目次
序章 七一一年夏
序章 七一一年夏 1
序章 七一一年夏 2
序章 七一一年夏 3
一章 六七四年初夏
一章 六七四年初夏 1
一章 六七四年初夏 2
一章 六七四年初夏 3
一章 六七四年初夏 4
一章 六七四年初夏 5
一章 六七四年初夏 6
一章 六七四年初夏 7
一章 六七四年初夏 8
一章 六七四年初夏 9
一章 六七四年初夏 10
一章 六七四年初夏 11
一章 六七四年初夏 12
一章 六七四年初夏 13
一章 六七四年初夏 14
一章 六七四年初夏 15
一章 六七四年初夏 16
一章 六七四年初夏 17
二章 六七四年初秋
二章 六七四年初秋 1
二章 六七四年初秋 2
二章 六七四年初秋 3
二章 六七四年初秋 4
二章 六七四年初秋 5
二章 六七四年初秋 6
二章 六七四年初秋 7
二章 六七四年初秋 8
二章 六七四年初秋 9
二章 六七四年初秋 10
二章 六七四年初秋 11
三章 六七五年冬
三章 六七五年冬 1
三章 六七五年冬 2
三章 六七五年冬 3
三章 六七五年冬 4
三章 六七五年冬 5
三章 六七五年冬 6
三章 六七五年冬 7
三章 六七五年冬 8
三章 六七五年冬 9
三章 六七五年冬 10
三章 六七五年冬 11
三章 六七五年冬 12
三章 六七五年冬 13
四章 六七五年初春
四章 六七五年初春 1
四章 六七五年初春 2
四章 六七五年初春 3
四章 六七五年初春 4
四章 六七五年初春 5
四章 六七五年初春 6
四章 六七五年初春 7
四章 六七五年初春 8
四章 六七五年初春 9
四章 六七五年初春 10
四章 六七五年初春 11
四章 六七五年初春 12
四章 六七五年初春 13
四章 六七五年初春 14
四章 六七五年初春 15
四章 六七五年初春 16
四章 六七五年初春 17
四章 六七五年初春 18
四章 六七五年初春 19
四章 六七五年初春 20
四章 六七五年初春 21
五章 六七五年夏
五章 六七五年夏 1
五章 六七五年夏 2
五章 六七五年夏 3
五章 六七五年夏 4
五章 六七五年夏 5
五章 六七五年夏 6
五章 六七五年夏 7
五章 六七五年夏 8
五章 六七五年夏 9
五章 六七五年夏 10
五章 六七五年夏 11
五章 六七五年夏 12
五章 六七五年夏 13
五章 六七五年夏 14
五章 六七五年夏 15
五章 六七五年夏 16
五章 六七五年夏 17
五章 六七五年夏 18
五章 六七五年夏 19
五章 六七五年夏 20
五章 六七五年夏 21
五章 六七五年夏 22
五章 六七五年夏 23
六章 六七六年春
六章 六七六年春 1
六章 六七六年春 2
六章 六七六年春 3
六章 六七六年春 4
六章 六七六年春 5
六章 六七六年春 6
六章 六七六年春 7
六章 六七六年春 8
六章 六七六年春 9
六章 六七六年春 10
六章 六七六年春 11
六章 六七六年春 12
六章 六七六年春 13
六章 六七六年春 14
六章 六七六年春 15
六章 六七六年春 16
六章 六七六年春 17
六章 六七六年春 18
六章 六七六年春 19
六章 六七六年春 20
六章 六七六年春 21
六章 六七六年春 22
六章 六七六年春 23
六章 六七六年春 24
六章 六七六年春 25
六章 六七六年春 26
六章 六七六年春 27
六章 六七六年春 28
六章 六七六年春 29
六章 六七六年春 30
七章 六七六年秋
七章 六七六年秋 1
七章 六七六年秋 2
七章 六七六年秋 3
七章 六七六年秋 4
七章 六七六年秋 5
七章 六七六年秋 6
七章 六七六年秋 7
七章 六七六年秋 8
七章 六七六年秋 9
七章 六七六年秋 10
七章 六七六年秋 11
七章 六七六年秋 12
七章 六七六年秋 13
七章 六七六年秋 14
七章 六七六年秋 15
七章 六七六年秋 16
七章 六七六年秋 17
七章 六七六年秋 18
七章 六七六年秋 19
八章 六七七年初夏
八章 六七七年初夏 1
八章 六七七年初夏 2
八章 六七七年初夏 3
八章 六七七年初夏 4
八章 六七七年初夏 5
八章 六七七年初夏 6
八章 六七七年初夏 7
八章 六七七年初夏 8
八章 六七七年初夏 9
