目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

53 / 239ページ

四章 六七五年初春 9

 その成果をもとに、稲目は畿内を初め各地に朝廷の直轄地をつくり、それらを朝鮮半島からの渡来系氏族を使って管理させ、ヤマト王権の支配を各地に及ばせた。さらにこの稲目の代に、蘇我本宗家は娘を大王家に嫁しめて外戚(がいせき)となり、そこから政治力の発揮や王位の継承に大きな発言力を持つようになったんだ」
 「大王家は王位にありながら、それを継承する時に決定権を持っていなかったの?」
 「いつごろ、どんな理由で始まった慣習法なのかわからないんだが、大王あるいは王族は次期王位を決定する権限を持たなかった。前帝没後、新帝を決めるには大臣・大連(おおむらじ)・大夫(まえつきみ・たいふ)など群臣の推挙が必要だった。たとえ太子があらかじめ定められていても、これら群臣の介在のもと、彼らが剣や鏡などの王位を象徴する宝器を献上するという手続きを経なければ、新帝として即位することはできなかった。それほど群臣の力は大きかったんだ。そんな中から稲目は大王家の外戚となったのだから、王位継承に、さらには政治力の発揮に誰よりも大きな存在となったわけだ。
 その稲目の遺産を受け継ぎ、さらに一族の地位を固めて倭国の中央集権化を進めたのが、次の敏達期に大臣に新任した稲目の子、入鹿の祖父馬子だった。馬子は朝鮮三国や隋との外交を通じて大陸の政治制度を学び取り、反乱を繰り返してきた西国や東国の国造たちの地方支配にくさびを打ち込んで彼らの任命権を握った。その結果国造たちは競って自分たちの子弟を朝廷に送って采女・舎人として仕えさせ、ヤマト王権への服従を誓うようになった。


四章 六七五年初春 10

 馬子はこうして磨き上げた政治的手腕をもとに、敏達後の王位継承に力を発揮し、蘇我本宗家の血を受け継ぐ用明を誕生させ、大王が持っていた政治権力をほとんど自分の手に握ってしまう。そして用明のあと、同じ蘇我腹の崇峻(すしゅん)を誕生させるが、大王が自分に謀反を企てているとして、刺客を送って暗殺してしまう。その大王暗殺という異常事態の中で、馬子は三世紀以来の歴史を持つヤマト王権最初の女帝、推古を誕生させる。推古もまた蘇我本宗家の血を引いていて、彼女の政(まつりごと)は大臣馬子の手中にあった。
 こうして用明以後、大王は国政の小事を除く全ての政治的権力を失い、実質的には天神地祇(てんしんちぎ)を祭る最高司祭者としての地位をかろうじて保つ存在にすぎなくなったんだ。もちろん祭祀権は格としては政治権力よりも上位にあったが、その発揮は政治権力を握った者の意向に強く左右されるようになった」
 「馬子はついに、本宗家が大王家を手玉に取るところまで持ってきた……」
 「そのあとが続かなかったんだ。馬子の没後、蘇我本宗家の権勢に陰りが生じた。蘇我氏の内部で内紛が生じたからだ。そのきっかけは、大臣の位が馬子からその長子蝦夷に引き継がれ、結果として蘇我氏の族長権が父から子へと直系継承されたことだった。父子の直系継承は当時まだ定まったものではなかった。馬子の兄弟を初めとする蘇我氏分家の各支族がこの本宗家の専横に反発し、一族が分裂したんだ。分裂は蘇我本宗家の指導力の低下を招き、政権運営をめぐる群臣の意見の調整に大きな障害となった。


