目次
輝いている時
夢中(ゆめのなか)
芝浜
江戸っ子
亀住町(平成13年7月1日)
モンセ・ワトキンス~夢のゆくえ~(平成14年1月3日)
新牌開眼
英霊(平成17年5月23日)
目覚め
よわい「齢」
また始めたらよい
三大聖樹(平成19年4月17日)
滅度(平成19年9月18日)
安住の地(平成20年11月15日)
心眼(平成22年3月1日)
とかくこの世は
とかくこの世は
祈り(平成17年11月29日)
品位(平成18年1月20日)
ニャンニーシンズ(平成18年3月1日)
鍵(平成18年4月25日)
チベット(平成20年5月1日)
SYOHOU
諸法
四十四の問い~ミヒャエル・エンデ
先ゆく輩
さき行く輩
祖師年譜
ダルマ
慧可
五洩霊黙和尚
石鞏慧蔵禅師
大珠慧海禅師
西川の黄三郎
馬祖道一禅師(馬大師)
五百生 百丈和尚
大梅山法常(752-839)
麻谷山宝徹禅師(平成12年1月27日)
鎮州普化(ふけ)和尚
寒山・拾得
虹の彼方に
ヘイヴン・ペックの場合―続貧しいけれど、豊かだった―
生前葬
平和を我らにーGIVE PEACE A CHANCE(平成13年10月31日)
ソクラテスとヤージャニダッタ
蓮(平成14年6月2日)
心-KOKORO(平成14年6月25日)
独り暮らし(平成15年4月12日)
老いが、咲いていた!(平成16年7月5日)
深濱-fukahama
死に顔
松山鏡(ソクラレストとヤージャニダッタの続き)
真ん中(平成20年4月1日)
百万回いきたネコ(平成21年1月1日)
夜来る鳥(平成21年1月1日)
だいじょうぶ、だいじょうぶ(平成21年2月1日)
無常への帰依
無常への帰依
希望(平成12年1月2日)
葬式坊主
泥棒
赤とんぼ
老い
……ロス
後姿
寿陵
ついで参り
目標
六道を行く
もの言わぬ羅漢達…揀択をこえて…
宮本武蔵
五合庵断章(平成10年10月17日)
K子さん!(平成12年7月19日)
今は昔
十一面観世音菩薩
尽七日忌(平成19年5月1日)
OSYOU
OSYOU
この手のひらに―禅僧の死―(平成10年11月18日)
戒(平成10年7月25日)
幽霊
みんな仏教徒(平成10年5月27日)
最後の晩餐(平成10年5月23日)
禅問答(平成10年5月31日)
分銅
天国は汝ら自身に宿る(平成10年11月24日)
宗派
穢れ(平成12年8月30日)
お彼岸
仏心
仏心
ご祈祷
施餓鬼会にて(平成17年5月28日)
永遠の命
輪廻する葦(平成10年5月27日)
連鎖する命(平成10年6月2日)
涅槃(平成10年8月12日)
鏡(平成10年7月25日加筆)
流星
TAO(平成11年1月3日)
四大
挨拶
冥福
盂蘭盆
祈り(平成14年7月4日)
仏事歳時記
再び 最後の晩餐
この手のひらにII(平成18年11月18日)
死んで生きる智慧(平成19年3月27日)
五百生(平成19年11月20日)
破地獄偈(平成20年5月24日)
この指止まれ
この指止まれ
家族と家庭(平成11年1月5日)
導師(平成11年2月26日)
家から個人へ、そして家族・友達へI
家から個人へ、そして家族・友達へII
脳死そして臓器移植(平成11年3月2日)
独り決めの生き方
僧堂I
僧堂II
僧堂III
恥じ
僧堂IV
返事
父殺し・母殺し・友だち殺し・子殺し(平成20年1月1日)
その後
その後
ほとけさま(平成17年5月1日)
仏が仏に合掌する
戒名(平成12年3月14日)
無用の用(平成12年2月21日)
世話
大きく育て!(平成11年1月18日)
しもべ(平成10年11月7日)
電話(平成10年8月22日)
意思
寡黙
妄想(平成10年8月2日)
川(平成10年8月22日)
風如(風のように)(平成10年6月18日)
追悼(平成10年5月27日)
受容(平成10年6月18日)
蒸発
臨終(平成10年6月8日)
外道
障子(平成13年3月10日)
日月(にちげつ)
年寄りの出番より
人生とは、闇を照らす一瞬の蛍の光
時の旅人
時計(平成12年1月3日)
星(平成11年10月15日)
溝(平成11年8月2日)
過去心…念の起こる処(平成11年6月19日)
与える時間(平成11年5月24日)
桜(平成12年3月2日)
無常(平成11年4月16日)
川(平成10年9月17日)
有時(時の構造)(平成12年2月5日)
時の旅人(平成12年2月1日)
揺れる木々の葉
この人生の速さはなんだ(平成14年12月26日)
法句経より-時の旅人(平成15年2月4日)
寂然不動 如春在花(寂然不動、春の花に在るが如し) (平成16年9月19日)
ZENGO
自立
橋は流れて(平成10年9月18日)
無事
過去(平成10年5月23日)
たまごっち(平成10年5月23日)
一衆觸礼(いっしゅうそくれい)
六道を輪廻する
二人三脚
生老病死
筋肉番付
ポケモン
俺は、親馬鹿か!
塵も積もれば山となる
生と死と永遠
最終章
一章
二章
三章
四章~(未完)
時間旅行
時間旅行
命の歌-母の短歌
礎-いしずえ-
離魂(平成19年8月25日)
海辺橋
海辺橋
ふるさと(平成18年3月4日)
千の風(平成18年9月16日)
人の道(平成18年9月18日)
あなたは、いつから、一年が始まりますか?(平成20年8月1日)
前住職 二十三回忌にて(平成20年9月1日)
平成21年お施餓鬼会を振り返って(平成21年6月1日)
奥付
奥付

