目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


<<最初から読む

138 / 147ページ

2007年12月24日  君を想う気持ち

今年のクリスマスは、何年かぶりで一人で過ごす事になる。

ここ何年かは、アリーと一緒だったし、その前は、メキシコに行ったり、カリブに行ったりしていたから、ニューヨークで一人で過ごすのは本当に久しぶりだ。

今年のクリスマスは、一人でゆっくりと、これからの事でも考えてみよう。

たまにはそういう時間も必要だ。

アリーが生きている時に、僕はよく冗談でアリーに、
『君が僕の事を愛しているのは知っているけれど、僕が君を想う気持ちの方が大きいよ』と言っていた。

僕がそう言うと、アリーはいつも僕に微笑んでみせて、
『貴方が気づいていないだけで、アタシも貴方がアタシの事を思ってくれている以上に貴方の事を思っているのよ。でも貴方は、それに気づかない』と言って僕の鼻をつまんだ。

でも今となっては、君は天国に行ってしまった訳だから、僕の気持ちもお見通しな訳で、こんな僕の気持ちをみて、
『やっぱり貴方の気持ちの方が大きいね』と言って笑ってくれるかもしれないし、
『やっぱりアタシの気持ちの方が大きいよ』と言ってまた僕の鼻をつまむかもしれないね。

いずれ君に会えるというのはわかっているけれど、やっぱり一目でもいいから君と言葉を交わしたいし、君を抱きしめたい。

そんな事を考えながら、僕は今夜もウィスキーの海の中に溺れていく。


2007年12月25日  武器よさらば

昨日のクリスマスイブは久しぶりに一人で過ごした。

久しぶりに良く眠れたような気がする。

クリスマスの今日は朝から天気も良く、気温も平年より高かった。

僕は午前中、いつもより時間をかけてゆっくりとジムで運動をし、2時間程みっちり汗を流した。

ジムから帰り、友達に電話をして連絡をとった。

今日は何人かで集まって、久しぶりにチャイナタウンで北京ダックを食べる事にした。

中華料理は、どうしても大人数でないとつまらないので、クリスマスにニューヨークに残っている友達を電話でかき集めて、久しぶりに彼らと飲んだくれる事にした。

クリスマスには店を閉めてしまう所もあるけれど、さすがに中華料理屋は年中無休でやっているので、こういう時には非常に助かる。

夕方5時くらいに皆で集まって、小龍包、餃子等の点心、フカヒレスープ、ホット&サワースープ等のスープ類、蝦、牛肉、鶏肉、豚肉、魚。
 
大人数を頼りに沢山の料理を注文した。
 
酒も紹興酒、老酒等をこれまた、しこたま注文した。

去年は、アリーの病室で二人きりのクリスマスだった。

今年は、古い友人達と大勢でチャイナタウンのクリスマスだった。

久しぶりに大騒ぎをして酔っぱらった。

食事も終わり、他の友達は別の場所に飲みに出かけたが、僕は彼らと別れ、一人夜風に吹かれながらアパートまで歩いた。

僕は夜風に吹かれながら、星の出ていない夜空を見上げ、アリーに
『メリークリスマス』と言ってみた。

アリーからの返事などあるわけもなく、僕はただ無言のまま暗い夜空を見上げ続けた。

去年、アリーにクリスマスプレゼントをした子供達の基金は、僕のビジネスの浮き沈みで色々あったけれど、ようやく無事に動き始めた。

色々な人の助けに会ったけれど、最後に協力をしてくれたのは、ブラッドピットとクリントン元大統領だった。

僕の人生で、僕がした唯一の人の役に立つ事だったかもしれない。

 

君がこの世で出来なかった事を少しでも僕がして、どこまでできたのかを君に伝えないといけないから。

今年は、僕はアリーに、どんなクリスマスプレゼントをすれば良いだろう?

生きている人に対するクリスマスプレゼントであれば、アイディアもでるが、死んでしまった人に対しては、どんなプレゼントをすればよいのだろう?

