目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

4 / 239ページ

一章 六七四年初夏 1

 一章 六七四年初夏


 

 前四世紀に中国大陸から九州に入った稲作農耕文明は、九〇〇年後本州中央部を越えて東国にまで及んだ。その九州と東国に亘る農耕文明の中心地となったのが、大和(奈良)盆地である。奈良盆地は紀伊半島の中央部を占める大和国(やまとのくに)の北面にあって、南北約三〇キロ、東西約一三キロの縦長で、四方を青垣の山々に囲まれた穏やかな平地である。
 東の笠置山地、西の生駒・金剛山地、南の竜門山地、北の平城山(ならやま・奈良山)丘陵に源を発する無数の河川がこの平地を潤し、水田稲作に最適な平野をつくり上げていた。
 また南部から北流する葛城(かつらぎ)川・曽我(そが)川・飛鳥(あすか)川、北部から南流する竜田(たつた)川・富雄(とみお)川・佐保(さほ)川が盆地中央部で次々と合流し、大和川となって大阪湾に流れ下っている。この大和川を中心とする水系は、大和盆地に展開する水田稲作システムを支える最上の交通・交易路となった。
 この文明の中心地に国を建てたのが、ヤマトの連合王権(政権)である。連合政権は六世紀に始まった統一国家形成の動きを主導し、七世紀には律令的な中央集権国家の形成をめざす。そのヤマト王権の歴代の大王・天皇が宮室(宮殿)を置いたところが、大和盆地南東の奥まった一画、飛鳥であった。ここは南流する飛鳥川の流域地帯で、北には大和三山の一つ、香具山(かぐやま・香久山)が手に取るように眺められる。


一章 六七四年初夏 2

 飛鳥は、もとは中央豪族として強大な勢力を蓄え、ヤマト王権を大臣(おおおみ)として支え続けた蘇我本宗家の本拠地だった。崇峻(すしゅん)期(五八八―五九二年)に、大臣蘇我馬子(そがのうまこ)が真神原(まかみのはら・まかみがはら)に氏寺の飛鳥寺(法号法興寺・ほうこうじ)を創建して以来、ここが宮殿の建設地となった。
 飛鳥寺の西に、飛鳥川を挟んで小高い丘陵が立っている。甘樫丘(あまかしのおか・一四八メートル)である。その北西麓に、蘇我本宗家の強い影響力によってヤマト王権の最初の宮が建設された。女帝推古(すいこ・五九二―六二八年)が即位した豊浦宮(とゆらのみや)である。推古はその後、法興寺の北西、飛鳥川右岸の雷丘(いかずちのおか)の麓に小墾田宮(おはりだのみや・小治田宮・おはりだのみや)を建て、七五歳で没するまでそこで政務を執り続けた。
 この間、飛鳥を起点に大和盆地を東西南北に貫く国道が整備された。南北路は三本、東側の上ツ道(かみつみち)、西側の下ツ道(しもつみち)、その間を走る中ツ道(なかつみち)で、いずれも北は山背(やましろ)に、南は吉野に連絡していた。東西路は二本、伊勢と難波を結ぶ横大路(よこおおじ)・当麻道(たいまみち)、伊賀と河内をつなぐ竜田道(たつたみち)である。その南北と東西の幹線道路から無数の枝道が延び、その道端には水田が広がった。


