目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

71 / 239ページ

五章 六七五年夏 6

 二人は天の安河(あめのやすのかわ)を挟んで向かい合い、宣誓して子生みの勝負を始める。
 まずアマテラスがスサノヲの剣―十拳剣(とつかのつるぎ)―を手に取った。これを三段に打ち割るや、天の真名井(あめのまない)の水で清めて口の中に放り込み、噛み砕いて吹き出すと、それが霧となりその中から三柱の女神が誕生した。
 次はスサノヲの番だった。アマテラスの左右の角髪(みずら)、髪を束ねる鬘(かずら)、さらには左右の手にそれぞれ巻き付けた勾玉(まがたま)の長い緒を次々ともらい受け、天の真名井の水で洗い清めて口の中に放り込み、噛みしだいて吹き出すと、それが霧となりその中から五柱の男神が出現した。
 この瞬間、スサノヲは確信する。男神を五柱も生んだのだから、勝ちは自分にあると。ところがアマテラスが突然、物実(ものざね)の論理を持ち出してこういった。「五柱の男子は私の髪飾りと玉の緒を物実として生まれた神だから私の子供、三柱の女神はお前の剣を物実として出現した神だからお前の子供、私の勝ちだ」
 この理屈を受け入れると、スサノヲの立場はなくなる。スサノヲは慌てて、物実の論理に代えて情実の論理を持ち出し、男よりも女の方が優れているといって、女神アマテラスの誇りをくすぐる手を打ち出す。


五章 六七五年夏 7

 「私の物実、剣から生まれた子供は心優しく清らかな女神三人。それを生んだ私の心は当然のことながらそれと同じ。これで私の心は一点の曇りもないということが証明されました。勝負は私の勝ち。これで私を高天原に迎え入れて下さいますね」〉

 

 「こうしてスサノヲは高天原に入り込むことになるんだが、入るや否やその荒ぶる魂はさらに本領を発揮し、これでもかこれでもかとアマテラスを困らせる。そういうふうにストーリーを展開させたいんだ。
 さて、アマテラスが一番困るものといったら何だろう?」
 しばらく思案が続いたあと、由衣が口火を切った。
 「稲つくりを妨害されたらこたえるでしょうね」
 「それは本質を突いている。天つ国を取り仕切るアマテラスは日の神、太陽神であると同時に後の天皇家の始祖でもある。皇祖神の役割は何か。それは、この国の主要産業、稲作農耕技術の指導と普及で、人々がこの稲作を日々平穏に営めるよう祭祀を主宰することだと考えていい。なるほど、この稲作とそれを支える祭祀システムの破壊にスサノヲが手を染めるという筋語りにしてみよう」


五章 六七五年夏 8

 〈スサノヲは、アマテラスが自ら耕作する田に乱入し、畦を壊したり、灌漑用の溝を埋めたりする。さらには姉がその年の新穀を食す新嘗祭(にいなめまつり)を行う神殿のあちこちに糞をひり散らし回るというように、天つ国の神々には考えもつかないような乱暴・狼藉の限りを尽くす。
 その一部始終を聞かされても、女神は怒らない。それどころか、弟のした行為をいい方にいい方に解釈して弁護した。
 それがまたスサノヲの乱暴・狼藉に拍車をかけ、とうとうスサノヲは姉が見ている前で、悪逆な事件を起こしてしまう〉

 

 「ここに太郎入鹿が血だらけの大鹿を女人部屋に放り込ませて楽しんだという悪行の話を使ってみたいと思うんだ。少し形をかえてね」

 

 〈アマテラスが機織り用の神殿―忌服屋(いみはたや)―で、機織女(はたおりめ)たちに神衣を織らせている時だった。スサノヲは忌服屋の棟に登って大穴をあけ、そこから皮を逆剥ぎにされ、無残な姿をさらすまだら毛の馬一頭を真っ逆さまに投げ込んだ。


五章 六七五年夏 9

 神衣を織っていた機織女たちは腰を抜かし、そのうちの一人は驚きのあまり、機具(はたぐ)の梭(ひ)で陰処(ほと)を突いて死んでしまう。この悪事の一部始終を目撃していたアマテラスは怒り、天の石屋(あめのいはや)に身を隠し、その戸をかたく閉ざしてしまった。
 太陽神としての日の神、皇祖神の不在によって、高天原もその支配下にある葦原中国も真っ暗になった。暗闇は限りなく続き、邪神がばっきょして、禍という禍が降って湧き、神々の世界の秩序は全く失われてしまう〉

 

 「普段は穏やかで慈悲深い至高神アマテラスを怒らせると、これほどまで悲惨な事態に陥ることになる。八百万の神々はそれを実際に経験することによって日の神、皇祖神の存在の大きさと、そのかけがえのなさを改めて認識する。
 そして彼らは石屋の戸をかたく閉めて隠れた自分たちの至高神を呼び戻すために、天の安河の河原に集結し、総力戦を展開するという筋語りにしたらどうだろう。
 総力戦の指揮官は、神々の中で最も豊かな知恵を持つ神でなければつとまらない。どの神を選ぼうか?」
 「創生期より大分年月がたっているので、二世にするというのはどうかしら?」


五章 六七五年夏 10

 「そうしてみよう。高天原に最初に現れた三柱の神の一人で、宇宙の生成をつかさどった高御産巣日神(たかみむすひのかみ)を使おう。タカミムスヒノ神は、高木神(たかぎのかみ)という別名を持つ男神で、日本列島土着の在来神ではない。大陸北方の草原地帯の人々が育み、五世紀前後、朝鮮半島経由でこの国に入った外来神で、天上界の主神あるいは太陽の神だと伝えられている。この神の血を受け継ぐタカミムスヒ二世で、その名を思金神(おもひかねのかみ)ということにしよう。
 それではこの神にどんな深謀を考え出させるかだ。まず天の石屋の奥にこもったアマテラスに声を届かせなければならない。八百万の神々に天の石屋戸(あめのいはやと)の前で大声を上げさせよう。それも哀しげな泣き声じゃなくて、楽しげな笑い声がいいだろう。
 笑い声だったら女神は不審に思うはずだ。だって自分がいなくなって、みんなは弱り果てて泣いているはずなんだから。それがみんなで笑い転げている。一体何が起きているのかと、外の様子をうかがいたくなるはずだ。
 ではどうやって八百万の神々を爆笑の渦に巻き込むか。それをオモヒカネノ神に思いつかせなければならない」
 しばらく思案して、由衣がいった。 
 「出雲国の神話でも、人を一番湧かせるのは卑猥な話。エロスは本来秘めてあるもの。それが何かのはずみでこぼれてしまう。とくに厳かな儀式の時には完全に隠されているもの。それが突如表出してしまう。この予期せぬエロティシズムの出現に、神々は驚き、どよめくんじゃないかしら。そのどよめきが反響し、炸裂して爆笑の渦にかわる。オモヒカネノ神にそんな状況をつくり出させるというのはどうかしら」



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について