僕は夜空を見上げながら考え込んでしまった。

タバコをポケットから取り出し、それに火をつけながら考え続けた。

アリーに出会うまで、僕は自分に嘘をつきながら、強がって生きてきた。

他人を泣かせたり傷つけた事もあった。

生き残る為に毎日闘いの日々だった。

血も涙も無い奴だと言われた。

人の恨みも相当買った。

僕にとって生きるという事はそういう事だった。

そんな僕がアリーと出会ってアリーの生き方を見て、僕もこうありたいと思った。

アリーに恋をして、アリーに認めて欲しくて、過去を悔いて真っ当に生きたいと思った。

僕の手は罪で汚れていたけれど、許しを乞う為に、人の為に自分の命を使う事を誓った。

少しでもアリーに近づく為に。

少しでも好きな人に認めてもらう為に。

アリーが死んだ今でも、僕は変わらず人の為に、この命を捧げたいと思っている。

アリーを早く失ったのは、僕の罪の所為かもしれないと思っているから。

こうやって人の為に自分の命を捧げていれば、自分が死んだ時に、アリーに会わせて貰えるかもしれないと期待しているから。

何本目かのタバコに火をつけ、酔いもすっかり醒めてしまったが、僕は考え続け、ある結論に達した。

 

僕は愛をもって生きる。

だから僕には、もう武器はいらない。

僕が持っている武器は全て処分してしまおう。

そして愛だけを持って自分の人生を全うしてみよう。
 
それが天国で僕を待ってくれているアリーへのクリスマスプレゼントだ。

武器よさらば。
 
それが、今年のアリーへのクリスマスプレゼント。

僕は日本に住んでいる頃から、剣道と居合いをやっていた。
 
居合いの関係で、日本刀を持っている。
 
古刀を集めたりもしていた。

抜刀の一撃に自分の命をかける。
 
そんな居合いが、僕の生き方によくあっている気がした。

アメリカに渡っても居合いは続けたが、郷に入れば郷に従えで拳銃射撃を始めた。
 
学校に通い、射撃の腕をあげた。
 
これも僕にとっては、居合い同様自己鍛錬、集中力を高めたい為だった。

生と死の紙一重の状況に自分を置く事で、自分の可能性を試してみたかった。
 
というのは表向きの理由で、僕はどこかで死に急いでいたのかもしれない。

そんな中で僕の愛機は、コルトM1911A1という45口径の拳銃だった。

これも最初は黒く塗られていたのだが、十数年使い続けた結果、塗装が剥がれて地金の色が出て来てしまう程使い込んだ。

今であれば殆どの人が、使い易いベレッタの9mmを使うか、ちょっと粋がった奴だったらデザートイーグルあたりを振り回し、いかにも古いM1911A1などは誰も使わない。

射撃場に行くといつも新しい銃を薦められたが、僕は同じ拳銃を十数年使い続けた。
 
ギターもライターも、一度手にしたものをとことん使い尽くすのが僕の主義だ。

だからこのM1911A1も僕の体の一部になった。

でも僕は、もう武器はいらない。

これが今年のアリーへのクリスマスプレゼントだ。

僕は素のままの自分でいい。
 
もう自分を強く見せる必要は無い。

自分を守る必要も無い。

敵がいたとしても、僕は両手を広げて精一杯の愛を与えるから。

僕には、もう失うものは何も無い。

僕には、与えるものも一つしか無い。

無償の愛、一つだけ。

それが、僕からアリーへのクリスマスプレゼント。

体の一部になってしまったM1911A1に、別れを告げるのは辛いけど、奴も男だから僕の気持をわかってくれるだろう。

さようなら。

そしてメリークリスマス。


2007年12月31日  生きるということ

2007年も今日で終わる。
 
今年も何とか生き抜いて、生き残った。

今年も色々な事があった。

楽しかった事、辛かった事、嬉しかった事、哀しかった事、色々な事があったけれど、そのお陰で僕は少しだけまた大人になったような気がする。

大人になっていくと言う事は、こう言う事なのかも知れない。

ちょっとほろ苦いけど、哀しみを知る分だけ、楽しさの大切さを深く知る事ができたし、優しくなる事の意味を知る事ができたと思う。

夢を見ること、

夢を諦めない事、

何があっても、正々堂々と挑み続けること、

静かに笑う事、

優しくなる事、

愛する事、

生きると言う事は、僕にとってそういうことなのだろう。

勝ちたい、負けたくないとは思うけれど、この年になると努力をしても叶わない事がある事を知った。

どんなに努力をしても叶わない事があっても、それでも夢を見続けて決して諦めず、努力をし続けると言う事、そして結果も大事だけれど、困難に直面した時に、何を考え、何をしたかが、もっと大事だと言う当たり前の事をアリーから学んだ。

