目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


終章 七一一年夏―冬

終章 七一一年夏―冬 1

 終章 七一一年夏―冬


 

 阿礼が去ったあと、安萬侶は直ちに古事記上つ巻をひもどいた。想像をはるかに超えた出来栄えだった。書き手は妻の由衣だといった阿礼に、安萬侶は尋ねた。「由衣殿はどこで文字を習得されたのか」「妻は出雲国の出で、杵築の社(きづきのやしろ)の巫女だった時に文字に親しみましたが、あとは独学でございました」という阿礼の答えを聞いた安萬侶は、在野の女性による筆録だとすれば書き直しが必要だろう、そうすれば当然のこと、天武が問題にした箇所も改変に至るだろうと考えていた。ところがそうではなかったのである。
 中つ巻、下つ巻と読み進めるにつれて、どれも朝廷の学者たちの筆力をしのぐ文体で書かれていることを安萬侶は知った。そして天武が改変を迫ったはずのところも、父がいった通り、そのままの方が良いと思った。書き直しの余地はなかった。それどころか、古事記はすでに完成された作品としてその存在を主張している。安萬侶はこれをこのままの形で世に出すべきだと考えた。
 本文をかえないまま、本巻(書)の出版を可能にする方法はあるだろうか。一つだけ思い付く方法があった。古事記三巻を本文にし、それに序を付ける。そしてその序に、「本書(巻)は天武が発案・創作し、阿礼が記憶・口誦し、それを自分安萬侶が筆録・編集した」と記せばいい。そうすれば今上天皇も出版にお墨付きを与えて下さるだろう。


終章 七一一年夏―冬 2

 だがそうすると事実を偽ることになる。創作、筆録に命をかけてきた阿礼とその妻由衣の立場はどうなる。夫婦の果たした本当の役割を明らかにしつつ本巻を公刊する方法はないだろうか。安萬侶は頭を抱えた。
 そうだ、序文を本文とは異なる文体にしてはどうだろう。由衣が書いた古事記本文は和漢混淆文だから、それと違うものであることをはっきり示せるように、序は漢文体で統一し、そこに私の署名を入れる。序を一読すると古事記作成の功労者は天武と自分だということになる。しかし洞察力をもって再読すれば、これが語り部阿礼とその口誦を書き取った者の功績であることがわかる。そんな仕掛けを用意するというのはどうだろう。
 序の体裁を、臣下である自分が本巻を今上天皇である元明女帝に献上する、という形の上表文にしよう。その上表文も自分が一から書くよりも、権威あるものをモデルにした方がいいかもしれない。
 そうだ、唐の長孫無忌(ちょうそんむき)が、修撰を終えた『五経正義』を、高宗に献上する際に書いた上表文、「進五経正義表」を下敷きにするのがいい。「唐の太宗が王化の根本である『五経正義』の字句の解釈が乱れたのを憂い、大学者孔頴達(くえいたつ)にその修撰を命じた。しかしこれは完成に至らず、次帝の高宗がそれを惜しんで重臣長孫無忌らに完成を命じた。彼らはその命に従って役目を果たし、修撰し終えた『五経正義』を高宗に献じた」という内容の、あの上表文を使おう。


終章 七一一年夏―冬 3

 太宗を天武、高宗を元明に、孔頴達を稗田阿礼、長孫無忌を私太安萬侶に置き換え、修撰前の『五経正義』に相当するものとして『古事記』ではなく、それを作成する上で原資料となった『帝紀・本辞』を使うことにする。
 また「進五経正義表」では「太宗が孔頴達に『五経正義』を修撰させた」とあるが、この「修撰」という語句に代えて「誦習」を使い、「天武が阿礼に『帝紀・本辞』を誦習させた」という形にする。誦習という言葉には二つの意味がある。一つは口で語りながら物語を記憶すること。今一つは口で語りながら物語を創作すること。どちらになるかは一読か再読かによって決まる。
 さらに「進五経正義表」では、高宗が長孫無忌らに与えた役割は未完の『五経正義』の「修撰」である。それに対し、私が元明に与えられる役割は『帝紀・本辞』の「修撰」ではなく、「撰録」にしよう。撰録という言葉にも二つの意味がある。一つは筆録、つまり文字にして著述すること。今一つは編集、すなわち読みにくいところ、わかりづらいところを書き改めたり、註を加えたりすること。どちらになるかは、これも一読か再読かによって決まる。
 こんな設定をした上で、実際に語句・文章をつくるとしたら……安萬侶は文机に向かい、文案を練ることに没頭した。


