目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


二章 六七四年初秋

二章 六七四年初秋 1

 二章 六七四年初秋


 三か月後、阿礼は再び天武に呼ばれた。内裏に行くと、人目につきにくい一室に通された。一隅に机が二つ置かれていて、それぞれに巻き物の束が載せられていた。
それに顔を向けながら、天武は話を始めた。
 「ナレから見て左の机にあるのは、『帝紀(ていき)』あるいは『帝皇日継(ていおうひつぎ)』といわれているものの写しだ。歴代大王の皇統譜で、当帝の名、前帝との続き柄、政を行った宮の名と在位年数、妃・皇子・皇女、享年・陵墓などが記されている。右手の机にあるのは、『本辞』あるいは『旧辞』と呼ばれているものの写し。大王家や有力氏族の家々に伝えられた詞章や物語、儀式や行事の縁起、さらには渡来人やその子孫の記録などが書かれている。両方を合わせて、〈旧記〉と呼んでおこうか。
 旧記の原典となったのは、推古期に編纂された『大王記』と『国記』だが、両記はもともとそれ以前から伝えられてきた神話・伝承をまとめたもので、記述の内容も少なく、文章も素朴だった。欠史個所もあり、企画された推古期までいかず未完で終わったために、これまでにどれだけ多くの手が加えられてきたことか。意図的に改変されたところもあったはずだし、伝承の過程で写し間違えられたところもあったはずだ。


二章 六七四年初秋 2

 それを原典に書き継ぎ、写し継いできたのが、これらの『帝紀・本辞』だ。当然のことながらそれぞれの間に異説が生じているが、これからナレが取り組む歴史物語づくりには役立つはずだ。渡しておこう。ところで、これからナレがつくる物語の標題を何とするか?」
 阿礼は間髪を入れず、準備してあった題名を口にした。
 「古事語(いにしえのことがたり)と呼ぶのはいかがでしょうか」
 天武も即座に応えた。
 「いいだろう。そこで阿礼、古事語に関連して、ナレに伝えておかねばならぬことが一つある。実は古事語と並行させ、今一つ、天皇家の正統性、天皇が支配する国家―日本国―の存立性を主張するための歴史書の編纂を構想中だ。こちらは対外向けだ。ワレは今後中国王朝・唐と対等の外交関係をつくりたいと思っている。そのためには少なくとも自国の歴史を伝える書がなければならない。対外向けの史書の編纂は推古朝以来試みられてはきたが、十分ではなかった。その完成をめざし、それを契機にこの国を大陸と対等の国家にする。その好機が今やっとめぐってきたのではないかと考えているのだ。


二章 六七四年初秋 3

 振り返ってみれば、この国の対中国外交は常に朝貢の歴史だった。その朝貢史が始まったのは前一世紀のことだと伝えられている。当時の東アジア最大の国家、前漢の武帝が領土の拡大をはかり、周辺の異民族を漢王朝に同化させる柵封(さくほう)体制を敷き、東の出先機関を朝鮮半島に置いた時のことだ。そこに早速入貢したのは、当時列島で最も栄えていた北部九州を代表する部族(豪族)的国家(クニ)だと思う。
 当然のことながら彼らには自己を証明する歴史書などあるはずがない。持っていけたものは土地の産物だけだったはずだ。両者の国力に絶対的な差があり、対等の外交など望むべくもない時代だった。存在を認めてもらえるだけで十分としなければならなかった。それが朝貢だった。
 彼らはその見返りとして、中国皇帝から倭王に任じられたことだろう。大国中国に、列島の王者として認められたことは大きかった。このことは国内における彼らの立場を強固なものにし、彼らが周辺諸国を従えるのに大きく役立ったはずだ。一世紀、そうした豪族的国家の末裔国の一つとなったと思われるのが、『後漢書』東夷伝に記された倭の奴国(なこく)だ。
 二世紀、列島つまり倭国は、複数の部族的国家が手を結ぶ国家連合の時代を迎える。連合国家は次第にその中心勢力を北部九州から中・東部瀬戸内に、さらには近畿に移しつつ支配領域を拡大していく……」


