目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

45 / 239ページ

四章 六七五年初春 1

 四章 六七五年初春


 

 初春の一日、阿礼と由衣は法号を法興寺、土地の人々から飛鳥寺と呼ばれている真神原(まかみがはら・まかみのはら)の伽藍に遊んだ。二人は甘樫丘から飛鳥川を渡り、西門より寺の伽藍に入った。回廊にそって南に向かうと中門があり、その正面に釈迦の骨と称する舎利を納めた塔が聳えている。その塔を中心に、東・北・西の三方に金堂が配置され、回廊がそれらを囲んでいる。
 二人は北に位置する中金堂に安置され、飛鳥大仏として親しまれている釈迦如来坐像を眺めたあと、回廊の北向こうにある講堂に向かった。講堂の屋根は平瓦を並べて、間に半円筒形の丸瓦を伏せた本瓦葺で、瓦屋根のかなたには香具山がなだらかに横たわっている。それを眺めやりながら、阿礼は由衣に法興寺の由縁を語り始めた。
 「飛鳥寺は今は官寺(勅願寺・ちょくがんじ)となり、国家の寺院として王権によって管理されているが、もとはそうではなかった。あの蘇我本宗家が一族のために建立した氏寺だったのだ。これが造営されるまで、この国には仏教寺院は一つもなかった。そもそも仏教自体が公に認められた宗教ではなかったんだ。


四章 六七五年初春 2

 仏教(仏像・経巻)が百済経由で倭国に入った時、大王であった欽明(きんめい)はそれをどう扱ったらいいか群臣に意見を求めた。
 朝鮮半島諸国はすでにそれを礼拝している。倭国もまたそれに倣うべきだと崇仏(すうぶつ)論をとなえたのは、開明派の大臣蘇我稲目(おおおみそがのいなめ)。それに対し、仏教は蕃神(あだしくにのかみ)、それを信じれば国つ神、すなわちわが国古来の神々の怒りを買うと排仏(はいぶつ)論を主張したのが、守旧派の大連物部尾輿(おおむらじもののべのおこし)と中臣鎌子(なかとみのかまこ)だった。
 両派の対立は激しかったらしい。決めかねた欽明は受け入れを熱望した稲目に仏像と経巻を預け、稲目が個人的に仏教を信仰することを許可した。稲目は大王から預かった仏像を小墾田(おはりだ)の家に安置して礼拝し、向原(むくはら)の家を寺として仏道に励んだという。
 こうして仏教は稲目の個人的な信仰としてこの国に入ったんだ。これを世間に広めたのが稲目の子、馬子(うまこ)だった。馬子は自邸に仏殿をつくり、百済から請来した弥勒石像を安置して信仰すると同時に、各地に舎利を納める堂塔を立て、大規模な法会を開催して仏教の社会的認知をはかろうとした」
 「排仏派はこのやり方に反発したでしょうね」
 「激怒した。時の大王敏達(びだつ)を動かして仏教を禁止させ、馬子の建立した塔を倒し、仏殿・仏像を焼くという破仏(はぶつ)行為に出た。それ以来崇仏派と排仏派の対立はエスカレートし、用明(ようめい)期には沸点に達した。


四章 六七五年初春 3

 用明が病を得ていまわの際に、居並ぶ群臣を前にして仏教への帰依を表明し、その是非を問うた時だった。崇仏派と排仏派の間に激論が巻き起こり、それがついに蘇我馬子(そがのうまこ)勢と物部守屋(もののべのもりや)勢の武力抗争に発展したんだ。
 激しい戦いの末に勝利をおさめたのは馬子側だった。馬子は物部勢の猛攻にさらされた折、勝利の暁には寺塔を建立すると誓願した。戦勝はそのおかげだとして、馬子によって造営されることになったのが、この飛鳥寺なんだ。
 当時、倭国には寺院を立てる人もいなかったし、その技術もなかった。馬子は技術の指導を百済に仰いだ。百済はその要請に応えて、仏舎利・僧侶と共に寺工(てらのたくみ)・瓦博士(かわらのはかせ)などの技術者を送って寄こした。これによって寺院の造営が現実のものとなった。それが五八八年のことだという。仏像と経巻がこの国にもたらされてから半世紀後のことだ。
 寺地は蘇我本宗家の根拠地、飛鳥真神原、今飛鳥寺が立つこの場所だ。伽藍配置のモデルは高句麗の〈一塔三金堂式〉、造営指導者は百済人を初め、中国人やペルシア人を含めた国際色豊かなチームだった。造営は金堂と回廊から始まり、五九六年に塔が完成、六〇六年に仏像ができて中金堂に安置された。造営の開始から完成まで、一八年の年月がかかっている。この飛鳥寺の建立を契機にして、大王家や氏族の手によって次々と寺院が造営されるようになり、仏教はこの国に一気に広がっていく」


四章 六七五年初春 4

 「仏教がこの国に入るのに、そんな苛烈な戦いやうれしくなるような国際協力があったとは想像もしませんでした」
 「その仏教の隆盛と共に、それを支えた蘇我本宗家はヤマト王権の中での地位を確立し、倭国の統一に指導力を発揮していく。そして飛鳥に、その統一をめざす歴代の大王の宮殿を建設しつつ、自らの本拠地を王城の地にかえていくんだ。その蘇我本宗家が馬子の子、蝦夷(えみし)と、その子、入鹿(いるか)の時代に、王権によるクーデターで一瞬のうちに消滅してしまう。彼らの氏寺、この飛鳥寺も今日のような勅願寺にされてしまう。
 本宗家の消滅は自業自得だといえばそれまでだが、彼らが王権の確立、倭国の統一、さらには仏教の受容に果たした役割は途方もなく大きい。その営為のかけがえのなさを王権は忘れてはならない。この事件をこの間いった神話のヨコ糸として使いたいんだ。そのために、つい三〇年前、六四五年六月に起きた〈大化のクーデター〉、〈乙已の変(いっしのへん)〉を振り返ってみたいと思っているのだ」
 阿礼の言葉を引き取って、由衣が口を開いた。


四章 六七五年初春 5

 「出雲では、あの事件はこんなふうに語られていたように思います。舞台は飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)の内裏正殿を前にした内庭、女帝皇極が正殿に出御し、朝鮮新羅使の挨拶を受け、彼らが持参した調(みつき)を受け取る朝貢の儀式の真っ最中、臨席した時の最高権力者大臣、蘇我本宗家の長子、太郎入鹿が中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)・中臣鎌足(なかとみのかまたり)を初めとする反蘇我本宗家勢力によって斬殺された。そして翌日入鹿の父、蝦夷が飛鳥甘樫丘にあった本宗家の全ての屋形に火を付けさせ、その火炎の中で自決するという凄惨で苛烈な事件となった。
 事件の背景にあったのは大王家と大臣の地位を独占し続けた蘇我本宗家との積年の対立。皇極期に比類なき権力を握った蝦夷・入鹿父子がついに天子だけが持つはずの権限を誰はばかることなく行使するようになった。その専横行為を放置すれば、一国に二人の王がいるような事態になる。それを食い止めようと大王家の王族と忠臣が団結して蘇我本宗家を倒したものである、と」
 「現実に起きた事象から見れば、そのいい伝えは間違ってはいない。でも底流にはもっと大きな力が働いていたように思えるんだ。端くれでも語り部の一員であってよかった。ありがたいことに、あの事件を今でも生き生きと語れる人々がいて、彼らからいろいろと教えてもらうことができた。それを総合するとこうなるんだ。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について