八章 六七七年初夏 10
八章 六七七年初夏 11
八章 六七七年初夏 12
八章 六七七年初夏 13
八章 六七七年初夏 14
八章 六七七年初夏 15
八章 六七七年初夏 16
九章 六八〇年初秋
九章 六八〇年初秋 1
九章 六八〇年初秋 2
九章 六八〇年初秋 3
九章 六八〇年初秋 4
九章 六八〇年初秋 5
九章 六八〇年初秋 6
九章 六八〇年初秋 7
九章 六八〇年初秋 8
九章 六八〇年初秋 9
九章 六八〇年初秋 10
九章 六八〇年初秋 11
九章 六八〇年初秋 12
九章 六八〇年初秋 13
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 1
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 2
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 3
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 4
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 5
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 6
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 7
一〇章 七〇三年初夏―七〇七年初夏 8
一一章 七〇七年七月
一一章 七〇七年七月 1
一一章 七〇七年七月 2
一一章 七〇七年七月 3
一一章 七〇七年七月 4
一一章 七〇七年七月 5
一一章 七〇七年七月 6
一一章 七〇七年七月 7
一一章 七〇七年七月 8
一一章 七〇七年七月 9
一一章 七〇七年七月 10
一一章 七〇七年七月 11
一一章 七〇七年七月 12
一一章 七〇七年七月 13
一一章 七〇七年七月 14
一一章 七〇七年七月 15
一一章 七〇七年七月 16
一一章 七〇七年七月 17
一一章 七〇七年七月 18
一一章 七〇七年七月 19
一一章 七〇七年七月 20
一一章 七〇七年七月 21
一二章 七〇七年八月
一二章 七〇七年八月 1
一二章 七〇七年八月 2
一二章 七〇七年八月 3
一二章 七〇七年八月 4
一二章 七〇七年八月 5
一二章 七〇七年八月 6
一二章 七〇七年八月 7
一二章 七〇七年八月 8
一二章 七〇七年八月 9
一二章 七〇七年八月 10
一二章 七〇七年八月 11
一二章 七〇七年八月 12
一二章 七〇七年八月 13
一二章 七〇七年八月 14
一二章 七〇七年八月 15
一二章 七〇七年八月 16
一二章 七〇七年八月 17
一二章 七〇七年八月 18
一二章 七〇七年八月 19
一二章 七〇七年八月 20
一三章 七〇七年秋―七一一年夏
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 1
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 2
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 3
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 4
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 5
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 6
一三章 七〇七年秋―七一一年夏 7
終章 七一一年夏―冬
終章 七一一年夏―冬 1
終章 七一一年夏―冬 2
終章 七一一年夏―冬 3
終章 七一一年夏―冬 4
終章 七一一年夏―冬 5
終章 七一一年夏―冬 6
終章 七一一年夏―冬 7
終章 参考文献
終章 おことわり
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
あとがき 4
あとがき 5
あとがき 6
あとがき 7
奥付
奥付