それが、生き様だから。

生き様を残す事が人生だと言う事がわかったから。

これからもアリーから学んだ事を受けとめて、少しでもアリーに近づく事ができるように、一歩一歩、歩いていけたらいいな。

恥かしくない生き様をこの世に残して行く為に。

2008年 6月 夢の実現

僕は最愛の人と死に別れ、自分の残りの人生を、アリーと語り合った夢の実現の為に捧げる事にした。

僕は過去に何度も自殺を試みたが、その度に情けない事に死に切れず、今日まで生きながらえている。

アリーが死んだ時にも、アリーを追いかけて行きたいと言う衝動に駆られた事は事実だけれども、それ以上に僕を突き動かしたのは、最愛の人と語り合った夢を実現させてから、それを土産にアリーに会いに行きたいという気持ちだった。

それは僕なりの成長の証であり、男の証であり、逃げ続けだった自分の人生への清算のためであり、様々な想いを超えて、僕が行き着いた結論だった。

アリーの夢には愛があった。
 
見返りを求めない無償の愛があった。

無防備であるが故に、自分はボロボロになっても、更に両手を差し伸べて愛を与える潔さと強さがあった。

生き馬の目を盗む業界で生き抜いてきた僕にとって、アリーのアイディアはあまりにも無垢で、あるいみ子供じみて見えた。

理想的な世界ではアリーが正しいかもしれないが、この汚れた世の中では、何かを成し遂げる前に、皆に食い散らかされてこちらがボロボロになってしまうだろう。

勝算は全く無かった。

でも僕はアリーの生き様を通して、決して叶わない夢でも、夢の為に命をかけると言う事を教わった。

結果が全てではない。

姿勢をみせる事が、結果よりも大きなインパクトを人に与える事もある。

馬鹿になりきって、力の限り突き進む事。

 

僕を含めた35人の馬鹿どもは、自分達がこの世に生きた証を残す為に、狂ったように走り続けた。

どんどん状況が厳しくなる中で、それぞれの気持ちを胸に抱えたまま、この15ヶ月を闘ってきた。

一年でケリをつけると僕は、言ったけれど、結局、15ヶ月の月日を費やしてしまった。

体は疲れ果ててボロボロになったけれど、ようやく僕は、アリーとの約束を果たすことが出来たようだ。

首の皮一枚だけで何とか持ちこたえていたヨーロッパでのプロジェクトを何とか立て直し、相手方の猛攻を押し返し、ようやく勝利を勝ち取った。

遂に、難航していたヨーロッパでのプロジェクトを纏める事ができた。

これであの世に行っても、アリーに胸を張る事ができる。

アリーと再会した時に、僕がどれだけ寂しかったか、どれだけ君の事を愛していたか、君と僕が一緒に生きた証を残す為に、どれだけ頑張ったかをやっと話す事ができる。

一時期はアリーとの約束を果たせないと諦めて、最後の最後まで力をふりしぼり、”湊川だ”と言ってどこで散るかだけを考えていた時期もあったけれど、冥加に叶い、今は何とも言えない気持ちだ。

 

全てが終わった今となっては、全てが、まるで何百年も前の夢物語かのように思える。

僕と義兄弟になったレバノン人の社長ビリーも、


首から下の筋肉が溶けてしまう奇病に冒された奥さんを看護しながら、自らの技術者としての最後の誇りをかけて闘った技術担当副社長ダグラスも、

お金のない人達の生活を守る為に、自ら公選弁護人になって、数々の刑事事件に立ち向かった法務担当副社長トーマスも、

新聞王で投資家のロベルトも、

僕の事を気にかけてくれて、共同事業に乗ってくれたイタリア人の取締役、マードックも、

僕と無二の親友のイギリス人の取締役、ケビンも、

そして最愛の奥さんを癌で失い、一人娘と養子にした息子を、男手ひとつで育てている僕の20年来の顧問弁護士のジョンも、

この日を信じて闘って来た訳だけれども、いざその日がやってくると、皆、力が抜けてしまったかのように、ぼーっとしてしまっている。

僕に取ってはこれがゴールでも、彼らに取ってはこれはスタートなのだ。

僕は夢の水先案内人。

あるいは、枯れ木に花を咲かせる花咲ジジイ。

花が咲いた時には、その不思議な老人は、その姿を消している。

それが、花咲ジジイの伝説だ。

僕は、アリーの思いのこもった花をこの枯れ木に咲かせる事ができた。

その花に、水をやり、木を大きくし、更に沢山の人がこの木の下で憩う事ができるようにするのは、僕の仕事ではなく彼らの仕事だ。

『これでお別れだな』と、僕はビリーの肩を叩いて笑ってみせた。

 

