目次
輝いている時
夢中(ゆめのなか)
芝浜
江戸っ子
亀住町(平成13年7月1日)
モンセ・ワトキンス~夢のゆくえ~(平成14年1月3日)
新牌開眼
英霊(平成17年5月23日)
目覚め
よわい「齢」
また始めたらよい
三大聖樹(平成19年4月17日)
滅度(平成19年9月18日)
安住の地(平成20年11月15日)
心眼(平成22年3月1日)
とかくこの世は
とかくこの世は
祈り(平成17年11月29日)
品位(平成18年1月20日)
ニャンニーシンズ(平成18年3月1日)
鍵(平成18年4月25日)
チベット(平成20年5月1日)
SYOHOU
諸法
四十四の問い~ミヒャエル・エンデ
先ゆく輩
さき行く輩
祖師年譜
ダルマ
慧可
五洩霊黙和尚
石鞏慧蔵禅師
大珠慧海禅師
西川の黄三郎
馬祖道一禅師(馬大師)
五百生 百丈和尚
大梅山法常(752-839)
麻谷山宝徹禅師(平成12年1月27日)
鎮州普化(ふけ)和尚
寒山・拾得
虹の彼方に
ヘイヴン・ペックの場合―続貧しいけれど、豊かだった―
生前葬
平和を我らにーGIVE PEACE A CHANCE(平成13年10月31日)
ソクラテスとヤージャニダッタ
蓮(平成14年6月2日)
心-KOKORO(平成14年6月25日)
独り暮らし(平成15年4月12日)
老いが、咲いていた!(平成16年7月5日)
深濱-fukahama
死に顔
松山鏡(ソクラレストとヤージャニダッタの続き)
真ん中(平成20年4月1日)
百万回いきたネコ(平成21年1月1日)
夜来る鳥(平成21年1月1日)
だいじょうぶ、だいじょうぶ(平成21年2月1日)
無常への帰依
無常への帰依
希望(平成12年1月2日)
葬式坊主
泥棒
赤とんぼ
老い
……ロス
後姿
寿陵
ついで参り
目標
六道を行く
もの言わぬ羅漢達…揀択をこえて…
宮本武蔵
五合庵断章(平成10年10月17日)
K子さん!(平成12年7月19日)
今は昔
十一面観世音菩薩
尽七日忌(平成19年5月1日)
OSYOU
OSYOU
この手のひらに―禅僧の死―(平成10年11月18日)
戒(平成10年7月25日)
幽霊
みんな仏教徒(平成10年5月27日)
最後の晩餐(平成10年5月23日)
禅問答(平成10年5月31日)
分銅
天国は汝ら自身に宿る(平成10年11月24日)
宗派
穢れ(平成12年8月30日)
お彼岸
仏心
仏心
ご祈祷
施餓鬼会にて(平成17年5月28日)
永遠の命
輪廻する葦(平成10年5月27日)
連鎖する命(平成10年6月2日)
涅槃(平成10年8月12日)
鏡(平成10年7月25日加筆)
流星
TAO(平成11年1月3日)
四大
挨拶
冥福
盂蘭盆
祈り(平成14年7月4日)
仏事歳時記
再び 最後の晩餐
この手のひらにII(平成18年11月18日)
死んで生きる智慧(平成19年3月27日)
五百生(平成19年11月20日)
破地獄偈(平成20年5月24日)
この指止まれ
この指止まれ
家族と家庭(平成11年1月5日)
導師(平成11年2月26日)
家から個人へ、そして家族・友達へI
家から個人へ、そして家族・友達へII
脳死そして臓器移植(平成11年3月2日)
独り決めの生き方
僧堂I
僧堂II
僧堂III
恥じ
僧堂IV
返事
父殺し・母殺し・友だち殺し・子殺し(平成20年1月1日)
その後
その後
ほとけさま(平成17年5月1日)
仏が仏に合掌する
戒名(平成12年3月14日)
無用の用(平成12年2月21日)
世話
大きく育て!(平成11年1月18日)
しもべ(平成10年11月7日)
電話(平成10年8月22日)
意思
寡黙
妄想(平成10年8月2日)
川(平成10年8月22日)
風如(風のように)(平成10年6月18日)
追悼(平成10年5月27日)
受容(平成10年6月18日)
蒸発
臨終(平成10年6月8日)
外道
障子(平成13年3月10日)
日月(にちげつ)
年寄りの出番より
人生とは、闇を照らす一瞬の蛍の光
時の旅人
時計(平成12年1月3日)
星(平成11年10月15日)
溝(平成11年8月2日)
過去心…念の起こる処(平成11年6月19日)
与える時間(平成11年5月24日)
桜(平成12年3月2日)
無常(平成11年4月16日)
川(平成10年9月17日)
有時(時の構造)(平成12年2月5日)
時の旅人(平成12年2月1日)
揺れる木々の葉
この人生の速さはなんだ(平成14年12月26日)
法句経より-時の旅人(平成15年2月4日)
寂然不動 如春在花(寂然不動、春の花に在るが如し) (平成16年9月19日)
ZENGO
自立
橋は流れて(平成10年9月18日)
無事
過去(平成10年5月23日)
たまごっち(平成10年5月23日)
一衆觸礼(いっしゅうそくれい)
六道を輪廻する
二人三脚
生老病死
筋肉番付
ポケモン
俺は、親馬鹿か!
塵も積もれば山となる
生と死と永遠
最終章
一章
二章
三章
四章~(未完)
時間旅行
時間旅行
命の歌-母の短歌
礎-いしずえ-
離魂(平成19年8月25日)
海辺橋
海辺橋
ふるさと(平成18年3月4日)
千の風(平成18年9月16日)
人の道(平成18年9月18日)
あなたは、いつから、一年が始まりますか?(平成20年8月1日)
前住職 二十三回忌にて(平成20年9月1日)
平成21年お施餓鬼会を振り返って(平成21年6月1日)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

