目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


一三章 七〇七年秋―七一一年夏

一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1

 一三章 七〇七年秋―七一一年夏
 

 

 七〇七年一一月、文武の喪葬儀礼が終了した。これと共に中断していた遷都の動きが加速する。遷都先は、阿礼が予想したように大和盆地北端、平城(なら)の地となった。七〇八年二月元明は平城京への遷都の詔を出し、九月には平城山に連なる佐紀(さき)丘陵の南斜面の整地作業をスタートさせた。新都のモデルとなったのは藤原京だった。旧都を基準に、それを三倍以上に拡大する形で新都のプランがつくられた。
 まず大路・小路の道路づくり、それによって区切られる町(坪)づくりが行われ、次いで京域を流れる河川の付け替え、堀川の掘削、それに渡す橋づくりが進められた。これら一連の工事が進捗する中で、移築作戦がスタートした。藤原京では宮殿、役所、貴族・役人の邸宅、庶民の住宅が次々と解体された。中ツ道や下ツ道のはたに立つと、梱包された部材が延々と人の肩や背あるいは牛車によって運ばれていくのを見ることができた。また下ツ道にそって掘られた運河のほとりに立つと、掘立柱を初めとする重量物を運ぶ筏や船の長い列を眺めることができた。


一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2

 新都造営に明け暮れる周辺を遠くに見ながら、由衣の書づくりが進行した。作業は予想をはるかに超えて困難なものとなった。語り部の口誦・歌謡を文字に置き換えて書にするなどという前例はなかったからである。ただ全くの手探りだったわけではない。由衣の前には、文字による新しい日本語(和語)をつくろうとした先人たちの血のにじむような努力の歴史があり、その成果があったからである。
 この国の祖先は、和語という独特の音声言語をつくり上げてきたが、それを書き表す独自の文字言語は生み出さなかった。その先人の出会ったのが、中国の文字、漢字だった。漢字は中国語を書くための文字で、言語の基本構造の異なる日本語を表記するのには実に不便だった。不便さを回避するには、母国語を捨て中国語に切り替えるという手もあったが、先人たちはそれをいさぎよしとせず、和語を使い続け、それを表記するのに厄介な漢字を使いこなす道を選んだ。
 最初は中国本土や朝鮮半島からの渡来人の手を借りた。彼らの助けによって漢文を日本語で読み解く方法、つまり漢文訓読法を考え出し、次に自らの手で漢文を書く経験を積み上げた。自分たちの言葉が持つ独自の表意にこだわりつつ、漢字・漢文の中から字義が合致する字・字文を見つけ出したり、見つからない時にはそれらを組み替えたり、造字・造文をしたりした。
 初めは漢字の字音だけを用いた漢文体だった。漢字は表意文字で一字一字に意味があり、また中国語としての音を持つ。先人たちはその中国語の字音を、その漢字と共に借用して自らの言語に適応させた音をつくりだした。つまり自らの言語の音韻体系・音節構造に適合するように変形させた音をつくりだし、漢字とその字音だけを使って日本語を表記したのである。


一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3

 七世紀前半の推古期になると、音の代わりに、漢字の表わす語の意味を日本語に訳した、字訓が考案された。先人たちはその字訓と字音を組み合わせて和語を表記する、音訓交用の変体漢文体を創出した。
 さらに七世紀後半の孝徳・斉明期になると、漢文体・変体漢文体のほかに、仮名(万葉仮名)を使うようになった。言語構造の異なる中国語の文字、漢字で日本語を表記する時、最も厄介だったのは地名・人名といった固有名詞だった。その固有名詞を表記するために、漢字の持つ意味を捨て、字音のみを使うようにもなった。字音仮名である。さらには漢字の字訓の方を使って、尾治(をはり)・小治田(をはりだ)などと表音的に書く工夫も生まれた。字訓仮名である。
 由衣は、先人が積み上げたこうした成果を駆使し、必死になって阿礼の口誦・歌謡を文字に変換した。阿礼の語り聞かせになるべく近づけようと漢文を減らし、なるべく音と訓を交えた音訓交用の変体漢文体、さらには字音仮名・字訓仮名を少しで多く取り入れようと心掛けた。
 問題は、夫の口をついて出る言葉の一語・一句を、字訓をもとにそれに当たる漢字を探して書くと、その漢字の意味と和語の意味がぴったりと合わないことだった。また字音をもとに一音一字漢字を借りて並べると、文がだらだらと長くなりすぎることだった。
 由衣は試行錯誤しながら、漢字の訓と音を巧みに組み合わせる和文表記法を編み出した。もちろんこの和漢混淆文では表記できないところもあった。そんなところは大雑把な表記をしておいて読み手の理解力に任せるというやり方をした。


一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4

 そうした工夫を凝らしても、どうしても解決できない問題があった。口誦と文字の根本的な違い、さらにいえば阿礼の独特の語り口をどう文字で表現するかという問題だった。阿礼の口誦にはリズムがある。同じ詞章を繰り返すことによって、多数の神々の名を連ねることによって、リズムを生みだしている。どの話にも人間の五感で感じ取ったおかしさがある。不思議さがある。感動がある。真実をつくような想像力・表現力がある。しかしこれを文字に置き換えると、しかも自分の貧弱な語彙、つたない文章力でやると、夫の語りの半分も伝えられない。
 阿礼の語り聞かせには、聞き手を話に引き入れようとする強引さがない。聞き手は知らず知らずのうちにその語りの世界に入り込み、同じ舞台を共有する共演者になってしまう。この不思議な技をどうしたら文字に置き換えることができるか、由衣はいつも自分の限界を強く感じ続けながら上つ巻づくりを進めた。
 中つ巻と下つ巻づくりに当たっては、その構成に多少の変更が必要となった。阿礼が創作した古事語中つ段は初代神武(じんむ)から一四代仲哀(ちゅうあい)まで、いずれも実在しない架空天皇一四人の叙述、下つ段は一五代応神(おうじん)から三三代推古まで、どれも実在した天皇一九人の叙述からなっている。これをそのまま文字に起こして中つ巻と下つ巻にすると、両者の間で分量の違いが際立ってくる。由衣はそれを調整しようと、下つ段冒頭の一五代応神を中つ巻の最後尾に移動させ、下つ巻は一六代仁徳(にんとく)から始まるように編集計画を立て直した。


