目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

67 / 239ページ

五章 六七五年夏 2

 さて三番目の子神スサノヲだが、彼は父神の命令に従わない。駄々をこねて泣くんだ。一時でなく、泣き続ける。泣きながらスサノヲは成長し、髭が伸び、それが胸元にまで達してしまう。
 ただ泣き続けるのではない。大声を上げ、足摺をして泣きわめくんだ。そのわめき様が尋常ではない。青々とした草木の茂る山々がことごとく枯れ木の山々にかわり、水のあふれる川や海が干上がってしまうまで泣きわめく。
 それに乗じて悪しき神々がこの時とばかりに騒ぎ始め、禍という禍が一斉に噴き出してしまうほどだ。こう描写すれば、建速須佐之男命という存在の荒すさぶ様子が表現できるし、そのあとで語られるアマテラスの至高性といい対比になると思うんだ。
 このあと次のような会話が続く」

 

 〈こんな状況を見かねた父神イザナキが、スサノヲを問い詰める。
 「どんなわけがあってお前は、ワレが統治を命じた海の国に行かずに泣きわめき、未完成の葦原中国を混乱に陥れさせるのだ」
 スサノヲは答える。
 「私は妣(はは)が恋しくてならないのです。亡くなった妣がいるという、根の堅州国に行きたいと思ってこうして泣き暮らしているのです」


五章 六七五年夏 3

 「何てことだ」黄泉国の恐ろしさを身を持って体験しているイザナキにとって、スサノヲの返答は処置のないものだった。
 「勝手にするがいい。ただしこの国に居てはならぬ」
 こういってイザナキはスサノヲを葦原中国から追放してしまう〉

 

 「ここでイザナキの役割を終わりにし、そうだね、彼を淡海(おうみ・近江)の多賀に鎮座させることにして、話を先に進めよう。
 追放命令を受けたスサノヲだ。彼は最終的には希望通り自分の妣が住む根の堅州国に行くことになるんだが、その前に高天原を治めている姉神アマテラスに会いに行き、そこでもまた大騒動を巻き起こすという設定にしよう。そうすれば高天原がどんなところか詳しく描写することができるし、そこを治めるアマテラスがどんな存在で、いかなる役目を果たしているかを、聞き手に伝えることができると思うんだ」

 

 〈スサノヲはこうして姉の治める天上の国へ上がっていく。すると山や川がことごとく鳴り響き、大地が激しく揺れ動いた。報せを聞いたアマテラスは驚いた。


五章 六七五年夏 4

 「この様子だと、弟はわが国を奪い取るつもりだな」
 そういって戦いの身支度をする。束ねて後ろに長く垂らした髪を解き、それを男の髪形に結い直す。無数の勾玉を連ねた玉飾りを体中に巻き付ける。背には無数の矢を収めた靭(ゆぎ)を負い、手に持った弓を振りかざしながら堅い地面を踏みしだき、仁王立ちになって弟の到来を待ち受け、激しい口調で問いかける。
 「お前はなに故に、ここ高天原に上がってきたのじゃ?」
 問いただされたスサノヲは答える。
 「海の国へ行けという命令に従わず、根の堅州国へ行きたいといったら、父上は怒って、『勝手にしろ、ただし葦原中国からは出て行け』とおっしゃいました。それでも私は妣の国へ行くつもりですが、いとまごいに姉であるあなたを訪ねてきたのです。他意はありません」
 アマテラスは尋ねる。
 「そんなに乱暴な振る舞いをしておきながらやましい心はないなんて、お前はそれをどうやって証明するつもり」〉
 
 「ここの証明方法だけど、どんな手を使ったらいいだろうか?」
 阿礼の問いかけに、由衣が答える。


五章 六七五年夏 5

 「スサノヲが勝負を挑むの。『どちらの方がより多くの子供を生んだか、どちらの方がより優秀な子供を生んだか、それで勝ち負けを決める子生み勝負で決着を付けよう』って。『勝ったら自分を信用しろ』って」
 「相手を見つけて子を宿し、その子が生まれるまで決着を待つというのか?」
 「相手の持ち物を種にして一瞬のうちに子を誕生させるのよ。それで勝負の判定をする。子供のころ聞いた話にそういうのがあってとても印象に残っているの。高天原での勝負だし、面白いんではないかしら」
 情景をいくつか脳裏で描いたあと、阿礼はその一つを言葉にした。

 

 〈「一つ勝負をしましょう。私が勝ったら、私のいったことは正しい、つまり私は高天原にいられることになります。もしあなたの勝ちだったら、私は邪悪な心を持ってはいないけれど、高天原から引きさがります」とスサノヲ。
 「どんな勝負にするのか」とアマテラス。
 「判定結果にはいさぎよく従うという誓約(うけい)をした上で、それぞれが子供を生み、それで勝負を決する」とスサノヲ。
 「よかろう」とアマテラス。


五章 六七五年夏 6

 二人は天の安河(あめのやすのかわ)を挟んで向かい合い、宣誓して子生みの勝負を始める。
 まずアマテラスがスサノヲの剣―十拳剣(とつかのつるぎ)―を手に取った。これを三段に打ち割るや、天の真名井(あめのまない)の水で清めて口の中に放り込み、噛み砕いて吹き出すと、それが霧となりその中から三柱の女神が誕生した。
 次はスサノヲの番だった。アマテラスの左右の角髪(みずら)、髪を束ねる鬘(かずら)、さらには左右の手にそれぞれ巻き付けた勾玉(まがたま)の長い緒を次々ともらい受け、天の真名井の水で洗い清めて口の中に放り込み、噛みしだいて吹き出すと、それが霧となりその中から五柱の男神が出現した。
 この瞬間、スサノヲは確信する。男神を五柱も生んだのだから、勝ちは自分にあると。ところがアマテラスが突然、物実(ものざね)の論理を持ち出してこういった。「五柱の男子は私の髪飾りと玉の緒を物実として生まれた神だから私の子供、三柱の女神はお前の剣を物実として出現した神だからお前の子供、私の勝ちだ」
 この理屈を受け入れると、スサノヲの立場はなくなる。スサノヲは慌てて、物実の論理に代えて情実の論理を持ち出し、男よりも女の方が優れているといって、女神アマテラスの誇りをくすぐる手を打ち出す。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について