99 / 190ページ

挨拶

挨拶

挨拶(あいさつ)とは、もともと禅の言葉で、問答をくり返し合うことです。そこには、真剣さがあり、切迫した気迫の応酬があります。挨は、立ち止まり、思い迷うの意味がありますから、拶は、そんな挨に、切り返して迫るのが、挨拶の本意なのでしょう。

 ずっと以前のことだが、「不思議だね。挨拶の言葉って、どうして今、現在のことを、問題にしているだろう」と、言われたことがあった。世界共通のことだそうだ。
「おはよう」「今日は」「今晩は」「最近会わないね。元気」
「どうも。どうも。お久しぶりです」。
出会いの挨拶は、当たり前の話ですが、貴方の今,ここ、どうしたのを問いかけます。時間、場所での状態を問います。
では、別れの挨拶は、「元気でね」「またお会い致しましょう(それまで元気で)」「いつまでも、お元気で」と、未来の状態を祈ります。
挨拶とは、今の状態を問い、未来の状態を祈るともいえます。
挨拶を出来ないでなくて、しない子どもが増えている。


 この子達は、人との大切な出会いの瞬間、人と人とが出会うということから起こるさまざまな実りを、拒否することに等しいということに気づかない。何故なら、人が生きるということは、何かしら自分以外の人や社会と密接に関係することによって、人は自分を知るのですが、挨拶しないことは、その出会いを、拒否することに繋がるからです。自分を知ることは、他人を知ることでもあり、他者とのかかわりを常に受けることを知ることにもなるからです。
朝起きて、「おはよう」。学校に行く時は「行ってきます」、それすらない家庭があるのです。
しかしながら、挨拶を礼儀と等しくすると、こんな言葉があります。
『最もよく礼儀に習熟した人は行動するが、これにこたえるものがないとき、袖をまくりあげて相手を引っぱろうとする。それゆえに『道』が失われたのちに、『徳』がそこにあり、『徳』が失われたのちに仁愛がそこにくる。仁愛が失われたのちに道義がきて、道義が失われたのちに礼儀がくる。およそ、礼儀は忠誠と信義のうわべであり、騒乱の第一歩である』。

 ふと、思い出したが、この言葉が”老子”か”孔子”の言葉だったやら、誰だったか思い出せない。
挨拶は礼儀の内に含まれるものかもしれないが、別のものと考えたい。他者と自分との関係の接続詞だからです。
多分、挨拶できない子ども達には、人と人との関係において大事な実りを欠落することになる。
網の目に喩えますと、魚を捕る網の一つ一つが、それぞれの子ども達だとします。その網を、海でも川でもよいから仕掛けます。魚がやってきまして、一つの目に掛かったとします。

魚をとった目は、他のたくさんの目に対して「どうだ上手いだろう。こんなでかい魚を俺様は一人で捕まえた」と選ぶって、他の目を、何の役にも立たないお前達だと思ったとしたら。
この一つの目は、自分で気がつかないけれど、他のたくさんの目と、密接にかかわっていることを解らないのです。それは、他の目は、魚をとることはできなかったかもしれませんが、全体で大きな網を構成していることを、理解できなかったことになります。他の目は、魚を取れませんでしたが、他の目がなければ、魚を捕った一目は役に立たないのです。それぞれの一目は全体を代表する一目であり、それぞれの一目は全体を支える一目であり、合わせて大きな一枚の網なのです。
挨拶とは、一目が他の目に、結びつきを確認する意味があるようにも思えるのです。そして全体を構成する一目にとっての役割を、人間に置き換えて考えてみた場合。人は、それぞれに身体的、精神的、環境的にさまざまな違いがあるのですが。次のことが大切なことです。

一、それぞれの人の、生き方が大切にされること
一、それぞれの人の、違いを受け入れること。
一、それぞれの人の、幸福を願うこと。


冥福

冥福

  同じ町内にある明治小学校は、陽岳寺にあった寺子屋が発展したもので、来年で130周年になります。その校章は○の中に『明』が記され、燦然と輝く光線が八方にのびたデザインです。校章の由来には「若き子らの学び舎にとって、生命の根源としての日月と、成長の根源としての水と躍動する大気の中で愛と勇気の智恵を象徴する緑の大樹を形象化したものである。日月は、明治の明のシンボルである。」とあります。
『明』を夜と昼、光と闇、見える世界と見えない世界というように対立するものを含めた世界を極めることを、この校章は示し、これこそが教育の眼目ではないかと考え、明治の『明』を通り越した先人達の卓越した見識をみることができます。

さて、人が亡くなってから、通夜・葬儀・年に幾度となくの墓参・そして数年ごとの年回に、故人を偲び、冥福を祈ります。こうして墓守を続けて思うことは、いつも絶やさない樒(しきみ)や花が飾られているお墓があるかというと、彼岸とお盆と年末か新年に花が飾られ、線香が手向けられる墓が大半なのですが、淋しくなるのは、ほとんどと言っていいほどに、墓参に訪れる人がないお墓があることです。

 毎朝、墓地を掃いて、訪れる人の居ない墓を前にして、ここに眠っている人の葬儀をしたことがあり、遺族が社会的に地位がある人だったとしても、今は良い子ども達や家庭に恵まれていたとしても、今の自分は、もちろん本人の努力により今の環境は在ることですが、やはり訪れることがなく、苔むした墓を見ると、後継者が居なくなってしまったのならともかく、立派にいることを思うと、寂しいかぎりです。
見るに見かねて、その墓石を洗って苔を取ると、その墓の主が「すまない」と、声を掛けてくる気がします。亡くなった当初の悲しさが嘘のようです。年数が経てば仕方ないものかと思うものの、中には、連れあいを葬って後、あとは私の楽しい人生とでも思っているとしたら悲しく思います。