ビリーは、ちょっと驚いたように僕を見たけれど、彼も、僕とこの何年間かを一緒に闘い抜いた仲なので、僕の事はよくわかっている。

ビリーは前を向いたまま、
『俺も連れて行ってくれないかな?』と言って、ちょっと恥ずかしそうに僕の方を向いて笑ってみせた。

僕はそれには答えずに、ただ前を向いたまま煙草の煙をくゆらせた。

今日も、ニューヨークは、素晴らしい天気だ。

僕は仕事場を抜け出して、一人でセントラルパークの中を少し歩いてみた。

緑の生い茂る木々の下を、のんびりと歩くのは気持がよい。

アリーが、まだ歩く事ができた頃に、同じ道をアリーと手を繋いで歩いた。

あの時は冬の足音が、すぐそこまで聞こえて来るような晩秋の公園だった。

僕は誰も座っていないベンチをみつけ、一人腰を下ろした。

木々の間から見え隠れする太陽を仰ぎ見て、アリーとの日々を思い出し、アリーを想った。

まるで、ここに座って、天使が迎えに降りて来るのを待つように。

小一時間ほど、ここに座っていただろうか。

子供が取りこぼしたボールが僕の足に当たって、ふと我に帰った。

僕はベンチから立ち上がり、足下に転がっていたピンク色のボールを拾い上げ、キョトンとした顔で僕を見つめる小さい子供に向かって、優しくボールを投げ、微笑んで見せた。

子供も笑って、ボールを受け取った。

その子供が、反対側に走って行く途中で、もう一度、振り返って僕に微笑んで見せた。

なんとなく、その子供の微笑みの中に、アリーの微笑みを見たような気がした。

 


アリーが教えてくれた事

 僕にとって仕事とは、命をかけてするものだから、プロジェクトを一つこなす毎に命を削り、体力を使い、神経をすり減らす。

だからプロジェクトを始める前には、覚悟を決め、身の回りの整理をする。

いつ力つきても恥ずかしくないように。

そんな想いを込めて、丁寧に自分のアパートの掃除をした。

掃除をしていると、僕の携帯にアリーの兄弟から、去年僕も参列して結婚式を挙げたアリーの妹が、子供を産んだという連絡があった。

自然分娩を予定していたが、破水してからかなりたっても子供が降りて来ないので、医者は急遽帝王切開をする事にしたらしい。

無事、子供を取り出す事が出来たが、なんと、子宮に大きな癌が見つかったらしく、その場で癌摘出の緊急手術になったそうだ。

癌を全て摘出する事が出来たのかどうか、何をどれだけ切除したのか、まだ詳しい事はわからないが、アリーのお姉さんの話を聞くと、皆かなり動揺しているようだった。

アリーの妹はまだ20代の若い女の子だ。

 

昔のアリーの想い出がオーバーラップして、僕は何とも言えない気持になった。

お姉さんの話によると、胎児が大きかったので、その影に隠れて癌の影が医者にも見えなかったらしい。

【どんな状況に見舞われても、どんなに辛くとも、人は最後の最後まで望みを失わず、生き続けなければならない】
 
それがアリーが僕に、アリーの生涯を通じて教えてくれた事だ。

アリーは高校生の時に、通り魔に襲われて強姦された。

肉体的にも精神的にも傷を負い、アリーは子供を産めない体になった。

だから僕らは、孤児を養子にする事をいつも話し合っていた。 

自分たちと血がつながっていなくとも、愛を育む事は出来る。

そんな愛のある生活をアリーは夢見ていた。

そして人を許し、自らの体験を克服しようとしているかのように、日本の少年院に相当するような施設にボランティアに出かけ、罪を犯した子供達の更正の為に、体をはって向き合った。

その中には、強姦をして刑務所に入った少年もいた。

どんな時にも、前向きに生き抜こうとするアリーの姿勢に、僕は尊敬の念を抱いた。

自分の恋人だけれども、この人を超える事は決して出来ないと思った。

この人について行こう。

一歩でもこの人に近づく努力をしようと思った。

あの強靭な精神の持ち主のアリーの妹の事だ。
 
きっと辛い状況でも、前向きに生き抜いて行く事だろう。

せめて僕が出来る事は、こんな僕でも、アリーの想いを引き継いで、遮二無二、生き抜く努力を続ける事だろう。

そんな想いをしているのは、自分一人だけではないと、妹が感じられるように、泥だらけになっても、ボロボロになっても、最後の最後まで、望みを捨てずに生き抜く努力を続ける事くらいかもしれない。

 



読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について