目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

61 / 239ページ

四章 六七五年初春 17

 じりじりするような時間が経過したあと、入鹿が姿を現した。南門をくぐるとそこは宮の内庭。いかなる高位者も内庭に入る時には刀をはずし、内の南門を警護する舎人たちに預ける決まりになっている。これまで入鹿はそれを無視してきた。
 この日もそのつもりで南門をくぐろうとした時だった。目のふちを猿の顔のように隈取った俳優(わざびと)が、まるで猿のような足取りで近寄ってきて、腰の刀を解くのを促すようなしぐさをした。足音を立てず言葉も発しない、見事な猿のしぐさ。それに飲まれるように、入鹿は吊るしていた刀をその俳優に手渡し、無腰のまま新羅使一行の傍らを抜けて、己の位置すべき場所を探した。しかし見付けられなかった」
 「入鹿は刀を渡してしまったことを悔いたでしょうね」
 「そう思った時、古人大兄皇子が場所を開けた。入鹿はほっとしてそこに座った。それが合図だったかのように、儀式が進行した。新羅使が上表文を読み始めた時、鎌足は舎人に目配せをして内の南門を閉じさせ、学友海犬養連勝麻呂(あまいぬかいのむらじかつまろ)に虐殺用の刀を運ばせた。入鹿の落ち着かない様子に苛立ち、最初に動いたのは中大兄皇子だった。彼は懐に忍ばせていた短剣の柄を握りしめながら一歩後退した。それをしおに最後尾の子麻呂が動いた。手渡された刀を抜き、入鹿の背筋をめがけて振り下ろした。計画を知らされていない新羅使が総立ちとなった。その時中大兄が短剣を抜き払って入鹿に体当たりした。


四章 六七五年初春 18

 転がった入鹿はよろめきながら立ち上がり、『何故だ』と女帝に詰め寄った。女帝から問いただされた中大兄が答えた。『入鹿が皇族を滅ぼし、王位を絶とうとしたのです』それを聞いて女帝は殿中に転がり込んだ。
 再び倒れ落ちた入鹿にとどめを刺したのは、手渡された刀を逆手に持ち、新羅使一行の中から走り出た網田だった。突き下ろされた剣は入鹿の背を貫き、玉砂利の層を深々と噛んで折れた。
 事が終了した時、鎌足は内庭に姿を現し、太郎入鹿の死骸の処理を命じ、中大兄皇子に女帝に代わって詔(みことのり)を出すように指示した。反蘇我本宗家の諸豪族がそれぞれ軍勢を率いて飛鳥寺に集結せよという旨の。
 長子入鹿を誅殺され、一族が建立した法興寺を押さえられた蝦夷には自死以外の道は残されていなかった。翌一三日、蝦夷は上の宮門(かみのみかど)と呼ばせた豪壮な自邸に火を付けさせ、燃え盛る火の海の中で自害した。ここに権勢を誇った蘇我本宗家は消滅した。乙已の変の終結だった」
 「巨大な障壁が一瞬にして崩れ去るような、すさまじい政変……」
 「この政変後、大王と群臣間の政治的関係が大きくかわった。これまで王位の継承に関しては群臣の推挙が必要だった。大王家はその慣例を廃止し、自らの意志で新帝を即位させることができるようになったんだ。


