閉じる


コラム1

コラム:学生に名刺っている?

結論から言えば、自分はつくってました。
ほとんど興味本位でしたが・・・。
自分で作れるってのが、なんか楽しくてw


つうか、理系だったのでね、自分。
なんか機器メンテナンスとかの業者とやりとりするのに、連絡先かいた紙があれば便利だな程度に・・・。

あとは学会、技術者フォーラムとかね。聴講したあとの連絡先交換とか。



ほら・・・知らない社会人と携帯電話で赤外線するのもアレじゃない、想像するだけでアレじゃない?(何だよ?)

楽なんですよ名刺w


合同企業説明会で名刺を配ったこともあるけど、それほど役には立たなかったですね。

合同説明会では、よほどのコネクションがなければ、企業側が学生に名刺を求めていないからですw まだ学生なのに名刺交換?何が目的なんだ?って普通は思われるでしょうね。


ただ、内定式でいろいろと同期入社の人と話したりしてたら4割くらいの人は作ってたような・・・。

ようは、やりかただと思います。


名刺交換の目的がはっきりすればいいのですよ。

たとえば、名刺の内容ですが、

○○大学工学部××学科
名前
e-mail
携帯電話番号
住所

表は日本語で裏が英語で書かれた名刺


だけでなく、研究室での研究内容や興味の方向、卒論のテーマ。
話が広がるような、自分を売り込むようなポイントがあるといいみたいですね。




学生でも、学んだ知識を社会に還元している人は大勢います。
あなたがどうであれ、「学んだ知識を世に還元ていく為、人脈の大切さを理解している学生」っぽく自分を見せるのはありなのかなっと思います。


ただ、求められたら交換する、、って程度でいいと思います。
もしくは、会話の流れで、人脈をつくれそうなタイミング。

たとえば、説明を受けた後、いつでも相談、質問をうんぬん・・・となった場合などはチャンスです。



逆に、名刺を渡すことが目的になっては駄目です。

選考に有利だと思って、ということではなく、純粋に「人脈」ということを考えて、名刺交換という形がベターですが、、、。

担当者に「名刺を渡せば選考に有利に働く、と思ってやっているんじゃないか?」って思われてはマイナスです。


もし運良く渡すチャンスがあったら、交換する。
という心構えくらいでいいと思います。


なので、とりあえず作っておく分には、問題ないかと。

あと、就職活動者同士で、情報交換仲間として名刺交換ってのもありですから。
どちらかというと、こっちのほうが、メインの使い方のような気がします。


まぁ、携帯の赤外線通信でもいいですけどね
(-公-;)




コラム:もし運良く会社の人から名刺もらったら?

基本的に、就職活動で、企業側に自分の名刺がわたることは余りありません。
企業側が、学生の名刺を求めてないからです。

無理やり不自然なタイミングで渡しても、

担当者に「名刺を渡せば選考に有利に働く、と思ってやっているんじゃないか?」って思われてはマイナスです。



では、もし運良く、選考に有利だと思って、ということではなく、純粋にお互いの「人脈」ということを考えて、名刺交換という形になったとしましょう。



この場合のメリットを下記に示します。

名刺をもらえた場合は、連絡する許可を得た証拠になります。



・気軽に質問、相談ができます。

質問内容、相談の仕方によっては、他の人には無い情報が得られ、優位に立つことができます。


もちろん、あまり意味のない質問や、うざい相談は厳禁です。
面接と違って、メールはそれなりに考えて送信できますから、それなりの内容で質問してください。

適当な質問は、マイナスなイメージしかもたれないので注意してください。




・会ったその日のうちに、お礼のメールで感謝を伝えることができる

こちらは、それなりに有効かと思います。
絶対的なものではないですが、少なくても悪い印象にはならないと思います。

運がよければ、よりよい印象をもたれるかと・・・。


新入社員、また中堅社員でも、その日のアポに対して、お礼のメールをだすといったことができない人が多いです。


人脈を大事にする視点で名刺交換をしたのなら、その日のうちに感謝の気持ちを送るのがマナーです。