目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

14 / 239ページ

一章 六七四年初夏 11

 ヤマト王権が列島の統一をめざして進めた地方支配は、六世紀初頭の継体朝から始まるが、その基本は国造制とミヤケ(屯倉・宮家)制だった。ナレはそれについても知っているであろう」
 阿礼はその問いを受け、静かに答えを返した。
 「国造とは大王の下僕(しもべ)を意味するもので、倭王権が地方に設置したツカサ(官)ですね。王権はその地方官に租税などの物資を調達・集積したり、地方民を徭役や兵役に駆り立てたりする役割を振り分けた。地域社会でこうした役割を果たせるのは、国主と呼ばれ大きな領土と権威を持った地方豪族=在地首長しかいなかった。歴代の王権はその地方豪族を国造に任命し、その在地首長が保有する支配力に依存して地方支配を進めた。それが国造制だと聞いています。
 ミヤケとは中央政権の政治的・軍事的・経済的拠点で、王権が地方支配のために国造の領内に設置したものですね。王権は普段はその管理を国造やその一族に委ねておくが、必要な時には中央から王権の使者(宰・みこともち)を派遣し、地方官である国造に王権の命令を伝達したり、職務内容を監察したりして地方支配を行った。これがミヤケ制だと理解しておりますが」
 天武は満足そうにうなずいていった。


一章 六七四年初夏 12

 「その国造・ミヤケ制は、倭王権が初めて地方に打ち込んだ支配のくさびで、これによって旧来の地方豪族の権力が弱められ、その支配下にあった有力農民層が、独立しつつ王権支配の中に再編成される動きが進行した。しかし各地には、在地で独自の行政権・裁判権・軍事権・祭祀権を握る地方豪族、国造が数多く存続し、彼らの出方によっては必ずしも期待通りの成果が得られないという限界があった
 この限界を打ち破ろうとしたのが、〈乙已の変〉後にできた孝徳朝、すなわち改新政権だ。改新政権も地方支配から旧来の国造をはずすことは考えなかった。国造は地域に根差し、地域に通じた存在、その彼ら抜きに地方を動かして国家を統一することなど不可能だったからだ。孝徳朝が選択した方法は、評(こおり・ひょう)制の導入だった。
 改新政権は諸国に使者、宰(みこともち)を派遣して国造の支配領域(クニ)を解体し、より小規模な地方行政組織に再編成しようとした。この再編成された行政組織が評で、ここに長官(評督・ひょうとく)・次官(助督・じょとく)二名の管理官を置いた。
 この評督・助督には在来の国造も任命されたが、王権のねらいは、国造に対抗でき、王権に忠実な別の氏族の任用にあった。結果として新規任用者の数の方が多かったから、旧来の国造の地位は相対的に低下した。その分国造の支配から自立し、王権のもとに再編成される農民の数も増えるだろうと期待されたわけだ。


一章 六七四年初夏 13

 これをさらに推し進めようとしたのが、兄の政権だ。天智朝は唐の律令体制を手本に、評を複数集めた広域の行政単位、国(くに)を設置し、そこに国宰(くにのみこともち・こくさい)と呼ばれる地方官を常駐させた。クニノミコトモチは大王の命を受けて派遣される官人だ。近江朝はこれを国に常駐させることによって、管轄下の諸評、すなわち地方の直接支配を強化しようとしたのだ。
 その国―評制の導入から数年たっている。安定したと思われていた地方支配だが、実は中央支配に不満を持つ地方豪族、評の管理官、それを支持する民の数は増えていたということになる。
 今回の乱で、そのことを改めてワレは確認することができた。内乱の後始末がついたら、これまでの支配体制の不備を改めつつ、律令体制の確立を一気に進めたい。列島各地の豪族を新設される律令機構の一員にして地方行政を担当させつつ、彼らの生活を中央政権から支給される俸給(食封・じきふ)によって成り立たせる体制にする。
 そうしながら豪族の支配下にあって豪族から土地保有を保障され、その見返りとして豪族に租税を治めていた民(私地私民)を新生律令国家に再編成し、律令国家から土地を支給され、その見返りとして律令国家に租税を治める民(公地公民)にする。その上で律令国家の頂点に大王を持ってくる。そうすれば大王が律令体制を通じて全国津々浦々の民を直接支配する体制(一君万民)を築くことができる。


一章 六七四年初夏 14

 そのためにワレの称号もかえたいと思っている。これまでヤマトの支配者は対内的には大王(だいおう)あるいは王(おおきみ)、対外的には天子(てんし)あるいは天王(あめきみ)と称してきた。ワレは内外共に己の称号を天皇と定めたいのだ。そしてその天皇が統治するこの国の号を、在来の倭国あるいは日出ずる国にかえて、日(ひ)の本(もと)の国(くに)、つまり日本国(にほんこく・にっぽんこく)にしたいと思い、その天皇を頂点にいただく日本国の律令制度を構想中だ。完成したら、これを今編纂準備中の法令(飛鳥浄御原令・あすかきよみはらりょう)の中で規定したいと思っている。
 でもな、新法令に基づく律令体制の整備だけでは民の支持は得られない。地方政権のもとにいる民を天皇中心の日本国の民に再編することはできない。どうしたら民衆の心をかえることができるか、まずは大王から呼び名のかわった天皇家の歴史、それによって統治される日本国の歴史をつくりたい。天皇家がこの国を統治する正統性を有することを説明する歴史、民がそれに耳を傾け、天皇家が統治する国家に参加したくなるような歴史をつくりたいのだ。
 これまでの記録を集めた事記(ことぶみ)の編纂ではない。文字を読まぬ民に聞かせてやるための事語(ことがたり)だ。どんな形式だって?知れたことよ。これまで民が親しんできた神話・伝承をふんだんに使って再構成した歴史物語だ。民衆の心を動かし、天皇統治を彼らの心に根付かせるにはそれが一番だとは思わぬか。その事語づくりを、語りの名手、いや優れたつくり手として知られた稗田阿礼、ナレに任せようというのだ」


一章 六七四年初夏 15

 天武の言葉が自分に及んだ時、阿礼の体に大きな衝撃が走った。それは思いがけない事態にぶつかったからではない。恐れ多い使命を下されたからでもない。こうした事態が起きることを自身で予想していたからである。こんな仕事を命じられたらどんなにか面白いだろうと期待していたからである。
 そんな夢想を抱いたのは、天武が飛鳥浄御原宮で即位し、新王朝の継承者となる儀礼をこなす姿を、群がる人々の肩越しに目撃した時だった。当時、阿礼は漂泊の語り部だった。出身は飛鳥のほぼ北に位置する稗田(ひえだ)、集落を代表する語り部と水田稲作を兼業にする大きな農家に生まれ育った。一八歳になった時、語り部として身を立てようと故郷を出、東は常陸国(ひたちのくに)、西は筑紫大宰(つくしのだざい)まで足を延ばした。
 旅の食い扶持と路銀には困らなかった。稗田で身に付けた語りの素養があったからである。最初の題材は自分が身近で見聞した飛鳥京の事語だった。阿礼は倭京(やまとのみやこ)を舞台に展開する政事や事変、都人の華やかな暮らし振りを、それを見ることの叶わぬ人々に語り聞かせることから旅をスタートさせた。漂泊を重ねるにつれて語り聞かせのレパートリーは広がった。阿礼は行く先々で、人が聞きたがる新しい見聞を次々と仕入れては既存の語りと組み合わせ、事語(ことがたり)の無限のストックをつくり上げた。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について