目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

59 / 239ページ

四章 六七五年初春 15

 そうした鎌足の問いかけに対して、中大兄皇子は打てば響くような答えを返した。中大兄には事態の本質を見抜く洞察力、計画を実行に移す気概がある。鎌足は次に飛鳥の学堂で同じような考えを持つ大王家の中堅官人や名門氏族の舎人たちを引き合わせた。若き学徒たちの中大兄観も悪くはなかった。
 さらに鎌足は、計画の実現には反蘇我本宗家の中で最大の財力と軍事力を持つ蘇我氏の支族、蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわまろ)の支援が欠かせない、それを勝ち取るには中大兄と石川麻呂の娘の結婚以外にないと判断し、その実現にこぎつける。その上で中大兄と石川麻呂に蘇我本宗家を打倒する計画とそれに対する自分の決意を告げたんだ」
 「どんなふうに?」
 「うん、『今われわれが挙兵しても、蘇我本宗家に勝てるだけの兵力を集めることはできません。軍事力を当てにできない以上、蘇我本宗家の野望を砕く方法は、太郎入鹿の暗殺以外にないのです。入鹿一人を殺害すれば蘇我本宗家を潰えさせることができます。独裁者を夢想し、それを実現できるだけの構想を持っているのは太郎一人だけですから。


四章 六七五年初春 16

 誅殺(ちゅうさつ)の舞台として皇極女帝の宮殿、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)を選びたいと思います。現在新羅の使者が難波の屋形に滞在中です。彼らは百済と高句麗の圧迫を受けていて、それに対抗しようと倭国に軍事同盟を申し入れにきているのです。この新羅使を利用して儀式を準備したいのです』こういったんだ」
 「説得は成功したのですね」
 「その通り。この方法にしようということで三人の意見が一致し、儀式の日取り、つまり入鹿の暗殺日が六四五年六月一二日に定まった。そして石川麻呂が新羅使に密使を送って朝貢の儀式に参列させ、中大兄が女帝に手紙を書かせて入鹿を参上させるというそれぞれの役割が決まった。
 儀式当日、女帝は内裏正殿の軒近くに設けられた御座についた。中大兄の席は正殿前の内庭で、女帝に向き合うように腰をかけた。
 横には舒明と、蝦夷の妹法堤郎媛(ほほてのいらつめ)との間に生まれた古人大兄皇子(ふるひとのおおえのおうじ)が、少し離れた場所に石川麻呂がいた。新羅使一行の席はその背後にしつらえられ、刺客に予定された学友で宮廷警護長の佐伯連子麻呂(さえきのむらじこまろ)は最後尾に、同じく学友で副警護長の葛城稚犬養連網田(かづらきのわかいぬかいのむらじあみた)は変装して新羅使一行の中に紛れていた。
 鎌足は内の南門の傍らにある控えの間に隠れて太郎入鹿の到着を待った。


四章 六七五年初春 17

 じりじりするような時間が経過したあと、入鹿が姿を現した。南門をくぐるとそこは宮の内庭。いかなる高位者も内庭に入る時には刀をはずし、内の南門を警護する舎人たちに預ける決まりになっている。これまで入鹿はそれを無視してきた。
 この日もそのつもりで南門をくぐろうとした時だった。目のふちを猿の顔のように隈取った俳優(わざびと)が、まるで猿のような足取りで近寄ってきて、腰の刀を解くのを促すようなしぐさをした。足音を立てず言葉も発しない、見事な猿のしぐさ。それに飲まれるように、入鹿は吊るしていた刀をその俳優に手渡し、無腰のまま新羅使一行の傍らを抜けて、己の位置すべき場所を探した。しかし見付けられなかった」
 「入鹿は刀を渡してしまったことを悔いたでしょうね」
 「そう思った時、古人大兄皇子が場所を開けた。入鹿はほっとしてそこに座った。それが合図だったかのように、儀式が進行した。新羅使が上表文を読み始めた時、鎌足は舎人に目配せをして内の南門を閉じさせ、学友海犬養連勝麻呂(あまいぬかいのむらじかつまろ)に虐殺用の刀を運ばせた。入鹿の落ち着かない様子に苛立ち、最初に動いたのは中大兄皇子だった。彼は懐に忍ばせていた短剣の柄を握りしめながら一歩後退した。それをしおに最後尾の子麻呂が動いた。手渡された刀を抜き、入鹿の背筋をめがけて振り下ろした。計画を知らされていない新羅使が総立ちとなった。その時中大兄が短剣を抜き払って入鹿に体当たりした。