四章 六七五年初春 19

 蝦夷の自害の翌日、女帝皇極は譲位を決意し、後継者として中大兄皇子を選び、王位継承の意志があるかどうかを尋ねた。中大兄は鎌足に相談した。鎌足の意見はこうだった。中大兄はまだ若く先がある。皇極女帝と同腹の弟で、中大兄の叔父に当たる軽皇子(かるのおうじ)が適任ではないかと。中大兄が密かにそう申し出ると、女帝はそれに従い、軽皇子に譲位する詔を出した。ここに初めて譲位という、群臣の推挙を排した大王家自身による王位の決定が行われる。
 こうして即位するのが孝徳だ。孝徳はこれまで群臣に分散されていた政治権力を手中にし、改新政権として強固な中央集権体制づくりに向かう。孝徳からさらに、皇極が重祚した斉明と続き、そのあとに大化のクーデターの主役となった中大兄皇子が王位を継承して天智となるが、この時に彼は飛鳥の学堂で学び、いつかは実現したいと願っていた律令体制づくりを強力な政治力をもって進めていくんだ」
 「乙已の変はこの国の真の統治者は誰かという、これまで慣習にまかされてきた問題を改めて世間に問うた事件だったのですね」
 「こうやって振り返って見ると、あの時の国際情勢の大変化、それが生んだ飛鳥の学術文化は二つの流れをつくりだしたことになる。一つは、旧来の豪族が大王の権威を奪って帝国を形成しようとする流れ、今一つは、官人という新しい人種が大王に政治的権力を与えて律令国家の形成に向かわせる流れ。
 この二つがぶつかって大化のクーデターとなり、その成功によって大王家の再生が図られ、それを求心力とする新しい中央集権国家、日本がつくられていくことになるんだ。


四章 六七五年初春 20

 これによって旧いタイプの大豪族が消滅させられ、忘れ去られていく。でもね、仏教の隆盛といい、蘇我本宗家一族が日本国の発展に果たした役割はとてつもなく大きかったと思えてならないんだ。彼らの存在なしに、統一国家形成の礎は築けなかったろうし、統一国家の中央集権化もありえなかった。
 そうした役割を担った大豪族はほかにも数多くいる。その象徴として蘇我本宗家の最後の人物となったこの太郎入鹿を取り上げ、彼とその一族のかけがえのない痕跡を神話の形にしてとどめておきたいんだ」
 「どんな人だったのかしら」
 「入鹿は肩幅が広く、巨漢だったらしい。体毛は濃く、あご髭は硬かった。眼は異様に大きくて、眉は太く吊り上っていた。声も大きかった。しゃべり始めると体中のエネルギーが沸騰するようだった。性格は人が手をつけられないほど荒々しく、こんなエピソードが伝えられているんだ。
 宇陀(うだ)の阿騎野ヶ原(あきのがはら)の狩りで、入鹿が数頭の大鹿をたおした時のことだった。夕刻嶋の屋形に戻ると、入鹿は血まみれの大鹿一頭を、兵士たちに命じて女人部屋に放り込ませ、女たちが悲鳴を上げて泣き叫ぶのを戯れにして楽しんだと。
 そんな荒々しい気性を持ちつつ、同時に入鹿は生まれながらに利発で、頭脳は明晰だった。学問僧僧旻の講義に目を輝かせては鋭い質問を発し、瞬く間のうちに学識を積み上げた。その抜きん出た知性の高さは師僧旻を感嘆させたという。


四章 六七五年初春 21

 この気性の荒々しさと知性の高さを混在させた入鹿を一柱の神に置き換えてみた。それがあの男神、イザナキが竺紫(つくし)の日向(ひむか)の河原で、最後に鼻を洗った時に生まれた須佐之男(スサノヲ)命というわけだ。スサというのは荒れすさぶ、つまりスサノヲは荒れすさぶ男という意味で、もともと太郎入鹿をイメージして用意したキャラクターなんだが、さらにその凄さを強調するために建速(タケハヤ)という冠を付け、建速須佐之男命(たけはやすさのをのみこと)とすることにしよう。タケは勇猛、ハヤは迅速という意味で,これを付けることによってすさまじい気性と知性を持つ男神をつくり出したい。そしてその男神の荒々しい行動を通して大豪族の反逆行為の意味を問い直したいんだ。
 反逆行為が起きるのは、支配の頂点に立つ高貴なる者の存在の軽さが原因で、高貴なる者が自らに与えられた義務を果たす努力を怠るからだ。支配の正当性は高貴性に由来するのではなく、その高貴性を保つ努力を不断に実行しているかどうかにかかっている。そしてその義務を果たす者にだけ限りない輝きと支配の正当性が保障されるのだということを伝える物語にしてみたいんだ」
 「どんな展開になるのかしら。今は全く想像がつかないわ」
 いつしか初春の日は西に傾き、香具山に霞のかかった赤い夕陽が当たり始めた。阿礼と由衣は法興寺の南門を抜け、家路を急いだ。


 



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について