閉じる


SYOHOU

諸法

世界には様々な法があるかもしれない。また、それが人が創った限りは、矛盾 があり、顛倒があり、違背があります。
仏教は、世界自身が語り、世界自身が在らしめた法です。世界が一つに認識さ れた時、仏教の名前は亡くなるかもしれないが、世界がある限り、仏教の智慧は 輝いている。

四十四の問い~ミヒャエル・エンデ

四十四の問い~ミヒャエル・エンデ

  未だ全問に答えていませんが、気長に答えることとします。
もし、貴方が別な答えを出そうとするなら、私にメールを下さい。
貴方の答えを掲載いたします。『虹の彼方に』管理人

 エンデ自身がこの問いを出してより、これに答えた人は数多くいただろうと思う。しかし私はそれを読んだこともないので、知りようもない。答えたとしても誰も意味はないかもしれない。
 だけど、答えようとすることから、エンデに親しく接するような気がする。

1、あなたがこのような本を編むとしたら、なにを基準にしてえらびますか?
≪普通こう言った文章に接するとき、問い自体の新鮮さや、共感に賛同します。何もいちいち答えると言うのではなく、問い自体に、答えが含まれているものです。≫
2、あなたの人生を変えた本や、本のくだりがありますか?
≪この本に関して言えば、東洋では省みることをしなくなった、東洋の英知によって思考されていると思うのです。≫

3、人生の問題に直面していて、ぴったりのときに、ちょうどぴったりの本を手に入れ、ぴったりのページを開き、まさにぴったりの答えを得たとすれば、それは偶然だと思いますか?
≪人生の問題に直面していて、ぜんぜん外れた本を手に入れ、はずれたページを開き、まさにはずれた答えを得たとすれば、それは偶然だとおもいますか?≫
4、天使や悪魔や奇跡について聖書は語りますが、それでは聖書はファンタジー文学に属するのでしょうか?
≪答えは問いの中にあるという意味がよく分かる。蛇足は、記録するということを、何故記録しなければならないかと考えてみて、伝えるということも、目的や真意を考えてみると、ファンタジー文学は、聖書になり、日本書紀にもなるということか?≫
5、トルストイが書くモスクワ、フォンターネが語るベルリン、モーパッサンが描くパリ、これらの都市は現実にあるのか、あるいはそもそもかってあったのでしょうか?
≪よく私が問うことがあるのです。それは「世界は幾つあるの?貴方にとって世界とはどんな意味があるのですか?」また「具体的とは、現実とは?」です。≫

