目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

47 / 239ページ

四章 六七五年初春 3

 用明が病を得ていまわの際に、居並ぶ群臣を前にして仏教への帰依を表明し、その是非を問うた時だった。崇仏派と排仏派の間に激論が巻き起こり、それがついに蘇我馬子(そがのうまこ)勢と物部守屋(もののべのもりや)勢の武力抗争に発展したんだ。
 激しい戦いの末に勝利をおさめたのは馬子側だった。馬子は物部勢の猛攻にさらされた折、勝利の暁には寺塔を建立すると誓願した。戦勝はそのおかげだとして、馬子によって造営されることになったのが、この飛鳥寺なんだ。
 当時、倭国には寺院を立てる人もいなかったし、その技術もなかった。馬子は技術の指導を百済に仰いだ。百済はその要請に応えて、仏舎利・僧侶と共に寺工(てらのたくみ)・瓦博士(かわらのはかせ)などの技術者を送って寄こした。これによって寺院の造営が現実のものとなった。それが五八八年のことだという。仏像と経巻がこの国にもたらされてから半世紀後のことだ。
 寺地は蘇我本宗家の根拠地、飛鳥真神原、今飛鳥寺が立つこの場所だ。伽藍配置のモデルは高句麗の〈一塔三金堂式〉、造営指導者は百済人を初め、中国人やペルシア人を含めた国際色豊かなチームだった。造営は金堂と回廊から始まり、五九六年に塔が完成、六〇六年に仏像ができて中金堂に安置された。造営の開始から完成まで、一八年の年月がかかっている。この飛鳥寺の建立を契機にして、大王家や氏族の手によって次々と寺院が造営されるようになり、仏教はこの国に一気に広がっていく」


四章 六七五年初春 4

 「仏教がこの国に入るのに、そんな苛烈な戦いやうれしくなるような国際協力があったとは想像もしませんでした」
 「その仏教の隆盛と共に、それを支えた蘇我本宗家はヤマト王権の中での地位を確立し、倭国の統一に指導力を発揮していく。そして飛鳥に、その統一をめざす歴代の大王の宮殿を建設しつつ、自らの本拠地を王城の地にかえていくんだ。その蘇我本宗家が馬子の子、蝦夷(えみし)と、その子、入鹿(いるか)の時代に、王権によるクーデターで一瞬のうちに消滅してしまう。彼らの氏寺、この飛鳥寺も今日のような勅願寺にされてしまう。
 本宗家の消滅は自業自得だといえばそれまでだが、彼らが王権の確立、倭国の統一、さらには仏教の受容に果たした役割は途方もなく大きい。その営為のかけがえのなさを王権は忘れてはならない。この事件をこの間いった神話のヨコ糸として使いたいんだ。そのために、つい三〇年前、六四五年六月に起きた〈大化のクーデター〉、〈乙已の変(いっしのへん)〉を振り返ってみたいと思っているのだ」
 阿礼の言葉を引き取って、由衣が口を開いた。


四章 六七五年初春 5

 「出雲では、あの事件はこんなふうに語られていたように思います。舞台は飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)の内裏正殿を前にした内庭、女帝皇極が正殿に出御し、朝鮮新羅使の挨拶を受け、彼らが持参した調(みつき)を受け取る朝貢の儀式の真っ最中、臨席した時の最高権力者大臣、蘇我本宗家の長子、太郎入鹿が中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)・中臣鎌足(なかとみのかまたり)を初めとする反蘇我本宗家勢力によって斬殺された。そして翌日入鹿の父、蝦夷が飛鳥甘樫丘にあった本宗家の全ての屋形に火を付けさせ、その火炎の中で自決するという凄惨で苛烈な事件となった。
 事件の背景にあったのは大王家と大臣の地位を独占し続けた蘇我本宗家との積年の対立。皇極期に比類なき権力を握った蝦夷・入鹿父子がついに天子だけが持つはずの権限を誰はばかることなく行使するようになった。その専横行為を放置すれば、一国に二人の王がいるような事態になる。それを食い止めようと大王家の王族と忠臣が団結して蘇我本宗家を倒したものである、と」
 「現実に起きた事象から見れば、そのいい伝えは間違ってはいない。でも底流にはもっと大きな力が働いていたように思えるんだ。端くれでも語り部の一員であってよかった。ありがたいことに、あの事件を今でも生き生きと語れる人々がいて、彼らからいろいろと教えてもらうことができた。それを総合するとこうなるんだ。


四章 六七五年初春 6

 大化のクーデターは六四五年、干支(かんし)では〈乙已(いっし)〉の年に当たっているので、乙已の変と呼ばれるんだが、これは統一国家の中央集権化を一気に進めようとしていた倭国が、その支配者として誰がふさわしいかを改めて世に問うた事件だった。つまりこの国の支配者として、三世紀の連合王権以来祭祀権を継承し続けた大王家が正当性を持つのか、それとも六世紀代から政治・軍事という実質的な統治役を何代にも亘って担い続けた中央豪族で大臣の蘇我本宗家がふさわしいのか、それを再確認した出来事だったのだ。
 結果として大王家を代表する王族中大兄皇子と官人中臣鎌足が大臣蘇我蝦夷・入鹿親子を倒し、この国の支配権を再び大王家に戻すことになるんだが、あの事件は国内の事情だけではなく、中国大陸と朝鮮半島で起きていた国際的な出来事と深く結びついていたんだね。いや国際的な出来事と関連があったというだけでなく、それをありありと伝える情報センターが飛鳥の都に出現したということによると思うんだ。
 七世紀初頭、推古期の六一八年、中国大陸に隋をはるかにしのぐ先進の帝国が出現した。唐王朝だ。唐は支配領域の拡大を進め、一〇年後の六二八年には中国全土を統一した。倭国はこの時すでに推古期から舒明(じょめい)期に移っていたが、その舒明朝がこの中国の新王朝と遣唐使による国際交流を開始した。これによって留学生が先進帝国唐に次々と送り込まれ、やがて国づくりの新しい知識を学んだ学業成就者が帰国するようになった。


四章 六七五年初春 7

 そして六三〇年代後半から六四〇年代(皇極期)にかけて帰朝した学問僧たちが、ヤマト王権の有力群臣やその子弟たちにその成果を伝える、出張授業が盛んに行われるようになった。さらには常設の講堂も複数つくられ、飛鳥には東アジア情勢を伝える一種の学術サロンが花開いたんだ」
 「飛鳥人を沸かせたものは何だったのですか?」
 「サロンの学問僧が伝えた知識の中で多くの学徒の関心を引いたのが、唐の政治制度だった。新王朝唐の統治者は天子―神祇(じんぎ)の最高司祭者―であると同時に、皇帝として政治的権力を一手に握る存在で、しかも彼が律・令という法によって国家を組織している。それによって唐は広大な大陸を支配する帝国となり、今その支配の手を朝鮮半島にまで及ぼしつつあるという内容で、これを聞かされて驚かない者はいなかった。
 講堂で語られる朝鮮半島の情勢も学徒の注意を喚起しないではおかなかった。六四〇年代、唐の膨張は朝鮮半島に及び、新羅は唐と密着して他の二国に攻め入ろうとした。それに対して百済は、現王が政治的権力を一手に掌握する体制を、高句麗は、貴族(大臣)が国王を殺害し新王となって政治・軍事の権力を一手に握る体制をつくって互いに連携し、唐・新羅連合に対抗しているという。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について