目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


あとがき

あとがき 1

 あとがき


 

 七一二年女帝元明に献上される形で世に出た『古事記』三巻はその後、どのような歴史的扱いを受けたのであろうか。当初熱狂的に受け入れられた本巻は、中世に入ると忘れられた存在となり、古代期につくられた写巻は散逸してしまう。それがために、現存する『古事記』の写本は、最も古いもので一四世紀後半の南北朝時代に筆写されたものを残すのみ。しかもこれは冊子形式になっており、巻き物形式だったはずの奈良・平安期の写巻はただの一巻も伝えられていないのである
 忘れられた『古事記』が再びその姿をよみがえらせるのは近世。再生のきっかけとなったのは西洋文明の出現、立役者となったのが江戸後期に生きた国学者、本居宣長(もとおりのりなが・一七三〇―一八〇一年)であった。西洋文明は江戸中期、蘭学という形で日本列島に入り込んだ。その台頭が、古代以来当然のごとく馴染んできた中国文明とその精華である儒教への依存に再考を促し、自国の文化を探ろうとする国学を生んだのである。


あとがき 2

 方法は、日本古代の言語・文学、制度・習俗の研究を通して、古代社会にあった日本文化の固有性を探ろうとするものであった。その流れを汲んだ本居宣長が、日本文化のアイデンティティーの基礎を『古事記』に求めたのである。「日本は天照大御神を祖神とする天皇(すめらみこと)の支配する皇国で、優れた固有のことばと文化を持つ。その事実を明かすのが『古事記』である。それを識るには文字で書かれたことばを追ってはならない。文字の向こうには、文字化される以前の、元来の言葉、「古言」がある。その古言を探っていけば、いにしえの、けがれないまことの心、「古意」に達することができる」
 宣長は、『古事記』をそのような、いにしえの清らかな正実(まこと)を隠し持った書としてとらえ、それを解説するための注釈書を編纂した。『古事記伝』四四巻である。圧倒的業績であった。こうして『古事記』は本居宣長の手によって、日本の民族的、文化的世界の固有性を明らかにする根拠の書として、本来のものとは別の解釈をされ、異なる意味を引きだされ、新しいテキストに生まれかわることになった。


あとがき 3

 『古事記』の新しい解釈・意味付けは、近代にはいると、国家によって大々的に行われるようになる。そのきっかけも西洋の産業文明との遭遇であった。日本がこの文明に直面した時、西洋列強はすでに帝国となってその成果を追求し、この国を植民地にしようと狙っていた。この危機は何としても回避しなければならなかった。回避するだけでなく、自らも帝国を形成して産業文明の実現をはからねばならなかったのである。
 そのためには旧体制を再編成して近代国家をつくり、旧住民を新国家の国民として統合していく必要があった。明治国家はその要として天皇を選び、天皇を特別な存在、万世一系の君主に仕立てあげようとした。その根拠の一つとして利用されることになったのが、『古事記』の「国生み神話」と「天孫降臨神話」だったのである。
 明治国家はこれをもとに、「この国はその万世一系の天皇がこれを統治する」という条文をつくり、それを大日本帝国憲法の第一条に据えて制度化した。これに呼応して、『古事記』の神話を日本民族の文化的根源として位置付け、これを「日本神話」に転換させる「国民文学」運動が起こり、『古事記』は近代国家日本の古典となっていくのである。


あとがき 4

 日本はその後産業文明の運動律、植民地の争奪戦に巻き込まれ、ついには世界規模の大戦に向かっていく。この時国家は、「この国は万世一系の天皇が統治する神国で、日本国民(大和民族)は臣民として古来より天皇に仕えてきた」とする天皇中心史観(皇国史観)をもって自国民を戦いに動員、植民地人に対しても「天皇を君主としていただく皇国は至上の国家体制(国体)で、その国民となるのは何よりも名誉なことだ」として、彼らを皇国の国民(皇民)にして戦争に協力させたのである。
 無残な結末を迎えた戦後、『古事記』の立場は一変した。日本国家の古典としてあがめられたはずのこの書は、人々を戦争に駆り立てた元凶として、国民による批判の書にかわるのである。
 誕生以来、このように劇的な変遷をたどった『古事記』であるが、それによって中味や本質がかわったわけではなく、『古事記』は常に『古事記』であり続けた。かわったのは時代による『古事記』の解釈で、その点で『古事記』はその意味を絶えず更新させられる運命を持ったのである。
 この運命はその後もかわっていない。『古事記』の神話には、それよりも古い原始神話が含まれているはずだという想定のもとに『古事記』を分解・区分けし、本来の日本神話を見つけ出そうとする研究の対象となったり、あるいは日本人の心性のふるさと、感性の原点であるという想定のもとに『古事記』神話を分解・構造化し、日本民族の文化の源流・系統を探ろうとする比較研究の素材となったりして、その後も『古事記』に対する新しい解釈・意味付けがなされるという歴史は継続しているのである。