二章 六七四年初秋 4

 天武が一息入れたところに、阿礼が口を挟んだ。
 「その一連の流れを受け、三世紀初頭に誕生するのが、前回のお話にあったヤマトの連合政権なのですね。西日本各地の豪族的国家連合群が手を握り、大王を共立し、大和盆地南東部纏向(まきむく)の地に王都を置いて、新生倭国の代表国家連合となったと伺いましたが……」
 「その通りだ。いずれにしても二世紀以来列島に出現した連合政権は、ヤマト王権も含めてどれも中国の歴代王朝に朝貢し、中国皇帝を主としそれによって組織される帝国的世界の中に従として身を置く君臣関係、すなわち柵封体制に入った。それによって己が国家連合の立場を強化し、統一を進めようとしたのだ。
 それが五世紀の終わりごろになると変化する。ワレらの一族がヤマト王権の盟主としての地位を確立すると同時に、各地の地域社会を従え、列島の統一を確実にした雄略(ゆうりゃく)の時代だ。雄略は、四七八年の南宋への朝貢を最後に、中国王朝と決別し、その柵封体制から離脱する行動に出る。そうしながら彼は、自らを〈治天下大王(ちてんかだいおう)〉と称した。つまり自分は天下というこの国独自の支配世界を有し、それを治める王中の王だと規定し、その地位の正統化に中国皇帝の権威を必要としない支配体制づくりをめざすのだ。この治天下大王体制は五世紀末から六世紀代を通じ、一二〇年以上に亘って進められる。
 この歴史の積み重ねの上に、中国と対等の外交関係を結ぼうとしたのが七世紀の推古朝だ。推古朝は当時中国を再統一した隋を相手に交渉を再開、第二回の遣隋使の時に国書を携え、手渡した。国書には『日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無(つつがな)きや云々』というふうに、自国の王の称号を、中国皇帝のそれと同じ天子にした一文が記されていた。


二章 六七四年初秋 5

 使節団によるこの外交交渉は失敗だったようだ。中華思想では世界の天子として存在が許されるのは中国の天子ただ一人、その天子を東の辺境国の王が名乗るというのは笑止だと相手にされなかったからだ。推古朝はこの失敗を通して、対等国になるにはもっと実を上げなければならないことを痛感した。まずは王家の尊厳を示す必要がある。そのためには輝ける過去を証明する史書をつくらなければならないと。そうした思いで編纂されたのが、ここにある『帝紀』や『本辞』のもとになった『大王記』と『国記』だが、対外的な歴史書として通ずるとはとても思えないような代物だった。
 史書だけの話ではない。この国の実力そのものが十分ではなかった。その後歴代の王朝はそれぞれに国力の増強に努めてきたけれども、残念ながら現状は隋を引き継いだ唐に遠く及ばない。実際、唐とその連合国新羅を相手にした白村江(はくすきのえ・はくそんこう)の戦いでは見るも無残に打ち砕かれた。それでも、いやそれだからこそワレは中国と対等の〈隣国〉関係をめざしたいのだ。そのために律令国家の形成を推し進め、その支配者となるのが天皇で、その天皇に統治される国が日本であると宣言したいのだ。それ故に、その後ろ盾となる歴史書をつくりたい。史書の名は国号として定めた日本を使い、『日本書紀』とするつもりだ。


二章 六七四年初秋 6

 そう、『日本書紀』は史書だから、史料となる『帝紀・本辞』は原形をかえず、そのまま忠実に収録させる。異書・異説のうち、信頼性の高いものを選んで本文とし、他の異書・異説はそれぞれ引用する形にさせたい。必要なら『百済記』・『百済新撰』など他国の書を引用させることも考えている。この対外向けの『日本書紀』は国家事業として、いずれ複数の代表編纂メンバーをこのために選出するつもりだ。
 それに対し、古事語においては異書・異説の一つ一つにこだわる必要はない。これら史料を総合し、首尾一貫した一つの物語に仕上げるのだ。これをナレ一人の手でやれ、人に知られぬように。そのためにも創作中の粗筋の断片も、完成した物語も文字にしてはならぬ。
 この国は今、無文字社会から脱しようと、文字の導入に激しい勢いで向かっている。支配層の文字に対する関心は、異常なほど高まっている。文字にすればそれは必ず人の目に止まり、ワレの意図・構想は他者の知るところとなる。
 知った者はナレに手を及ぼすかもしれぬ。自分たちの祖先の地位を高めようとナレを買収しようとしたり、脅迫しようとしたりする者も出るかもしれぬ。この計画は公の事業ではなく、ワレの私的な事業として皇族や豪族の介入を排除して進めねばならない。
 原作が完成した暁には、誰か優れた者の手で文字に起こし、書にしたいと思っている。書名は、ナレが構想した〈いにしえのことがたり(古事語)〉にちなんで『いにしえのことぶみ(古事記)』あるいは『こじき(古事記)』とするのはどうか。いずれにせよそれまでは、全ての作業をナレの頭脳の中でやれ」


