目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

57 / 239ページ

四章 六七五年初春 13

 「恐ろしいほどの執念、蘇我本宗家の血筋に由来するもの?」
 「この時入鹿は三〇代半ばを過ぎていた。入鹿の動きはこれから先さらに過激になるだろう。いずれは蘇我本宗家の意向にそわない群臣を一堂に集めて虐殺するという手に出るかもしれない。そう予測し、入鹿の前に立ちはだかったのが中臣鎌足だった。鎌足は推古二二(六一四)年生まれ、この時三〇歳。
 鎌足の氏名(うじな)、中臣は〈神と人との間に立ち、人と神との中を取り持つ臣〉に由来するといわれる。古い時代には占いを職業とし、時の流れと共に大王家の神事―天地の祭祀―に携わり、代々神祇長官としてつとめてきた一族だ。神祇長官は格式があっても一介の官吏、いかなる政治的権限もない。しかも鎌足は神祇長官中臣御食子(なかとみのみけこ)の養子だった。
 その鎌足が大豪族出身で大臣の入鹿に挑戦できたのは、六三〇年代後半から六四〇年代にかけて飛鳥に花開いた学術サロンのおかげだった。頭脳の良し悪しを基準にする学堂では、旧来の身分秩序は影をひそめる。ここで評価されるのは出自よりも学識の高さだった。神祇長官代理という肩書で僧旻の主宰する講堂に入った鎌足は、ここで研鑽を積み、師範代をつとめるほどの学識を深めた。


四章 六七五年初春 14

 これによって鎌足は飛鳥の学術サロンで一世を風靡すると共に、講堂で共に学んだ中堅氏族子弟の信望を一身に集め、彼らと身分を越えて親しく交際することができるようになった。鎌足はこの時代の飛鳥が生んだ新勢力、若き学友たちの強力なバックアップを背に、蘇我本宗家の野望を砕こうとしたんだ」
 「鎌足の行動力の源泉は本当に学術サロンにあったのですね」
 「鎌足の構想は、自分が支配者になることではなく、大王家に政治権力を握らせ、それを自らが駆使できる立場を築き上げることだった。そうすれば倭国を唐のような強大な国家につくりかえることができる。蘇我本宗家が政治権力を独占する前に事を運ばなければならない。乙已の変の前年、六四四年の正月、鎌足は皇極女帝から神祇の長官になるよう内命を受けるが、それを断り自由の身になって蘇我本宗家打倒計画を練り上げた。
 大王家と手を組むためには、柱となる王位候補者と近付きになる必要があった。鎌足は女帝を母に、亡き舒明を父に持つ一〇歳年下の中大兄皇子(後の天智)に目を付け、僧旻のあとに帰国した学問僧、南淵漢人請安(みなみぶちのあやひとしょうあん)の学堂で共に学びつつ、彼に唐の政治について、わが国の進むべき方向について自らの学識を教授した。
 唐では皇帝と呼ばれる王が絶対的な権力を握り、律令という法によって政治を行っている。それが唐の強大さの源になっている。倭国には律令体制はまだ無理かもしれない。しかし大王が唐の皇帝のように政治権力を掌握する体制をつくるのは唐突なことではない。この国に強力な中央集権体制を敷いていくにはそれ以外のいかなる方法もないのではないかと。