「ご冥福をお祈り申し上げます。」の言葉に、辞書は、『冥福』を、死後の幸福と記しますが、幸福とは、安らぎと解釈いたします。しかしながら、この『冥』の字は、恐い内容を含んでいます。
日と六とで十六日の意であり、何故に十六日かというと、月が十六日を過ぎて、欠け始め暗くなることを指し、更にヮ冠で覆うことは、『幽冥』となることであると、大漢和辞典にある。しかし総ての意が、暗く奥深い中で、『冥合』のように、暗黙の間に意志の一致するというの意味を持つこともあり、『冥婚』のように、死して男女を一緒に添い遂げさせる壮絶な恋言葉もある。しかしながら、『冥』は徹底して暗く深いらしい。
そこで『冥界』とは、暗くて深いかどうかも解らない世界ですので、真っ暗闇では我々自身の姿も見えないと同様に、この『冥界』は、自分自身の姿形・精神もはっきりとは、見えないのではないかと思います。

そんな『冥界』の『冥』で覆われた冥福を、“死後の幸福”から“見えない幸福”と理解した方が幸福の意味が研ぎ澄まされると思います。見える幸福は、壊れやすく一時のものであり、その状態を維持することを考えれば簡単に苦に衣替えするのです。苦を含んでいる幸福と異なって、絶対の安らぎこそ、“冥福そのもの”であると思います。
ですから、現実に直ぐ側(そば)に冥界があったとしても、否、現実には裏表の世界であったとしても、一枚の紙の表面が、裏面を見れないように、また裏面になれないように、私達には見えなくてよいのです。もし私達に見えたら、私達が『冥界』の住人なったということですから。

「冥福を祈る」とは、亡くなった方の“絶対の安らぎ“を、真摯に観念すること、それが祈るということなのではないでしょうか。また、そうすることが私達の安らぎでもあることに気が付くべきです。祈るという行為は、心が渇望し揺らいでいることでもありますが。表面的、形式的に祈るのではいけません。こちらからはあちら側の姿形は見えないことは話しました。では、相手からはこちらの姿は見えるとしますと、祈るという行為を忘れてただひたすら祈ることが必要なのでしょう。何だか子どもの頃に読み聞かされた、小泉八雲の“耳なし抱一”の話に似ているとおもいませんか?因みに、抱一の全身に書き込まれたお経は、『見えない幸福』を謳っている般若心経です。これは本当に心を込めてお祀りしないといけません。

生前おばあちゃんが好きだった食べ物・飲み物を供えて、「おばあちゃん春になりましたね」とか、孫の卒業証書を供えて「太郎も中学生になりました」とか、「私もこんなに年を取りました」と家族をさらけだすことが、おばあちゃんの冥界での冥福をお祈りすることの本質なのだと思います。さらに言えば、冥界との対話なのだと思いました。私達一人一人がしなければ、誰がしてくれるのだろう。

今、私達が社会の景気や政治・経済に忙殺され、目前の事に振り回され、安らぎを得たいと思ったとき、私達の心に潤いや味わいというものが必要となするなら、『故人の冥福を祈る』ことそのことこそ、私達の安らぎでもあります。
私達は、普段目に見える世界だけで物事を判断しています。『明』と『冥福』を通して、目に見えない世界と見える世界は別のものではありません。耳に聞こえない声、舌で味わう事の出来ない味わいに触れてみる事が大切ではないでしょうか。
(四国の実相寺、やんと師からご指示を仰ぎました)


盂蘭盆

盂蘭盆

 仏説盂蘭盆経
《釈尊がコーサラ国の首都・舎衛城の祇園精舎にいたときのことです。神通力が多才な目連尊者は、亡くなって久しい母の姿を見てみたいと、そして、もし苦しみを受けていれば、助けたいと思ったのです。
そこで、母を見てみると、やせ細り眼窩がくぼんで、恐ろしくも餓鬼となっているのではないですか。目連は悲しみ、哀れんで、母へ食べ物を差し出したのです。母は喜び、食べようとしたのですが、食べたいと思い、手を出すと火になり、炭となって食べられません。さらに苦しむ母の姿を見て、目連は泣きながら、いたたまれずに、釈尊に一部始終を話し、どうしたらよいのかを問いました。

釈尊は、「母親の罪が深いこと、それは物を惜しみ貪ることこそ餓鬼に生まれる原因である」からと目連に、告げました。すると、目連は、考えて、母がこうなった原因は、母一人のための行為ではなく、子供たちの幸せを望んだためなのだと、釈尊に母を救う方を、すがりました。


 「目連の母への思いはよく解った。いかに神通力があったとしても、今の母を救うことはできない。多くの衆僧と威神の力でこそ、母は救われる」のだと。

母は業によって、餓鬼となった。その業による報いから解き放れる方法の一つが、七月一五日、僧自恣(そうじし)の日、修行を終えた僧たちに、ご馳走を献じて供養することだと告げたのです。そして、七月一五日、衆僧たちが、供養する人々の様々な願いを、心静かに禅定し祈願して、その食を受けると、目連の母は、この日を限りとして、苦しみから逃れたのでした。

釈尊は目連に、「生み育ててくれた母以外の、あらゆる父母の苦しみを救うため、孝慈をめざすあらゆる人は、この日、盂蘭盆供養を勤めなさい。父母を長く養い、慈愛の恩に報ずべし」と。》
季節感がなくなってきたというと、「そんなことはない!誰でも暑い寒いを感じるし!新緑も紅葉もきれいだし、好きだし!」と言うでしょう。しかし、季節感というのは、その時期の暑さ寒さを彩ってあることも確かなのですが、前の季節と次の季節をも含んでいてこその、しきたり・行事・催しにあるのではないかと思います。