一章 六七四年初夏 3

 次の舒明(じょめい)期(六二九―六四一年)に入ると、宮の立地は飛鳥寺のほぼ南、寺域から手が届くほど近接の空間に移った。最初の王宮が飛鳥岡本宮(あすかおかもとのみや)で、これ以降宮殿はこの地一帯に固定されるようになる。舒明の皇后として即位した皇極(こうぎょく・六四二―六四五年)は、飛鳥岡本宮を解体し、その上に新たな設計に基づく飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)を造営した。
 皇極が譲位して誕生した孝徳(こうとく)朝は宮を難波に遷したが、ここが実際に使われたのは数年だった。重祚(ちょうそ)して皇極からその名を改めた女帝斉明(さいめい・六五五―六六一年)は再び飛鳥に遷都し、自分が建てた飛鳥板蓋宮を壊し、大規模な整地を行った上で全く新しい宮を完成させた。後飛鳥岡本宮(のちのあすかおかもとのみや)である。
 こうした王城所在地の固定化によって、飛鳥には町並みが出現した。宮の周辺には皇族・貴族・豪族の屋形、官衙(役所)、官営工房が立ち並び、要所要所に寺院が聳え立つようになった。斉明期には飛鳥全体に及ぶ大造営工事が行われ、国事や儀式を行う広場、饗宴を催す庭園や苑池が配され、飛鳥は王宮から王都へと変貌した。人々はこの王都を飛鳥京あるいは倭京(やまとのみやこ)と呼んでその賑わい振りを讃えた。
 その倭京が一時打ち捨てられる事態が生じた。六六七年、斉明の子で後継となった中大兄皇子(なかのおおえのおうじ・天智・てんじ)が、王宮を飛鳥からずっと北に位置する琵琶湖南西岸に移し、近江大津宮を建設したからである。飛鳥はそれから五年に亘る王宮の不在によって寂れた。それを回復させたのが、「壬申の乱」を勝ち抜いて王権を手中にした天智の弟、大海人皇子(おおしあまのおうじ・天武)である。


一章 六七四年初夏 4

 大海人は内乱によって生じた亀裂を修復し、倭国を再統一するには、飛鳥京よりももっと適地に規模の大きな王城が欠かせないと考えていた。しかしすぐにそれに着手する余裕はなかった。彼は先ずは歴代の王朝の地に戻り、そこを基地にして戦後の荒廃をいやす道を選んだ。
 六七二年冬、大海人は飛鳥に凱旋するや、母斉明の宮だった後飛鳥岡本宮に手を加えた。内郭の正殿を修復すると同時に、脇殿を増設。さらにその内郭の東南に、西門を備えた高床構造の大型建造物、大殿(おおとの・大極殿・だいごくでん)を新築した。この大極殿の増設分だけ、掘立柱塀で形づくられる外郭は広くなったが、全体の構造はそれほど大きくかわってはいない。
 翌六七三年二月、大海人皇子はこの宮で即位して天武となったが、ここを新しい王都(新城・にいき)ができるまでの仮宮と考えていたために、名を付けなかった(天武がこの宮を飛鳥浄御原宮・あすかきよみはらのみや)と命名するのは、死を目前にし、自分の手による新城の建設を断念した六八六年七月のことになる。従ってここでいう飛鳥浄御原宮は通称である)。その意味で飛鳥浄御原宮は天武にとっては一時しのぎの宮殿ではあったが、六年振りの遷都である。主のすわった飛鳥京はかつてのにぎわいを取り戻し、飛鳥川流域の水田づくりも活気を呈した。


一章 六七四年初夏 5

 この飛鳥遷都の翌年(六七四年)、王都の北西に位置する甘樫丘に立ち、初夏の緑に染まった水田の向こうに朱の色を際立たせる飛鳥浄御原宮を見下ろす一人の青年がいた。天武に仕える舎人(とねり)、稗田阿礼、二八歳であった。長身で大柄、普段は穏やかな風貌をしているのだが、それが今は心の底から湧き上がる激情を抑えようと、別人のように厳しく、引き締まった顔を見せていた。今朝がた阿礼は密かに内裏に呼ばれ、天武からじきじきの言葉を賜った。その言葉を、受けた時の衝撃と共に、脳裏に反芻していたのである。
 天武は阿礼よりも一五歳年上の成熟した貴人で、列島を支配するヤマト王権の大王(だいおう)だった。色白で凛とした顔立ちをし、背も高く、骨太でがっしりとした体格をしていた。その地位と風貌が発散する力は圧倒的だったが、阿礼は自分はそれには対抗できると常々思っていた。庶民の出で年も若く、いかなる地位にも恵まれていなかったが、それに負けないだけの強靭な肉体と仕事の腕を持っているという自負心があったからである。
 容易でなかったのは、超名門一族の末裔に対して己の心が無意識のうちにつくり出してしまう観念の克服だった。それは恐らく、天武が単に倭王権の最高権力者であるということだけでなく、王権の長い皇統譜に連なり、その血筋を直接受け継ぐ存在だという事実に由来するものだった。



読者登録

風旅人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について