目次
輝いている時
夢中(ゆめのなか)
芝浜
江戸っ子
亀住町(平成13年7月1日)
モンセ・ワトキンス~夢のゆくえ~(平成14年1月3日)
新牌開眼
英霊(平成17年5月23日)
目覚め
よわい「齢」
また始めたらよい
三大聖樹(平成19年4月17日)
滅度(平成19年9月18日)
安住の地(平成20年11月15日)
心眼(平成22年3月1日)
とかくこの世は
とかくこの世は
祈り(平成17年11月29日)
品位(平成18年1月20日)
ニャンニーシンズ(平成18年3月1日)
鍵(平成18年4月25日)
チベット(平成20年5月1日)
SYOHOU
諸法
四十四の問い~ミヒャエル・エンデ
先ゆく輩
さき行く輩
祖師年譜
ダルマ
慧可
五洩霊黙和尚
石鞏慧蔵禅師
大珠慧海禅師
西川の黄三郎
馬祖道一禅師(馬大師)
五百生 百丈和尚
大梅山法常(752-839)
麻谷山宝徹禅師(平成12年1月27日)
鎮州普化(ふけ)和尚
寒山・拾得
虹の彼方に
ヘイヴン・ペックの場合―続貧しいけれど、豊かだった―
生前葬
平和を我らにーGIVE PEACE A CHANCE(平成13年10月31日)
ソクラテスとヤージャニダッタ
蓮(平成14年6月2日)
心-KOKORO(平成14年6月25日)
独り暮らし(平成15年4月12日)
老いが、咲いていた!(平成16年7月5日)
深濱-fukahama
死に顔
松山鏡(ソクラレストとヤージャニダッタの続き)
真ん中(平成20年4月1日)
百万回いきたネコ(平成21年1月1日)
夜来る鳥(平成21年1月1日)
だいじょうぶ、だいじょうぶ(平成21年2月1日)
無常への帰依
無常への帰依
希望(平成12年1月2日)
葬式坊主
泥棒
赤とんぼ
老い
……ロス
後姿
寿陵
ついで参り
目標
六道を行く
もの言わぬ羅漢達…揀択をこえて…
宮本武蔵
五合庵断章(平成10年10月17日)
K子さん!(平成12年7月19日)
今は昔
十一面観世音菩薩
尽七日忌(平成19年5月1日)
OSYOU
OSYOU
この手のひらに―禅僧の死―(平成10年11月18日)
戒(平成10年7月25日)
幽霊
みんな仏教徒(平成10年5月27日)
最後の晩餐(平成10年5月23日)
禅問答(平成10年5月31日)
分銅
天国は汝ら自身に宿る(平成10年11月24日)
宗派
穢れ(平成12年8月30日)
お彼岸
仏心
仏心
ご祈祷
施餓鬼会にて(平成17年5月28日)
永遠の命
輪廻する葦(平成10年5月27日)
連鎖する命(平成10年6月2日)
涅槃(平成10年8月12日)
鏡(平成10年7月25日加筆)
流星
TAO(平成11年1月3日)
四大
挨拶
冥福
盂蘭盆
祈り(平成14年7月4日)
仏事歳時記
再び 最後の晩餐
この手のひらにII(平成18年11月18日)
死んで生きる智慧(平成19年3月27日)
五百生(平成19年11月20日)
破地獄偈(平成20年5月24日)
この指止まれ
この指止まれ
家族と家庭(平成11年1月5日)
導師(平成11年2月26日)
家から個人へ、そして家族・友達へI
家から個人へ、そして家族・友達へII
脳死そして臓器移植(平成11年3月2日)
独り決めの生き方
僧堂I
僧堂II
僧堂III
恥じ
僧堂IV
返事
父殺し・母殺し・友だち殺し・子殺し(平成20年1月1日)
その後
その後
ほとけさま(平成17年5月1日)
仏が仏に合掌する
戒名(平成12年3月14日)
無用の用(平成12年2月21日)
世話
大きく育て!(平成11年1月18日)
しもべ(平成10年11月7日)
電話(平成10年8月22日)
意思
寡黙
妄想(平成10年8月2日)
川(平成10年8月22日)
風如(風のように)(平成10年6月18日)
追悼(平成10年5月27日)
受容(平成10年6月18日)
蒸発
臨終(平成10年6月8日)
外道
障子(平成13年3月10日)
日月(にちげつ)
年寄りの出番より
人生とは、闇を照らす一瞬の蛍の光
時の旅人
時計(平成12年1月3日)
星(平成11年10月15日)
溝(平成11年8月2日)
過去心…念の起こる処(平成11年6月19日)
与える時間(平成11年5月24日)
桜(平成12年3月2日)
無常(平成11年4月16日)
川(平成10年9月17日)
有時(時の構造)(平成12年2月5日)
時の旅人(平成12年2月1日)
揺れる木々の葉
この人生の速さはなんだ(平成14年12月26日)
法句経より-時の旅人(平成15年2月4日)
寂然不動 如春在花(寂然不動、春の花に在るが如し) (平成16年9月19日)
ZENGO
自立
橋は流れて(平成10年9月18日)
無事
過去(平成10年5月23日)
たまごっち(平成10年5月23日)
一衆觸礼(いっしゅうそくれい)
六道を輪廻する
二人三脚
生老病死
筋肉番付
ポケモン
俺は、親馬鹿か!
塵も積もれば山となる
生と死と永遠
最終章
一章
二章
三章
四章~(未完)
時間旅行
時間旅行
命の歌-母の短歌
礎-いしずえ-
離魂(平成19年8月25日)
海辺橋
海辺橋
ふるさと(平成18年3月4日)
千の風(平成18年9月16日)
人の道(平成18年9月18日)
あなたは、いつから、一年が始まりますか?(平成20年8月1日)
前住職 二十三回忌にて(平成20年9月1日)
平成21年お施餓鬼会を振り返って(平成21年6月1日)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