例えば二十四節気とか、節句、七五三、七草、鏡割り、羽子板市、鬼灯(ほおずき)市、七夕、酉(とり)の市、お富士さん、お十夜、十五夜、ぼろ市、彼岸、クリスマス、正月、お盆に草市、闇市という季節と共にあるものです。季節感がなくなるとは、多くの歳事ものとの接触が、省略されて、なくなったとも言えると思います。
お盆と言うと、八月の旧盆を指し、夏休みの代名詞みたいですが、本来は、七月十五日を中心にした仏教の故事です。禅宗では今も、一年を、修行季節として、雨安居(うあんご)と雪安居(せつあんご)に分けます。修行僧が集まることを、結制(けっせい)と言います。結制した雨安居は、夏安居(げあんご)とも言い、四月十六日から七月十五日を制中(せいちゅう)言ったのです。そして、この夏の制中の終わりの日が、七月十五日でした。ちなみに、雪安居は十月十六日から一月十六日となりまして、その間は、制間(せいかん)と、今でも道場では呼んでいます。

七月十五日は、僧自恣の日と記します。自らほしいままにする日と書き、その期間の修行の成果を反省する日でもあったことから、その日を待って、信者の方々がご供養をしたということです。修行道場では、その日に限らず、うどん供養とか、大根供養、餅供養、最近では餃子供養と変わった差し入れがあります。粗末なご飯と一汁に漬け物ですから、修行僧の喜びでもあります。禅宗は千五百年以上の修行の伝統なればこそ、理解できる内容です。自恣の日は、現在では、起単留錫(きたんりゅうしゃく)と言って、道場での雲水の成績うかがいのような反省する日のこととなっています。
盂蘭盆の行事は、竺法護(じくほうご)の記した仏説盂蘭盆経より出たのではあるが、この経には、倒懸(とうけん)の故事は無い。盂蘭盆とは倒懸と言われ、『逆さまにつり下げられること』という意味なのです。

マハーバラータに《広野の穴の中に、多くの人が草の根に支えられ倒懸し、この草を一匹のネズミが噛んでいるという話》がある。ここに、倒懸という言葉が出てくるのだが、盂蘭盆ないしは烏蘭婆那(うらんばな)と言う意味はないらしい。盂蘭盆の正しい語源は、“ullambana”であり。これは、懸垂(けんすい)の義だそうであると、臨済会編・山本禅登著『葱嶺集(そうれいしゅう)』に書いてあった。
最近ではイラン語起源説が学会では有力らしい。イランでは死者の霊魂をウルヴァンと呼び、このウルヴァンが盂蘭盆の語源であるらしい。

日本で盂蘭盆会が催されたのは、七世紀初頭、中国では六世紀の前半という。盂蘭盆経の他にも、お盆にからんで、救抜焔口餓鬼陀羅尼経のお経があるが、共にサンスクリットの原本は無い。このことは原本が無い故に、語源や起源には、新たに解釈を施すことができるといえます。

“逆さまに吊された苦”と“死者の霊魂”の伝説こそ、遙か彼方の故事が、日本で重なって実を結んだ行事・お盆となったのです。ただし、逆さまに吊された苦そのものを私達に、死者の霊魂を安らぎに見立てれば、更に、意味のある内容となってくる。
現在のインドにあるベンガル仏教の死者を弔う法事も、衆僧の供養にあると聞いて、日本と同一の内容なのだと感心しながら、これは食を大事にしなければいけないことでもあるぞと、チンプンカンなことを思案していたりするのでした。

精霊棚(しょうりょうだな)は、ご仏壇とは別に、篠竹とか棚を組んでマコモのゴザを敷いて、四隅を竹や篠竹で飾って、縄で結び、鬼灯やそうめん、昆布などを飾りました。ゴザの上には、茄子の牛、胡瓜の馬です。なぜに馬と牛かと言うと、馬で来て、牛で帰ると言い、早く来て、ゆっくり帰るという意味だそうです。亡くなられたの乗り物ですから、十三日は、内に向き、十六日には外に向くと言われています。

乗り物の他には、水(器の中に水を張り、みそはぎの花を浮かべる)、水の子(水の実とも言い、茄子などを細かく切ったものを皿に供えたもの)、そうめんを供えます。茄子の種は、数多くあり、それが一〇八の煩悩の数にたとえられて、それを取り除くという意味もあるそうです。場所によっては、小さな舟を手当てして、サラシの帆に、菩提寺の和尚が筆で文句を書いたりいたします。灯籠流しに似て、川や海に十六日の夕刻、精霊流しとも言います。棚を作る行事は、他にも、七夕、十五夜も棚を作って祀り、お雛様、節句も奉りました。博多山笠が、崇福寺(臨済宗)の施餓鬼の精霊棚に由来することを以外と知りません。

提灯は、使わなくなってしまったものの代表ではないでしょうか。限られた行事以外は本当に使わなくなってしまいました。風情があるものですが、提灯の形によって使い方が決められているものです。盆提灯を、その季節以外に飾ったら、妙なものですし、お祭りには、各町会のはずれに結界として、竹と高張提灯をさしたり、盆踊りや、納涼船にも小さな提灯が私たちを楽しませます。


祈り(平成14年7月4日)

祈り(平成14年7月4日)

 平成14年7月1日号の陽岳寺便り巻頭に、講談師・悟道軒圓玉の独演会のお知らせを掲載いたしましが、ちょっと変わった演目と、お寺という状況に、聴衆が来るだろうかと思いましたが、平成14年7月2日、当日、午後6時30分開演に、60名を越す聴衆が来場されました。世間の感心もまんざら捨てたものではないと、押し寄せた聴衆の熱意に、時間を 9時まで延長して「大石内蔵助 東下り」と、裁判のてん末をおもしろ可笑しく、毅然とした師匠の覚悟をまとめた「実録・我が獄中記」が、18年ぶりに演じられました。