6、ゲーテが親しく呼びかけた月(おんみはふたたび茂みと谷をみたし……)(「月に寄す」)と、あの二人の宇宙飛行士が歩きまわった、泥や埃から成る塊は同じ一つの天体でしょうか?
≪この世の中で、一体”同じ”と言うことはあるのだろうか?そのことの意味を考えたとき、”同じ”という意味が解るのでしょう。≫
7、戦争の残虐さからなにも学ばず、自分も変わることなく戦争を体験した者に、戦争の残虐さの叙述がなにかを教えたり、そればかりかその者を変えることができるでしょうか?
≪最近行われた戦争を見る限りは、地域的限定の民族的なもののようです。民族を成り立たしめるものに、宗教があるようですが、宗教も、数や地域の占有を追及すると、資本主義の考え方と何ら変わるものではありません。人が何かを学ぶことはあるのだろうか?歴史は繰り返すの格言は、正しいのだろうか?≫

8、千人の苦しみは、一人の苦しみよりも大きいのでしょうか?
≪苦しみ自体個人的なものである限り、苦しみは千差万別です。千人の苦しみは、一人の苦しみです。≫
9、一平方キロメートルの赤い面は、一平方メートルの同じ色の面よりももっと赤いでしょうか?
≪一平方メートルが、1000個集まったものが、一平方キロメートル。一個の赤い面が、千個集まると、真赤っか。≫
10、人の意識の外にある世界”自体”を想像するには、少なくとも一人の人間が必要ではないでしょうか。つまりそのような世界を想像する人間が?
≪それでは、世界を考えてみましょうと言った瞬間、私は、世界の外に弾かれていた。≫
11、現実に対してわたしたちがもつ観念が変われば、現実も変わるでしょうか?
≪よく言うのですが、鏡は現実を映すといいます。私たちの眼も、現実を映しているのですが、見るという。≫
12、それを表す言葉がまだない、そのようなものを考えることができますか?
≪聖書は、始めに言葉ありと言った。禅は、父母未生以前の貴方の生命は?と問います。いつも問題は、言葉の無い世界のことなのです。≫
13、言葉がまだ話せず、したがってまだ考えることもできないとされる幼児が、言葉に意味があるとわかるのはどうしてでしょうか?
≪伝えると言う意思を持つことは、伝えられる情報を持つことでもあります。≫
14、「すでに」とか「さっき」という語の意味を説明できますか?
≪エンデのこの問いの鋭さは、説明という言葉を使うことです。迷宮に誘い、迷宮から誘うということを

15、詩を”理解した”というとき、それはどのようなことでしょうか?
≪このごろ思うことですが、僧侶は詩人でもあると思うのです。何故なら、僧侶自身こそ、”語り部”なのです。≫
16、百年、二百年後の人たちが、わたしたちがもつ世界観に、信じられぬと首をふることは考えられることでしょうか?
≪私は、現代から遡って、過去の時代にに、禅やお茶、武道が登場したことじたいが信じられない現代なのです。≫
17、すべては無意味だと、人に説きつづけてやまないニヒリストを駆り立てるものは、何なのでしょうか?
≪大嘘つきのコンコンチキ
18、上手にキリスト像を描く画家は、その画家自身が一種のキリストであるべきだと期待するのは正しいでしょうか?
≪誰もキリストを見たわけではなく、聖書の解釈によって、迫真のキリスト、痛々しいキリストと
19、恐ろしい拷問死を、美しい絵、美しい音楽、美しい詩歌で表現するとき、なにがそれを正当化するのでしょうか?

