたとしても、また閉ざしてしまう恐れがある。オモヒカネには同時にそれを防ぎ、女神を石屋からすっかり出させる手を考え出させておかないと。それにはアマテラスの最高神としてのプライドを巧みにつつかせるというのがいいかもしれないね。

 それにしても八百万の神々をわかせるというのは難題だなあ。この難役をこなすにはやはり女神だね、妖艶な女神。舞いと踊りの名手、天宇受売命(あめのうずめのみこと)というのはどうだろう」

 

 〈天宇受売命が天の香具山に生える日蔭葛(ひかげかずら)でたすきがけをし、天の香具山で取った正木葛(まさきかずら)の髪飾りを額に巻き、これまた天の香具山の笹の葉を束ねて手に取り、天の石屋戸の前にしずしずと進み出る。石屋戸の前に台を置き、そこにのぼって厳かに舞い始める。
 その舞いがいつしか足拍子を取り、腰を振る踊りにかわった。踊りは次第に激しさを増し、まるで神が神に乗り移ったかのように狂い始める。その踊り狂う中で、女神の胸乳(むなち)が露わになり、下腹がちらちらと見え隠れするようになった。
 厳粛であるはずの舞いが、神の神がかりによってエロティシズムのほとばしる踊りにかわる。この落差、唐突さが八百万の神々の笑いを誘い、それがこだまして爆発した。その笑いの爆風が天の石屋戸の奥深くまで見事に届いた。


五章 六七五年夏 12

 アマテラスはいぶかしがり、石屋戸を細めに開いて声をかけた。「私がいないから、高天原も葦原中国も真っ暗闇で静まり返っているはずなのに。どうしてお前、アメノウズメはそんなところで踊り狂っているの?どうして神々は笑い転げているの?」
 こう聞かれてアメノウズメノ命は、待ってましたとばかりに返答する。
 「あなたよりもはるかに高貴で、秀でた女神がおいでになるので、われわれはこうして踊って、笑って、楽しんでいるのです」
 アメノウズメがそう答え終わるや否や、天児屋命(あめのこやねのみこと)と布刀玉命(ふとだまのみこと)がアマテラスの顔の前に八咫鏡(やたのかがみ)を差し出した。アマテラスの目に一瞬、自分の前に一柱の美しい女神が立っているように見えた。
 「この者は誰、私を超える存在、そんなことがあっていいの……」
 アマテラスはそれを確かめようと石屋戸の外に出ようとした。
 この瞬間を待ち構えて身をひそめていた力持ちの神、天手力男神(あめのたぢからをのかみ)が女神の手を取って外へ引き出した。さらにフトダマノ命が日の神の後ろに注連縄(しめなわ)を渡していう。
 「この縄より内側に戻ることはできません」


五章 六七五年夏 13

 こうして皇祖神アマテラスは再び姿を現し、天上の高天原も地上の葦原中国も明るさと平和を取り戻した。残されてあったのは、このような大騒動の原因をつくったスサノヲの処罰だった。八百万の神々が一堂に会して協議し、スサノヲに贖罪の品物を科すと同時に、彼の髭を切り、手足の爪をはがし、高天原から追放した〉

 

 阿礼の草案に対して由衣は感想を述べた。
 「太郎入鹿の反逆行為、それがもたらした王権の確立、本当に起きた事件を神話の時代に移し換えたらどうなるか私には見当もつかないと思ったけれど、それがこうした天の石屋戸神話になるなんて、本当に不思議」
 それを受けて阿礼がいった。
 「ここの語りでは、聞き手に次のようなメッセージを送りたいんだ。確かに皇祖神は高天原の至高神、でもその至高性はただ存在しているのではない。それはこの神が自らに与えられた役割を果たす限りにおいて約束される。つまりアマテラスが日の神として天上の高天原とその支配下にある葦原中国の平和と安寧に限りなく寄与することによって保障される。反対に、その約束を忘れたり破ったりすれば、それはたちどころに消滅してしまう、はかない存在でもあるのだと。


五章 六七五年夏 14

 そしてこのメッセージが現実の政治の世界に置き換えられて、支配の正当性というのは最初から与えられているものではなく、支配権を握った者が支配する国全体の安定に、そこに暮らす民衆の安寧に努力を惜しまない存在であるかどうかによって決まる、ということが理解されたらうれしいんだけど。ここのところは創作にもっともっと工夫の余地がありそうだ。さらにはこの場面の描写を際立たせるために、最も効果的な語り口を、語りのリズムと共に考え出さなければならないね」
 「このくだりは、上つ段の中でも圧巻な場面の一つだし、隠れた最高神を引き出すために、真っ暗な天の石屋戸の前に大掛かりなかがり火やきらびやかな飾り物などを用意させる必要があるんではない?同時に、そういうものを準備する神々を誰にするかも考えなければ」
 「うん。そういう細かいことはあとで決めるとして、物語を先に進めよう。高天原を追放された須佐之男命なんだけど、彼はこれによって自らが行きたいと願った黄泉国に赴くことになるんだが、そこに向かわせる前に、彼にもうひと働きさせなくてはならない。
 そう、スサノヲは追放されたあと、葦原中国に降り立つ。そこで彼は神々を困らせる怪物を退治し、悪者から英雄に変身する。そして英雄スサノヲはアマテラスを姉神としてではなく、高天原の最高神として敬うようになる。さらにはその心を表すために、至高神に大いなる贈り物をするという過程をつくりたいんだ。


五章 六七五年夏 15

 そんな筋立てを用意するとしたら、スサノヲを降り立たせるのはどこがいいだろうか。由衣の故郷、出雲国を候補にするとしたら、どこがふさわしいだろうか」
 「東部の肥河(ひのかわ・斐伊川・ひいかわ)はどうかしら? 出雲国きっての大河で、大蛇がのたうつように湾曲していて、普段は風光明美なんだけど、秋、台風が上流を襲おうものなら、手のつけられない暴れ川となって流域に大氾濫を引き起こすの」
 「乱暴者のスサノヲが怪物を退治する場所としてはうってつけだ。肥河の上流で、毎年越の国から大蛇がやってきて国つ神の娘を一人食らっていくという恐ろしい事件が続いていて、今年もまたその恐怖の時期が訪れようとしている。そこにスサノヲが通りかかって大蛇を斃して英雄となり、助けた娘と結ばれるというストーリーはどうだろうか。問題はその越のオロチをどう描写して、顛末をどう語りにするかだ」
 由衣がアイデアを出した。
 「頭が八つ、尻尾が八つというふうに、語の頭に〈や〉を付けた言葉を並べるというのはどうかしら。調子が取れるし、〈や〉を付けると数が〈八つ〉にもなるし、さらにはとてつもない数を表わすようになるわ」



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について