四章 六七五年初春 11

 それが際立ったのは王位継承の手続きの時だった。先にもいったが新帝の即位には伝統として群臣の推挙のプロセスが欠かせなかった。そのため群臣の頂点に立つ大臣の役割は重要だったが、病死した女帝推古から、中大兄皇子(天智)・大海人皇子(天武)の父となる舒明へと王位が引き継がれる時も、さらに舒明没後に王位が舒明の大后(おおきさき)であった宝皇女(たからこうじょ)、即位して皇極女帝(天智・天武の母)に継承された時も、満足のいく指導力を発揮することはできなかったんだよ。
 政治権力を一手に握った祖父馬子の時代の蘇我本宗家の実力を聞かされて育ち、さらに飛鳥の学術的雰囲気の中で学識を身に付けた蝦夷の子太郎入鹿にとって、このリーダーシップの低下は屈辱だった。入鹿は父祖の激しい気性を受け継いでいた。自らの屋形に招いた唐からの帰国僧、僧旻の個人教授を受けるにつれて、蘇我本宗家の指導力の回復を切望するようになった。
 いや指導力の回復だけでは満足できない。倭国を東アジアで起きている国際情勢に対応できる国家につくり上げるには、蘇我本宗家を中国王朝の天子であり皇帝でもあるような存在にする必要がある。
 現状では天神地祇の祭祀権を持つ者しか大王になれない。だからまずはその大王を圧倒する政治力と軍事力を握る。そのためには王族や有力豪族による合議政治を排して、蘇我本宗家の独裁政権を打ち立てる。そうすれば神祇の最高司祭者の地位はいつでも剥奪できる。その暁には天子と皇帝の双方を兼ねた新しい大王を誕生させることができる。


四章 六七五年初春 12

 この構想を実現するためには蝦夷・入鹿親子が共に政治権力の最高位につく必要があった。大化のクーデターの二年前の六四三年春、入鹿は父蝦夷を促して女帝皇極を動かし、自らを紫冠をいただく大臣に、さらに父をその上位の上(かみ)の大臣にさせた。
 こうしながら入鹿はまず、政敵を倒すことから始めようと考えた。その手始めとして目を付けたのが、王族の一人、山背大兄皇子(やましろのおおえのおうじ)だった。山背大兄は推古没後、後継を舒明と争い、蘇我腹であるにもかかわらず蘇我本宗家の支持を得られずに敗れ、さらに舒明没後にも継承権を皇極に奪われた王族だが、上宮王家(じょうぐうおうけ)と呼ばれた厩戸皇子(うまやどのおうじ・聖徳太子)の子として高い名声を持ち続け、入鹿の意のままにならない存在だった。
 入鹿はその山背大兄皇子が王位を奪い取ろうと武装を企てている。これを阻止しなければ取り返しのつかないことになる。そう流言し、動かしうる王族・豪族の軍勢を動員して飛鳥連合軍を編成した。
 連合軍は山背大兄とその妃・子弟が居を構える斑鳩宮(いかるがのみや)に火を放った。焼け出された一族はいったん生駒山中に逃れたが、逃げ切れず自分たちの氏寺、斑鳩寺に入って全員自決を余儀なくされた。こうして上宮王家一族は消滅する」


四章 六七五年初春 13

 「恐ろしいほどの執念、蘇我本宗家の血筋に由来するもの?」
 「この時入鹿は三〇代半ばを過ぎていた。入鹿の動きはこれから先さらに過激になるだろう。いずれは蘇我本宗家の意向にそわない群臣を一堂に集めて虐殺するという手に出るかもしれない。そう予測し、入鹿の前に立ちはだかったのが中臣鎌足だった。鎌足は推古二二(六一四)年生まれ、この時三〇歳。
 鎌足の氏名(うじな)、中臣は〈神と人との間に立ち、人と神との中を取り持つ臣〉に由来するといわれる。古い時代には占いを職業とし、時の流れと共に大王家の神事―天地の祭祀―に携わり、代々神祇長官としてつとめてきた一族だ。神祇長官は格式があっても一介の官吏、いかなる政治的権限もない。しかも鎌足は神祇長官中臣御食子(なかとみのみけこ)の養子だった。
 その鎌足が大豪族出身で大臣の入鹿に挑戦できたのは、六三〇年代後半から六四〇年代にかけて飛鳥に花開いた学術サロンのおかげだった。頭脳の良し悪しを基準にする学堂では、旧来の身分秩序は影をひそめる。ここで評価されるのは出自よりも学識の高さだった。神祇長官代理という肩書で僧旻の主宰する講堂に入った鎌足は、ここで研鑽を積み、師範代をつとめるほどの学識を深めた。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について