目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

8 / 239ページ

一章 六七四年初夏 5

 この飛鳥遷都の翌年(六七四年)、王都の北西に位置する甘樫丘に立ち、初夏の緑に染まった水田の向こうに朱の色を際立たせる飛鳥浄御原宮を見下ろす一人の青年がいた。天武に仕える舎人(とねり)、稗田阿礼、二八歳であった。長身で大柄、普段は穏やかな風貌をしているのだが、それが今は心の底から湧き上がる激情を抑えようと、別人のように厳しく、引き締まった顔を見せていた。今朝がた阿礼は密かに内裏に呼ばれ、天武からじきじきの言葉を賜った。その言葉を、受けた時の衝撃と共に、脳裏に反芻していたのである。
 天武は阿礼よりも一五歳年上の成熟した貴人で、列島を支配するヤマト王権の大王(だいおう)だった。色白で凛とした顔立ちをし、背も高く、骨太でがっしりとした体格をしていた。その地位と風貌が発散する力は圧倒的だったが、阿礼は自分はそれには対抗できると常々思っていた。庶民の出で年も若く、いかなる地位にも恵まれていなかったが、それに負けないだけの強靭な肉体と仕事の腕を持っているという自負心があったからである。
 容易でなかったのは、超名門一族の末裔に対して己の心が無意識のうちにつくり出してしまう観念の克服だった。それは恐らく、天武が単に倭王権の最高権力者であるということだけでなく、王権の長い皇統譜に連なり、その血筋を直接受け継ぐ存在だという事実に由来するものだった。


一章 六七四年初夏 6

 何故人は長い歴史を持つ一族の直系継承者に対して特別な感情を持つのか。それは多分、変転極まりない人間社会の歴史にあって、一つの家系が何世代にも亘って続くこと自体が奇跡に近いことだと感じられるからであろう。
 目の前にいる天武がそうした稀にみる貴種だと思うだけで、彼の前に全てを投げ出してしまいたくなるような感覚に陥っている自分に気付くことがこれまでにもあった。でもそうさせてはならなかった。阿礼は今回もまた必死に自分を励ましながら、天武の語る言葉を聞いたのである。
 「この度の乱の後遺症はすさまじい。自分で引き起こしておいていうのも無責任な話だが、内乱は二度とあってはならぬ」
 そう切り出しながら、天武は話題を先に進めた。長い話になりそうな予感がした。
 「〈壬申の乱〉はその始まりから終結まで約三か月、期間としては短かったが、及んだ地域は広かった。畿内だけではなく、西国にも東国にも亘った。その広い範囲で、列島の統治権をわが手にしようとする二派が莫大な犠牲を伴う軍事的戦いを展開したのだ。戦後の混乱に配慮する余裕などなかった。ワレは集められるだけの兵を集めようとした。投入できるだけの戦費を投入しようとした。相手も同じだったのではないか。戦いは豪族の類縁、それらが率いた無数の農民の命を奪い、田畑を荒廃させた。その代償は残された者たちの肩に重くのしかかった。人心は深く傷つき、政情は激しく揺れ動いている。