あとがき 5

 では何故『古事記』は、時代の移りかわりと共に絶えずその意味を更新され続けているのだろうか。それは『古事記』誕生の経緯が不明のままに置かれていることと深く結び付いているのではないだろうか。『古事記』とほぼ同時代に編纂され、『古事記』献上の八年後に撰上された『日本書紀』、あるいは二〇年後に提出された『出雲国風土記』のどこかに、『古事記』誕生のいきさつが書かれていてもよいはずなのに、『日本書紀』も『出雲国風土記』も『古事記』について何一つ触れていないのである。
 唯一の手掛かりは、現存する『古事記』写本に付けられた序だけである。序の作者は太安萬侶で、彼は『古事記』三巻を元明天皇に献上するために、上表文としてこれを付している。これによると、『古事記』成立には三人の人物がかかわっている。天皇天武、稗田阿礼、そして太安萬侶である。このうち天武と安萬侶は歴史上の人物で、その存在が歴史資料によって確かめられている。しかし稗田阿礼については、氏の稗田も名の阿礼もいかなる史料にも登場しない。つまり安萬侶の書いた序以外に、その存在を証明するものは何一つないのである。


あとがき 6

 その阿礼に関する安萬侶の記述もわずかで、天武天皇が「こう思い立たれた時、たまたまそばに氏を稗田、名を阿礼という舎人がいた。年は二八、生まれつき聡明で、どのような文章でも一度目にすればたちどころにそらんじることができ、一度耳にしたことはしっかりと記憶して忘れることがなかった」というもののみで、阿礼が男なのか、女なのかさえ不明なのである。
 それだけではない。安萬侶の序では、天武・阿礼・安萬侶それぞれが『古事記』成立に果たした役割もはっきりしないのである。例えば「天武天皇は阿礼に、これら『帝紀・本辞(旧記)』を誦習することを命じた」とあるが、これが、天武が旧辞をもとに創作したものを阿礼に「記憶」させたということなのか、それとも旧記をもとに阿礼に「創作」を命じたといっているのか明確でないのである。
 序はまた、元明天皇が「私安萬侶に中断していた天武天皇の事業を再開し、稗田阿礼が勅命によって誦習した『帝紀・本辞』を撰録して献上せよと命じられた。そこで私は仰せに従い、阿礼が誦習したものを事こまやかに撰録した」といっているが、これのみでは安萬侶が阿礼が口誦したものを筆録したのか、あるいは安萬侶はすでに文字となったものを編集しただけなのか、区別がつかないのである。
 さらには序の文体(漢文)と本文の文体(和漢混淆文)が違い、序で予告した内容と本文の中味が一致していない。こうした記述のあいまいさ、文体・内容の不統一はどこからくるのだろうか。それは草創期にあった日本語の未熟さに由来するものなのか、それとも何かの意図がそこに隠されているからなのか。


あとがき 7

 このように『古事記』の成立をめぐってはあまりに謎が多いのである。謎の解明は江戸時代以来さまざまな人々によって試みられてきたが、決定打はなく、『古事記』が誰によって企画・創作・筆録・編集されたのか、創作者がそこにどんな意図を込めようとしたのかはわからないままである。ために『古事記』はその中味が通して読まれることよりも、一部だけが強調して取り上げられ、それが他の目的に利用されるという運命を持たされたように思われる。
 おそらく『古事記』誕生の事実を史実によって解明することはできないであろう。だとすれば、小説というフィクションの形にして真実を探るというのはどうだろうか。そうした思い付きで誕生したのが『小説「古事記」』である。作業は次々と新しい知見を生みだしている古代の歴史世界、『古事記』そのものが語る作品世界、さらには『古事記』創作のゆかりの地を時には風に吹かれるように、時には風となって旅することによって進められた。この風の旅で『古事記』誕生のいきさつと、創作者が伝えようとした意図に迫ることができたのかどうか、筆者としてははなはだ心もとない。読者の皆様のご叱正を心からお願い申し上げる次第である。

 

 二〇一〇年初冬                          風旅人(かぜのたびと)