目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

73 / 239ページ

五章 六七五年夏 8

 〈スサノヲは、アマテラスが自ら耕作する田に乱入し、畦を壊したり、灌漑用の溝を埋めたりする。さらには姉がその年の新穀を食す新嘗祭(にいなめまつり)を行う神殿のあちこちに糞をひり散らし回るというように、天つ国の神々には考えもつかないような乱暴・狼藉の限りを尽くす。
 その一部始終を聞かされても、女神は怒らない。それどころか、弟のした行為をいい方にいい方に解釈して弁護した。
 それがまたスサノヲの乱暴・狼藉に拍車をかけ、とうとうスサノヲは姉が見ている前で、悪逆な事件を起こしてしまう〉

 

 「ここに太郎入鹿が血だらけの大鹿を女人部屋に放り込ませて楽しんだという悪行の話を使ってみたいと思うんだ。少し形をかえてね」

 

 〈アマテラスが機織り用の神殿―忌服屋(いみはたや)―で、機織女(はたおりめ)たちに神衣を織らせている時だった。スサノヲは忌服屋の棟に登って大穴をあけ、そこから皮を逆剥ぎにされ、無残な姿をさらすまだら毛の馬一頭を真っ逆さまに投げ込んだ。


五章 六七五年夏 9

 神衣を織っていた機織女たちは腰を抜かし、そのうちの一人は驚きのあまり、機具(はたぐ)の梭(ひ)で陰処(ほと)を突いて死んでしまう。この悪事の一部始終を目撃していたアマテラスは怒り、天の石屋(あめのいはや)に身を隠し、その戸をかたく閉ざしてしまった。
 太陽神としての日の神、皇祖神の不在によって、高天原もその支配下にある葦原中国も真っ暗になった。暗闇は限りなく続き、邪神がばっきょして、禍という禍が降って湧き、神々の世界の秩序は全く失われてしまう〉

 

 「普段は穏やかで慈悲深い至高神アマテラスを怒らせると、これほどまで悲惨な事態に陥ることになる。八百万の神々はそれを実際に経験することによって日の神、皇祖神の存在の大きさと、そのかけがえのなさを改めて認識する。
 そして彼らは石屋の戸をかたく閉めて隠れた自分たちの至高神を呼び戻すために、天の安河の河原に集結し、総力戦を展開するという筋語りにしたらどうだろう。
 総力戦の指揮官は、神々の中で最も豊かな知恵を持つ神でなければつとまらない。どの神を選ぼうか?」
 「創生期より大分年月がたっているので、二世にするというのはどうかしら?」


五章 六七五年夏 10

 「そうしてみよう。高天原に最初に現れた三柱の神の一人で、宇宙の生成をつかさどった高御産巣日神(たかみむすひのかみ)を使おう。タカミムスヒノ神は、高木神(たかぎのかみ)という別名を持つ男神で、日本列島土着の在来神ではない。大陸北方の草原地帯の人々が育み、五世紀前後、朝鮮半島経由でこの国に入った外来神で、天上界の主神あるいは太陽の神だと伝えられている。この神の血を受け継ぐタカミムスヒ二世で、その名を思金神(おもひかねのかみ)ということにしよう。
 それではこの神にどんな深謀を考え出させるかだ。まず天の石屋の奥にこもったアマテラスに声を届かせなければならない。八百万の神々に天の石屋戸(あめのいはやと)の前で大声を上げさせよう。それも哀しげな泣き声じゃなくて、楽しげな笑い声がいいだろう。
 笑い声だったら女神は不審に思うはずだ。だって自分がいなくなって、みんなは弱り果てて泣いているはずなんだから。それがみんなで笑い転げている。一体何が起きているのかと、外の様子をうかがいたくなるはずだ。
 ではどうやって八百万の神々を爆笑の渦に巻き込むか。それをオモヒカネノ神に思いつかせなければならない」
 しばらく思案して、由衣がいった。 
 「出雲国の神話でも、人を一番湧かせるのは卑猥な話。エロスは本来秘めてあるもの。それが何かのはずみでこぼれてしまう。とくに厳かな儀式の時には完全に隠されているもの。それが突如表出してしまう。この予期せぬエロティシズムの出現に、神々は驚き、どよめくんじゃないかしら。そのどよめきが反響し、炸裂して爆笑の渦にかわる。オモヒカネノ神にそんな状況をつくり出させるというのはどうかしら」


五章 六七五年夏 11

 「アマテラスが神々の笑い声を聞き、石屋の戸を少し開けたとしても、また閉ざしてしまう恐れがある。オモヒカネには同時にそれを防ぎ、女神を石屋からすっかり出させる手を考え出させておかないと。それにはアマテラスの最高神としてのプライドを巧みにつつかせるというのがいいかもしれないね。

 それにしても八百万の神々をわかせるというのは難題だなあ。この難役をこなすにはやはり女神だね、妖艶な女神。舞いと踊りの名手、天宇受売命(あめのうずめのみこと)というのはどうだろう」

 

 〈天宇受売命が天の香具山に生える日蔭葛(ひかげかずら)でたすきがけをし、天の香具山で取った正木葛(まさきかずら)の髪飾りを額に巻き、これまた天の香具山の笹の葉を束ねて手に取り、天の石屋戸の前にしずしずと進み出る。石屋戸の前に台を置き、そこにのぼって厳かに舞い始める。
 その舞いがいつしか足拍子を取り、腰を振る踊りにかわった。踊りは次第に激しさを増し、まるで神が神に乗り移ったかのように狂い始める。その踊り狂う中で、女神の胸乳(むなち)が露わになり、下腹がちらちらと見え隠れするようになった。
 厳粛であるはずの舞いが、神の神がかりによってエロティシズムのほとばしる踊りにかわる。この落差、唐突さが八百万の神々の笑いを誘い、それがこだまして爆発した。その笑いの爆風が天の石屋戸の奥深くまで見事に届いた。


五章 六七五年夏 12

 アマテラスはいぶかしがり、石屋戸を細めに開いて声をかけた。「私がいないから、高天原も葦原中国も真っ暗闇で静まり返っているはずなのに。どうしてお前、アメノウズメはそんなところで踊り狂っているの?どうして神々は笑い転げているの?」
 こう聞かれてアメノウズメノ命は、待ってましたとばかりに返答する。
 「あなたよりもはるかに高貴で、秀でた女神がおいでになるので、われわれはこうして踊って、笑って、楽しんでいるのです」
 アメノウズメがそう答え終わるや否や、天児屋命(あめのこやねのみこと)と布刀玉命(ふとだまのみこと)がアマテラスの顔の前に八咫鏡(やたのかがみ)を差し出した。アマテラスの目に一瞬、自分の前に一柱の美しい女神が立っているように見えた。
 「この者は誰、私を超える存在、そんなことがあっていいの……」
 アマテラスはそれを確かめようと石屋戸の外に出ようとした。
 この瞬間を待ち構えて身をひそめていた力持ちの神、天手力男神(あめのたぢからをのかみ)が女神の手を取って外へ引き出した。さらにフトダマノ命が日の神の後ろに注連縄(しめなわ)を渡していう。
 「この縄より内側に戻ることはできません」



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について