一章 六七四年初夏 7

 それをしずめようと、ワレは仏にすがってみた。集められるだけの書生を飛鳥川西岸の川原寺(かわはらでら・別名弘福寺・ぐふくじ)に集めて、一切経の書写を挙行する発願(ほつがん)をした。それは壮観な光景だったが、効き目があったかどうかはわからぬ。内乱の後始末にどれだけの年月が取られるか、見当もつかぬ。壬申の内乱の影響はそれほど深刻だ。そうした中で、いにしえに還るべきだという考え方もある」
 阿礼は思い切って言葉を挟んだ。
 「ヤマトの大王の真髄は、日の神を自らの祖先として祭ることを許される宗教的・精神的権威にある。大王の役目はこの権威に由来する呪術や祭祀を行い、それによって国を統一し、民衆の安寧を保障するところにある。従って大王の要諦は武力を用いず、政治の実務にかかわらない不執政にあるという考えでございますね。この祭祀権に基づく不執政の原理は、連合政権、連合王国の時代にさかのぼると聞いておりますが……」
 阿礼の言葉を無造作に受けて、天武は話を続けた。
 「列島に先進文明の水田稲作が定着したのが前四世紀、それから六〇〇年ほどの間に農耕共同体の再編・統合が繰り返され、この島の各地で、多くの部族(豪族)的国家(クニ)、その連合体が形成された。三世紀前後、それら国家連合同士が激しく衝突し抗争し合った。対応を誤れば、列島の半分が荒野に還る恐れがあった。その危機的な争乱状態の中から、三世紀初め倭国を代表する一つの新しい王権が誕生した。筑紫・吉備・播磨・讃岐・出雲・近畿など西日本各地の豪族的国家連合が談合と根回しによって手を握り、大王(卑弥呼・ひみこ)を共立し、王都を大和盆地南東部纏向(まきむく・巻向)の地に置いたヤマト王権だ。


一章 六七四年初夏 8

 ヤマト王権は新生倭国の代表にふさわしい祭祀を創出しなければならなかった。それは連合した国々がかつて持っていたマツリを乗り越えて、それに結集できるような、より高次の祭りでなければならなかった。さらには連合未参加の国々に参加を促すことができるような、より魅力的な祭りでなければならなかった。
 倭国が基本生計戦略としてきた水田稲作の豊穣を祈願する神として、これまでに大地・火・水の神など様々な対象が存在してきた。新生王国はそれらを統合する神として太陽神、すなわち日の神を創造した。そして日の神を祀るための儀式を考案し、その儀式の実施者をヤマトの大王にすると同時に、大王をその日の神の末裔に仕立てたのだ。それだけではない。新生王国は大王=神に死が訪れた時、その王位=神位を次の大王=神に継承させるための一連の秘儀を考案すると同時に、その密かな実施者を大王自身にしたのだ。
 この祭祀権を握ることによって、王権は安定した。これまでにヤマト王権中枢の権力闘争による王統の交代はあったが、他の勢力による王権の奪取・交替はなかった。この祭祀権が確立したのが四世紀代、前方後円墳の造営が一世を風靡した時代だ。祭祀権の確立による王権の安定は、連合王国内の求心力の向上、他地域への影響力の拡大に大きく貢献し、王国は列島各地、とりわけ東に向かって倭国の領土を伸長させた。さらにはこの国を、高句麗・新羅・百済三国が鼎立した朝鮮半島にまで侵攻させることになる。


一章 六七四年初夏 9

 この祭祀権を担ってきたのが、わが大王家だ。大王家はこれを握り、継承することによってヤマト王権の中枢に座り、倭国の支配者となったのだ。大王家は戦いによってヤマト王権を確立し、倭国を建設したわけではない。ヤマト政権は複数の豪族的国家の連合体で、大王家はもっぱらこの祭祀権の行使者として振舞ってきた。政治と軍事は連合王国の他のメンバーに委ねられてきたのだ」
 「それが変化する時がきたと……」
 天武は阿礼の言葉に相槌を打つこともなく話を進めた。
 「五世紀代(倭の五王の時代)、連合政権に列する国は増えた。新たに加わったのが葛城(かづらき)・和珥(わに)氏などの大和の大豪族や、紀(き)・上毛野(かみつけの)氏などの有力地方豪族だ。連合政権はこれら新勢力と手を握り、倭国の統一に向かった。
 この時代までは大王家は祭祀権を行使するだけでよかった。不執政で済んだ。まだ中央や地方の統治組織が整っておらず、倭王と王権構成メンバーの結びつきは直接的で、祭祀を担う大王と軍事・内政・外交を担当する諸豪族との間の分業関係に均衡が取れていたからだ。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について