目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

29 / 239ページ

二章 六七四年初秋 9

 文字は読んだが、ついぞそれを書くことのない語り部の阿礼にとって、文字を操る由衣は驚異の存在に見えた。さらに阿礼は由衣を見ていて、その気質がまさに出雲という風土に由来するという想いを抑え切れなかった。
 出雲の自然は、北は日本海に面した半島、南は重畳たる山地、その間に湖沼や平野が置かれていて、大和とは比べ物にならないくらい多彩である。その多彩な地域の人や物が相互に交流・照応し合って、味わい深い独特の風土をつくりだしている。
 彼女の風はそれに似て、開かれていながら素朴で、ユーモアがありながら一途だった。その多様な要素が場面の違いによって絶妙の組み合わせで表出する。それは阿礼がこれまで出会ったどの女性にも見出すことのなかった気質であった。
 由衣が出雲の神話を語ると、伝承は特別の味わいを醸し出した。由衣は出雲に伝わる数多くの口承を面白おかしく語り聞かせてくれたが、圧巻は、出雲の巨人神が最初にできた出雲国は小さすぎると考えて、他国に余った土地を探し、それに綱をつけて引き寄せ、出雲の北端に出雲半島をつくり上げたという、壮大で痛快な国引き伝承だった。


二章 六七四年初秋 10

 伝承の舞台となる島根半島は中央部を走る断層を境に、東部は沈降海岸、西部は隆起海岸と実に対照的な地形を持っている。また東の美保埼(みほのさき・美保関)は北陸地方と、西の日御碕(ひのみさき)は朝鮮半島と、というふうにそれぞれ異なる交流史を持っている。出雲人はその異なる地形と歴史に思いを馳せながら、半島東部は越(こし)の国から、西部は新羅の国から、それぞれ余った土地を引き寄せ、縫い合わせたものだという伝承をつくり上げていた。
 その出雲半島には東西相称の海岸線が弧を描くように連なっている。弓ヶ浜と薗の長浜(そののながはま)。出雲人は、それが巨人神が国引きに使った綱だという。半島のはるか後方の山地には東西の要として火神岳(ひのかみだけ・伯耆大山・ほうきだいせん)と佐比売山(さひめやま・三瓶山・さんべさん)が他山を圧倒するように屹立している。それを人々は、引き寄せてきた国が動かないように巨人神が立てた二本の杭だという。今ある風景の美しさを誇るだけではない。過去にさかのぼりその成り立ちを一つの奇想天外な物語に仕立て上げているのである。何とまあ豊かな空想力だろう。


二章 六七四年初秋 11

 またこの伝承では、国引きの所作を実感させるためにさまざまな比喩的枕詞が駆使されていた。巨人神が大地を切り取り、引き寄せる様を、「童女の胸のような鋤を手に取って、大魚の急所を突くように土地に突き刺し、大魚の身を切り分けるように土地を切り離して太綱にかけ、河船を引き上げるようにモソロモソロと引いてきて縫い合わせた」と描写する。何と生活感にあふれた比喩だろうか。働く者なら誰しも実感し、心の底から納得しないではいられない言い回しに彩られている。神話はこの地で働く者のためにつくられ、伝えられてきた物語だった。
 豊かな空想力と比喩にあふれたこの出雲の国土創成神話が、由衣持ち前のセンスと素朴さ、おおらかさとひたむきさを絶妙に組み合わせた独特の感性でさりげなく語られると、物語は格別の味わいを持つ神話に変貌するのだった。その語り口は、語り聞かせを生業として修業してきた阿礼には決してできない天性の口承芸だった。由衣と、彼女を生んだ出雲国に魅せられて、阿礼は杵築の社に長逗留した。
 晩秋の数日、阿礼は由衣の案内で、国引き神話の重要な舞台の一つ、三瓶山(佐比売山)を登る旅に出た。北の原から女三瓶、孫三瓶、子三瓶の外輪山を経て、主峰の男三瓶の頂上に立つと、北の方角に弧を描く薗の長浜とそれに連なる日御碕、さらにその先に浮かぶ隠岐の島が見えた。それを眺めながら阿礼は由衣に結婚を申し出た。由衣は間もなく二〇になろうとしていた。巫女職を終え、阿礼について旅に出る道を選んだのである。
 その由衣の待つ新居が、弘福寺の西方にあった。


三章 六七五年冬 1

 三章 六七五年冬


 

 住まいは丘を切り崩して建てた掘立柱建物が十数棟点在する川原集落の一角にあった。集落の内部にはアワ・キビなどの雑穀、ダイズ・リョクトウなどの豆類、ウリを初めとする種々の野菜をつくる畑地があり、周縁には井堰(いせき)を備えた用水路が走り、畦(あぜ)によって小さく区画された無数の乾田が広がっていた。近年一帯では、鉄製土木具の広まりと共に田畑の開墾が急速に進み、かつて身近にあったイチイガシとアラカシが混生する照葉樹林は次々と切り払われ、今では遠景を縁取る濃緑の回廊にかわっていた。
 庶民の住居もかわった。旅で訪れた東国ではまだ地面に穴をうがつ竪穴住居ばかりだったが、畿内、特に飛鳥一帯では柱を立てて床を張る掘立柱建物になってすでに久しい。二人が暮らす掘立柱建物は板葺屋根で高床だった。開口部を広く取ってあるために周囲の景観がよく見渡せた。真夏には稔熟した雑穀・豆類・野菜・水稲がつくる深緑の連なりが目に入るところだが、今は真冬、作物の姿はなく、朝日が畑地に残る畝の霜柱や水田の根株の間に張った薄氷に反射して煌めいているのが見える。
 それを眺めやりながら阿礼は由衣に語りかけた。


三章 六七五年冬 2

 「天武から預かった旧記をもとに古事語(いにしえのことがたり)の構想づくりを始めて一か月半、大まかな骨組みができたんだ。これまでのしきたりでは、この列島の国号を倭国、統治者の称号を大王といってきたけど、天武がそれぞれを日本国、天皇にかえたいといっておられるから、慣れないけれどもそれに従うことにしよう。
 まず全体を大きく二つに分けてみた。一つは、天皇家の祖先、つまり皇祖神を語る部分で、神話篇とでも呼ぼうか。二つは、人としての天皇家の系譜を語る部分で、天皇篇とでもいおうか。
 天皇篇はさらに二つに分けてみたい。一つは旧記に記されてはいるが、実在したかどうかはっきりしない神武から仲哀(ちゅうあい)までの一四代の皇統譜、今一つは実在したことが確かめられる応神(おうじん)から推古までの一九代の皇統譜だ」
 「そうすると事語(ことがたり)全体は、上・中・下の三段構成になるのですね」
 「そう、上つ段(かみつだん)の神話篇、中つ段(なかつだん)の架空天皇篇、そして下つ段(しもつだん)の実在天皇篇だ。下つ段に相当する旧記の記述内容は、各天皇の雑多な短編記事の寄せ集めで、天皇一人一人についての一貫した物語はないんだ。物語にしたいところなんだが、実在の天皇に創作の手を加えることはできないから、旧記の記述をなぞらえるだけにしよう。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について