目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

65 / 239ページ

四章 六七五年初春 21

 この気性の荒々しさと知性の高さを混在させた入鹿を一柱の神に置き換えてみた。それがあの男神、イザナキが竺紫(つくし)の日向(ひむか)の河原で、最後に鼻を洗った時に生まれた須佐之男(スサノヲ)命というわけだ。スサというのは荒れすさぶ、つまりスサノヲは荒れすさぶ男という意味で、もともと太郎入鹿をイメージして用意したキャラクターなんだが、さらにその凄さを強調するために建速(タケハヤ)という冠を付け、建速須佐之男命(たけはやすさのをのみこと)とすることにしよう。タケは勇猛、ハヤは迅速という意味で,これを付けることによってすさまじい気性と知性を持つ男神をつくり出したい。そしてその男神の荒々しい行動を通して大豪族の反逆行為の意味を問い直したいんだ。
 反逆行為が起きるのは、支配の頂点に立つ高貴なる者の存在の軽さが原因で、高貴なる者が自らに与えられた義務を果たす努力を怠るからだ。支配の正当性は高貴性に由来するのではなく、その高貴性を保つ努力を不断に実行しているかどうかにかかっている。そしてその義務を果たす者にだけ限りない輝きと支配の正当性が保障されるのだということを伝える物語にしてみたいんだ」
 「どんな展開になるのかしら。今は全く想像がつかないわ」
 いつしか初春の日は西に傾き、香具山に霞のかかった赤い夕陽が当たり始めた。阿礼と由衣は法興寺の南門を抜け、家路を急いだ。


 


五章 六七五年夏 1

 五章 六七五年夏


 

 大和盆地の南東に位置する飛鳥の夏は蒸し暑い。午前一杯照りつけた強い日差しは作物を通して田畑に熱をこもらせ、午後になって風が止まると、それが地熱のように地表に放出される。その蒸し暑さが大和農耕の豊穣の源泉となっているが、ここに近い稗田の農家に生まれ育った大和人阿礼にとっても、熱さは活力の源の一つだった。噴き出る汗をぬぐいもせずに、阿礼は太郎入鹿の写像、建速須佐之男命にまつわる草案作りに取り掛かった。
 「伊邪那岐命(いざなきのみこと)が生んだ三人の子供のうち、上の二人は父の命令に素直に従う。天照大御神は昼の国、高天原へ、月読命(つくよみのみこと)は夜の国、夜之食国(よるのおすくに)にそれぞれ向かう」
 「今まで聞いてきた限りでは、三人の子のうち、アマテラスは女神、スサノヲは男神だと思えるのだけど、ツクヨミの性別は?」
 「アマテラスとスサノヲ、それぞれ正反対の存在の対比がねらいだから、その邪魔にならないよう、ツクヨミの性別は触れないままにしておく。性別だけでなく、ツクヨミが夜之食国でどうなったかも語らないことにしよう。


五章 六七五年夏 2

 さて三番目の子神スサノヲだが、彼は父神の命令に従わない。駄々をこねて泣くんだ。一時でなく、泣き続ける。泣きながらスサノヲは成長し、髭が伸び、それが胸元にまで達してしまう。
 ただ泣き続けるのではない。大声を上げ、足摺をして泣きわめくんだ。そのわめき様が尋常ではない。青々とした草木の茂る山々がことごとく枯れ木の山々にかわり、水のあふれる川や海が干上がってしまうまで泣きわめく。
 それに乗じて悪しき神々がこの時とばかりに騒ぎ始め、禍という禍が一斉に噴き出してしまうほどだ。こう描写すれば、建速須佐之男命という存在の荒すさぶ様子が表現できるし、そのあとで語られるアマテラスの至高性といい対比になると思うんだ。
 このあと次のような会話が続く」

 

 〈こんな状況を見かねた父神イザナキが、スサノヲを問い詰める。
 「どんなわけがあってお前は、ワレが統治を命じた海の国に行かずに泣きわめき、未完成の葦原中国を混乱に陥れさせるのだ」
 スサノヲは答える。
 「私は妣(はは)が恋しくてならないのです。亡くなった妣がいるという、根の堅州国に行きたいと思ってこうして泣き暮らしているのです」


五章 六七五年夏 3

 「何てことだ」黄泉国の恐ろしさを身を持って体験しているイザナキにとって、スサノヲの返答は処置のないものだった。
 「勝手にするがいい。ただしこの国に居てはならぬ」
 こういってイザナキはスサノヲを葦原中国から追放してしまう〉

 

 「ここでイザナキの役割を終わりにし、そうだね、彼を淡海(おうみ・近江)の多賀に鎮座させることにして、話を先に進めよう。
 追放命令を受けたスサノヲだ。彼は最終的には希望通り自分の妣が住む根の堅州国に行くことになるんだが、その前に高天原を治めている姉神アマテラスに会いに行き、そこでもまた大騒動を巻き起こすという設定にしよう。そうすれば高天原がどんなところか詳しく描写することができるし、そこを治めるアマテラスがどんな存在で、いかなる役目を果たしているかを、聞き手に伝えることができると思うんだ」

 

 〈スサノヲはこうして姉の治める天上の国へ上がっていく。すると山や川がことごとく鳴り響き、大地が激しく揺れ動いた。報せを聞いたアマテラスは驚いた。


五章 六七五年夏 4

 「この様子だと、弟はわが国を奪い取るつもりだな」
 そういって戦いの身支度をする。束ねて後ろに長く垂らした髪を解き、それを男の髪形に結い直す。無数の勾玉を連ねた玉飾りを体中に巻き付ける。背には無数の矢を収めた靭(ゆぎ)を負い、手に持った弓を振りかざしながら堅い地面を踏みしだき、仁王立ちになって弟の到来を待ち受け、激しい口調で問いかける。
 「お前はなに故に、ここ高天原に上がってきたのじゃ?」
 問いただされたスサノヲは答える。
 「海の国へ行けという命令に従わず、根の堅州国へ行きたいといったら、父上は怒って、『勝手にしろ、ただし葦原中国からは出て行け』とおっしゃいました。それでも私は妣の国へ行くつもりですが、いとまごいに姉であるあなたを訪ねてきたのです。他意はありません」
 アマテラスは尋ねる。
 「そんなに乱暴な振る舞いをしておきながらやましい心はないなんて、お前はそれをどうやって証明するつもり」〉
 
 「ここの証明方法だけど、どんな手を使ったらいいだろうか?」
 阿礼の問いかけに、由衣が答える。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について