目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏

一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1

 一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏


 

 東北日本への旅は七〇三年から七〇五年にかけて、西南九州への旅は七〇五年から七〇七年にかけて、合わせると四年の長旅となった。いずれも行く先々で語り聞かせをして二人分の生活費と路銀を稼ぎながらの旅だったが、七年に亘ったあの語り旅のころと比べると、途上行き会う地方住民の様子が驚くほど違っているのに気付かされることとなった。
 若い阿礼が最初に語り旅をしたのは天智期に当たっていた。天智朝は、改新政権(孝徳朝)が打ち出した、大王を頂点に全ての民をその公民(おおみたから)として一元的に支配する体制づくりを継承しつつ、それをさらに推し進める政策の実現をめざしていた。在地豪族の支配領域を統合・分割して全国に設置した孝徳朝の評(ひょう・こおり)制を引き継ぎ、その上位に評を複数束ねた広域の行政単位、国(くに)を設置した。そしてこの国―評制を統轄する地方官、国宰(こくさい・くにのみこともち)を常駐させて地方の直接支配を試みた。
 また評よりも狭い行政単位、五〇の戸を一単位とする「五十戸(さと)」をつくり、この評―五十戸制によって各地の住民の生活をより細かく把握しようとした。旅が終りに近づいた六七〇年は、この国―評―五十戸制を駆使して全国的規模の戸籍(その年の干支に因んで庚午年籍〈こうごねんじゃく〉と呼ばれた)を作成し、九州から関東に広がって暮らす住民の詳細把握に大きく前進した時期でもあった。


一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2

 しかしこの天智朝による中央集権的支配は、地方にはまだ十分に浸透してはいなかった。各地の住民の暮らしも通常は自らを生み育んだ村の中でおさまり、その上位に位置づけられた評とかかわるのは災害や戦いの発生といった非常時に限られていた。地方民には国に属しているという意識はほとんどなく、中央政府のある都ははるかかなたの存在だった。ましてや都を外れた他国のことなどおとぎ話の世界だったのである。
 そうした人々を相手に、当時の阿礼は都を舞台にした政変や事変、都人のきらびやかな生活様式、旅で回った各地の伝承・伝聞をもとにしてつくった事語(ことがたり)を披露しては喝采を浴び、食い扶持や路銀を稼いで旅をしたのだった。
 ところが今回の二人旅では、前と同じような語りをしていたのでは通用しないことを痛感することとなった。三〇年の間に自分たちの住む世間について、それを取り巻く世界について、人々の考えがおおきくかわっていたからである。
 この変化は、天武が構想し、妻の持統が引き継いで完成させた律令制国家がもたらしたものだった。七〇一年律令国家は大宝律令を制定し、列島各地の住民を天皇制国家の公民として再編成する新たな統治体制を打ち出していた。中央政府が住民に直接耕地(口分田)を支給(班田)する体制である。


一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3

 これによって列島の男子には二段(たん・一段は一一八八平方メートル)、女子には男子の三分の二、子供に対しても、六歳をすぎると、大人と同じ広さの口分田(男子は二段、女子はその三分の二)が手渡されることになったのである。
 同時に、支給した土地の見返りとして列島住民の男子には、租・調・庸・雑徭(ぞうよう)・兵士役(へいしやく)といったさまざまな負担が課せられることになった。租は口分田の収穫に対して課せられる税で、一段当たり二束(そく)二把(わ・一束は一〇把、米五合)、収穫量の約三パーセントに相当した。調はその地の特産物(繊維製品・海産物など)による課税、庸は年間十日の労働(歳役・さいえき)のかわりに二丈六尺の布を納付させるものだった。
 雑徭・兵士役は、二一歳から六〇歳までの正丁(せいてい)と呼ばれる男子に課せられる負担で、雑徭は自国内での労働負担、兵士役は全国に配置された軍団に配属され、征夷・外征・反乱の鎮圧・防人の任に当たる負担だった。
 こうした口分田の支給やそれに対する賦課を実施するには、その基となる戸籍の作成・農耕の振興・治安の維持といった行政的諸施策が欠かせない。それを遂行するために、国(くに)―郡(こおり)―里(さと・り)という三階層からなる行政単位(組織)が設置されていた。


