twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ノンフィクション 作者 kozonoya
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

149 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 7ページ (Web閲覧)
25ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
1990年代。韓国から出稼ぎにきていたミョンドクさんは横浜の寄せ場、寿町に住んでいた。北朝鮮で生まれ、中国へ渡り、韓国へ引き揚げてから朝鮮戦争にちびっ子兵隊として従軍。のち米軍で働き、家庭をもつが、中東などへの出稼ぎをへて単身日本へ。寿町の識字学校(大沢敏郎さん主宰。故人)で毎週日本語で書いていた文は、みなの心に刻まれた。
この記録は教室の友であった川本友紀さんが、数年をかけて寿町をめぐるさまざまな人にインタビューを続けた連載から、ミョンドクさんの項目を抜粋したものである。出典は、寿支援者交流会通信「この間の報告とこれから」での連載をまとめたB5判214頁の冊子『ひと 総集編』(2001年)

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

ケロリーマン&ケロウーマンは静岡県富士市を走る岳南電車の非公認キャラクター。https://www....

この本を開く

一振りの鋼に栄達を託す時代はとうに過ぎ。若者たちはもう、勇者にも英雄にも成り得ない―――******...

この本を開く

スペインアンダルシアのリゾート都市在住15年の日常生活を綴ったブログから抜粋したエッセイシリーズ2冊...

この本を開く

かまねこちゃんシリーズ・スピンオフ作品。 大人の憩いの場バー『化』の常連マーちゃんこと、岡まさあきは...

この本を開く

「胆石症」による「腹腔鏡下胆嚢摘出術」の入院記。大胆に医学的解説を省き、体験と感想、そして病院食を中...

もっとみる