 独演会の前日、1日の毎日新聞夕刊に、「祈り」と題して、師匠が紹介されました。その副題は「病の私を思う、母に捧げる」とありました。その中で《母は戦地で病死した父に代わり、洋裁店を営んで一人息子を育てた。ホームに入所後、圓玉さんは母のたんすから、一片の紙に書かれた「祈り」という詩を見つけた。『より偉大なことができるように健康を求めたのに、より良きことができるようにと病弱を与えられた……』。米国の入院患者の作品らしいが、何度も読んだのか、線や丸の書き込みがある。母の心に、涙があふれた。》と江刺正嘉毎日新聞記者が書いています。痴呆で特養老人ホームに入所する母に恩返しする18年ぶりの公演だったのです。

 その公演する師匠も、身体障害者4級、精神障害者2級の身です。平成元年の夜の川越で起こった交通事故は、母と子の運命を大きく変えて現在に至っております。この師匠の強さは、圧倒的な困難さの中で必死に生きる姿です。師匠の社会的弱者の偏見に孤軍奮闘する勇ましい姿は、同時に、自らの痛々しい姿でもあります。
 その師匠が、陽岳寺での独演会の最後を結んで発した詩です。

大事をなそうとして 力を与えて欲しいと神に求めたのに
慎み深く柔順であるようにと 弱さを授かった。
より偉大なことが出来るように健康を求めたのに
より良きことができるようにと 病弱を与えられた。
幸せになろうとして 富を求めたのに
賢明であるようにと 貧困を授かった。
世の人々の賞賛を得ようとして 権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと 弱さを授かった。
人生を享楽しようと あらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと 生命を授かった。
求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞きとどけられた。
神の意にそわぬ者であるにかかわらず 
心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた
私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ。
(ニューヨーク・リハビリテーション研究所の壁に書かれた一患者の詩)

 ニューヨークの病院の壁に落書きがあるなんて、なかなか想像できないことではあるが、勝手に想像すれば、リハビリ研究所の暗い通路、それは、患者が歩行訓練に歯を食いしばって壁際の手すりを探りながら伝う姿か、或いは、広い部屋のリハビリ室の壁だろうが、落書きはアメリカでも落書きだろうから、書こうとすれば隅の壁 だろう。ここに記した人が、どんな病気だったのか、或いは、事故か不明だが、弱く、病弱であり、貧困の中に生涯を送ったことが告白されている。 年齢を想像すれば、大方の生涯を送った老いた者の言葉に聞こえる。

 この詩の圧倒的な迫力は、『神の意に添わぬ者』の祈りに対して、『求めたものは一つとして与えられなかったが、願いはすべて聞き届けられた』という感謝です。その祝福の中身は、『弱さ、病弱、貧困』を通じた彼の生涯であり、『私はあらゆる人の中でもっとも豊かに、(神)に祝福された』と、私だけの神に出会い満たされた彼の存在が示されています。求めたものは、彼が持っているものの正対するものです。求めている限りは、絶対に与えられないことは、“放てば手に満ちあふれている“ことを導きます。今、自分が持っているもの、それゆえ求めていることを神に捨てれば、彼の求めている心そのものを、そのまま救ってくれたことになるでしょう。 

 この詩の中に語られている、“語られないもの“、それは、祈りです。その祈りとは『心の中の言い表せない』そのものであり、自分自身そのもの、それが心と言うものではないでしょうか。それが、丸ごとかなえられたとは、神が持っていってしまったような、虚ろになるのではなく、神に満たされたことと同じでしょう。すくい取ってしまった状態、何かを求めた意志そのものが亡くなってしまったことですから、『心の中の言い表せない』ものそのものが祝福されたと言えるのでしょう。

 不思議なものです。師匠のお母さんが、何度となく読んだ詩を、師匠がなんどとなく読み、今、私がなんどとなく読む。師匠のお母さんがなんどとなく読み、自分の今の有り様を、自分も祝福されたものだと見たか、師匠が意識もなく重症だったとき、看病を老母が献身的にする姿が、この詩と重なります。
 師匠が、お母さんの記した赤線や丸印を見て、師匠は今の自分の状況と、母の状況を考えたとき、絶望感に似た想いに襲われたと同時に、この詩の意味を知り、涙がにじんだと思います。それは、母がたどった足跡だからでもあります。そして、母の生きることの強さを想い、感謝したと思います。

 仏教が無我を主張している理由は、あまりにも、私という自己にかかわる悲惨な現実、不幸な事件、多くの葛藤と揺らぎがあり、移りゆくことの負の面が、人生には多くあるものだとの、釈尊の観察かも知れません。
 もっとも、これらの問題も、実在して悩む私という自己が、私になければ、このような問題もないではないかと考えれば、察しがつきます。現実の私の目の前の闇は、私自身が創造する闇でもあります。その闇を、怖いと見るか、美しいと見るかも、私が創造していると言えるでしょう。そうした私は創造されたものと見るとき、仏教の主張である、私という自己は実在するのではないということの徹底した自覚が浮かび上がってまいります。
この私は、過去未来を含んで、多くの記憶の集まりであり、情報の交信の集まりであり、力の集まりであり、願いの集まりです。実体なきものの私は、それらに、生かされて、支えられ、言葉では言い尽くせない創造された私でもあります。
自分の命は、今を生きているのではなく、語り尽くせぬ多くのしるしから、今を生かされていることの自覚です。生かされていることの自覚は、同時に生きていくことを支えるもの この世は、過去未来を含めた、この生かされているものの重々無尽の集合体として見ると、無我となったとき、祝福された私がいて、神に満たされ、神の意に添わぬ者は神の意志となることが出来るのです。