一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4

 里は人々の生活単位となる集落(村)を母体に、そこに暮らす複数の家族からなる戸を五〇束ねた最小の行政単位で、天智朝の五十戸(さと)をその前身としている。里を治めるのが里長(さとおさ・りちょう)で、さとおさは里の構成メンバーである各戸の掌握・納税催促に当たる。戸を束ねるのが戸主(こしゅ)で、戸主は戸を構成する家族メンバーの血縁関係・姓名・年齢といった自己申告データ(手実〈しゅじつ〉と呼ばれた)を作成・提出する役目を負っていた。
 郡は里を複数集めた行政単位で、孝徳朝、天智朝が全国に設置した評(こおり・ひょう)を引き継いだもの、郡の長官、郡司(ぐんじ)は評の長官だった評督(ひょうとく)をその前身としている。郡司は在地の豪族層から選ばれたが、その処遇はかつてと比べて大きくかわっていた。その地位に就くには中央による任用試験(試練〈しれん〉と呼ばれた)が課せられるようになったからである。郡司候補者は国司(こくし・国宰から名をかえた)に引率され式部省に出頭して試練を受け、合格者は太政官による任官儀式を経なければならなくなっていた。
 その郡司が務める行政府が郡家(ぐうけ)で、大宝律令制定時に六〇〇程あった。郡家は里の各戸が提出する手実に基づいて、口分田の受給者、課税対象者の名簿(歴名〈れきめい〉と呼ばれた)の作成に当たっていた。


一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5

 国は天智朝のそれを受けたもので、郡を複数集めて人為的に束ねた広域行政単位である。大宝律令が制定された時期には六〇程あったが、その分置・併合はその後もずっと続いていた。国の長官は中央政府から派遣された国司(国宰をその前身とする)で、中央による支配を貫徹させるため、在地の豪族がそれに任じられることはなかった。
 その国司が配下の郡を束ねるための役所が国府(こくふ)である。国府は当初、それが置かれた郡の郡家に併設されたが、国司による在地の直接支配の確立をめざし、徐々に独立した建造物となっていた。国府は各郡から送られてきた歴名をもとに目録(帳簿)を作成し、それを毎年中央に送ることによって、政府が全国各地の住民(公民)に対して班田・課税し、公民を直接支配する体制を支えていた。
 こうした階層的行政組織を通して支給されたのが口分田で、それは、地方人の生活を維持・向上させる上で決して十分な広さを持つものとは思えなかったし、それによって自らが産出した収穫に課せられる負担は限りなく重くなるように感じられたが、人々は生活の基盤となる田畑が中央から分け与えられ、それによって生んだ成果の一部が中央に還っていく仕組みに馴染んでいくにつれて、自分たちが律令国家の公民になったという意識を定着させていったのである。


一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6

 とりわけそれを実感していたのは各地の正丁たちだった。正丁に課せられた負担のうち、調と庸の二つは中央政府の財源で、政府はそれを納税義務を負った正丁に自ら中央まで運ばせることを義務づけた。調庸物を運ぶ正丁を運脚(うんきゃく)と呼んだが、運脚は各戸の正丁の中から交代で選出され、国府に集合してキャラヴァンを編成した。キャラヴァンは国司に引率されて上京し、納税物の検査が済むまで藤原京に滞在したのである。
 正丁にはまた雇役(こえき)が課せられていた。雇役は国司によって組織される有償労働で、給与が支給され、雇用期間の上限も五〇日に定められてはいた。しかし実際には雇用される側の都合はほとんど考慮されることはなく、各地の正丁たちは、律令国家によるこの一方的な指令に基づいて都に滞在し、宮や京で必要とされるさまざまな土木・建設作業に従事した。正丁はこうした義務を何度か果たすことを通して、自国と中央とのつながりが強く、太くなっていくことを誰よりもよく認識していたのである。
 律令国家による交通網の整備も、地方人の意識をかえるのに大きく貢献していた。律令政府は約六〇ある国々を列島規模で交流させるために、それぞれの国府を最短距離で結ぶ新しい幹線道路の建設に着手した。それが実現し、京を中心に東に三本、西に四本の新幹線道路が延びていた。北陸(ほくろく)道・東山道・東海道の三道と、山陰道・山陽道・南海道・西海(さいかい)道の四道である。東西合わせた七道にはほぼ三〇里を目安に駅家(えきか)が設置され、通信のための駅馬(えきば)が配備されていた。また幹線道路に近い郡家(ぐうけ)には、律令制以前から在地豪族の拠点同士を結ぶ通信手段として使われてきた伝馬(でんば)が置かれていた。