171 / 190ページ

俺は、親馬鹿か!

俺は、親馬鹿か!

 平成12年の夏のエプソンのプリンターコマーシャルが、妙に頭にこびりついていた。
結婚した夫婦の設定は、どういうコンセプト(この言葉の使い方は、知らないが、多分こんな感じで使うのだろうと思って、使ってみた)なのだろうか?
きっと、男と女の素敵な出会いがあって、いや最初は困難な出会いであったかもしれない。何故なら、3枚目タッチの髪が薄くなりつつある夫となる俳優と、新妻を思わせる女優、優花の若さと可愛さの不釣合いは、今が幸せな時を感じさせるほど、ここまでに到る過程を想像させるといったら、私の考えすぎなのでしょう。

それにしても、このコマーシャルのワンシーンを切り取り、肉をつけて、想像を巡らし、裏づけを取ろうとする人がいるとは、製作者はきっと考えていないでしょう。しかも、考えている人が、僧侶であることを知ったら、きっと恐れ入りましたと、白砂の上に土下座して平身低頭するかも!ちょっと言いすぎか!オーバー過ぎるか!
彼と彼女の道行は、その後、愛が芽生え、やがてお定まりの結婚へとゴールインします。新婚を過ごしてきたカップルにとっての居間は、その辿ってきた軌跡の表現をしていなければなりません。その居間は温もりを表わしていてこそ、次のステップが相応しいと思います。 その居間の壁や、床、天上までも、埋め尽くす愛児の写真は、二人にとっての今を語るものでした。
「俺は、親馬鹿か?」

妻に問い掛ける、この言葉こそ、愛の巣がいつしか家庭へと変化し、その変化に嬉しさを含んで戸惑いつつ、発した言葉です。自分が変って行くことを受容しながら、妻に問いただす男親の立っている場所を示すものです。
そんな夫を、優しく包み込んで、さとすかのように赤ちゃんを抱きながら、妻が発した言葉。
「それが、幸せってことよ!」

プリンターから打ち出された、愛児の写真の氾濫は、幸せな家庭へと移行した事実のワンショット。
私が、作家だったとしたら、≪妻がしゃべる、「それが、幸せってことよ!」こそ、魔女が操る呪文に聞こえるのです。≫と、付け足すかもしれない。