一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5

 この中・下二巻は分量はあるが、表記は上つ巻よりも多少は楽になるはずだった。内容は阿礼が天武から預かった『帝紀』・『本辞』をベースに、各天皇の系譜とそれにまつわる物語を簡潔に叙述したもので、文字化に当たっては元のテキストを参照することができると思われたからである。でも実際は違った。
 一連の作業を由衣は一人で続けた。筆録者を前に何度も何度も語りを繰り返す阿礼も大変だったが、聞き取りをし、それに合う文字を探し出し、それを文章に組み立てて巻き紙に認めていく由衣の苦労は並大抵ではなかった。しかし由衣はその苦労を口にしなかった。これまでの人生でそうであったように、由衣は筆録作業に、心をときめかすようにして取り組んだ。作業は四年に亘った。
 中つ巻を終え、下つ巻の二三代顕宗(けんぞう)のところまできた時、由衣の命は残りわずかとなった。由衣は命を惜しまなかった。まだ仁賢(にんけん・二四代)から推古(三三代)までの叙述が残っていた。あと一〇人の天皇の系譜と物語を全て記述する余力はないと判断した由衣は、彼らの系譜だけを筆録しようとした。阿礼が誦する諸天皇の系譜の筆録に集中しつつ、由衣は生命のエネルギーを高め続けた。そしてでき上がった三巻の冒頭に、古事記(いにしえのことぶみ・こじき)上つ巻・古事記中つ巻・古事記下つ巻と標題を入れて筆を置く瞬間に、生命のエネルギーを最高度に高め、その勢いのままにあの世に駆け上がった。


一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6

 出会って四〇年、由衣は常に前向きでありながら見返りを求めない、いさぎよい一生を送った。その由衣が先立った時、阿礼はこれで自分の役目もまた全て終わったと思った。残された古事記三巻を、阿礼は多臣品治に託そうと考えた。受け取ってもらえるかどうかはわからなかったが、阿礼の耳元には、天武と讃良を前にした最後の語り聞かせの折、同席した品治が別れ際にいった「頼みがあったらいつでも訪ねておいで、その時には何でも相談に乗ろうではないか」という言葉が強く残っていたのである。その声は、由衣との共同作業が進むにつれて響きを増し、もし書になったら品治と再会しようというあつい想いに結晶していた。
 七一一年夏、阿礼は遷都後平城京に用意された品治の本貫地、左京四條四坊を訪ねた。邸宅はこの一角を東西に流れる東堀川(ひがしほりかわ)に面していた。対応に出たのは品治ではなく、息子の安萬侶だった。面差は受け継がれていたが、安萬侶の顔には戦乱を駆け抜ける中で品治が身につけたあの剛毅さはなかった。表情は優しく、物腰も穏やかだった。
 その安萬侶に向かって阿礼は自分の素性を述べ、品治の消息を尋ねた。答える安萬侶の声には、まるで旧知の間柄のような親しみがにじみ出ていた。「私は品治の息子で、故あって名字を〈多〉から〈太〉に改めた太安萬侶です。父品治は昨年五月、六七歳で亡くなりました。遷都にともないこちらに移って間もなくのことです。父は死の直前、あなたを懐かしみつつ、天武があなたに託した使命について、しかもその使命が果されないままになっていることについて私に語りました。さらにいつかあなたが訪ねてくるはずだが、その時には自分に代わってお前が力を貸せと、そういい残しました。ですから、私はあなたについても、あなたの用向きについても存じ上げているつもりです」


一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7

 全てはこれで報われた、と阿礼は思った。あとのことは安萬侶に任せよう。「古事語」として語り始められたものが、文字に起こされ「古事記」として完成するまでに何故三十数年の歳月が流れたか、そして下つ巻の二四代仁賢から三三代推古までの一〇人の天皇については、どうして系譜の記述だけで終わっているのかを阿礼は簡単に述べた。そして「これは天武天皇が御発案になり、私が創作・口誦し、今は亡き妻の由衣が筆録したものです」といって古事記三巻を差し出し、安萬侶邸を辞したのである。
 翌朝阿礼は、平城京の東に位置する若草山に登った。頂から南にかすむ旧飛鳥京をしばらく眺めたあと、都を去った。
 阿礼が再び姿を現したのは妻の故郷、出雲国・出雲郡・杵築里(きづきのさと)だった。彼にはここで果たさねばならぬつとめが一つ残っていた。由衣の散骨である。阿礼は自らの手で焼いて砕き壺に収めた妻の遺灰を背負って日御碕(ひのみさき)に向かった。海辺にそった街道の松並木越しに、夕陽に染まり始めた佐比売山(さひめやま・三瓶山・さんべさん)が見える。由衣と共に歩いた懐かしい山だった。夕暮れの日御碕にしばらく佇んだあと、阿礼は波打際に寄り、遺灰を静かに北の海に流し入れた。
 翌日、阿礼は出雲の港から大宰府行きの船に乗った。大宰府からは東シナ海を横断する南路を取って揚州へ出るつもりだった。最終目的地は、再興された唐の帝都長安だった。