一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7

 七道の結節点となる国境には、ヒト・モノの移動、情報の伝達をチェックするための関所が設けられ、各国の秩序と旅の安全が確保されるようになっていた。畿内から東に向かう幹線道路の基点には大掛かりな関所が置かれていた。北陸道・越前国の愛発関(あらちのせき)、東山道・美濃国の不破関(ふわのせき)、東海道・伊勢国の鈴鹿関(すずかのせき)の三関(さんげん)がそれで、いずれも謀反人や反乱軍が畿内から東に向かうのを阻止し、西国と比べて国づくりの歴史の浅い東国に混乱が及ぶのを防ぐ役割を果たしていた。
 この新幹線道には以前とは比較できないほど多くの人々が行き交い、これまでの規模をはるかに超えるモノや情報が流通していた。これによって地方人は自国について、他国について、それらから構成される律令国家について、さらにはそれを統治する天皇について思いをめぐらし、それをこれまで想像できなかったほど身近に感じるようになっていたのである。
 そうした人々を前に、阿礼はこれまでとは全く違った語り聞かせを始めた。この阿礼による新しい語りこそ、天武の命によって自らが創作した古事語だったのである。最初はなかなか馴染んでもらえなかった。しかし語り口をかえたり、語る内容をはしょったり加えたりしながら工夫を凝らしていくうちに、耳を傾けてくれる人の数は着実に増えていった。
 中でも聞き手が面白がったのは、〈伊邪那岐命と伊邪那美命による国生み〉、〈天照大御神が隠れた天の石屋戸神話〉、〈須佐之男命による八俣の大蛇退治〉、〈大国主神が助けた稲羽の素兎〉のくだりだった。阿礼は人々の耳と目をそこに引き付けながら、古事語にこめた自らの想いを語った。


一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8

 天武が死んで十数年、阿礼の頭には「古事語づくりは人に知られぬように……完成して書になるまで作業は全てナレの手でやれ」といった天武の言葉が強く残っていて、作品となった古事語を人前で語ることをしないできたが、各地をめぐるうちもはやその命に縛られる必要はないと思うようになった。天武が願った通りに歴史が進み、天皇を頂点とする一君万民の律令的統一国家が姿を現していたからである。そして天皇家は列島を統治する正統性を持つ唯一の存在であるという、天武が古事語に託したメッセージを人々が自然に受け入れる下地ができたと感じられるようになっていたからである。
 古事語の内容を変更する必要性がなくなったことをも、阿礼は確信するようになった。王権支配の正統性は最初から与えられているのではなく、支配者が自らに課せられた義務を果たすことによって約束される。王権継承の正当性は、支配する者がされる者との間で交わした約束を果たし続けることによって保障される。古事語にこめたこの哲理を人々はすでに十分に理解し、その実現を願う存在になろうとしている。そして人々がそれを強く求めるようになれば、王権もまたそれに従わざるを得ないはず、それによってこそ律令国家は発展のさらなる可能性を切り拓いていくのではないか、そう信じられるようになっていたからである。
 こうして古事語を聞かせる試みが、東北日本と西南九州を結ぶ新幹線道路沿いの村々で続けられていったのである。ただ二人がその最終目的地である北の蝦夷国(えみしのくに)と南の隼人国(はやとのくに)を漂泊している間はこれを中断せざるを得なかった。これら辺境でも律令国家による国づくりは進行中だったが、そこに生きる原住民に古事語が受け入れられる条件は全くといってよいほどまだ整っていなかったからである。旅の語り部とその妻は、ここではむしろそこに暮らす人々の語る言葉に耳を傾けることになった。