終章 七一一年夏―冬 4

 〈天武天皇がいわれた。諸家が先代から受け継いでいる記録、『帝紀』・『本辞』には多くの異書・異説が含まれているという。この状況を放置すれば、幾年もたたないうちに、それら言い伝えの本旨は失われてしまうだろう。『帝紀・本辞』は国家行政の根本であり、天皇政治の基礎となるものだから、どれが真実であるかを確かめ、偽りがあればそれを取り除き、これを記述して後世に伝えたいと。
 こう思い立たれた時、たまたまそばに氏を稗田、名を阿礼という舎人がいた。年は二八、生まれつき聡明で、どのような文章でも一度目にすればたちどころにそらんじることができ、一度耳にしたことはしっかりと記憶して忘れることがなかった。そこで天武天皇は阿礼に、これら『帝紀・本辞』を誦習することを命じた。しかしその天皇が崩御されてしまったために、この計画は実現しないまま推移し、その後二代に亘って治世が交代した。
 そうした時を経て即位されたのが元明天皇である。天皇は私安萬侶に中断していた天武天皇の事業を再開し、稗田阿礼が勅命によって誦習した『帝紀・本辞』を撰録して献上せよと命じられた。そこで私は仰せに従い、阿礼が誦習したものを事こまやかに撰録した。内容は宇宙の初めから推古天皇の御代まで。それを上つ巻・中つ巻・下つ巻の三巻に書き記し、これを謹んで献上する〉


終章 七一一年夏―冬 5

 この序文(草案)を一読した読み手は、『古事記』を発案・創作したのは天武で、筆録したのは安萬侶、阿礼は筆録が行われるまで、それを「語りながら記憶し続けた」存在だったというふうに理解するはずだ。ところがそのあと、それとは違った文体で書かれた本文を読み通した読み手は不思議な思いにかられるはずだ。天武の目的は『帝紀・本辞』の乱れを正すことだったはず、本文は正された旧記であるはずなのに、それとは全く違う奇想天外な物語になっている。天皇がこんな作品をつくれるはずがない。彼は発案者であるかもしれないが、創作者では断じてない。そう思った読み手は序を改めて読み直し、「……天武天皇は阿礼にこれら『帝紀・本辞』を誦習することを命じた」というところまでくると気付くことになる。天武が阿礼に命じたのは、口で語りながら物語を創作することだったのだ、つまりこの序には「『古事記』は『帝紀・本辞』をもとに稗田阿礼が創作した」と書いてあるのだということに。
 読み手は次の点にも疑問を抱くはずだ。序文と本文は文体が違うし、内容が一致していない。しかも本文にはところどころで女性の筆致が感じられる。筆録者は安萬侶ではないのではないか、そう思って序を再読する読み手は「……稗田阿礼が勅命によって誦習した『帝紀・本辞』を撰録して」のところまでくると気付くことになる。安萬侶が命じられたのは筆録ではなく、編集だった、つまり「筆録者は別にいる」と書かれていることに。


終章 七一一年夏―冬 6

 残念ながらこの別人の正体、つまり実際に筆録に苦心した阿礼の妻、由衣の存在を明らかにすることはできない。しかし由衣が、阿礼の言葉通り、見返りを求めないいさぎよい一生を送った女性なのだとしたら、たとえ生きていたとしても自分の名は残らない方がいいというだろう。それが本三巻を世に出すための方便なのであるならば。
 この仕掛けが通用するかどうか、文章を多少手直しした上奏文を作成し、元明天皇とその取り巻きの重臣たちに提出してみよう。上奏文には古事記三巻の内容を要約し、これからの天皇政治にとっていかに重要なことを伝えているかを明らかにする。次にはその古事記編纂を思い立たれた天武天皇がいかに偉大な存在であるか、元明天皇がその事業を引き継ぎ、完成させることになれば、その功績は広く称えられ、その名は後世まで語り継がれることになるに違いない、という点を強調しよう。
 このようにして太安萬侶による上奏文は書かれ提出された。これに対する返答は半月後の七一一(和銅四)年九月一八日に、詔書として安萬侶のもとに届いた。「稗田阿礼が天武天皇の勅命によって誦習した旧記を撰録して献上せよ」とあった。成功だった。残された編集作業と写書(写巻)づくりには、恐らく四か月は必要だろう。安萬侶は献上日を和銅五年正月二八日と定めた。そして古事記本文三巻の読みづらいところを手直しし、わかりづらい箇所に註を加えた。また上表文を完成させ、それを序として上つ巻の冒頭に添えた。さらに全てを清書し、大学寮の書司のもとに送った。写書三〇部の作成と装丁のためである。


