twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 風旅人
価格 無料
タグ 古事記日本書紀出雲国風土記天武天皇稗田阿礼太安萬侶飛鳥高天原葦原中国壬申の乱乙巳の変アマテラススサノヲ大国主神(オホクニヌシ)出雲大社伊勢神宮
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

2,784 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 239ページ (Web閲覧)
240ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
現存する日本最古の歴史・文学書『古事記』誕生の謎に迫る。『古事記』の成立に深くかかわったとされる天皇天武・稗田阿礼・太安萬侶はそれぞれどんな役を演じたのか。イザナキ・イザナミ夫婦神の国生み、アマテラス・スサノヲ姉弟神のウケイの勝負、天の石屋戸、ヤマタのオロチ退治、因幡(稲羽)の白うさぎといった『古事記』が伝える神話・物語はどのような背景の中創られたのか。最古の古典をめぐるこうした謎の解明は江戸期の本居宣長以来さまざまな人々によって試みられてきたが、決定打はまだない。その『古事記』誕生のいきさつを小説に仕立ててみたのが本書、『小説「古事記」』である。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

もっとみる