20、美は客観的事実なのでしょうか、それとも主観的体験なのでしょうか、それともこのように問うこと自体が、そもそもまちがっているのでしょうか?

21、両の手を打ち合わせたとき、片方の手はどのような音を発するのでしょう?
≪白隠禅師隻手の音声です。エンデ自身が何処で、この公案を仕入れてきたのか分かりませんが、エンデの作品には全編に渡って禅のテーマがあふれています。”あるがまま”こそ、禅そのものだからです。≫
22、磁針が常に北を指すようにする力は針にあるのでしょうか、それとも地球にあるのでしょうか?
≪私が立つことを出来るのは、地球に重力があるからこそできるのでしょうか?それでは、もし私が立つことを、重力より自由になりたいが為なのだと考えた時、私が寝たきりになってしまったとしたら、それは重力のせいなのだろうか。重力に捕まってしまったということでしょうか。寝たきりも、立つことも共に重力があってこその寝たきりであり、立つことであるとすれば、私は足で地球を持ち上げ、背中に地球を乗せることは私の重力こそ、地球の重力です。≫

23、おおぜいの人が同じ本を読むとき、本当にみんな同じものを読むのでしょうか?

24、読者と本のあいだに生じることは、どこで起こるのでしょうか?

25、精神なくして精神を否定できるのでしょうか?
≪できないんじゃ、ない?……?≫
26、長編小説を書くことはもうできないと、長編小説なみの分量の本を書くのはどうしてなのでしょうか?

27、”予知の語り手”ではないと主張する作家たちが書く物語を、だれが考えだすのでしょうか?

28、詩的虚構と嘘のちがいは何なのでしょうか?
≪良心 ≫
29、芸術は省略にあるとすれば、最高の芸術とはなにもしないことではないでしょうか?
≪禅というイメージは、禅と言ったとき、語っていないものを、あなたは見ることが出来ますか?≫
30、そもそも読者に詩人を理解する義務があるのでしょうか、あるいは詩人に読者が理解できるように書く義務があるのでしょうか?

31、「本」という語をモールス符合、ゴシック文字、点字、そして中国の表意文字(漢字)で見るとき、そしてこれらの文字を知らないとき、まったく異なるものだと思わざるをえないのではないですか?

32、小説でカフカが言わんとすることが、評論家がその小説を解釈して述べることであるとすれば、なぜカフカはそれをはじめから書かなかったのでしょうか?

33、本に登場する人物は、その本が読まれないとき、なにをしているのでしょうか?

34、美しさを願うとは、うわべを美しくすることを願うことでしょうか?

35、平均的人間というものに出会ったことがありますか?
≪ありません。平均年齢という年齢にも出会ったことがありません。》
36、ドイツ、イギリス、フランス、スペイン、イタリアの全文学が二十六のアルファベットから成っていることは、実に不思議なことではありませんか?

37、カバラが教えるように、神が二十二の文字と十の数字でこの世界を造ったとは考えられるでしょうか?

38、重力を克服するダンスは重力なしにありうるでしょうか?
≪私たちが、立って歩くということは、重力があることによって成り立っています。寝ると言う行為は、疲れを癒すということですから、その疲れは重力が原因であるようです。≫
39、思考とは脳のなかの電気化学的プロセスにほかならないという考えは、脳のなかのどのような電気化学的プロセスが考えたのでしょうか?

40、現実が”実際に作用すること”と関連があるとすれば、夢はどのような現実を持つのでしょうか?

41、人を病や健やかにする本があるでしょうか?

42、だれもが人生で妖精から三つの願いがかなえられるのを、あなたも見たことがありますか?

43、むずかしいこと、それとも楽なこと、むずかしいのはどちらだと思いますか?
≪信心銘よりの出題みたいに思えるないようです。あえて、素直に、むずかしいことです。≫
44、本当に問いは四十四問だったか、数えなおしてみますか、それともわたしの言葉をそのまま信じますか?
≪数えなおした瞬間、エンデの罠にはまり、そのまま信じることは、貴方をなくす。≫