塵も積もれば山となる

塵も積もれば山となる

「和尚さん!このお塔婆を並べ替えてもよろしいでしょうか?」

法事のお経を始まる前、お施主さんに聞かれます。もっとも、最近は聞かれない方が多く、聞かれるときは少ないのですが。あらかじめ、こちらで適当に並べて置いたままで、大方は終わります。
先日、久しぶりに、並べ替えをしていたお檀家さんを見かけたものですから、「順番が気になりますか?」と聞くと、「こういうのは、どういうふうに順番があるんでしょうか?」と、逆に聞かれました。
そういえば、私の母の法事の時でした。法事が終わって、30名の参列者を、食事に誘うのですが、中華料理のお店に移動して、3っつのテーブルに誰と誰を座っていただくか、その人選に家内が考え込んでいたのを思い出しました。

さらに、法事の時の本堂での、序列も、誰も言わないものの、暗黙の位置みたいなものが支配しているのを見るにつけ、世界は、総てが表現であり、発言なんだなと、改めて感心し、得心し、仏教の単純な道理の、奥が深いことを楽しみました。
私は、法事に参列していただいた方々に、この法事をどう味わって、帰っていただくか腐心いたします。
そのために、「今日、あなた方は、亡くなられた方の追悼の為に来られて、中心はあくまでも亡くなられた方なんですが、同時に、中心は、あなた方一人一人が中心なんですよ!」と、告げます。
貴方が、今、ここに居るということは、貴方自身の存在の表現なんですが、同時に、ここに居る貴方以外の方々も、存在の表現をしています。つまり、貴方自信の表現とは、同時に、貴方以外の方々の表現によっても、成り立っているからでもあるのです。つまり、表現されているということです。

貴方が、本家の弟だとしたら、その場所にいる貴方以外の兄や姉、妹、従兄弟、親は、今の貴方を表現してくれるという立場にあります。
追悼される方も、姿は見えないけれど、この世界の関係から外に出ることは有り得ませんから、表現され、表現する存在です。
中華料理のテーブルに、それぞれが座ることが、世界を造るといったら、大袈裟かも知れませんが、表現と言うことなのです。表現を、発言と言ったり、跳出(ちょうしゅつ)と言ったりすることも、同じことだと思います。自分がそこに居るということ自体が、実は、世界を表現していることだし、亡くなられた方を支えていることにもなります。当然、亡くなった方からみれば、亡くなった方も支える存在であり、そこを、私はお護りされるんではなく、お護りする存在なんだと、強調したいのです。
塔婆の並び方も、それぞれの塔婆が発言して、順番を決めてゆきます。ただ、順番だけに目を付けると、一本の塔婆の発言しているものを、見えません。
「和尚さん!このお塔婆を並べ替えてもよろしいでしょうか?」と聞かれた方が、私の説明を聞いて、「いっそ、円を描いて飾れば良いですね!」言いました。

いまだ、順番に引っかかります。思うように並べても、並べなくとも、一本の塔婆は発言しているのです。
本堂での法事が終わって、墓地にてお経を読んだとき、墓前に供えた花束に、赤いストックが鮮やかで、きれいに映っていました。そう見たとき、白い菊と空色のスイトピーが、赤のストックを支えていたのです。ここでも花たちが、表現していました。
さて、表題の《塵も積もれば山となる》ですが、塵を表現し、発言するものと考えてみれば、山は、全体、或いは世界に該当するのですが、問題は《積もれば》です。積もることは時間的な経過を表しているのですが、仏教的には、積もるに引っかからずに、塵そのものが、山なのだと、気づくことが大切なことです。塵そのものが、山であると気づいたとき、山が動き出します。世界も動き出します。


生と死と永遠

生と死と永遠

 生老病死において、生と死はないのだと、以前、書いた。確かに生きている人にとって、自分の生と死を確認するすべを持たないことは、事実です。しかし、自分が生まれて死ぬことも、また、厳然たる事実ですし、それを確認するのは自分以外の人であることも確かなことです。ですから、人は最期の最後まで生き続け、最後の瞬間も、そのことが生きている証となります。
人は、自分の生から死に立ち会う時間を、持っていない。それは、死して時を刻むことが出来ないということです。生きているということは、自分が時を刻んでいるということなのだと、時を刻むということが生きているということなのだと、無常とは、そのことを指すのだと思います。

