目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

42 / 239ページ

三章 六七五年冬 11

 そしてその筋立ての後半に、国つ神の大国主神(おほくにぬしのかみ)を登場させる。オホクニヌシは全国各地で神々の王として、神といわれたり命といわれたりして親しまれているが、その神が葦原中国づくりを完成させていくというシナリオにしたいんだ」
 「神話篇はそこで終わるのですか?」
 「いや、葦原中国ができあがると、再び高天原の天つ神の出番となる。天つ神の最高神、アマテラスが葦原中国を建設した国つ神、オホクニヌシにその国を高天原に譲れと迫り、それを実現する。これを〈国譲り〉と呼ぼうか。
 この国譲りのあと、アマテラスは葦原中国に自分の孫神で長い名を持つ天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめにきしくににきしあまつひこひこほのににぎのみこと)を天降らせ、そこを統治させる。これを〈天孫降臨(てんそんこうりん)〉と呼ぶのはどうだろう。この時降臨した天孫ニニギの子が火遠理命(ほをりのみこと)、そのホヲリの孫に当たるのが初代天皇で、中つ段・架空天皇篇の最初に登場する天皇神武とするんだ」
 「なるほど、そういうふうにして皇祖神となるアマテラスから最初の天皇となる神武までの系譜が神話として語られることになるのですね?」由衣は目を輝かせた。
 「これにもうひとひねり加えたいんだ。皇祖神から初代天皇までの系譜は語りのタテ糸になっていて、王権の正統性を証明する上で非常に重要な構成要素なんだが、これだけでは十分でない気がする。権力には正統性のほかに、正当性という要素があって、その正当性は系譜的に由緒正しいというだけでは担保されないと思うからだ。


三章 六七五年冬 12

 正当性のあるなしは、権力を与えられた者がそれにふさわしい義務を果たし続けているかどうかにかかっている。義務を忘れれば、必ず手痛いしっぺ返しが待っている。それが権力史の哲理だ。恐らく天皇家もそれを忘れるという失政によって、王権を揺るがすような反乱をいくつも経験してきたことだろう。
 そうしながら天皇家が続き、王権が保たれてきたということは、その都度一族が自らに与えられた責務を思い出し、これを取り戻してきたからだと思う。そのことを伝えるエピソードをいくつかつくりたい。そしてその挿話をヨコ糸にし、系譜のタテ糸に織り込むようにして神話篇を完成させたいんだ」
 「面白そう、例えばどんなエピソードを考えていらっしゃるのですか?」
 「そこなんだよ。これに実際起きた事件を使うんだ。それもはるかな昔に起きた歴史的出来事ではなく、つい今しがた、つまり皇極期から天武期までに起きた大事件、政権を揺るがせた内乱を素材にして、それをいにしえの神話物語につくりかえてしまうというのはどうかと思っているんだ」
 「つくりかえる?」
 「素材にする事件や内乱をエッセンスだけ残して、時間も空間も主役もすっかりかえてしまう。特異で不思議な神話上の物語に仕立てたいんだ。そうしなければ王権に課せられた責務なんて絶対に扱えないからね」


三章 六七五年冬 13

 「でき上がった物語をお聞きになった時、天武天皇はそれに気付かれるかしら?」
 「気付くと思う」阿礼は天武の鋭い感性を思い浮かべながらいった。
 「陛下はそれでいいとおっしゃるかしら?」
 「つくり直しを命じられるかもしれない」
 「それも覚悟の上なんですね」由衣は夫の信念を誰よりも知る者として、そういった。
阿礼は王権の支持者ではあったが、同時に鋭い批判者でもあった。この日本は今統一国家形成の途上にある。すでに長い時間がかかっていて、地方ではそれによる混乱が際限なく続いている。しかしだからといってもはや元の連合政権時代に戻すことはできない。この混乱を治めるにはヤマト王権による国家統一を完成させるしかないのだ。ただし権力を持つ者はそれを支える者たちの、あるいはそれに動かされる人々の痛みを理解し、それを分かち合える存在でなければならない。中央政権は、地方やそこに暮らす民の安寧をいつも意識してほしい、阿礼はそういう強い願いを持って生きてきた一庶民であった。
 その想いは、阿礼が大和国稗田の農民であった時にすでに持っていたものだが、彼が漂泊の語り部として列島各地を旅し、その地を治める豪族やそのもとで暮らす民衆の喜びや悲しみ、楽しみや苦しみを織り込んで物語を創作するようになってからは一つの信念になっていたのである。同時にまた、その信念が簡単には通るものではないということも承知はしていたが。


四章 六七五年初春 1

 四章 六七五年初春


 

 初春の一日、阿礼と由衣は法号を法興寺、土地の人々から飛鳥寺と呼ばれている真神原(まかみがはら・まかみのはら)の伽藍に遊んだ。二人は甘樫丘から飛鳥川を渡り、西門より寺の伽藍に入った。回廊にそって南に向かうと中門があり、その正面に釈迦の骨と称する舎利を納めた塔が聳えている。その塔を中心に、東・北・西の三方に金堂が配置され、回廊がそれらを囲んでいる。
 二人は北に位置する中金堂に安置され、飛鳥大仏として親しまれている釈迦如来坐像を眺めたあと、回廊の北向こうにある講堂に向かった。講堂の屋根は平瓦を並べて、間に半円筒形の丸瓦を伏せた本瓦葺で、瓦屋根のかなたには香具山がなだらかに横たわっている。それを眺めやりながら、阿礼は由衣に法興寺の由縁を語り始めた。
 「飛鳥寺は今は官寺(勅願寺・ちょくがんじ)となり、国家の寺院として王権によって管理されているが、もとはそうではなかった。あの蘇我本宗家が一族のために建立した氏寺だったのだ。これが造営されるまで、この国には仏教寺院は一つもなかった。そもそも仏教自体が公に認められた宗教ではなかったんだ。


四章 六七五年初春 2

 仏教(仏像・経巻)が百済経由で倭国に入った時、大王であった欽明(きんめい)はそれをどう扱ったらいいか群臣に意見を求めた。
 朝鮮半島諸国はすでにそれを礼拝している。倭国もまたそれに倣うべきだと崇仏(すうぶつ)論をとなえたのは、開明派の大臣蘇我稲目(おおおみそがのいなめ)。それに対し、仏教は蕃神(あだしくにのかみ)、それを信じれば国つ神、すなわちわが国古来の神々の怒りを買うと排仏(はいぶつ)論を主張したのが、守旧派の大連物部尾輿(おおむらじもののべのおこし)と中臣鎌子(なかとみのかまこ)だった。
 両派の対立は激しかったらしい。決めかねた欽明は受け入れを熱望した稲目に仏像と経巻を預け、稲目が個人的に仏教を信仰することを許可した。稲目は大王から預かった仏像を小墾田(おはりだ)の家に安置して礼拝し、向原(むくはら)の家を寺として仏道に励んだという。
 こうして仏教は稲目の個人的な信仰としてこの国に入ったんだ。これを世間に広めたのが稲目の子、馬子(うまこ)だった。馬子は自邸に仏殿をつくり、百済から請来した弥勒石像を安置して信仰すると同時に、各地に舎利を納める堂塔を立て、大規模な法会を開催して仏教の社会的認知をはかろうとした」
 「排仏派はこのやり方に反発したでしょうね」
 「激怒した。時の大王敏達(びだつ)を動かして仏教を禁止させ、馬子の建立した塔を倒し、仏殿・仏像を焼くという破仏(はぶつ)行為に出た。それ以来崇仏派と排仏派の対立はエスカレートし、用明(ようめい)期には沸点に達した。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について