終章 七一一年夏―冬 7

 古事記オリジナルは、安萬侶がこの日と定め序に記した七一二(和銅五)年正月二八日に、三〇部の写巻と共に元明天皇に献上された。

 

 同時並行して編纂されていた『日本書紀』は、先に世に出た『古事記』―特に上つ巻の神話篇―に大きな影響を受けて、本文三〇巻系図一巻に再編集され、八年後の七二〇(養老四)年に元正(げんしょう)天皇に撰上された。さらに七一三(和銅六)年、諸国に編纂の官命の出た地誌(地理書)の一巻、『出雲国風土記』(当時は『出雲国解文〈げぶみ〉』といわれた)も、『古事記』―序のスタイルも含めて―の影響を強く受けて編集され、二〇年後の七三三(天平五)年に提出される。

 

 その間、古くから海の神と共に日の神を祀っていた伊勢国の地方神社、伊勢神宮が天照大御神を天皇家の皇祖神として祀るようになった。また、初め海の神・水の神・蛇神を祀っていた出雲国の杵築の社(きづきのやしろ)が、大国主神を主祭神として祀るようになり、杵築大社(きづきのおほやしろ・後に出雲大社)と呼ばれるようになる。(完)

 


終章 参考文献

 参考文献
赤城 毅彦(著)『「古事記」「日本書紀」の解明―作成の動機と作成の方法―』文芸社 二〇〇六年
井上 辰雄(著)『熊襲と隼人』(歴史新書) 教育社 一九七八年
荻原 千鶴(全訳注)『出雲国風土記』(学術文庫)講談社 一九九九年
熊谷 公男(著)『大王から天皇へ』(日本の歴史 第三巻)講談社 二〇〇一年
熊谷 公男(著)『蝦夷の地と古代国家』(日本史リブレット一一)山川出版社 二〇〇四年
倉野 憲司(校注)『古事記』(岩波文庫) 岩波書店 一九六三年
黒岩 重吾(著)『天の川の太陽』改訂版 上・下(中公文庫)中央公論社 一九九六年
黒岩 重吾(著)『落日の王子―蘇我入鹿―』上・下(文春文庫)文藝春秋 一九八五年
黒崎 直(著)『飛鳥の宮と寺』(日本史リブレット七一)山川出版社 二〇〇七年
神野志 隆光(著)『古事記と日本書紀―「天皇神話」の歴史―』(現代新書)講談社 一九九九年
次田 真幸(全訳注)『古事記』全三巻(学術文庫)講談社 上一九七七年・中一九八〇年・下一九八四年
寺沢 薫(著)『王権誕生』(日本の歴史 第二巻)講談社 二〇〇〇年
福永 武彦(訳)『現代語訳 古事記』(河出文庫)河出書房新社 二〇〇三年
宮本 長二郎(著)穂積 和夫(イラスト)『平城京―古代の都市計画と建築―』草思社 一九八六年
渡辺 晃宏(著)『平城京と木簡の世紀』(日本の歴史 第四巻)講談社 二〇〇一年


終章 おことわり

 おことわり
 本書は現存する日本最古の歴史書・文学書といわれている『古事記』を主題にした小説で、関連上数多くの大王・天皇が登場する。その名を挙げる時、本来ならば生前の実名で統一すべきなのだが、ここでは現代人に馴染みのある、推古・天武といった漢風諡号(かんぷうしごう)を使うことにした。諡号は没後の諡(おくりな)。本書に登場する大王・天皇の漢風諡号は八世紀後半、奈良時代の貴族によって撰進されたもので、『古事記』が書かれた時代にはまだ存在していない。存在しない漢語の名称に頼るのは妙だが、そうした方が現代の読者の理解が得やすいはずだと考え、漢風諡号を基本とすることにした。
 本書はまた古い時代の長い時間の経過を扱うために、年次・月日を特定する暦が欠かせない。『古事記』創作の時代に使われた暦は中国王朝の暦に基づく和暦で、七〇一年施行の大宝律令以前は干支(かんし)、それ以後は元号である。本来ならばそれに従うべきなのだが、これもまた現代人には馴染まない。当時の日本に全く存在しない暦を用いるのは邪道だと思いつつも、馴染んだものに勝るものはないという理由から西暦を基本とした。
 本書ではさらに現代的表現が多用されている。とりわけ目につくのは外来語のカタカナ表記である。『古事記』がつくられた時代にそんな表現・表記があるかといわれれば一言もないが、それに代わりうるものをいろいろ探した挙句、古い時代のことを記述するにもやはり人々が共有する現代語によるしかないという結論に落ち着き、そのままにした。