目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

31 / 239ページ

二章 六七四年初秋 11

 またこの伝承では、国引きの所作を実感させるためにさまざまな比喩的枕詞が駆使されていた。巨人神が大地を切り取り、引き寄せる様を、「童女の胸のような鋤を手に取って、大魚の急所を突くように土地に突き刺し、大魚の身を切り分けるように土地を切り離して太綱にかけ、河船を引き上げるようにモソロモソロと引いてきて縫い合わせた」と描写する。何と生活感にあふれた比喩だろうか。働く者なら誰しも実感し、心の底から納得しないではいられない言い回しに彩られている。神話はこの地で働く者のためにつくられ、伝えられてきた物語だった。
 豊かな空想力と比喩にあふれたこの出雲の国土創成神話が、由衣持ち前のセンスと素朴さ、おおらかさとひたむきさを絶妙に組み合わせた独特の感性でさりげなく語られると、物語は格別の味わいを持つ神話に変貌するのだった。その語り口は、語り聞かせを生業として修業してきた阿礼には決してできない天性の口承芸だった。由衣と、彼女を生んだ出雲国に魅せられて、阿礼は杵築の社に長逗留した。
 晩秋の数日、阿礼は由衣の案内で、国引き神話の重要な舞台の一つ、三瓶山(佐比売山)を登る旅に出た。北の原から女三瓶、孫三瓶、子三瓶の外輪山を経て、主峰の男三瓶の頂上に立つと、北の方角に弧を描く薗の長浜とそれに連なる日御碕、さらにその先に浮かぶ隠岐の島が見えた。それを眺めながら阿礼は由衣に結婚を申し出た。由衣は間もなく二〇になろうとしていた。巫女職を終え、阿礼について旅に出る道を選んだのである。
 その由衣の待つ新居が、弘福寺の西方にあった。


三章 六七五年冬 1

 三章 六七五年冬


 

 住まいは丘を切り崩して建てた掘立柱建物が十数棟点在する川原集落の一角にあった。集落の内部にはアワ・キビなどの雑穀、ダイズ・リョクトウなどの豆類、ウリを初めとする種々の野菜をつくる畑地があり、周縁には井堰(いせき)を備えた用水路が走り、畦(あぜ)によって小さく区画された無数の乾田が広がっていた。近年一帯では、鉄製土木具の広まりと共に田畑の開墾が急速に進み、かつて身近にあったイチイガシとアラカシが混生する照葉樹林は次々と切り払われ、今では遠景を縁取る濃緑の回廊にかわっていた。
 庶民の住居もかわった。旅で訪れた東国ではまだ地面に穴をうがつ竪穴住居ばかりだったが、畿内、特に飛鳥一帯では柱を立てて床を張る掘立柱建物になってすでに久しい。二人が暮らす掘立柱建物は板葺屋根で高床だった。開口部を広く取ってあるために周囲の景観がよく見渡せた。真夏には稔熟した雑穀・豆類・野菜・水稲がつくる深緑の連なりが目に入るところだが、今は真冬、作物の姿はなく、朝日が畑地に残る畝の霜柱や水田の根株の間に張った薄氷に反射して煌めいているのが見える。
 それを眺めやりながら阿礼は由衣に語りかけた。


三章 六七五年冬 2

 「天武から預かった旧記をもとに古事語(いにしえのことがたり)の構想づくりを始めて一か月半、大まかな骨組みができたんだ。これまでのしきたりでは、この列島の国号を倭国、統治者の称号を大王といってきたけど、天武がそれぞれを日本国、天皇にかえたいといっておられるから、慣れないけれどもそれに従うことにしよう。
 まず全体を大きく二つに分けてみた。一つは、天皇家の祖先、つまり皇祖神を語る部分で、神話篇とでも呼ぼうか。二つは、人としての天皇家の系譜を語る部分で、天皇篇とでもいおうか。
 天皇篇はさらに二つに分けてみたい。一つは旧記に記されてはいるが、実在したかどうかはっきりしない神武から仲哀(ちゅうあい)までの一四代の皇統譜、今一つは実在したことが確かめられる応神(おうじん)から推古までの一九代の皇統譜だ」
 「そうすると事語(ことがたり)全体は、上・中・下の三段構成になるのですね」
 「そう、上つ段(かみつだん)の神話篇、中つ段(なかつだん)の架空天皇篇、そして下つ段(しもつだん)の実在天皇篇だ。下つ段に相当する旧記の記述内容は、各天皇の雑多な短編記事の寄せ集めで、天皇一人一人についての一貫した物語はないんだ。物語にしたいところなんだが、実在の天皇に創作の手を加えることはできないから、旧記の記述をなぞらえるだけにしよう。


三章 六七五年冬 3

 中つ段の架空天皇篇は迷うところなんだ。皇祖神と実在の天皇を結び付ける篇で、創作の余地がかなりあるからだ。特に二代綏靖(すいぜい)から九代開化までの八代の天皇については皇室系譜だけで、彼らの活躍を伝える物語は全くないんだ。でも旧記の作者たちは初代神武の東遷(東征)物語を初め、一〇代崇神(すじん)から一四代仲哀まで、一人一人の天皇についてなかなか面白い物語を用意している。彼らに敬意を払い、この段も『帝紀・本辞』の整理にとどめよう。
 中つ段・下つ段に比べると、上つ段の神話篇に相当する旧記の記述はわずかなんだ。ここに創作の腕を発揮し、この篇を語るだけで古事語の全体像がわかる、そういう段にしたいと思っている」
 「起源論、つまり始祖神話づくりから始まるのですね」
 「現在の天皇が列島、つまり日本国の統治者であるという正統性を物語るにはどうしたらいいか。天皇の祖先は天上の神、それも最高神に位置づけられる至高の皇祖神である。しかしその皇祖神が最初ではなく、その前には複数の始祖神が存在する。その彼らが皇祖神を生むと同時に日本列島の基礎をつくる。その始祖神と皇祖神に連なる子孫神が天上から降臨して日本列島を統治する実在の天皇になった。そして歴代の天皇は誰もが先帝の血を受け継ぐのだという起源神話を創作したらどうだろう。


三章 六七五年冬 4

 その起源神話が魅力的に創作できれば、出自や血統の持つ意義を伝えることができるし、それによって現在の天皇が日本国の統治者であることも、将来の天皇が統治者であり続けることも可能になる。そこで神話創作の主題は天皇ということになり、従って神々も天皇とその一族につながる神々の話になる」
 「豪族たちはどうなるのですか?」
 「たとえば臣(おみ)・君(きみ)・連(むらじ)などの姓(かばね)を持つ有力豪族については、触れないで済ますわけにはいかないだろうね。彼らは皇祖神ではない神々、あるいは伝説時代の天皇にその出自を持つという設定にしたらどうだろうか。そうすれば豪族たちを、天皇を頂点とする上下の秩序の中に組み込むことができるからね」
 「神と天皇と豪族が語られれば、当然その先には民がいることになりますが、それは?」
 「民の起源には触れないことにする。中には自分も天上神や天皇の系譜につながるはずだと思う人もいるだろうし、そんなのはまっぴらごめんだと考える人もいるだろう。どうするか、それは全て語りを聞く人々に預けてしまおうと思っているんだ。無責任のようだが、そうするしかない。色んな出自を持った者が民で、民にとっては出自よりも、現在自分がどこに帰属しているかの方が重要なんだ。そしてその帰属意識は支配者や国家が民をどう扱うかにかかっている。自分は、天皇家も日本国もその民のためになる存在であってほしいという願いをこめて、古事語を創作したいと思っている。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について