四章 六七五年初春 15

 そうした鎌足の問いかけに対して、中大兄皇子は打てば響くような答えを返した。中大兄には事態の本質を見抜く洞察力、計画を実行に移す気概がある。鎌足は次に飛鳥の学堂で同じような考えを持つ大王家の中堅官人や名門氏族の舎人たちを引き合わせた。若き学徒たちの中大兄観も悪くはなかった。
 さらに鎌足は、計画の実現には反蘇我本宗家の中で最大の財力と軍事力を持つ蘇我氏の支族、蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわまろ)の支援が欠かせない、それを勝ち取るには中大兄と石川麻呂の娘の結婚以外にないと判断し、その実現にこぎつける。その上で中大兄と石川麻呂に蘇我本宗家を打倒する計画とそれに対する自分の決意を告げたんだ」
 「どんなふうに?」
 「うん、『今われわれが挙兵しても、蘇我本宗家に勝てるだけの兵力を集めることはできません。軍事力を当てにできない以上、蘇我本宗家の野望を砕く方法は、太郎入鹿の暗殺以外にないのです。入鹿一人を殺害すれば蘇我本宗家を潰えさせることができます。独裁者を夢想し、それを実現できるだけの構想を持っているのは太郎一人だけですから。


四章 六七五年初春 16

 誅殺(ちゅうさつ)の舞台として皇極女帝の宮殿、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)を選びたいと思います。現在新羅の使者が難波の屋形に滞在中です。彼らは百済と高句麗の圧迫を受けていて、それに対抗しようと倭国に軍事同盟を申し入れにきているのです。この新羅使を利用して儀式を準備したいのです』こういったんだ」
 「説得は成功したのですね」
 「その通り。この方法にしようということで三人の意見が一致し、儀式の日取り、つまり入鹿の暗殺日が六四五年六月一二日に定まった。そして石川麻呂が新羅使に密使を送って朝貢の儀式に参列させ、中大兄が女帝に手紙を書かせて入鹿を参上させるというそれぞれの役割が決まった。
 儀式当日、女帝は内裏正殿の軒近くに設けられた御座についた。中大兄の席は正殿前の内庭で、女帝に向き合うように腰をかけた。
 横には舒明と、蝦夷の妹法堤郎媛(ほほてのいらつめ)との間に生まれた古人大兄皇子(ふるひとのおおえのおうじ)が、少し離れた場所に石川麻呂がいた。新羅使一行の席はその背後にしつらえられ、刺客に予定された学友で宮廷警護長の佐伯連子麻呂(さえきのむらじこまろ)は最後尾に、同じく学友で副警護長の葛城稚犬養連網田(かづらきのわかいぬかいのむらじあみた)は変装して新羅使一行の中に紛れていた。
 鎌足は内の南門の傍らにある控えの間に隠れて太郎入鹿の到着を待った。


四章 六七五年初春 17

 じりじりするような時間が経過したあと、入鹿が姿を現した。南門をくぐるとそこは宮の内庭。いかなる高位者も内庭に入る時には刀をはずし、内の南門を警護する舎人たちに預ける決まりになっている。これまで入鹿はそれを無視してきた。
 この日もそのつもりで南門をくぐろうとした時だった。目のふちを猿の顔のように隈取った俳優(わざびと)が、まるで猿のような足取りで近寄ってきて、腰の刀を解くのを促すようなしぐさをした。足音を立てず言葉も発しない、見事な猿のしぐさ。それに飲まれるように、入鹿は吊るしていた刀をその俳優に手渡し、無腰のまま新羅使一行の傍らを抜けて、己の位置すべき場所を探した。しかし見付けられなかった」
 「入鹿は刀を渡してしまったことを悔いたでしょうね」
 「そう思った時、古人大兄皇子が場所を開けた。入鹿はほっとしてそこに座った。それが合図だったかのように、儀式が進行した。新羅使が上表文を読み始めた時、鎌足は舎人に目配せをして内の南門を閉じさせ、学友海犬養連勝麻呂(あまいぬかいのむらじかつまろ)に虐殺用の刀を運ばせた。入鹿の落ち着かない様子に苛立ち、最初に動いたのは中大兄皇子だった。彼は懐に忍ばせていた短剣の柄を握りしめながら一歩後退した。それをしおに最後尾の子麻呂が動いた。手渡された刀を抜き、入鹿の背筋をめがけて振り下ろした。計画を知らされていない新羅使が総立ちとなった。その時中大兄が短剣を抜き払って入鹿に体当たりした。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について