「前略、御免下さい。お変わりもございませんか。私は八十一歳の坂を一生懸命登っております。体の方が弱ってくると気持ちも弱くなるもので、早くお迎えがこないかとそればかり考えて仕舞います。皆と待ち合わせてお墓参りが出来た頃がなつかしく思います。一年置きに姉が亡くなり一人になって仕舞いました。卯木の義兄も姉を見送ってからすっかり弱って仕舞い一人さみしく暮らしております。私も足が弱って外出も出来なくなって仕舞ったので、余計さみしさが身にしみます。でもそのうちに迎えにきてくれると思いますので、それを楽しみに頑張りませう。ご住職様皆様もどうぞお体お大切に百歳迄も長生きして下さいます様お願い致します。お母様のお優しい面影が目に浮かびます。もう一度お会いしたいと思っておりますが、実現できる様頑張ります。では呉々もお身お大切にお願い致します。かしこ 平成十四年六月二十五日 H・K」

先日、お便りをいただいたH・Kさんのお手紙を、お手紙で掲載承諾を申し上げ、ご了承賜りましたこと、本当に有り難うございました。この手紙を幾度となく読み返して、貴方の寂しさがひしひしと伝わってまいりました。そして、この気持ちに似たものを心に持って日々を過ごされている方々が、少なくとも私の周りにいることに気付きました。
それ故、この手紙に答えを出そうと試みることは私の務めでもあると思いました。そして、貴方と同様の気持ちを持つかもしれない多くの人、未だ老いのなせる心の震えを知らない多くの人に伝わることを、願ってやみません。少しでも多くの人が貴方の気持ちを知り、何とかならないものかと念じることも、人それぞれの坂を登る指針となる姿でもあります。

 『八十一歳という坂を一生懸命登る』という表現に、貴方の今までの坂を想います。楽しく坂を忘れて登っていたこともあったでしょうし、苦しく登ることが辛いこともあったことでしょうが、どの時代の坂を登っても、坂は眼前に様相を変えながら聳えているのだと推測致します。私には、この手紙を頂いて、正直、八十一歳にして、なお坂を登ることの意味を考えさせられました。その年齢から登る坂道の景色は想像できませんが、私も五十三歳の坂を登っているのでしょう。そこで、上を仰いでも、私からは、遙か上の方を登る貴方の姿が見えませんし、下を見ても、誰かが登ってくる姿に遇いません。この坂に居る限りは、先回りして、貴方をねぎらうことは出来ないと推察致します。私が登るこの坂の先には、貴方の歩く姿は、ないのかも知れません。

 ただ言えることは、着実に、一歩一歩、歩くという行為なら、八十一も五十三も無く、たとえ坂が変わっても、共通した一歩です。その別々の一歩は、楽しくもあり、可笑しくもあり、憤ってみたり、豊かに満ち足りた様々な一歩を比較するのではなく、触れることによって、寂しさが変わることもあるかも知れません。これは、仏典を読んだり、小説や童話の登場人物の一歩一歩に、私たちが一喜一憂することと同じです。
 前文の「祈り」を幾度となく繰り返し読まれることを、お勧め申し上げます。そして、少しでも、その寂しさが、豊かに実りあるものに変わることを念じて止みません。
 此道や 行人(ゆくひと)なしに 秋の暮(芭蕉)


仏事歳時記

仏事歳時記

お盆

 お盆のお経を読むため、各家々を訪問することは、それぞれに近親者を亡くした人のその後の姿に接することであり、何日、何ヶ月、何年と月日を重ねることで、新たな発見や喪失感の気づきに出会うことでもあります。お盆とは、得意な性格をもって、我々一般の日本人に問いかけてくる行事だと、この夏のお盆に考えさせられたのです。
 家々を訪ねることは、その家族の有り様をつぶさに見ることになるのですが、祖先の霊や亡き近親者が帰って来るという言い伝えは、素晴らしい智慧だと、今更ながら新鮮に感動したのでした。多分都会では、本来の意味を見失って、それぞれの家庭で、この古いしきたりを今更考えてみようなどとは思わないと思った。

 この時期多くの家族や親しかった者が集い、盆提灯や、ワラで作られた馬や牛を飾り、果物や麺類を施すことって、その集う者達にとってどんな意味があるのだろうと思ったとき、ふと、これって見えない者達を中心として、見える者達が多くの絆や関係、写真や記憶をくっしして、家族や親戚、友人との新たな関係や対話を通して、再構築を考えさせられることなのだと思い当たったのです。以前幽霊について書いた事があるのですが、お墓に13日に迎えに行き、16日に送りに行く慣習は、日本のお化けには足がないことと関係して、霊魂にも足がないことと共通している。亡くなった者は、一人では動くことが出来ないと考えると、生きている者が迎えに行かなければ、自宅に連れて来ることが出来ないのです。亡くなった者もまるで生きているかのように、一年に一回連れて換える風習は、天国の階段の扉が開く日でもあり、地獄の釜の蓋が開く日でもあるのでしょうか。
 一人でいるとき、ふと亡くなった父や母、師匠に友人を思い描くときがあります。死んだ者に、「どうしているのだろうか。もし何処かで生まれ変わっていたとしたら遇いたい」などと思うときがあります。すると、とても恋しい気持ちになるから不思議でなりません。お盆は、そんな亡くなった者の里帰りの季節なのです。今まで、この風習を祖母や祖父がしていたものと知りつつも、初盆を迎えて、どう飾りをしたらよいものか、何を揃えればよいのだろうと案じるものの、考えを整理して、この本来の意味を認識することはあまりないことです。