四章 六七五年初春 18

 転がった入鹿はよろめきながら立ち上がり、『何故だ』と女帝に詰め寄った。女帝から問いただされた中大兄が答えた。『入鹿が皇族を滅ぼし、王位を絶とうとしたのです』それを聞いて女帝は殿中に転がり込んだ。
 再び倒れ落ちた入鹿にとどめを刺したのは、手渡された刀を逆手に持ち、新羅使一行の中から走り出た網田だった。突き下ろされた剣は入鹿の背を貫き、玉砂利の層を深々と噛んで折れた。
 事が終了した時、鎌足は内庭に姿を現し、太郎入鹿の死骸の処理を命じ、中大兄皇子に女帝に代わって詔(みことのり)を出すように指示した。反蘇我本宗家の諸豪族がそれぞれ軍勢を率いて飛鳥寺に集結せよという旨の。
 長子入鹿を誅殺され、一族が建立した法興寺を押さえられた蝦夷には自死以外の道は残されていなかった。翌一三日、蝦夷は上の宮門(かみのみかど)と呼ばせた豪壮な自邸に火を付けさせ、燃え盛る火の海の中で自害した。ここに権勢を誇った蘇我本宗家は消滅した。乙已の変の終結だった」
 「巨大な障壁が一瞬にして崩れ去るような、すさまじい政変……」
 「この政変後、大王と群臣間の政治的関係が大きくかわった。これまで王位の継承に関しては群臣の推挙が必要だった。大王家はその慣例を廃止し、自らの意志で新帝を即位させることができるようになったんだ。


四章 六七五年初春 19

 蝦夷の自害の翌日、女帝皇極は譲位を決意し、後継者として中大兄皇子を選び、王位継承の意志があるかどうかを尋ねた。中大兄は鎌足に相談した。鎌足の意見はこうだった。中大兄はまだ若く先がある。皇極女帝と同腹の弟で、中大兄の叔父に当たる軽皇子(かるのおうじ)が適任ではないかと。中大兄が密かにそう申し出ると、女帝はそれに従い、軽皇子に譲位する詔を出した。ここに初めて譲位という、群臣の推挙を排した大王家自身による王位の決定が行われる。
 こうして即位するのが孝徳だ。孝徳はこれまで群臣に分散されていた政治権力を手中にし、改新政権として強固な中央集権体制づくりに向かう。孝徳からさらに、皇極が重祚した斉明と続き、そのあとに大化のクーデターの主役となった中大兄皇子が王位を継承して天智となるが、この時に彼は飛鳥の学堂で学び、いつかは実現したいと願っていた律令体制づくりを強力な政治力をもって進めていくんだ」
 「乙已の変はこの国の真の統治者は誰かという、これまで慣習にまかされてきた問題を改めて世間に問うた事件だったのですね」
 「こうやって振り返って見ると、あの時の国際情勢の大変化、それが生んだ飛鳥の学術文化は二つの流れをつくりだしたことになる。一つは、旧来の豪族が大王の権威を奪って帝国を形成しようとする流れ、今一つは、官人という新しい人種が大王に政治的権力を与えて律令国家の形成に向かわせる流れ。
 この二つがぶつかって大化のクーデターとなり、その成功によって大王家の再生が図られ、それを求心力とする新しい中央集権国家、日本がつくられていくことになるんだ。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について