人が、生きて、生まれもなく、死もない状態で生きているとしたら、それは、長年の人類の夢である、不死を手にしたと言えるのではないかと。ただ私達が気づいていないのではないだろうかと思った。
永遠を手にすることは、それは、生も死もないということと同じことだからです。人それぞれ、生まれもしない、死にもしないことと、永遠の内容と、同一のももだと言えるのです。

さて、永遠というテーマは大きなテーマです。命あるものが、永遠を願うことは、未だ永遠を手にしていなから、願うのであって、すでに手にしていると実感していたら、命あるものの願いは、違ってくるはずです。



かって、T・Sエリオットは、
『老齢や老衰も恐れることはない。消滅も運命の変遷も私を怯えさせない。
もはや、死でさえがわたしを狼狽させたり驚嘆させたりはしなくなったとき。このわたしは愛の中に居るのだから。』と、記しています。
それを、仏教で言うと、
『老齢や老衰も恐れることはない。消滅も運命の変遷も私を怯えさせない。
もはや、死でさえがわたしを狼狽させたり驚嘆させたりはしなくなったとき。このわたしは不変の命の確かさの中に居るのだから。』と、なるのかなと思って、今は、気に入っている言葉の一つでもあるのです。


一章

エンディング、それは帰ると言えばよいのか、旅立ちなのか、始まりなのか、
……どうしるべを立てるか、最終章へのいざない……

一章

 親しかったものを亡くし、振り返ったとき、それは、振り返るたびにといったほうがよいかもしれませんが、「これは、故人が望んでいたことだろうか?」と、考えることがあります。しかし、あらためて考えてみると、故人への思いは茫漠(ぼうばく)として、具体的に浮かぶわけではないことに気がつきます。その思いも問いも、やがては、日常の中に埋没してゆくかのように、時の流れは速い。
 それなら意志を伝えられるうちに、じぶん自身のエンディングノートを記しておこうと思うのでしょう。
 自分がたどった足跡を通して、父母や兄弟への思い、出会いや別れ、得たものや失ったもの、大切に育んだもの、見守ることでやすらいだこと、充たされた思いや深く傷ついたこと、やり残したもの、畏敬や感謝、しかし、書き記すうちに、時間の経過は、家族や人を変えてゆくものです。
 
 それでも、記そうと、まず、じぶん自身の足跡から、光を当てる部分を撰ばなければならないでしょう。そして、撰んで光を当てた足跡が、残されたものにとって、客観的に評価できるだろうかと考えたとき、記し続けることこそ、じぶん自身の中の変化を語るものと気がつきます。
 もともとじぶん自身の足跡とは、他者とのかかわりの中にあるものです。愛する家族や愛しくごく親しい人は、ほんの一部の私への片面を知るのみです。そのことが、後になって、波紋を広げることは、世間にはよくあります。
 自分がいなくなることは、他者が持つ私の片面が解放され、解釈されることは思い描くことはできます。しかし、その内容の訂正は、できないのです。
 こんなことを思ったりすると、私が光を当てた足跡も、考えてみれば、元気なうちに伝えられればよいことで、エンディングノートとしての意味は、もっと他にあるはずです。しかし、記さなければならない。そこで、特定の人に向かって記すことを考えるのですが、これも、元気なうちにみずから語ればよいことです。特定の人に向かって語った内容を、それ以外の人にも語る意味は、ノートとしての意味はあります。とにかく記し続けることのうちに、自分がいなくなった後、人の思いが花を咲かせるのでしょう。

