目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

26 / 239ページ

二章 六七四年初秋 6

 そう、『日本書紀』は史書だから、史料となる『帝紀・本辞』は原形をかえず、そのまま忠実に収録させる。異書・異説のうち、信頼性の高いものを選んで本文とし、他の異書・異説はそれぞれ引用する形にさせたい。必要なら『百済記』・『百済新撰』など他国の書を引用させることも考えている。この対外向けの『日本書紀』は国家事業として、いずれ複数の代表編纂メンバーをこのために選出するつもりだ。
 それに対し、古事語においては異書・異説の一つ一つにこだわる必要はない。これら史料を総合し、首尾一貫した一つの物語に仕上げるのだ。これをナレ一人の手でやれ、人に知られぬように。そのためにも創作中の粗筋の断片も、完成した物語も文字にしてはならぬ。
 この国は今、無文字社会から脱しようと、文字の導入に激しい勢いで向かっている。支配層の文字に対する関心は、異常なほど高まっている。文字にすればそれは必ず人の目に止まり、ワレの意図・構想は他者の知るところとなる。
 知った者はナレに手を及ぼすかもしれぬ。自分たちの祖先の地位を高めようとナレを買収しようとしたり、脅迫しようとしたりする者も出るかもしれぬ。この計画は公の事業ではなく、ワレの私的な事業として皇族や豪族の介入を排除して進めねばならない。
 原作が完成した暁には、誰か優れた者の手で文字に起こし、書にしたいと思っている。書名は、ナレが構想した〈いにしえのことがたり(古事語)〉にちなんで『いにしえのことぶみ(古事記)』あるいは『こじき(古事記)』とするのはどうか。いずれにせよそれまでは、全ての作業をナレの頭脳の中でやれ」


二章 六七四年初秋 7

 天武の命令を脳裏に反芻しながら、阿礼は家路についた。飛鳥浄御原宮の南門をくぐると、すぐに東西に走る道にぶつかる。その道を西に向かうと飛鳥川、それを渡った先が川原寺(かわはらでら・弘福寺・ぐふくじ)。歩きながら阿礼は胸を熱くしていた。旧記を忠実に収録して基本となるものを選び出し、それをもとに異書・異説を整理・引用して歴史書をつくれといわれたのだとしたら、自分には全くお手上げだった。天武は、自分がそういう仕事には向いていないということをよく知っていて、古記録を総合・洞察して新しい物語を創作せよといって下さった。
 「阿礼は一目見ただけで全てを暗誦することができ、一度耳にしたことは全て記憶して忘れない男だ」といってくれる人もいる。でもそれは真実ではない。自分が何かを忘れないのは、それが自分の手になるものだからだ。己の特性は、これまでの知見をベースに多彩な素材を組み合わせて新しい物語を創造するところにある。天武はその能力を見抜いて下さった。何とありがたいことか。
 阿礼はさらに、天武がその作業を一人でやれといってくれたことに感謝していた。一人で十分だった。むしろ一人の方がいい。物語の草案をつくるには、これを聞かせる相手は欠かせない。出来栄えを判定する評価者も必要だ。だが彼はその全てを委ねられる最強の援軍を持っていた。妻の由衣(ゆい)だ。


二章 六七四年初秋 8

 阿礼が由衣と出会ったのは今から四年前、瀬戸内を回って吉備から山越えで出雲に入り、出雲(島根)半島北西端の杵築の社(きづきのやしろ・後の出雲大社)に滞在した時のことだった。杵築の社は当時、旅の芸能者のたまり場として知られていた。社は例祭のない時には各地の芸能者を招聘し、出雲評(いずもこおり・評は後に郡)の人々に娯楽を提供するという役割を積極的に果たしていたからである。阿礼がここを訪ねた時、由衣は社の巫女の職にあったが、阿礼の世話役を務めてくれたのである。
 巫女と聞いて阿礼は、その言葉に神と人との間に介在して、人々に神意を伝達する能力、あるいは神霊・死霊といった様々な精霊の憑依(ひょうい)を受けて、その意思を人々に託宣する能力を持つ存在を思い浮かべたが、由衣はそういう能力には恵まれなかったようだった。彼女の特質はそれとは全く別のところ、文字や言葉に長けているところにあった。
 由衣は出雲評・杵築五十戸(きづきのさと・五十戸は後に里)・日御碕(ひのみさき)に位置する海人集落の大きな家に生まれた。幼少のころは海女になるべく鍛えられたが、次第に漢字の読み書きに特別の才能を発揮するようになった。元々の資質もあったと思うが、一族の生業が朝鮮半島との交易であり、家には漢字を操る交易者が出入りし漢字で書かれた文書が常に身近にあったということも大きかったかもしれない。一六歳の時、その才能を見込まれて巫女となり、以来社の書誌を扱う部門にいて文字、すなわち漢字に親しむ仕事をしていたのである。


二章 六七四年初秋 9

 文字は読んだが、ついぞそれを書くことのない語り部の阿礼にとって、文字を操る由衣は驚異の存在に見えた。さらに阿礼は由衣を見ていて、その気質がまさに出雲という風土に由来するという想いを抑え切れなかった。
 出雲の自然は、北は日本海に面した半島、南は重畳たる山地、その間に湖沼や平野が置かれていて、大和とは比べ物にならないくらい多彩である。その多彩な地域の人や物が相互に交流・照応し合って、味わい深い独特の風土をつくりだしている。
 彼女の風はそれに似て、開かれていながら素朴で、ユーモアがありながら一途だった。その多様な要素が場面の違いによって絶妙の組み合わせで表出する。それは阿礼がこれまで出会ったどの女性にも見出すことのなかった気質であった。
 由衣が出雲の神話を語ると、伝承は特別の味わいを醸し出した。由衣は出雲に伝わる数多くの口承を面白おかしく語り聞かせてくれたが、圧巻は、出雲の巨人神が最初にできた出雲国は小さすぎると考えて、他国に余った土地を探し、それに綱をつけて引き寄せ、出雲の北端に出雲半島をつくり上げたという、壮大で痛快な国引き伝承だった。


二章 六七四年初秋 10

 伝承の舞台となる島根半島は中央部を走る断層を境に、東部は沈降海岸、西部は隆起海岸と実に対照的な地形を持っている。また東の美保埼(みほのさき・美保関)は北陸地方と、西の日御碕(ひのみさき)は朝鮮半島と、というふうにそれぞれ異なる交流史を持っている。出雲人はその異なる地形と歴史に思いを馳せながら、半島東部は越(こし)の国から、西部は新羅の国から、それぞれ余った土地を引き寄せ、縫い合わせたものだという伝承をつくり上げていた。
 その出雲半島には東西相称の海岸線が弧を描くように連なっている。弓ヶ浜と薗の長浜(そののながはま)。出雲人は、それが巨人神が国引きに使った綱だという。半島のはるか後方の山地には東西の要として火神岳(ひのかみだけ・伯耆大山・ほうきだいせん)と佐比売山(さひめやま・三瓶山・さんべさん)が他山を圧倒するように屹立している。それを人々は、引き寄せてきた国が動かないように巨人神が立てた二本の杭だという。今ある風景の美しさを誇るだけではない。過去にさかのぼりその成り立ちを一つの奇想天外な物語に仕立て上げているのである。何とまあ豊かな空想力だろう。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について