目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

34 / 239ページ

三章 六七五年冬 3

 中つ段の架空天皇篇は迷うところなんだ。皇祖神と実在の天皇を結び付ける篇で、創作の余地がかなりあるからだ。特に二代綏靖(すいぜい)から九代開化までの八代の天皇については皇室系譜だけで、彼らの活躍を伝える物語は全くないんだ。でも旧記の作者たちは初代神武の東遷(東征)物語を初め、一〇代崇神(すじん)から一四代仲哀まで、一人一人の天皇についてなかなか面白い物語を用意している。彼らに敬意を払い、この段も『帝紀・本辞』の整理にとどめよう。
 中つ段・下つ段に比べると、上つ段の神話篇に相当する旧記の記述はわずかなんだ。ここに創作の腕を発揮し、この篇を語るだけで古事語の全体像がわかる、そういう段にしたいと思っている」
 「起源論、つまり始祖神話づくりから始まるのですね」
 「現在の天皇が列島、つまり日本国の統治者であるという正統性を物語るにはどうしたらいいか。天皇の祖先は天上の神、それも最高神に位置づけられる至高の皇祖神である。しかしその皇祖神が最初ではなく、その前には複数の始祖神が存在する。その彼らが皇祖神を生むと同時に日本列島の基礎をつくる。その始祖神と皇祖神に連なる子孫神が天上から降臨して日本列島を統治する実在の天皇になった。そして歴代の天皇は誰もが先帝の血を受け継ぐのだという起源神話を創作したらどうだろう。


三章 六七五年冬 4

 その起源神話が魅力的に創作できれば、出自や血統の持つ意義を伝えることができるし、それによって現在の天皇が日本国の統治者であることも、将来の天皇が統治者であり続けることも可能になる。そこで神話創作の主題は天皇ということになり、従って神々も天皇とその一族につながる神々の話になる」
 「豪族たちはどうなるのですか?」
 「たとえば臣(おみ)・君(きみ)・連(むらじ)などの姓(かばね)を持つ有力豪族については、触れないで済ますわけにはいかないだろうね。彼らは皇祖神ではない神々、あるいは伝説時代の天皇にその出自を持つという設定にしたらどうだろうか。そうすれば豪族たちを、天皇を頂点とする上下の秩序の中に組み込むことができるからね」
 「神と天皇と豪族が語られれば、当然その先には民がいることになりますが、それは?」
 「民の起源には触れないことにする。中には自分も天上神や天皇の系譜につながるはずだと思う人もいるだろうし、そんなのはまっぴらごめんだと考える人もいるだろう。どうするか、それは全て語りを聞く人々に預けてしまおうと思っているんだ。無責任のようだが、そうするしかない。色んな出自を持った者が民で、民にとっては出自よりも、現在自分がどこに帰属しているかの方が重要なんだ。そしてその帰属意識は支配者や国家が民をどう扱うかにかかっている。自分は、天皇家も日本国もその民のためになる存在であってほしいという願いをこめて、古事語を創作したいと思っている。


三章 六七五年冬 5

 こんな骨組みで起源神話を創作するつもりなんだが、すでに旧記には天皇家の由来を説く神話が記されている。そこでは伊邪那岐命(いざなきのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)という二対の神が登場し、この二柱の神が大八島国(おほやしまくに)、つまり日本列島とその統治者となる皇祖神を誕生させた、という粗筋になっているんだ。しかしこれだけでは語りのスケールが小さすぎる気がする。われわれの物語は、国家とその統治者の由来だけでなく、その上位に位置する天上とその主宰者、さらにはそれらを生む神々が登場する天地創造神話からスタートさせたいと考えているんだが、どうだろう?
 そのために、天地創造神話の世界を示す設計図をつくりたいと思うんだ。まず舞台設定だが、大きく三つに分けよう。〈高天原(たかまのはら)〉・〈葦原中国(あしはらのなかつくに)〉・〈異界〉の三つだ。このうち異界に入れたいのはあの世の黄泉国(よもつくに・またの名を根の堅州国・ねのかたすくに)、海の神の世界(海原)、山の神の世界(山の世界)、夜の神の世界(夜之食国・よるのおすくに)だ。
 問題は高天原と葦原中国だ。前者は天上の神々の世界を、後者は地上の世界を想定したものだが、両者は独立した、対等の関係にはない。高天原の方が上位にあって、葦原中国はその上位の神々によってつくられた存在、つまり高天原の支配下にある世界(舞台)なんだ。葦原中国は最初は神々の舞台なんだけど、神話以降の時代になると人間の世界になる、そういう想定にしたいんだ」


三章 六七五年冬 6

 「高天原と葦原中国との間、つまり天と地の間の距離はどれくらいなのですか。どれだけ離れているの?」
 「天と地の間は見通せない距離かな。でも神々が行き来できる範囲にあって、間をつなぐのは橋ということにしよう。その名は天の浮橋(あめのうきはし)。この橋の長さは物語の推移によって自在に変化するというのはどうだろう」
 「三つの舞台それぞれに、どんな神々を配するのですか?」
 「高天原に登場させたいのは〈天つ神(あまつかみ)〉で、ここには高天原から指令を下す神々、のちにその指令を受けて葦原中国を実際に統治する神の子供、つまり〈天つ神御子(みこ)〉を含めたい。この天つ神が系譜上、のちの天皇につながることになるんだ。
 葦原中国に出現させるのは〈国つ神(くにつかみ)〉、異界に登場させるのはそれぞれ〈海の神〉、〈山の神〉、〈夜の神〉というふうに名付けよう。
 さらにこの三つの世界のいずれかに帰属しつつ、境界を越えて三世界を自在に渡り歩く神々も準備したい。そして神話物語の主役級の神々はどれもこのグループに含めることにしたいんだ。その方が話はずっと面白くなるからね」


三章 六七五年冬 7

 「神話篇は長い時間を扱う物語になりそう。登場する神々は世代交代をするの?」
 「そうした方が、聞き手は時の移りかわりを感じ取りやすくなるんじゃないかと思う。でもね、世代交代はしても、登場した神々は、皇祖神も含めて人間のように老いて死ぬことはなく、世代を超えて生き続ける存在にしたいんだ。例外はあるけれども、そうした方が奇想天外な物語が用意できると思うんだ。ただしその神々につながる天皇たちの命は有限で、人間と同じようなスケールにするつもりだ」
 「始まりは?どういうふうに神話篇をスタートさせるのですか?」
 「うん、宇宙の初め、天と地が初めて分かれた開闢(かいびゃく)の時から始めようと思う。この時さっきいった高天原が存在していて、そこに三柱の神々が次々と登場するんだ。まず天の中央にあって宇宙を統一する天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、次に宇宙の生成をつかさどる高御産巣日神(たかみむすひのかみ)と神産巣日神(かみむすひのかみ)。以上三柱の神々はどれも配偶者を持たない単独神で、姿を見せない。
 その後高天原に、水辺の葦が一斉に芽吹いてくるように萌え上がるものがあり、その中から二柱の神が成り立つことにする。宇麻志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)と天之常立神(あめのとこたちのかみ)で、この二柱の神も配偶者のない単独神で、姿を現さない。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について