 この夏、私が棚経で、本当にうっかりして、一軒飛ばして行かなかったのですが、夜、その家から電話をもらって、行かなかったことに気付きました。家族が集まって待っていたのことばに、謝っただけだはすまないのですが、許してもらいました。電話の向こうのご主人を亡くした奥さんは、「息子は、親父と酒を飲みたかったのでしょう」と、息子の心を推しはかりました。そう言えば、枕行の時も、通夜の時も、葬儀の時も、納骨の時も、息子さんはじっと目を閉じ長く対面していたことを思い出しましたが、お盆という慣習や風習が、現実となり、家族にとって亡くしたモノの再確認する場合でもあり、見えない者との距離を探り推しはかる大切な場でもあるのです。見えない者との距離を探り推しはかることは、見えない者と残された者との近づくことのない、遠ざかる一方の過ぎ去った時間の経過した家族の今の姿です。

 お盆の棚経を廻って、今年はつとめて、こんな質問をしてみました。
 「お化けでも、幽霊でもいいから、どんな形でも、夢でもいいから、出てきましたか?」
 この返事に、全部が「いいえ、出て来てもらいたいのですが、普段でも、出て来ません」と、答えました。
 「出て来ないことが、無事に過ごしているのでしょう」と、まるで生きている人のことのように話す私は、「それでも、出て来てもらいたいですね」と。なかには、癌を宣告されて、余命一年と言われたものの、一人で身の処し方を考え実行しなければならない、妻を亡くした深刻な状態に追い込まれたご主人は、「少しは、俺の相談相手になってくれよ」と、声を上ずらせて話します。
 お経が落ち着くのか、生者が見えない者になってより、読経の声は節目節目に登場致します。そのことが、読経を介して、見えない者と見える者の結びつけをより堅固にしてくれればと、そうであってくれれば、悲しみの中の、私の嬉しさなのです。《平成14年8月の夏終わり》

彼岸

 此岸は、生死輪廻の迷いの世界であり、彼岸は、解脱悟りの世界を言い表すことは知られていることなのですが、この立春、立秋が彼岸会とすることは、日本独自のものだと言います。
 中国のお経には、立春・春分・立夏・夏至・立秋・秋分・立冬・冬至の八王日に読経持斎すると命が長らぐとあり、このうち春分、秋分の二つを彼岸として、法会を行ったらしいと禅学大辞典にあるが、何故に彼岸という言葉がついたかは記されていません。
 善導の『観経定善義』に、弥陀の仏国を迷える衆生に解らせる最良の日が、陽が真西に沈む日を挟んで前後一週間であり、その時期に法要を行うことによって、浄土行きへの大願を遂げることが出来るとあります。現実、此岸にいて願い祈る衆生には、西方浄土、彼岸の世界が来迎するとも言えるのでしょう。
 西方浄土と日が沈む位置が、ぴったりと重なったことを吉とするという発想は、縁起がよいものを含んでいるのでしょう。幾つかのことが重なって起きることに、吉と不吉を重ねるのは、人間の習わしでもあります。位置を特定できないが故に、重なって、近いことを教えられるのかも知れません。そうでなければ、イスラム教のメッカを指す磁石があるように、日没に、西方を礼拝する習慣が過去行われていたと思いますが、今は、あまり聞きません。
 陽岳寺は、古老の伝えで、昔、富士見寺と言われていたそうです。今は、高層ビルで見えないけれど、西に、東京タワーが見え、重なるように富士山が見えていた頃、日が沈む様子が綺麗だったことを憶えています。陽岳寺がビルになり、ビルの上層部で見る富士山が美しく輝いて見える時がいずれは来ると思いますが、次の世代に期待します。
 磁石の話しに戻しますが、イスラムの磁石の話を聞いてから、釈迦が亡くなった場所を指す磁石があってもよいと思いました。そうなると、各宗大本山があって、それを示す磁石が出来たりして、やはり滅茶苦茶になってしまうかもしれない。

 到彼岸は、ギャーテイ・ギャーテイ、ハラーギャーテイ・ハラソーギャーテイ・ボージーソワカです。行け行け彼岸ですが、同じ仏教でも、禅宗は、彼岸を他に求めず、自己に求めますので、敢えて、この春分と秋分の意味を考えれば、一年を二つに分けての春分秋分は、冬至と夏至より、立春立夏立秋立冬より際だって意味を持つことを思い起こさせます。
 彼岸の特色は、光に包まれた時間と闇に覆われた時間がバランスを持ってあると言えば、私たちはそこに、今、生きているということなのだと思います。
 私という個人は、現前と姿を変えないものの、光と闇に覆われた私の、光を陽に、闇を陰にすれば、此岸と彼岸に当てはめてもよいでしょうし、その自覚が、今を生きる姿です。

 此岸を彼岸とし、彼岸を此岸とする、道元古仏の『彼岸到』は、
「彼岸は相貌蹤跡(そうみょうしょうせき)にあらざれども、到は現成するなり、到は公案なり。修行の彼岸へいたるべしとおもうことなかれ。彼岸に修行あるがゆえに、修行すれば彼岸到なり。」とあります。
 同じく道元は、苦集滅道の四諦(したい)に関して、
「これをきき、これを修行するに、生老病死を度脱し、般涅槃(はつねはん)を究竟(くぎょう)す。この四諦を修行するに、苦・集は俗なり、滅・道は第一義なりといふは、論師の見解(けんげ)なり。もし仏法により修行するがごときは、四諦ともに唯仏与仏なり。四諦ともに法住法位なり。四諦ともに実相なり。四諦ともに仏性なり。」と、彼岸にいて彼岸に気づかない、一枚の紙の、裏と表を、表が彼岸か裏が彼岸か、気がついてみれば、表も彼岸、裏も彼岸、彼岸到の私ではないかと、苦を嫌っていたが、苦そのままで救われていたのだと、彼岸到の私に気づきます。