閉じる


序章 七一一年夏

序章 七一一年夏 1

 序章 七一一年夏 

 

 

 平城遷都の翌七一一(和銅四)年夏、太朝臣安萬侶(おおのあそみやすまろ)は京内左京四條四坊にある自邸書斎で、目の前に置かれた三巻の巻き物を見やりながら思案にふけっていた。巻き物にはそれぞれ、古事記上つ巻((かみつまき)、古事記中つ巻(なかつまき)、古事記下つ巻(しもつまき)という標題が付けられ、そのあとに本文が続いている。父多臣品治(おおのおみほむじ)の遺言では、三巻はいずれも品治の息子である自分が本文を筆録し、題名も付けるはずだったが、思いがけない事態の出現だった。
 先刻この古事記三巻を携えてきたのは、長身で大柄な老人だった。すでに肉は落ち、髪や髭は白かったが、身のこなしにどことなく気品と色気があった。自分よりも二〇ほど年かさであろうか。その老人を玄関に迎えた時、安萬侶はあっと声を上げそうになった。もしかしたらこの方は……、その時老人が言葉を発した。それは体にしみ通るような声だった。
 「私は稗田阿礼(ひえだのあれ)、かつて多臣品治殿からお返しできないほどのご好意をいただいた語り部でございます。御無沙汰をいたしましたが、品治殿はご達者でいらっしゃいましょうか?」

 


序章 七一一年夏 2

 やはりそうだったか。この人が、父がいまわの際にいい残したあの阿礼なんだ。想像よりも老けてはいたが、風貌と声は紛れもなく、父が伝えた通りだった。

 品治は遷都後まもなく六七歳で亡くなったが、死の直前次のような言葉を残した。
 「私の知己に稗田阿礼という語り部がいる。出会ったのは三〇年ほど前、彼が青年だったころだ。とびきりの記憶力と描写力を持つ語りの名手だった。いや語りの名手というよりも、人の機微や事の本質を突く物語をつくれる語りの創作者だといった方がいいだろう。反骨心を秘めながらも、広やかな心を合わせ持つ不思議な性格をしていた。無骨な風貌におよそ似合わない、涼やかで、人の心にしみ亘るような声を持っていた。
 その才能と人間性に目を付けたのが、私が仕えた天皇、天武(てんむ)だ。天武は阿礼にある物語を創作するよう命じていった。『この話は誰にも知られてはならない。作業は全てナレ一人の手でやるように。完成した暁には、それを誰かに筆録させ、書として世に出そう』
それから三〇年以上の歳月がたつ。創作はとっくに終わっているはずだ。歳は私より多少若いが、もう六〇代半ば、創作した物語を記憶し続けるのが難しい年齢に差し掛かっている。いずれ阿礼は自らの構想で創作した物語を脳裏に詰めて、わが家を訪ねてこよう。そうするように伝えてもある。


序章 七一一年夏 3

 そなたは、彼が口誦するその物語を聞き取って書にし、今上(きんじょう)天皇に献上してくれないだろうか。幸いそなたは文字に通じた漢学者、しかも正五位上の官位をもって元明(げんめい)天皇に仕える身、この役目を果たすに誰よりもふさわしい条件を備えている。
 ただ一つだけ問題がある。それは天武が阿礼の作品の内容を最終的に確認し、それを世に出すべきかどうかの判定を下さないまま死を迎えてしまったことだ。天武は生前一度だけ、阿礼が語る創作途中の物語を聞いている。得心できない箇所があって、天武は阿礼にその修正を迫った。それに対して阿礼がその後どう対応したか、私にはわからぬ。自分は修正なしの方がいいと思ったが、最終的判断は、筆録者となるそなたに委ねよう。そのままで天皇に献上できるか、世に出すには改めた方がよいか、全ては文字にした上で決めてほしい」
 父がそれほどまでに気遣いを見せる人物なら、己も力になろう。己の立場を存分に生かしてみよう。でもそれは、彼が口頭で語る物語を自分の手で文字にしてからだ。そう心に決めていたところに、物語は別人の手ですでに三巻の巻き物となり、原作者の稗田阿礼によって運ばれてきたのである。予想外の展開であった。


« 前の章