二章 六七四年初秋 7

 天武の命令を脳裏に反芻しながら、阿礼は家路についた。飛鳥浄御原宮の南門をくぐると、すぐに東西に走る道にぶつかる。その道を西に向かうと飛鳥川、それを渡った先が川原寺(かわはらでら・弘福寺・ぐふくじ)。歩きながら阿礼は胸を熱くしていた。旧記を忠実に収録して基本となるものを選び出し、それをもとに異書・異説を整理・引用して歴史書をつくれといわれたのだとしたら、自分には全くお手上げだった。天武は、自分がそういう仕事には向いていないということをよく知っていて、古記録を総合・洞察して新しい物語を創作せよといって下さった。
 「阿礼は一目見ただけで全てを暗誦することができ、一度耳にしたことは全て記憶して忘れない男だ」といってくれる人もいる。でもそれは真実ではない。自分が何かを忘れないのは、それが自分の手になるものだからだ。己の特性は、これまでの知見をベースに多彩な素材を組み合わせて新しい物語を創造するところにある。天武はその能力を見抜いて下さった。何とありがたいことか。
 阿礼はさらに、天武がその作業を一人でやれといってくれたことに感謝していた。一人で十分だった。むしろ一人の方がいい。物語の草案をつくるには、これを聞かせる相手は欠かせない。出来栄えを判定する評価者も必要だ。だが彼はその全てを委ねられる最強の援軍を持っていた。妻の由衣(ゆい)だ。


二章 六七四年初秋 8

 阿礼が由衣と出会ったのは今から四年前、瀬戸内を回って吉備から山越えで出雲に入り、出雲(島根)半島北西端の杵築の社(きづきのやしろ・後の出雲大社)に滞在した時のことだった。杵築の社は当時、旅の芸能者のたまり場として知られていた。社は例祭のない時には各地の芸能者を招聘し、出雲評(いずもこおり・評は後に郡)の人々に娯楽を提供するという役割を積極的に果たしていたからである。阿礼がここを訪ねた時、由衣は社の巫女の職にあったが、阿礼の世話役を務めてくれたのである。
 巫女と聞いて阿礼は、その言葉に神と人との間に介在して、人々に神意を伝達する能力、あるいは神霊・死霊といった様々な精霊の憑依(ひょうい)を受けて、その意思を人々に託宣する能力を持つ存在を思い浮かべたが、由衣はそういう能力には恵まれなかったようだった。彼女の特質はそれとは全く別のところ、文字や言葉に長けているところにあった。
 由衣は出雲評・杵築五十戸(きづきのさと・五十戸は後に里)・日御碕(ひのみさき)に位置する海人集落の大きな家に生まれた。幼少のころは海女になるべく鍛えられたが、次第に漢字の読み書きに特別の才能を発揮するようになった。元々の資質もあったと思うが、一族の生業が朝鮮半島との交易であり、家には漢字を操る交易者が出入りし漢字で書かれた文書が常に身近にあったということも大きかったかもしれない。一六歳の時、その才能を見込まれて巫女となり、以来社の書誌を扱う部門にいて文字、すなわち漢字に親しむ仕事をしていたのである。


