◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 オパーリン
価格 無料
タグ 変身喪失自我
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

252 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 9ページ (Web閲覧)
29ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
第三回筑波学生文芸賞応募作品。一次選考で落選した。
~内容~
 ある夜突然、無為の青年「僕」の部屋に「神」と名乗るおっさんが現れ、「お前の望みをなんでも叶えてやろう。」と言う。そして、訳も分からずに戸惑う「僕」を無理やりに「変身」させて去って行ってしまう・・・。

コメント一覧

>弦楽器イルカさん  お読みいただき、コメントもいただき、どうもありがとうございました。弦楽器イルカさんの作品もさっそくダウンロードさせていただきました。近日中に読ましていただく予定です。  話の展開が村上春樹に似ているとのご指摘がありましたが、これは僕が意図した所ではありませんね。ただ、彼の影響というのは根深いものがあって、無意識の内にそうなってしまうんだろうなぁと感じます。  プロフィールについては、僕は個人的に匿名とかそういった類の表現活動が好きではなく、何かものを書く以上僕は逃げも隠れもしないぞ、という意思表明の様な感じです。  近日中に書きためてあった小説をもう一つ電子書籍化する予定ですので、よろしければ是非、そちらの方もよろしくお願いいたします。失礼いたします。
オパーリン : 2010-12-28 17:05:12

書きたいことが強くある方だと感じました。表現が悪いかもしれませんが、ぐいぐいと(布状のものを)ねじり込まれるような迫力で、読んでいくうちに楽しくなりました。文体は町田康のように感じましたが、話の展開は村上春樹(僕も好きですが)にかなり(意図的に?)近づけているように感じました。性的な描写もすごくよかったです。あと、プロフィールにすごく強いメッセージ性が込められているのかな、そこまで書いて勇気あるな、と感じました。ありがとうございました。
弦楽器イルカ : 2010-12-28 12:46:08

facebook コメント一覧