秋彼岸
 暑さが、その内にも涼しげな風と湿度と温度に変化するとき、秋が訪れます。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、暑さの終了を意味し、寒さに向かうという春の彼岸を一年の出発点とすれば、折り返しの地点でもあります。春の彼岸と比較して、一日の昼の長さと夜の長さが同じなものの、向かっている季節の違いから、趣も大きく異なります。
 彼岸は、向かっている季節の違いから、趣も大きく異なりますが、光と闇の中間の時間を表します。光と闇を、他の言葉で表せば、好き嫌い、辛い苦しい楽しい、損か得か、失敗か成功か……、しかし、その時そう思っても、それが結果だとしても、時間の経過によって人間の人生においては、その判断気持ちは大きく変わるものです。
 その判断し思う気持ちの今という時間を表せば、それは、私が立っている場所です。
 彼岸には、お盆と違って、多くの家族親戚友人知人が墓参りに訪れます。いかがでしょうか、お墓で故人に花を供え香を焚き、偲び姿は、個人を通して今の自分を省みる姿でもあります。墓とは、鑑のようには見えないけれど、今私が立っている心の場所を写す鑑でもあり、私が歩んできた道を照らす鑑でもあると言えば、それが今という時間の私が立っている場所ではないでしょうか。訪れる冬に向かって、勢いのある夏を過ぎて、閑かに思いを巡らせる季節であり、光と闇の闇に向かって進もうとする起点でもあると思います。

春彼岸

 長いトンネルから抜け出せば、光がまばゆいように、寒い季節につかって、暖かい季節が恋しいと、草や樹木、動物達までもが華やいで萌えいでる季節です。
 今の日本では、室内が空調機器によって、寒さから身体を守って、それを快適と言いますが、実際には、私たちの感性を曇らせていると言えます。身体のためと称して、体の機能を鈍らせることに、世を挙げて進むのが文化的というなら、その季節を語ることが出来なくなった、この四季に溢れる国に住む私たちは、何処が文化的なのでしょうか。疑問に思います。
 友人や知人多くの他人と直に言葉や動作で触れることが少なくなったがために、勝手に生きている独りよがりの人達が多くなり、閉じこもる部屋を与えられたことによって、閉じこもり現象が、カードを手にしたからこそ、カード破産が生じ、病院で亡くなる方々が増えたために、死が身近にあっても見えなくなり、すべてに原因があり結果があります。しかしその結果は原因となり、現象に過ぎないのですが、その現象に振り回されないがために、禅があるとも言えます。  代々と続く世代の途中でいなくなる我が身の果たす役割は、誠実に私を生きるということではないでしょうか。去年の秋彼岸は、二度と帰ってきません。この春彼岸は、今年限りの春彼岸です。恐れずに純真に生きるとは、老いてまだ坂を登るが如くあるから、老いが豊かであるのではないでしょうか。何処に立っているかです。老いて、若さに立てば老いは醜悪な姿かもしれません。春彼岸、前途は華やいで、花咲くことを夢見ていますし、季節が春成れば自分も春となり、身内に春を含んでいることを、まだまだ、花を咲かせる、そんな今の自覚が、春彼岸だと思います。
 「お祖母ちゃん、お祖父ちゃん、春が来て、僕は入学します。就職します。結婚します。失恋しました、でもめげません。」と、墓石の前で手を合わせる。誓う相手が見えないからこそ、将来を誓える相手を持つことに、家族の墓を持つことの意味は大きく思いますい。

暮れと正月
 お盆と比較して、この時期も、家族が集う季節です。祖霊を迎えに行きませんが、家々には神々を祀る仕度をして、迎えますが、真に向かえるものは、新しい暦です。ご来光をめでる習慣も、暦と関連づけることが出来るのではないかと思います。暦は時間ですし、時間は光と闇の織りなす模様でもあります。この暦を良しとするため、お寺では、ご祈祷をして、檀信徒の本年のご多幸を祈ります。
 彼岸は日没ですが、不思議なことに、正月は、日の出を崇めます。日の出は新しい一年の出発ですし、一日の始まりでもあります。その始まりに、かまどや水場、家々の戸口、風呂場やトイレ、床の間や玄関、道ばたの道祖神、仏壇に神棚、には新しさという神様・祖霊・仏様が宿ります。これが日出ずる国の古来の仕来りでもありました。宿った神や祖霊・仏様は、実際には、それを祀る人々の心に宿ったとも言えます。”新鮮さとか、清々しさ、新しい気持ち”とは、そのことを言います。顔を洗って冷たさに引き締まり、新しく思う。「おめでとうございます。」と人にいいながら、自分に降りかかっていることを知ります。実際は何も変わることなく、季節は巡る風車なのですが、この季節のみ新しくあるは、自分が持つ古さが自然と無くなることでもあります。総てが新しく見えることに、新年が輝く一瞬でもあります。その気持ちを一年中持ち続けることが出来ないのも我々でありますが、本来は、毎日が元日であり、輝いているはずなのです。
そこに、家族が集まって、新しさを祝う、総てが始まりの中の途中の日です。檀信徒は、墓所にお参りして、祖霊に一年の無事を祈り、一年の計を立て達成を願い、過ぎ去った一年に感謝を捧げて、それぞれが報告する。

 ※墓参りを進める文章になってしまいました。ですが、この寺に墓を持つ家族の幸せを、お寺からみての願いを、少しでも解って頂ければとおもいます。お墓参りには、寺によって少しでも顔を見せて頂ければと思います。
この文章は、別に新しく四季のお寺の行事を考え直したのとは違って、こういうふうに見なおせば、意義があるものとなることを自分に納得したかった為です。幸せを噛みしめるには、今の時代、とても難しく思います。先を見るのも占うのも結構、でも、今自分が立っている場所さえ気がつけば、そこに幸せがあることを念じます。平成14年10月3日



読者登録

素山さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について