二章 六七四年初秋 9

 文字は読んだが、ついぞそれを書くことのない語り部の阿礼にとって、文字を操る由衣は驚異の存在に見えた。さらに阿礼は由衣を見ていて、その気質がまさに出雲という風土に由来するという想いを抑え切れなかった。
 出雲の自然は、北は日本海に面した半島、南は重畳たる山地、その間に湖沼や平野が置かれていて、大和とは比べ物にならないくらい多彩である。その多彩な地域の人や物が相互に交流・照応し合って、味わい深い独特の風土をつくりだしている。
 彼女の風はそれに似て、開かれていながら素朴で、ユーモアがありながら一途だった。その多様な要素が場面の違いによって絶妙の組み合わせで表出する。それは阿礼がこれまで出会ったどの女性にも見出すことのなかった気質であった。
 由衣が出雲の神話を語ると、伝承は特別の味わいを醸し出した。由衣は出雲に伝わる数多くの口承を面白おかしく語り聞かせてくれたが、圧巻は、出雲の巨人神が最初にできた出雲国は小さすぎると考えて、他国に余った土地を探し、それに綱をつけて引き寄せ、出雲の北端に出雲半島をつくり上げたという、壮大で痛快な国引き伝承だった。


二章 六七四年初秋 10

 伝承の舞台となる島根半島は中央部を走る断層を境に、東部は沈降海岸、西部は隆起海岸と実に対照的な地形を持っている。また東の美保埼(みほのさき・美保関)は北陸地方と、西の日御碕(ひのみさき)は朝鮮半島と、というふうにそれぞれ異なる交流史を持っている。出雲人はその異なる地形と歴史に思いを馳せながら、半島東部は越(こし)の国から、西部は新羅の国から、それぞれ余った土地を引き寄せ、縫い合わせたものだという伝承をつくり上げていた。
 その出雲半島には東西相称の海岸線が弧を描くように連なっている。弓ヶ浜と薗の長浜(そののながはま)。出雲人は、それが巨人神が国引きに使った綱だという。半島のはるか後方の山地には東西の要として火神岳(ひのかみだけ・伯耆大山・ほうきだいせん)と佐比売山(さひめやま・三瓶山・さんべさん)が他山を圧倒するように屹立している。それを人々は、引き寄せてきた国が動かないように巨人神が立てた二本の杭だという。今ある風景の美しさを誇るだけではない。過去にさかのぼりその成り立ちを一つの奇想天外な物語に仕立て上げているのである。何とまあ豊かな空想力だろう。


二章 六七四年初秋 11

 またこの伝承では、国引きの所作を実感させるためにさまざまな比喩的枕詞が駆使されていた。巨人神が大地を切り取り、引き寄せる様を、「童女の胸のような鋤を手に取って、大魚の急所を突くように土地に突き刺し、大魚の身を切り分けるように土地を切り離して太綱にかけ、河船を引き上げるようにモソロモソロと引いてきて縫い合わせた」と描写する。何と生活感にあふれた比喩だろうか。働く者なら誰しも実感し、心の底から納得しないではいられない言い回しに彩られている。神話はこの地で働く者のためにつくられ、伝えられてきた物語だった。
 豊かな空想力と比喩にあふれたこの出雲の国土創成神話が、由衣持ち前のセンスと素朴さ、おおらかさとひたむきさを絶妙に組み合わせた独特の感性でさりげなく語られると、物語は格別の味わいを持つ神話に変貌するのだった。その語り口は、語り聞かせを生業として修業してきた阿礼には決してできない天性の口承芸だった。由衣と、彼女を生んだ出雲国に魅せられて、阿礼は杵築の社に長逗留した。
 晩秋の数日、阿礼は由衣の案内で、国引き神話の重要な舞台の一つ、三瓶山(佐比売山)を登る旅に出た。北の原から女三瓶、孫三瓶、子三瓶の外輪山を経て、主峰の男三瓶の頂上に立つと、北の方角に弧を描く薗の長浜とそれに連なる日御碕、さらにその先に浮かぶ隠岐の島が見えた。それを眺めながら阿礼は由衣に結婚を申し出た。由衣は間もなく二〇になろうとしていた。巫女職を終え、阿礼について旅に出る道を選んだのである。
 その由衣の待つ新居が、弘福寺の西方にあった。