二章

二章

 先ずは、最終章として、葬送の儀を葬儀と送ることに分けて考えてみることにいたしました。
  こと葬送の儀に関してみずからのエンディングノートをしるすことはできるものの、葬送の儀の内容に関しては、宗派・宗教という枠がはめられ、例えば菩提寺の意向は無視することができないでしょう。
 案外と、わたし達は葬送の儀の内容を知らないものです。葬送の儀の内容を知る必要があると言えますが、知ることは、その宗派のものの考え方を確かめることになります。しかし、知れば知れるほど矛盾が生じ葛藤が生じてしまう場合もあります。
  じぶん自身の最終章にじぶん自身で書き込めることができるのでしょうか?じぶん自身として生前に、書き込みたいし、遺族としては、書き込めさせたい!と。
  また告別式に関しては、様々なことが考えられます。偲ぶ会やお別れ会もそうだとするなら、49日忌や1周忌などの法要のお食事も、時間の経過は別として、この部類に入るでしょう。

  こうして書いてきて、これらの問題には、まだ越えなければならない問題が含まれていることを知るべきでしょう。その一番の問題は、魂のことです。
  たとえば、神の子として、シモベとして、私を神は、こころよく受け入れてくれるだろうか?神と言っても、世界には数多くの神々がいると言ってよいでしょう。カトリックやプロテスタントも、その分類の中に多くの宗派があり、神がいます。イスラムにも、スンニ派やシ-ア派があると言えば、神は同じなのでしょうか、考えてみれば、人間の数ほどに神は在るといってよいのでしょうか。

 さて、家族葬と称して、火葬場で近親者を家族だけで荼毘にふすことが執行されことを見ました。
  それは葬送の儀でしょうか。荼毘にふされた人の父母や祖父祖母が、さらにその先の血縁の人たちが、えんえんと営まれてきた葬送の儀式は、ここで途絶えることになる意味って、考えたことがあったのでしょうか。
  葬送の儀とは、告別の葬儀と野辺送りの儀式を一体とするものです。告別の葬儀の式が終わって、柩の蓋が閉められ、柩は近親者に担がれ霊柩車に収まり、火葬場で荼毘にふされる。これを送る儀式といいます。葬儀がなければ、死体として焼かれ、壷に収められて、意味が付されないことになります。
  まして菩提寺を持っていたとしたら、その菩提寺にお墓があったとしたら、過去に祀られた祖霊たちの意味をどう考えればよいのでしょうか。 
 菩提寺を持つ家族の基本は、葬送の儀式をして、そこから、故人は墓地に納骨され、新に戒名として家族の仏壇にまつられ、自分たちの祖先として、私たちの命を受け継いできた証となります。そのことは同時に、自分たちもまつる側からまつられる側になることのいとなみを現していることを含んでいます。

 植物に喩えれば、祖先は根、私たちは幹であり、枝は子孫となり、根も大事、幹も大事、子孫も大事、根が枯れれば、幹も枝も枯れることを意味していることだと思います。
 菩提寺とは、根と幹と子孫に関わっている聖域と考えられないでしょうか。
  このことを無視することは、菩提寺からの断絶を意味することなのです。せめて、家族が決める前に、お寺の和尚に連絡して相談していただきたいと思います。
  家族が決めたからと、その通りにすれば、お寺は必要もなく、その寺の和尚も、本堂もいりません。

  さらにつけ加えれば、火葬をするため家族が窯の前にた立って見送る作業は、家族にとってどう考えればよいのでしょうか。お別れと言うことは解りますが、お別れした後、故人は何処に見送られるのでしょうか。また、故人の死後の居場所として、その人格は何を持つのでしょうか、お寺とは、その作業に方向付けをすることに関してあるといえば、その延長線上に49日があり、以降の年回があります。
  菩提寺を持っていると言うことは、葬儀の執行を菩提寺に委託し、以降の年回法要をも委託することを含んでいるわけです。故人を偲ぶ方法はいくらでもありますが、この儀式だけは、一人でもよいから、少しの近親者だけでもよいから、葬送の儀式をしていただきたいと思います。

  このことは、日本の文化や伝統という意味からも、とても大切なことと思うのです。私たちはこの時代生きて、次の時代に生きることは有りません。私たちの勝手や都合から、人としての最期をそれだけにしてよいのでしょうか。


読者登録

素山さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について