閉じる


<<最初から読む

10 / 18ページ

【9】「わかる」ということは 実は「気持ちよさ」を感じることなのです。

「あのとき  ○○しておけばよかった」
「今になってやっとわかった・・・・・あのとき わかっていたらなあ」

    誰でも そんな思いを持つことが あります。


今は わかるんだけど  あの時 もし わかっていたら・・


      今になってわかること・・

実は あの時 わかっていなくてもいいのです。

     「今」わかれば それでいいのです。

        「わかる」ということ

   本当は 「いつ」という時間はあまり関係ありません。
  何でも 早ければ早いほどいい というものでもありません。

   「わかった」時こそ 「ベストタイミング」なのです。

         そして もうひとつ
  それは 「わかった内容」も あまり関係ないということです。

  どんな内容でもいいのです
     「あの人のことが ようやくわかった」
     「数学の公式が やっとわかった」
     「自分の悪い癖に やっと気づいた」
 人それぞれ わかったことや 気づきは 違うものです。
    だから 内容も それほど関係はありません。

 『いつ』 わかってもいいのです。 『なにを』 わかってもいいのです(何に 気づいてもいいのです)。

 一番 大切なこと
   それは 「わかった」瞬間に感じる 「こころのひろがり」なのです。

  「あー!わかった!」 そうやって気づくと、パーッと こころが広がるような感じ

  頭の中のもやもや感が スーと解けるような感じ

  そう 「あーっ  そうだ!」 その時に感じる 爽快な気分こそ 大事なのです。

  気づいた瞬間の「気持ちよさ」 実はこれが 一番大切なのです。

  「毎日 気づきや発見の気持ちよさを感じてみる」

  「わかる」というのは 実は そういうものなのです。 (げんき)


【10】たまには 他人を輝かせてあげよう。

たまには 他人を輝かせてあげましょう。


思い切り その人が気持ちいいほどに そして自信を持てるように

そんな状況やチャンスを作ってあげることも大切です。


人は 誰でも 自分が輝くようなチャンスを与えてもらうと嬉しいものです。


そして それが 自信につながり そして そのチャンスを与えてくれた人と

深くつながりあうことができます。


その人が輝けば その機会を与えた人も幸せな気分になるはず。



そして また その人に「輝く機会」を与えてくれる

そんなチャンスがやってきます。




この綺麗な星空もそうです。



星がひとつひとつ光輝けるように

宇宙は 夜を作り出しました。


「輝かせるため」 それが 大きな宇宙のお仕事です。



そんな宇宙のような大きなこころで


相手を輝かせてあげましょう。



人が輝くこと。



これが この宇宙の願いなのかもしれません。(げんき)


【11】いちばん最初に見たものは 永遠に覚えている。

一番、最初に 出会ったものは すぐに思い出せるかどうかは別にして

必ず 覚えています。



生まれてはじめて 見たおもちゃ。絵本。犬。 人。 とにかく全てです。


その後に たくさん 同じものに出会いますが でも 一番最初に見たものは

覚えています。


それは なぜか。



そこには 一番 最初に それを見た 「印象」というものがあるからです。


それは どう感じたか。という 「こころの記憶」です。



最初にあった犬の印象が その後に出会う 犬への印象なのです。


いちばん最初に出会ったときに なにを感じたか。



もしかすると 一番大切なことなのかもしれません。



生まれてはじめて こどもを 叱る時。


生まれてはじめて こどもに 笑顔をなげかける時。


生まれてはじめて こどもに おもちゃを与える時。


できるかぎり 「幸せな印象」を与えてあげましょう。




はじめての出会い、実は 永遠の出会いなのです。


                         (げんき)  



【12】自分の顔は しっかり覚えておきましょう。

毎朝 鏡を見ています。


そして何十年も 自分の顔を見ています。

でも いざ 頭の中でイメージしてみると


自分の顔は、ぼんやり浮かぶことは あったとしても

鮮明に まるで 映画のように「自分の姿」を想像することは

なかなか難しいものです。

夢を叶えるためには まず想像の中で「自分のリアルな姿」を思い浮かべることが必要です。


他人の姿を想像することは簡単なのですが、いざ 自分となると難しいものです。


自分の顔は しっかり覚えておきましょう。


それは 誰のためでもありません。



実は 『自分自身』のためなのです。    (げんき)


【13】家族の中に 『幸せリング』を 作ってみよう。

家族の中に 『幸せリング』を 作ってみよう。


作るといっても 何か 形あるものを作るわけでは ありません。

幸せになるための 『大きな輪』を作ることです。



そのためには まず 家族全員の「夢」を知る必要があります。

みんな それぞれ 夢や 幸せの価値観は 違っているはずです。



お父さんの夢は どんな夢(幸せ)ですか?

それを手に入れるために 今のお父さんに必要なものは なんですか?


家族は そのお父さんの夢(幸せ)の実現に対して どんな協力ができますか?



お母さんの夢は どんな夢(幸せ)ですか?

それを手に入れるために 今のお母さんに必要なものは なんですか?


家族に どんな協力をして欲しいですか?



こどもたちの夢は どんな夢ですか?

それを手に入れるために 今 こどもたちには 何が必要ですか?


お父さん、お母さんは その夢の実現のために どうしてあげることができますか?



大切なのは 互いの夢や幸せを知ることです。


そして その夢や幸せを手にするために 相手にとって必要なものを教えてあげることです。


そして もうひとつは相手の夢を叶える お手伝いをしてあげることです。



もし あなたが この『3つの原理』を使いはじめると

知らず 知らずに 他の家族も その原理を使いはじめます。


そして この「幸せリング」は 家族から飛び出し そして友達や周りにも

影響を与えはじめるのです。


それは まるで 幸せの大きな輪を作っていくようなもの。



あなたの夢は なんですか?

あなたの夢の実現に 僕が協力できることは 何かありますか?         


                           (げんき)



読者登録

岸本元気さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について